2017年10月17日(火)

ヤマト運輸の送料値上げに関して色々と思うこと・・・

2017年10月17日ヤマト運輸送料値上げ.jpg
 ヤマト運輸の本格的な運賃値上げが実施され始めましたね。一般のお客様には既に10月1日から実施されていますし、法人契約に関しても年間の取扱量に応じて水面下で激しく交渉が行われていると噂を聞きます。かくいう当社も激しく?水面下?でもないですが、詳しくは書けませんがここまで色々な話し合いが行われて来ました。当社にとっても通信販売に関しては今や事業の柱の一つであるということは間違いありませんし、お客様に送料をいくらで提示できるか?ということは売上にも大きく影響されることなので真剣です。
 もちろんヤマト運輸さんにとっても真剣な話であることは理解しています。インターネットの普及にともない大きなビジネスモデルの変化や巨大なアマゾンの出現。宅配マーケットが急激に伸びているのは生活していて実感するところです。一方でドライバーさんの不足、人手不足、労働力不足が追い討ちをかけています。増税や社会保険適用範囲の拡大などもコスト増に繋がっている!さらには最近の働き方改革?社会の制度や意識が急激に変わる中で運賃値上げに舵を切るのも理解は出来ます。当社も同じ状況ですからね・・・。
 一方で世の中には送料って取るの?送料無料でしょ?など、送料に対する感覚がアマゾン状態?あるいは量販店や商業施設などの施策による送料無料や送料込み価格しか利用しない人も存在するのは確かです。果たして送料は誰が払うのか?自分で届ける代わりに、モノを移動するというサービスを享受する以上、サービスを受ける人が送料を払う・・・というのが基本中の基本だと思うのですが、これが難しいという世の中になったのも事実です。
 ヤマト運輸さんのHPを見ると、北陸から東京までの送料は、60サイズで税抜840円、税込みだと907円です。さらにクール料金216円(税込)を加算すると1,123円(税込)ということになります。事業所に持ち込むと▲100円とか、クロネコメンバーズ会員だと色々と割引サービスがあるなど細かいことは別にして、それくらいかかるということですね。
 送料無料になった場合はこのコストを誰が払っているのでしょうか?送料込みギフトの場合は、送料を除く商品の本当の価値は一体いくらなのでしょうか?沖縄や北海道に送った場合はどうなるの?この仕組みの影に隠れた事実はどうなっているのでしょう?不思議です。
 ということで、送料を取巻く状況は色々とありますが、河内屋では下記の通り年内は対応させて頂きます。
 ■富山県内へのお届け:500円(税込)
 ■本州・四国・九州へのお届け:750円(税込)
 ■北海道・沖縄へのお届け:1,200円(税込)
 これが安いのか?高いのか?という議論はあると思いますが、企業努力で年内は頑張ろうと思っています。しかし来年以降は少し検討しようと思っていますが・・・。
 ちなみに写真は河内屋の送り状です。ヤマト運輸さんと河内屋専用の送り状を永年製作しています。それほど密接にヤマト運輸さんとは一緒に仕事をして来たという自負があります。もちろん佐川急便さん、郵便局さんにも荷物は出していますが、量は比較になりません。とにかく運送会社さんとは今後も良きパートナーであり続けたいと思っています。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月15日(日)

海上保安庁巡視船たちかぜ!

2017年10月15日たちかぜ1.jpg
 魚津の海の駅では、この週末「第10回Sea級グルメ全国大会in魚津」という食のイベントが開催され大変な賑わいでした。ちなみに恒例のまるまる魚津(魚津産業フェア)と同時開催ということで色々と関係者は大変だったと思います。河内屋はいつもの朝市チームとしていつもの場所で揚げ蒲鉾の販売をさせて頂きました。屋外で開催のSea級グルメの賑わいとは全く違うのですが、常連客の皆様が立ち寄ってくれていて本当に感謝です。
 僕も少し気になり立ち寄ってみたら海上保安庁の「たちかぜ」が着岸しているではありませんか・・・。この巡視船には2015年の10月に沖で臨検を受けました。その時の写真が下の写真です。
2017年10月15日たちかぜ2015年.jpg
 この時のことは2015年4月19日のブログにも書いています。この時の乗組員の対応というか、言葉使いがイマイチでカチンと来た記憶があります。つまり良い思い出がないのであります。しかし今回着岸している「たちかぜ」はイベントモードで穏やかな雰囲気。乗組員も皆さん笑顔で良い人。しかも艦内見学会もやっていて思わず並んでしまいました(笑)。
2017年10月15日たちかぜ2.jpg
 なかなかこういうチャンスって無いですから、かなり詳しく見学させて頂きました。外観のイメージも沖で下から見上げる甲板の雰囲気と、着岸している目線からの甲板とでは大違い。
2017年10月15日たちかぜ3.jpg
 いつも沖では遠目に恐る恐る見ている艦内の入口はこんな感じ!
2017年10月15日たちかぜ4.jpg
 中に入ると操船席にも座ることが出来ました。いつも沖ではこの艦内から双眼鏡でボートをチェックしているのでしょうね。大きな双眼鏡も置いてありました。
2017年10月15日たちかぜ5.jpg
 当たり前ですが設備も充実していて凄いもんです。とにかく見学することによって少しイメージが変わりました。乗組員の皆さんも気さくで良い感じでした。日頃から危険と隣り合わせの任務を行っている訳ですから沖では緊張感の中で仕事をしているのでしょうね。多少言葉も上から目線になるのも仕方ないかもしれません。沖では極力出会いたくない船ですが、日本海は危ないご近所の国々と常に緊張が続いているので、今後もしっかり頑張って欲しいと思いました。
2017年10月15日たちかぜ6.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月14日(土)

