蒲鉾丹右衛門in海外

2012年4月20日(金)

蒲鉾丹右衛門inバンコク2

2012年4月20日シーロイヤル1.jpg
工場見学の1日目はシーロイヤル社に行って来ました。僕自身はシーロイヤル社には初めての訪問だったのですが、バンコク市内中心部からバスで約1時間ほどかけて到着し、時間をかけて魚の受入からすり身製造、最終パッケージ工程まで見学する事が出来ました。工場はHACCP対応の素晴らしい工場で衛生管理、品質管理は行き届いていて、日本の同じ目的とした工場と比較すると太刀打ち出来ないほど優れていました。以前にも他の工場に訪問しているので想定の範囲内ですが、より衛生面、品質面が向上している印象を持ちました。
2012年4月20日シーロイヤル2.jpg
工場内の問題よりもやはり心配は漁師が獲ってからの市場、工場までの温度管理、品質管理が暑い国だけに一番のポイントなのでしょう。見た限りでは十分な氷を打ってあり魚の鮮度も良い感じでした。異国の工場ですが、日本の蒲鉾業界にとって大事なパートナーなので今後もお互いに良い製品を作りたいと思いました。
2012年4月20日昼食.jpg
工場見学後に遅めの昼食を食べましたが、なかなか良い雰囲気のレストランでした。場所が全く説明できないのですが、蒲鉾業界の旅で楽しみの一つは食事です。各地域の話を色々できて大変有意義な時間でした。そしてバンコク市内に帰る途中、スーパーマーケットの視察。ここでアクシデント!何とバスのブレーキが故障したとの事で、予定より1時間ほど足止めを食いましたが、それはそれでまた色々なメンバーと話が出来て楽しかったです。海外に行ったら全てがネタになるので、これも思い出でしょう。夜はお決まりのパッポン通りにタニヤ通り・・・これもやっぱりタイですね!
2012年4月20日パッポン通り.jpg
ページトップへ

2012年4月19日(木)

蒲鉾丹右衛門inバンコク

久しぶりにタイのバンコクにやって来ました。おそらく10年ぶりくらいです。前回も蒲鉾業界の視察で来たのですが、今回も蒲鉾組合関係・・・しかし青年部の視察という事で、似たような年齢、似たような境遇の仲間が全国から20人集まりました。初日は移動だけとなってしまいましたが、異国の地で仲間と再開するのも良いもので夜は様々な話題で大いに盛り上がりました。今回の視察、実は昨年実施の予定だったのですが、震災の影響で1年延びました。今回、東北地区の参加者はいないのですが、関東から九州まで幅広い地域から集まったので良かったと思います。商売の地域、規模、種類、方法は全く違いますが、同業者の話は刺激的で本当に色々と勉強なります。今回の旅が実り多いものになるようにしたいと思います。
2012年4月18日バンコク2.jpg
ホテルからの移動に夕方BTSを利用しましたが、ラッシュに巻き込まれ日本と変わらないと思いました。しかし、こういう人混みはスリが多いので注意が必要との事でした。
2012年4月18日バンコク3.jpg
下の写真は乗り換えの為に降りたサイアム駅の前にあるサイアム・パラゴンです。地元の人や観光客に人気のエリアのようです。時間があれば行ってみたいと思います。
2012年4月18日バンコク4.jpg
ページトップへ

2010年2月 8日(月)

上海ヒルズを眺めながら・・・

行きと違って帰りは予定通りに富山に帰って来る事が出来ました。交通が乱れなければ、上海は本当に近いと思います。富山空港に到着して、上海浦東国際空港との圧倒的な規模の違いに、思わず苦笑いが出てしまいました。一方、到着した瞬間に空気の爽やかさなど、圧倒的な環境の良さにホッとしました。

