2017年7月16日(日)

タイにふられタチウオ!

2017年7月16日釣り1.jpg
 友人のfbの投稿で「いよいよタイラバシーズン到来!」とか、「当たりが非常に良い!」など真鯛の写真が何枚か出ていたので、今回は真鯛狙いで出撃しました。しかも女将には「絶対に釣ってくる!今晩の夕飯は鯛の刺身!」と宣言して・・・。
 ところがタイラバの反応は全くなし。全然ダメ。海は一日でこんなにも違うものか・・・と思っていたところにやって来たのがタチウオ!しかも型が良くて美味しいサイズ!最終的には釣果はタチウオ2本だけでした。
2017年7月16日釣り2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年7月12日(水)

シンガポールの雑誌で紹介されました!

2017年7月8日oishii-a(横700).jpg
 シンガポールに日本の食文化を英語で世界に伝える「OISHII」という無料情報誌があるのですが、その最新号に河内屋が記事で掲載されました。こんな機会は初めてのことだったのでビックリです。いきさつは突然メールが来て、河内屋のHPを見た!という内容で、ぜひ取材をしたい!ということでした。取材は現地から通訳と一緒にスカイプでとのこと。日本の食文化を専門に扱っている雑誌だけに、当社の細工蒲鉾に関して随分と熱心に色々と聞かれました。こうやって伝統的な細工蒲鉾に興味を持って頂けることは非常に嬉しいことです。
 それにしても便利な世の中になったというか何と言うか・・・普通にこういうことがお金をかけずに簡単に出来ることに感謝しかありません。今の世代はこの環境が当たり前ですからね。凄い時代になったと思います。

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年7月 9日(日)

久しぶりの釣果

2017年7月9日久々の釣果.jpg
 魚探を新しい機種に変更しました。今までのものより数段能力が上です。そして画面も大きくて見やすい!やっぱり変えて良かったという感想。しかしながら振動子の位置で非常に苦労しました。マイボートの特性や船底の形状から来る影響、そして振動子設置の環境も含めて、最終的には生簀に設置しました。生簀が思うように使えなくなりましたが、結果としては良い選択だったと判断しています。
 一方、釣果はともなわず相変わらず厳しい海です。しかし魚探の性能を確認しながら、久しぶりに海を楽しむことが出来ました。魚も型が小さいとは言え美味しい魚が釣れました。家族3人の食卓には十分です(笑)。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年7月 7日(金)

さようなら!モライア!

2017年7月7日モライア帰国1.jpg
 モライアが無事に帰国しました!今日はホストファミリーと関係者が揃って見送ることが出来たので良かったと思います。ちなみにサムとレイチェルは富山から羽田に飛び、そこから成田に移動というパターンでした。一番心配な羽田から成田への移動は、大学生であった蒲鉾太郎が付き添いしてくれましたので安心でしたが、今回は蒲鉾太郎が社会人!ということで頼むことが出来なくて、少し心配だったのですが、実は今回の帰国便・・・富山⇒台北⇒ロス⇒オーランドというパターン!相変わらずトランジットでかなりの時間を空港で過ごすのですが、富山空港から乗ってしまえば特に心配なこともなく安心して見送ることが出来ました。
2017年7月7日モライア帰国2.jpg
 ということで上は今回のホストファミリーのママチーム!色々とお世話になりました。最後の最後は全員とハグして別れましたが、今回は全員笑顔でのお別れ。しんみりしなくて良かったです。いつかまた会える時が来るとは思いますが、モライアには次の大学生活、そしてその後の人生を素晴らしいものにして欲しいと思います。さよならモライア!
2017年7月7日モライア帰国3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年7月 5日(水)

地元民がオススメするご当地名産品「おつまみ」編の第1位は!?

2017年7月5日リッツの調査結果.jpg
 ネットで発見した記事ですが富山県の蒲鉾業界にとっては嬉しいニュースだったのでブログに投稿しておきます。
 クラッカーで有名なリッツさんが、日本全国47都道府県のご当地食材を使ったレシピを紹介するキャンペーンの中で、地元民がオススメするご当地名産品「おつまみ」編の第1位を発表したのです。47都道府県の第1位が上の画像の表なのですが、富山県の第1位が「かまぼこ」ではないですか!これはマジで嬉しい結果ですよね。
 驚いたのは47都道府県の内、8県もかまぼこ製品が入っていることです!これは業界にとっても嬉しいことです。ちなみに下記の通り。
・宮城県:笹かまぼこ
・富山県:富山かまぼこ(赤巻き、昆布巻き)
・静岡県:黒はんぺん
・鳥取県:とうふちくわ
・島根県:あご野焼き
・徳島県:フィッシュカツ
・愛媛県:じゃこ天
・鹿児島県:つけあげ(さつま揚げ)
 全国的には練り製品の生産量は減少傾向にある厳しい業界なので、これを励みに当社も頑張りたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年7月 4日(火)

モライアが最後のスピーチ!

