富山みらいロータリークラブ

2015年5月 6日(水)

オニとカサゴとウッカリとレイチェルと!

2015年5月6日釣行2.jpg
 今夜はレイチェルの歓迎会という事で食材の調達に出撃!もちろんメインターゲットはオニカサゴ。いつもの危険ゾーンは避けて、違うポイントの開拓から始めました。しばらくすると大きな当り!これは間違いなくオニカサゴだと思いましたが、上げてみたらカサゴとウッカリカサゴのダブルでした。しかもカサゴは40cmオーバー!ウッカリカサゴも30cmオーバーという事でまずまずのスタートでした。
2015年5月6日釣行1.jpg
 しかしその後は厳しい時間帯が続きましたので、いつものレッドゾーンに移動!そこでも厳しい釣りになったのですが何とか執念で本命をゲットすることが出来ました。という事で今日は珍しくオニカサゴ、カサゴ、ウッカリカサゴの3目が揃いました。それにしても海から魚が上がって来た時、魚の色が赤いと興奮しますね。3匹ともデカいので今回はまずまずの釣行だったと思います。
2015年5月6日釣行3.jpg
 途中からレイチェルも参戦!僕のボートに初の女性ゲストでしたが、素晴らしい景色と海を堪能してくれたみたいで良かったです。
2015年5月6日釣行5.jpg

ページトップへ

2015年5月 5日(火)

レイチェルが蒲鉾家にやって来た!

2015年5月5日レイチェル移動1.jpg
 ブログでも何度か紹介している交換留学生のレイチェル。本当に時間が経つのは早いもので、いよいよ第4ファミリーの蒲鉾家にホームステイする事になりました。驚くのは7か月前に小松空港で出会った時は全くしゃべれなかった日本語・・・今ではペラペラです。本当に若い力にビックリです。蒲鉾家にとってはレイチェルの性格と言い雰囲気と言い蒲鉾娘が金髪になって帰省した感覚なので、また子ども達がいた頃の賑やかな時間が戻って来ました。蒲鉾家にはたったの2か月ですが、残り少ない日本での生活を充実したものにして欲しいと思います。ちなみにレイチェルの名前は蒲鉾Girlに決定しました!
2015年5月5日レイチェル移動2.jpg
ページトップへ

2015年4月12日(日)

蒲鉾ファミリー!

2015年4月11日サム2.jpg
 昨日はサムが東京に行くという事で黒部宇奈月温泉駅まで送って行きました。東京の蒲鉾太郎のアパートで2泊して、その後成田空港から帰国の途に就くという計画です。魚津滞在期間5日間でしたが、富山みらいRCの例会にも出席できたし、お世話になった高校にも挨拶に行けたし、それなりに充実した時間だったのではないでしょうか。あまり大したおもてなしは出来ませんでしたが、また機会があれば気軽に遊びに来て欲しいと思います。サムにとっては初の北陸新幹線!これも良い思い出だと思います。
2015年4月11日サム1.jpg
 サムを見送った後に宇奈月や黒部、入善と周ってみました。ちょっと風が冷たくて寒かったのですが、レイチェルはこの新川地区が初めてという事で、田舎の風景を興味津々に色々と観察していました。サムの時は田舎から街へという順番でしたが、レイチェルはその逆。最後が蒲鉾家という事でそれはそれで楽しんでくれればと思います。とりあえずは来月からホストチェンジする環境を少し見る事が出来て安心したようです。
2015年4月11日レイチェル1.jpg
 ホストファミリーというのは責任も重大だし、色々と大変な事も確かにありますが、子ども達との絆が深まるという素敵な体験が出来るのも確かです。蒲鉾娘がお世話になった分は出来る範囲でしっかり面倒を見て行こうと思います。気持ち的には蒲鉾ファミリーが増えた感じですかね。
2015年4月11日サム01.jpg

ページトップへ

2015年4月11日(土)

サムのfarewell party!