2010年現在、上海の人口は常住者ベースで1,888万人。日本人も約48,000人と世界第1位の日本人コミュニティ。ちなみに魚津市は2010年1月29日現在45,237人(魚津市HPより)なので、魚津市民より多くの日本人が上海で生活している事になります。永住者を含めるとロサンゼルス、ニューヨークに次いで世界第3位という事になるそうですが、この5年間で上海における在留邦人数は約2倍!この10年間では約8倍!この凄い急増ぶりは、中国経済、上海経済の発展が大きく関係していると思います。そして上海から日本へ訪問する中国の方も年間約30万人近くと、2003年から毎年毎年伸びて来ています。富山県の観光にも大いに影響を与えていて、立山などの観光地では中国語が飛び交っています。この流れは、今の日本の閉塞感を考えるとしばらくは変わらないでしょうね・・・。今後、もっと多くの上海、中国の方に河内屋の美味しい蒲鉾を食べて頂きたいな・・・と上海ヒルズを車窓から眺めながら色々な事を考えていました。 

2010年2月7日無事帰国.jpg

ページトップへ

2010年2月 7日(日)

上海で徒然なるままに...2

2010年2月6日森ビル1.jpg

ホテルからバスに乗って話題の浦東に向かいました。黄浦江の真下を通るトンネルを抜けると、上海という頭にあるイメージがそのまま車窓から見え、とにかくビックリ、とてつもない高層ビル群に圧倒されました。蒲鉾太郎から聞いていた、07年富山JCの事業で上海に行った時に登ったという421mのジン・マオ・タワーの隣には、08年に完成したという492m森ビル!真下から見上げて、本当に首が痛くなりました・・・。

2010年2月6日森ビル2.jpg

そして展望台に登って見えた景色は、高い場所が好きな蒲鉾丹右衛門としては、過去に経験のない圧倒的な風景でした。有名な東方明珠塔やジン・マオ・タワー、全てを見下ろせるこの風景、正直デジカメでは上手く撮れませんでした(^^;)。天気が悪かったのと、空気が汚いので遠くまで見えないところが難点ですが、それでも信じられないような景色が360度見渡せるこの展望台には感動しました。

2010年2月6日世紀大道.jpg

ここは中国経済発展の象徴のような場所ですし、上海万博を目前に控えて、高層ビルの建築は止まる雰囲気は全く無し!工事現場の数たるや日本の現状と比較すると言葉もありません・・・。
その後、黄浦江対岸に広がる外灘に移動。個人的には楽しみにしていたスポットなのですが、行ってビックリ、上海万博開幕目指して、工事、工事、工事!雰囲気台無しでした。中国に行って感じるのは、見える所だけ極端にキレイにするというか何と言うか・・・、上海万博に世界中から観光客が来る事を考えると仕方ないですかね。

2010年2月6日外難.jpg

しかし、5月開幕という上海万博に本当に間に合うのでしょうか?間に合わすのが中国とも言えますけど。期待外れの外灘から南京東路の方に来ると、今度は人、人、人・・・、地元の人、地方の人、海外からの人、凄い人が歩いている。食品売場も人、人、人、羨ましい活気。人口減少に不安を抱える我々からは想像出来ない人のパワー!これは上海万博の時には一体どんな状況になるのか・・・なんて考えながら歩いていました。
今回の上海初訪問は、上海経済の現状と勢いを肌で感じる本当に良い機会になりました。

2010年2月6日上海第一食品商店.jpg

ページトップへ

2010年2月 6日(土)

上海で徒然なるままに...1

2010年2月5日スギノマシン上海.jpg2日目は早速、上海に進出している企業を視察。最初に訪問したのは河内屋と同じ魚津市に本社を置くスギノマシンさん。場所は常熟という場所で上海からバスで約90分・・・馴染みある制服姿の皆さんが出迎えてくれました。魚津の企業が上海まで来て頑張っている姿を実際に見る事が出来ました。

2010年2月5日ファンス上海.jpg

その後、蘇州に向かってバスで約70分、平成5年から蘇州に進出している大阪に本社のあるファンスさんの工場見学。両社ともに見せて頂いた事を詳しくは書けませんが、ディスカッションを含めて大変良い機会になりました。