2017年7月4日モライア1.jpg
 ロータリークラブ新年度の最初の例会、交換留学生のモライアにとっては最後の例会となりました。彼女は今週7日(金)に帰国します。本当にあっという間の1年ですよね。しかしその1年での成長は凄いものがあります。10代という人生で一番多感な時期に、親元を離れ異国の地で過ごすというのは貴重な経験です。その貴重さを本人が今現在どこまで理解しているかは別として、これから生きて行く人生の中では必ず役に立つはずです。モライアは帰国したら大学に進学するということなので、次のステージでしっかり頑張って欲しいと思います。
2017年7月4日モライア2.jpg
 上の写真は今回のホストファミリーのパパが勢揃いして記念撮影。実際にモライアの面倒を直接見てきたのはママたちですが、パパチームはパパチームでそれなりに一生懸命努力して来ました(笑)。そういう意味で本当にモライアの留学生活が無事に終わったな・・・と実感しながら安堵しているところです。
 前日にはホストファミリー中心に関わってくださった皆さんが集まってFarewell partyが開催され大いに盛り上がりました。さぁ、これから荷物を梱包して7日の帰国に向かって準備ですね。
2017年7月4日モライア3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年7月 3日(月)

イラストで当社が紹介されました!

2017年7月2日北日本新聞(横900).jpg
 北日本新聞さんで毎週か隔週の日曜日に、企業をイラストで紹介しているコーナーがあります。毎回目に付くのでさりげなく読んでいますが、今回は当社に取材が来て7月2日(日)に掲載されました。やはり見ている人が多いのか、朝から色々な反応があって面白かったです。その反応というのは、やはり似ている、似ていない・・・という皆さんの意見です。似ているか?似ていないか?は色々あるとしても、とにかく紹介して頂くことはありがたいことです(笑)。
 記事の中で、鮨蒲や棒S(ボウズ)のことが触れられてましたが、棒Sの内容が若干事実と違っていたので訂正すると、この商品は北陸新幹線開業前から「スティックチーズかまぼこ」として地元でも観光でも非常に人気のあった商品です。しかしながら、全く姿、形、価格を富山市内の同業者に真似されてしまったものですから、お客様からも紛らわしい!とか、間違えて買ってしまった!など色々な声が届くようになりました。そういう経緯があり、北陸新幹線開業を機に「思い切ってリパッケージしよう!」「どうせやるなら今までに無いものを!」という事で約1年かけて取組んで生み出した商品です。お陰様で北陸新幹線開業を機に一気に評価され、大ヒットしました!ということで、今後とも皆さん、よろしくお願い致します。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年6月29日(木)

感謝状を頂きました!

2017年6月29日Pマーク.jpg
 この度、日本情報経済社会推進協会から感謝状を頂きました。突然のことでしたのでビックリしましたが、当社が地道に取組んで来たことが評価されたのだと思い嬉しかったです。当社がPマーク(プライバシーマーク)を取得したのは2005年!当時としては本当に早い取得で、全国の蒲鉾業界でも一番最初に取得したと思いますし、富山県蒲鉾業界ではもちろん一番ですが、県内でも3番目くらいの取得だったと思います。
 なぜPマーク取得にチャレンジしようかと思ったか?と言いますと、当社はネットや通販に力を入れていまして、こういった環境の中で商売をする以上、個人情報の取り扱いに本当に慎重にやっていかなければならないな・・・と思ったからです。県内や業界ではまだまだそんな認識は高まっていませんが、今回の個人情報保護法改正にともなって、それなりに認識を改めないといけないことがあると思っています。そういう意味で、2005年以降、積極的に個人情報保護マネジメントシステムの構築に汗をかいてきた河内屋としては、この感謝状はとても嬉しかったです。
 今は悪い意味で何でもかんでも個人情報が・・・という場面に出くわすことが多いですが、良い意味においては、個人の権利・利益を保護したり、個人情報を適正に扱い遵守すべき義務等を明確にすることは消費者にとっては安心なことです。当社も個人情報保護に対する認識を強化すると共に、これが個人情報をしっかり守るための当たり前の運営ルールだと思い、ポジティブに捉えながら取組んで行きたいと思います。
 今後ますます個人情報に関して、その取り扱いに神経を使わなければならないと思っていますが、そういう時代になったのだから仕方ないと思っていますし、嘆いていても仕方ないので、顧客から今後より信頼されるようにしっかり管理して行きたいと思っています!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年6月24日(土)