2015年4月10日サム1.jpg
 4月6日(月)にやって来たサムですが、あっと言う間の5日間で昨夜は家族でサムのfarewell party・・・と言っても単なる夕食会なんですが、とても楽しい時間となりました。今回は来月から蒲鉾家にやって来るレイチェルも参加してくれて大いに盛り上がりました。国籍、性別は違いますが同じ留学生仲間、そして同じホストファミリーという事で2人の話は尽きる事はないようで、10代で留学体験をするという事は本当に素晴らしい事なんだと思います。
2015年4月10日サム2.jpg
2015年4月10日サム3.jpg
 盛り上がっている時間帯に県外にいる蒲鉾太郎と蒲鉾娘がSkypeで参戦!何だか本当に距離感が無いと言うか、便利と言うか、何と言うか、とにかく驚くべき時代になったもんです。映像も音声も全く問題なしで、家族の会話がさらに盛り上がりました。子ども達4人を見ていて、かわいい子には旅をさせろと言いますが、本当にこの留学という経験は若い人を大きく成長させるのだなと改めて思いました。今後も4人には色々な経験をしてもらい大きく羽ばたいて欲しいと思います。
 さて余談ですが、下の写真でレイチェルが手にしているのは、自家製ますの寿し!そう、先日釣り上げた奇跡のサクラマスなのです。今まで食べた事がない美味しさでした!サムとレイチェルは本当にラッキーだと思います。日本人でもなかなか食べるチャンスが無いと思いますからね。

2015年4月10日サム4.jpg

ページトップへ

2015年4月 7日(火)

サムが久しぶりに富山へ!

2015年4月7日サム1.jpg
 蒲鉾家が第一ホストファミリーとして受入れた交換留学生のサムが、約1年ぶりに我が家に戻って来ました。日頃からfbで繋がっていたり、Skypeで話したりしているし、ブログでも書きましたが2月に会ったばかりなので会っても普通の感覚なのですが、やっぱり魚津で会うのは留学時代を思い出すのか本人も随分懐かしい感じでした。
 本人も希望していた富山みらいRCの例会にも参加しました。現在の交換留学生であるレイチェルとも初対面!蒲鉾娘も含めみんなfbなどで繋がっている仲。会った瞬間、昔からの友達という感覚なのが本当に凄い所です。
2015年4月7日サム3.jpg
2015年4月7日サム4.jpg
 お世話になったホストファミリーとも久しぶりの再会が出来て嬉しそうでした。交換留学生を預かるというのは確かに大変な事なのですが、家族が増えた感じもありとても素晴らしい体験でもあると思います。特にサムは蒲鉾娘の交換留学の時期に預かっただけに余計にそう思うのかもしれませんね。それにしてもサムは運が良い!桜もばっちり楽しむ事が出来て、富山を堪能した事でしょう。
2015年4月7日サム2.jpg

ページトップへ

2015年4月 2日(木)

Racheleファミリーの歓迎会!

2015年4月2日歓迎会1.jpg
 所属しているRCの交換留学生Racheleは、相変わらず明るい性格で元気に高校生活を送っています。驚くのは日本語の上達!昨年の8月29日に来日して7か月、もうほとんどコミュニケーションは日本語で問題ありません。蒲鉾娘もちょうど同じ時期にそんなイメージだったので、やっぱり女の子の語学能力というのは凄いですね。もちろん若いという事が大きな要素であると思いますが本当に羨ましい限りです。
 そして今回、RacheleのパパJohnと妹のRileyが来日しました。僕たち夫婦も同じような留学の時期に米国までご挨拶に行ったので、お父さんの気持ちもよく分かります。留学生活を本当に心配していたと思いますが、おそらく元気な姿、そして明るい笑顔、さらには日本語を自由自在に操るRacheleの姿を見て安心して感動したと思います。
 いよいよ第4ホストファミリーの蒲鉾家に来る日も近づいて来ました。蒲鉾娘の経験から言っても、留学生活の中でこれから帰国までの時間が一番楽しいと思います。日本での生活、青春を大いに楽しんで良い思い出を作って欲しいと思います。
2015年4月2日歓迎会2.jpg

ページトップへ

2015年1月18日(日)

サムと久々の再会!