朝練でなんとか20杯!

2017年10月14日アオリイカ1.jpg
 日曜日の天候、海況が悪いだろうということで、出勤前に朝練に行って来ました。狙いはもちろんアオリイカです。ここ最近、だいぶ厳しくなって来ているので、水深やポイントをよく考えながら攻めているところです。と言っても、まだまだ経験値が浅い故になかなか厳しい富山湾なのであります。
2017年10月14日アオリイカ2.jpg
 そんな状況の中、結論から報告しますと釣果は20杯でした!自分的にはプチ満足しています。周囲の釣果を聞いてもこの日は厳しかったようで、20杯は良い方のような気がします。もちろん上には上がいるんでしょうが、良いタイミングで良いポイントを流せたのかもしれません。
2017年10月14日アオリイカ3.jpg
 相変わらず上のこんな写真を撮ったりしています。とにかく型が全体的によくなって来ているので引き味は最高なのです。そして油断していると下の写真のような惨劇が・・・これも毎回のような気がしますが、これでも注意しながら取り込んでいるのですよ(笑)
 さて、今年はあと何回行けるか分かりませんが、最後まで頑張って記録を伸ばしたいと思います!
2017年10月14日アオリイカ4.jpg
 ※蒲鉾丹右衛門の釣行記録
  アオリイカ:20杯 胴長16cm~22cm
       (累計:264杯)←記録更新中!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月12日(木)

読売新聞に棒Sが!

2017年10月12日読売新聞(横700).jpg
 このブログを読んで頂いている方には、河内屋の社長はアオリイカばっかり釣りに行っている!と思っている方も多いでしょうね(笑)。秋の休日は趣味のアオリイカ釣りを頑張っているのも事実なのですが、この時期は仕事も非常に忙しくて毎日非常に動き回っていることもあり、ブログの更新も怠りがちなのも事実ですし、色々あり過ぎて何を書こうか・・・と悩むのも事実で、結果的には記録の為にアオリイカの数だけをアップしている状態が続きます。
 そんな状況の中、今日は嬉しい報告!読売新聞さんの「ふるさとの逸品」というコーナーで棒S(ボウズ)が紹介されました。取材は少し前だったのですが、今回の記事は全国に紹介されると聞いていたので楽しみにしていました。どの地域でどういうタイミングで出るかは分からないと言われましたが、今日は富山県、そして関東圏でも掲載されたようです。というのも朝から問合わせやご注文の電話が続きました!本当に嬉しいことですし、やっぱり既存メディア、それも全国版というのは影響が大きいですね。これからどのタイミングで各地で掲載されるか分かりませんが、もし見かけましたら読んで頂き、そして興味を持って頂きたいと思います!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月 9日(月)

夕まずめ、夕焼けをバックに2時間勝負!