ハノイからシンガポールへ移動

2017年6月24日シンガポールへ移動1.jpg
 ハノイでの面接が予定通り終了して翌日、ハノイの商業施設の視察にも興味あったのですが、シンガポールに移動しました。ハノイからシンガポールへは多い時で1日8便も飛んでいるのですが、スケジュール的に一番良いのがベトジェットエアだったので予約してみました。本当はシンガポール航空に乗ったことがないのでそっちにしたかったのですが、時間が合わず止めました。今回のベトジェットエアですがベトナムのLCC。現地の方にどんなもんか聞いたら、やり手の女性経営者で有名らしく、機内でファッションショーをやったり、CAさん?が水着を着たりと色々と情報発信を熱心にやっているLCCだと聞きました。世界には色々な航空会社があるのですね~。
2017年6月24日シンガポールへ移動1-2.jpg
 チェックインカウンターで何故かskyBOSSという印を押されました。後で知ったのですが、これってベトジェットエアのサービスの一つで、要はエコノミーに対してビジネスのような感覚らしく、優先的に何でもやってくれたり、機内食が無料だったり、あれこれとサービスが付いているチケットだったみたいです。自分ではこういうチケットを購入したつもりはないし、何でこうなったのか分かりませんが、とりあえずなるがままに機内で過ごしました(笑)。
2017年6月24日シンガポールへ移動3.jpg
 ちなみに席は一番前でこんな感じです。確かにサービスも良くて、他のお客様と比較して明らかに差別ではなく区別されています。隣りに座っている人はチケットに印が押してなかったので、おそらく今回のフライトでは私たち夫婦だけがskyBOSS状態?とにかくLCCということで覚悟していましたが、それなりに足下は広いし、食事やら飲み物やら色々と出てくるし、乗り降りは最優先だし、ありがたくサービスを享受しました。
 今回は全て航空機の手配を自分でネット予約したのですが、その際に何かそれを選択していたのでしょうかね?未だに原因が分かりませんが、無事にシンガポールに移動することが出来ました。ハノイから来たせいかシンガポールは涼しく感じます。マーライオンに会うのは3回目ですが、街にこういうシンボルがあるのは良いですね。
2017年6月24日シンガポールへ移動4.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年6月23日(金)

ハノイで徒然なるままに...#2~面接はいつも真剣勝負

2017年6月23日ハノイ2.jpg
 天気予報ではハノイ滞在中ずっと雨!ということでしたが、自称晴れ男の面目躍如で何とか雨には当たりませんでした。しかし温度や湿気は予想通りの状況でした。そんな中、面接会場に向かう車窓からは相変わらずの光景(笑)。バイクが多くて3人乗りや4人乗りは当たり前!安全面をどう考えているのか、とにかくカオスな光景は変わらずでした。
2017年6月23日ハノイ1.jpg
 そして面接会場に入ると候補者の皆さんが元気な笑顔で出迎えてくれました。今回は2人採用予定で訪問したのですが、緊張感MAXの皆さんを見ていると我々も真剣勝負です。いつも事前に履歴書や情報をもらっているのですが、紙の情報と実際に会っての印象はまるで違います。会わなきゃ分からないなんて分かっていますが、相手が日本人ではないだけに余計にそう思いますね。技能実習生の現地での面接は過去に4回やっているので、自分なりに面接のチェックポイントは色々とあって日本で3年間やっていけるか?河内屋の仕事に合うか?仲間と上手くやっていけるか?など健康面も含めて緊張感を持って面接しました。そして今回選考したのが下の写真の2名です。
2017年6月23日ハノイ3.jpg
 今回は採用出来なかったメンバーの中にも素晴らしい人材が何人かいました。当社とは縁がありませんでしたが違う会社で頑張って欲しいと思います。今回採用した2名に関してはこれから日本語も一生懸命に覚えてもらって当社で大いに活躍してくれることを祈るのみです。本当にこればっかりは祈るのみです。自分を変える、未来を変える、人生を変えるのは自分だけですからね。初心を忘れずブレずに頑張って欲しいと思います。
2017年6月23日ハノイ5.jpg
 希望する良い人材を採用出来てホッとした後は、蒲鉾女将の強い要望で旧市街にあるドンスアン市場へ食材の調達。ベトナム料理に凝っている蒲鉾女将曰くハノイの揚げ春巻きの皮、フォーの麺、ブンの麺は日本では調達出来ないとのこと。ホーチミンから日本に入って来るものとはちょっと違うそうです。いずれにしても「それ買い過ぎだろ!」と思うほどの量。運ぶのは誰?と思いながら店の女性達が一生懸命梱包してくれました。とにかく採用が上手く行ったので、その他のことはどうでも良いやということで、重い荷物を運びました・・・。
2017年6月23日ハノイ6.jpg
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事