2015年1月18日妙高1.jpg
 蒲鉾娘がRCの交換留学で1年間の米国暮らしから戻って1年半が経ち、その間に蒲鉾家にホームステイしたサムが帰国してちょうど1年が経ちました。本当に時間が経つのが早いと思います。昨年の1月にサムが帰国して、3月には蒲鉾太郎が大学の春休みという事で3週間もサムの家にお世話になり、何だか親戚が増えたという感覚でもあり、間違いなくサムは我々夫婦の3番目の子どもという感じで今も普通に連絡を取り合っています。
2015年1月18日妙高2.jpg
 そのサムが昨年の12月に新潟県の妙高赤倉スキー場で働く事になり、このスキーシーズンだけスキーのインストラクターとして頑張って働いています。会いに行こうと思っていた矢先に今度はお父さんのジョンが赤倉に来たという事で、赤倉スキー場までドライブして来ました。僕はスキーをやらないので北陸に来てからスキー場とは縁が無いのですが、富山から妙高まで約2時間もかからず本当に近いという印象を持ちました。
2015年1月18日妙高4.jpg
 久しぶりに会ったサムは変わらず元気そうで、こんなに早く再開できるとも思っていなかったので、何だか不思議な感覚でした。そしてfbでは繋がっているのですがジョンにも初対面!本当に楽しいランチタイムを過ごす事が出来ました。通訳のサムは日本語をだいぶ忘れかけていましたが、何とか通訳の役割は果たしてくれ頼もしい感じでしたね。
 それにしても蒲鉾娘が交換留学に行ってなければこういう機会もありませんでしたし、ご縁と言うのはどんな形でつながって行くか分かりません。そういう意味で子ども達のお蔭で色々と世界が拡がったのも事実で、こんな素晴らしい体験をさせて頂いた富山みらいロータリークラブには感謝をしたいと思っています。
2015年1月18日妙高3.jpg

ページトップへ

2014年9月22日(月)

山藤ぶどう園で徒然なるままに...

2014年9月21日山藤ぶどう園1.JPG
 珍しくロータリークラブのネタで3連続でブログを書きます。例会や色々なイベントの参加率が悪くて、正直言ってロータリアンとはとても言えない状況なのですが、とりあえず自分の出来る範囲、貢献できる範囲の中でロータリー活動をしています。今回はロータリークラブのネタと言っても、ロータリークラブの事業という話ではありません。実は色々なご縁で関わる事になったオレゴンからの留学生Maiさんの歓迎会をやろう!という事で集まりました。僕としてはちょうど同じアメリカから来ている交換留学生のRacheleさんも同世代なので良い機会だと思って連れ出しました。
2014年9月21日山藤ぶどう園2.JPG
 場所が有名な山藤ぶどう園さん!という事で、早めに出かけて行きぶどう狩りを楽しみました。天気も良くて、今がまさに旬であるぶどう園の雰囲気も最高!という事で、富山に来たばかりのRacheleさんにとっても良い機会であったようです。蒲鉾女将と一緒に色々と会話?しながらぶどうをセレクトしていました。
2014年9月21日山藤ぶどう園4.JPG
 実は僕と蒲鉾女将は山藤ぶどう園は初訪問なのです。富山では知る人ぞ知る有名な場所なのですが、なかなか来るタイミングというか縁がなくて残念だったのですが、今回やっと訪問する事が出来ました。写真ではぶどうの木棚の下でのBQなど、知識やイメージはありましたが、来てみて本当にイメージ通りなので感動しました。Racheleさんにも富山の良さが伝わったと思います。とにかく日本のぶどうの甘さや品質の良さに驚いている様子でした。
2014年9月21日山藤ぶどう園3.JPG
 実は山藤ぶどう園さんのお嬢さんは蒲鉾娘の高校の大先輩!高校時代に1年間ニュージーランドへの留学経験者でもあります。英語が堪能なのは当然ですが、留学生に対する理解も非常にあり、今回も温かく迎え入れてくれました。高校生での留学の苦労や悩みは経験者しか分からない事もあると思います。本当に頼もしい先輩が富山で活躍しているな~と思いました。今回ご縁があり出会ったMidoriさんもアメリカへの短期留学経験者、Maiさん、Racheleさんの若い頑張っている3人の女の子の姿を見て、蒲鉾娘が重なって見えてしまい心ら応援したい気持ちになりました。3人とも自分の夢や目標に向かってぜひ頑張って欲しいと思います。
2014年9月21日山藤ぶどう園5.JPG

ページトップへ

2014年9月17日(水)

蒲鉾太郎のベルギー短期交換留学プログラム帰国報告!