 色々とあって夕まずめの2時間だけ海に出て来ました。沖は凪で風も無し、ボートで走り回るには良い条件なのですがティップランをやるには非常に厳しい状況でした。それでも夕焼けタイムの釣行ということで、ゆったり気楽にアオリイカを狙いました。この時期は日が沈みかけると一気に暗くなるので釣りが出来るのはジャスト2時間ほど。厳しい中にも1人で集中しながら楽しむことが出来ました。

 動画はいずれも夕焼けを楽しみながら撮影したものです。iPhone6なのでこの程度の画像ですが実際は本当にキレイな夕焼けタイムでした。そしてアオリイカも良いサイズに成長していて引きも満足でした。昨日のティップランが悪夢のような状況だったので、そういう意味では今日は天国?でもないですが、ある程度想定内のいつもの感じで釣れたとは思います。油断して随分と墨を吐かれてボートは大変な状況になりましたが、それも釣れているからの出来事と考えれば想定内。
2017年10月9日アオリイカ2.jpg
 ということで今回は何とか19杯をゲット!結果良しでした。明らかに数が少なくなって来ているということは感じますし、今後は数より大きさを楽しむ時期になって来ているということはやっていて敏感に感じます。今年、数に関しては記録的な更新を達成しましたので、今後はまだ釣ったことがないKgオーバーのアオリイカを求めて年内頑張りたいと思います。
2017年10月9日アオリイカ1.jpg
 ※蒲鉾丹右衛門の釣行記録
   アオリイカ:19杯 胴長16cm~21cm
        (累計:244杯)
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月 8日(日)

厳しい海でした・・・アオリイカはどこに?

2017年10月8日アオリイカ1.jpg
 やる気満々!気合を入れて朝から出撃!アオリイカを狙いに行きました。最近は型も良くなって来ているし、一方で数も釣れなくなって来ているのは分かっています。分かっていますが、ここまで厳しいか?という時間帯でした。一番釣れる最高の時間帯・・・まずめに釣果ゼロ!3時間粘ってアオリイカが釣れない。しかも反応すらなし・・・何がなんだか分かりません。
 ホームへの帰り間際に何とかポツポツ拾いましたが、釣果は6杯・・・厳しい釣行でした。厳しくても釣れるとそこそこの型なので、それなりに引きは楽しめました。また次の機会にリベンジしたいと思います。
2017年10月8日アオリイカ2.jpg
 ※蒲鉾丹右衛門の釣行記録
   アオリイカ:6杯 胴長15cm~20cm
        (累計:225杯)

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月 5日(木)

JAPAN PACK 2017を見て来ました!

2017年10月5日ジャパンパック1.jpg
 久しぶりに日本国際包装機械展(JAPAN PACK 2017)を見るために蒲鉾工場長と2人で東京ビッグサイトに行って来ました。現地で日頃からお世話になっている当社の担当と合流して、2日間立ちっぱなし、歩きっぱなし、喋りっぱなし?で色々と見聞き確認して来ました。
2017年10月5日ジャパンパック2.jpg
 実は今回、蒲鉾工場の主力生産設備の更新時期が来ており、今後のことを考えると避けては通れない道なので来年思い切って更新すると決断しました。候補の設備が何台かあったので、それを今回具体的に調査して来ました。
 ちなみに現在稼動している設備は20年前に導入した設備。今回、世の中の最新の設備を見た訳ですが、この20年の進歩は凄いものがありますよね。大手のメーカーなら担当者レベルで普通に入れ替えて行く設備なのかもしれませんが、当社のような中小零細企業にとっては大きな設備投資なので色々な面から検討することが多いです。
2017年10月5日ジャパンパック3.jpg
 会場内は一切カメラ撮影禁止なので機械の写真はありませんが、これから来年に向かってどのメーカーの設備かを決定し、細かい仕様をしっかり詰めて行きたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月 2日(月)

山から海へ出撃!

2017年10月2日アオリイカ1.jpg
 湯釜のブログの続きですが、帰りのドライブは志賀高原を通って長野県中野市内を抜け上信越自動車道の信州中野ICに入りました。そこからは一気に魚津まで高速道路で楽なもんです。思ったより早く15時には自宅に到着しました。日本海沿いを走っている時に海は凪だな・・・と思いながら走っていたのですが、やっぱり出撃してしまいました・・・。
2017年10月2日アオリイカ2.jpg
 約2時間弱ほど沖に出れたのですが釣果は11杯ということでなかなか厳しい状況でした。しかしながら出撃出来ないと思っていただけに、少しでも出撃出来て良かったです。もちろん蒲鉾女将には呆れられましたが(笑)。
 思いもよらず山と海の両方を堪能できる一日となりましたが、そういう意味では本当に素晴らしい土地で生活しているもんだと改めて感じますね。移住して来た時はどうなるかと思っていた場所も住めば都!という言葉を実感しながら生活しています。
 帰港したら仲間も戻ってきて何やら凄い釣果を聞きました。富山湾恐るべし!
2017年10月2日アオリイカ3.jpg
 ※蒲鉾丹右衛門の釣行記録
  アオリイカ:11杯 胴長16cm~19cm
       (累計:219杯)
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月 1日(日)

白根山の湯釜を見て来ました!凄い景色でした!