2014年9月16日蒲鉾太郎帰国報告3.JPG
 僕が所属している富山みらいロータリークラブから参加させて頂いた蒲鉾太郎のベルギー短期交換留学プログラム・・・無事に帰国したという事で例会で帰国報告がありました。1年間長期交換プログラムに参加した蒲鉾娘の帰国報告の時は、高校生と言う事もありそれなりにアドバイスしたり、心配で口出しもしましたが、今回は20歳の大学生、男でもあるし早口になるな!写真は見やすく!文字は大きく!時間厳守!メリハリを付けて!と漠然としたアドバイスしかしませんでした。比較的スムーズな出だしで安心したのですが、何と落とし穴が・・・
2014年9月16日蒲鉾太郎帰国報告2.JPG
 本人曰く、今までパワーポイントでフリーズした事がない!という事態が、例会の発表の場、開始10分で起きました!回復させようとした操作でPCもダウン!大ピンチの状態となりました。とにかくそう簡単には復活しないと感じたので、蒲鉾太郎には「これも試練!PP無しでやりなさい!」と助言。その後は本人も相当に汗をかいていましたが、きちんと報告、発表をアドバイス通りにやっていました。友人たちのフォローで何とかPCも復活し、アドリブも交えながらしっかり?最後まで30分間報告しきりました。この間、暖かく見守って頂いた会員の皆さんには本当に感謝しています。本人も落ち着いて対処できたのは、会場の暖かいアットホームな雰囲気があったからこそだと思っています。富山みらいロータリークラブの皆さん、本当にありがとうございました!
2014年9月16日蒲鉾太郎帰国報告1.JPG
 今回のアクシデントも含めた本人の体験は、色々な意味で良い経験になったと思います。しかしながら本人の対応、立ち振る舞いを見ていて、いつのまにかしっかり成長しているな・・・と感じました。男同士、あまり細かい干渉は意識してやって来ませんでしたが、それなりに考えながら生きているのだなと思いました。
 さて、肝心のベルギー短期交換留学プログラムに関しては、本人も良い経験をしたようです。実はこのプログラム、30年前に蒲鉾女将も参加しているのです。蒲鉾女将にとってその時の経験が人生に大きく影響したようですし、またその時の友人と今でも親しくお付き合いしている姿を見ると、充実した経験だったと想像がつきます。蒲鉾女将の息子をぜひ参加させたい!という強い思いもあり、今回の参加が実現出来て本当に良かったと思っています。
 これでロータリークラブの交換留学プログラムに蒲鉾女将、蒲鉾太郎、蒲鉾娘の3人が参加した事になり良かったと思います。僕だけ参加した事がなく寂しい限りですが、僕の役割は家族を応援する、背中を押してやる事なんだと思います。それはそれで自分の立場を全うするだけです。それを踏まえ、今回の経験が子ども達の人生にどう影響して行くのか見守ってみたいと思います。
 繰り返しますが、素敵な経験をさせて頂きました富山みらいロータリークラブに感謝をしています。本当にありがとうございました!出席率の悪い不良会員の僕ですが、自分の出来る事を恩返しして行きたいと思います。
ページトップへ

2014年9月16日(火)

交換留学生レイチェルさんの歓迎会!

2014年9月15日いろいろな一日4.JPG
 アメリカからの交換留学生レイチェルさんの歓迎会が、受入れるホストファミリー勢揃いで開催されました。前回のオーストラリアからの交換留学生サムくんを受入れる時には、4ファミリーがなかなか決まらず苦労しましたし、今回のような受入れ全ファミリー勢揃いで歓迎会も出来なかったので、本当に今回は色々な面で理解が進み良かったと思います。
 僕が所属している富山みらいロータリークラブは、過去に派遣は蒲鉾娘も含めて3人、受入はサムくんも含めて3人・・・しかも蒲鉾娘、サム以前の実績から5年も間隔が空いてしまっていたので、そういう意味では情報不足というか経験不足、理解不足という面があり、当事者からすると負担感がどうしても大きくて、なかなか大変な思いもしました。今回のレイチェルさんの受入が新たな理解、経験、情報をもたらしてくれる事を期待したいと思います。
 とにかく受入に関しては、自分の子ども同様に面倒をみて下さる奥様が一番大変!なので奥様の理解が一番重要です。その奥様へ情報を伝えたり、フォローする男性側の役割も重要です。さらにはクラブとして派遣し、クラブとして受入れるという土壌を作る事が重要なので、富山みらいロータリークラブの出席率の悪い不良会員の僕ですが、この件に関しては子ども達がお世話になった恩返しのつもりで、少しでも理解がされるように情報発信して行きたいと思います。
2014年9月15日いろいろな一日3.JPG

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事