2017年10月1日ドライブ1.jpg
 同窓会の帰り道・・・ノーアイデアでただドライブして帰ろうかと思っていましたが、友人が「湯釜を見て帰るといいよ。そしてそこから上信越自動車道に向かえばいいコース。」というアドバイスをくれて、iPhone6のMapをナビにして白根山の湯釜に向かいました。途中、万座温泉を通って来ましたが素晴らしい天気で良い景色!まさにドライブ日和!久しぶりにドライブを満喫しました。
2017年10月1日ドライブ2.jpg
 ウルベビレッジから約1時間ほどで教えてもらっていた上信越高原国立公園の草津白根駐車場に到着。駐車料金500円(税込)を払って車を停めたときにはすでに満車の一歩手前状態でした。そして駐車場から見ると小高い丘に見える山(・・・と言っても標高は2,000m以上)に向かって登っている人の列が出来ている。早速僕も前知識が全く無しで登りました。友人からは「約15分ほどで湯釜だよ」と聞いていたので登ってみる気になりましたが、これが1時間ほどの距離ならたぶん登らなかったでしょうね。感覚的には室堂から一ノ越が約1時間程ですから4分の1程度の山歩き。景色も良かったし、昨晩に飲み過ぎ食べ過ぎの身体にはいい運動でした。
2017年10月1日ドライブ3.jpg
 そして目の前に現れて来たのが上の写真「湯釜」です!前知識無しで来たので、あまりにも凄いエメラルドグリーンに感動しました。
 後で調べたら2014年6月から続く噴火警戒レベルが3年ぶりに引き下げられて、立入禁止区域が半径1Kmから半径500mになったそうで、3年ぶりに湯釜が見られるようになったそうです。
2017年10月1日ドライブ4.jpg
 湯釜に寄って行くことを勧めてくれた友人には本当に感謝!良い経験でした。ここ最近は海にばかり興味や関心が行っていましたが、たまには山もいいですね!この湯釜は直径300m、水深30mほどの火口湖だそうです。標高は約2,000mで世界有数の酸性湖・・・魚は住めない世界です。水は透明らしいですが、火山の影響による鉄や硫黄の微粒子が水に溶け込んで、太陽光の入り方によって色が変わるとのこと。確かに滞在していた時間の中でも微妙に色が変化していました。一眼レフを持ってくれば良かった!とは思いましたが、前知識無しでこんな素晴らしい景色を見れただけでラッキー!この湖の色を脳裏に焼きつけ駐車場へ戻りました。
2017年10月1日ドライブ5.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年9月30日(土)

久しぶりの同窓会!

2017年9月30日軽井沢1.jpg
 超釣り日和!という土曜日、海ではなく山に出撃しました。写真は北軽井沢なのですが、実は久しぶりに大学時代の仲間で集まろう!ということになり、大型の貸し別荘を借りました。ウルベビレッジというレンタルログハウスで、とても良い環境の施設で何だか久しぶりに軽井沢!というか別荘!という雰囲気を味わったような気がします。
2017年9月30日軽井沢2.jpg
 北陸新幹線が開通してから富山と軽井沢は極めて気軽に行ける近い場所になった訳ですが、今回はみんなでBBQをやるということで、食材など荷物が多いために久しぶりに車で軽井沢へ向かいました。1人でのロングドライブでしたが、たまにはいいものですね。iPhoneのナビで現地には予定の時間に無事に到着。出迎えてくれたのは看板犬リリーでした。
2017年9月30日軽井沢3.jpg
 案内されたログハウスは大人数用の大きな建物で、BBQも出来る大きなテラスもあって完璧!そして天気も晴れ!東京、千葉、長野から集まって来たメンバーも勢揃いして夕方からスタート!夜中まで続きました(笑)。
2017年9月30日軽井沢5.jpg
 今回は久しぶりだったこともあり、雰囲気がまた違うということもあり大いに飲んで食べて語りました。やっぱり学生時代の仲間とは会っていなくても一瞬の内に昔に戻れて、まるで昨日あった出来事のように大笑いしました。
 現在はそれぞれ家庭があったり、色々と各自様々な分野で活躍していたり、とにかく話題が尽きることはないのですが、今後もお互いに自分たちの世界で頑張って行きたいと強く思いましたね。皆さん、また会いましょう!色々と段取りや世話してくれた仲間に感謝!ありがとう!
2017年9月30日軽井沢4.jpg
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事