上海中心からちょっと走ると、田舎の風景・・・しかし、直ぐに工事現場がたくさん出て来て、地方も活気があるような気はします。上海に戻る車窓からはビルと古い街並みが交互に現れ不思議な感じ。

2010年2月5日常熟上海.jpg

上海では北陸銀行上海駐在員事務所を訪問して、所長によるセミナーを聞きました。
その後は、日本領事館へ。現在の横井総領事は富山市出身の方、大変有意義なお話を聞く事が出来ました。ところで日本領事館への訪問には、パスポートチェックなど厳しいセキュリティでした。これも滅多に経験できない体験となりました。お世話して頂いた関係者の皆さんには、本当に感謝です。

2010年2月5日北陸銀行上海.jpg

ページトップへ

2010年2月 5日(金)

蒲鉾丹右衛門in上海

2010年2月4日富山空港.jpg大雪の中、絶対に欠航だろうな・・・と思いながら富山空港に集合。東京便などが欠航にも関わらず、上海便は飛ぶという事で富山空港までは良かったのですが、雪の影響などで予定は遅れに遅れて、上海に到着したのは17時過ぎになってしまいました。その後、世界最速430キロを体感出来ると聞いていたリニアモーターカーに乗って龍陽路駅に向かったところ、17時以降の運行は近隣住民の騒音対策などで最高速度301キロでの走行・・・上海初日から予定通りに行きませんでした。

2010年2月4日リニア.jpg

そして龍陽路駅からはバスでの移動。噂の渋滞にいきなり遭遇しましたが、無事に上海に到着出来て良かったです。ホテルはこうやってブログをアップできる環境だし、ドコモの携帯電話がそのまま使えるので非常に便利です。
ページトップへ

2007年8月18日(土)

蒲鉾太郎in香港

818香港夜景.jpg

2007年理事長がLOM事業でどうしても出席できない・・・という事で、直前理事長として姉妹JCである香港太平山JCの創立30周年記念式典に参加して来ました。香港は5回目ですが、今回初めてビクトリアピークに行く事が出来ました(^^)。展望台は観光客で一杯でしたが、何とか場所をゲットして写真を撮りました。普通のデジカメで夜景を撮るのは難しい!

ページトップへ

2006年11月16日(木)

分断の地で・・・

1116板門店1.jpg

非武装地帯の中では唯一、南北が対話できる場である板門店に行って来ました。38度線をまたぐ様に建っている青い建物内まで入る事が出来て少し緊張しました。上の写真は38度線をまたいで写真を撮ったところです。机の中央より右側が北朝鮮・・・。何だか不思議な気持ちです。

1116板門店2.jpg

窓から外を見ると38度線が分かりました。右側が韓国で左側が北朝鮮です。朝鮮半島の緊張と対立の歴史的な現場で、分断の歴史を象徴的に証明している場所ですね。38度線向こう側のビルは何となく不気味な印象を受けました。あの建物より向こう側の世界は一体どんな現実があるのだろうか・・・。

1116板門店3.jpg

 

ページトップへ

2006年11月15日(水)

世界会議に参加

1115ソウル世界会議.jpg

今までのJC活動の中では、仕事が忙しい時期という事情もあり、世界会議には参加した事がありませんでした。しかし今回は立場が立場ですし、出向してくれている仲間の応援や、次年度に日本の委員長を久しぶりに出すことなど色々な想いがあり、頑張って参加して来ました。卒業手前で良い記念になりました(^^)。

ページトップへ

2005年8月 8日(月)

バスの車窓より

88バスの車窓より.jpg

ウランバートル国際飛行場に向かってバスに乗りました。窓の車窓から見る景色は本当に幻想的です。蒲鉾ジュニアは疲れたのかバスの中で寝ていましたが、蒲鉾太郎はすべてを目に焼き付けようと思い、気合を入れて起きていました。永遠に続く大草原を見て、小さな悩みなんか吹っ飛びますね。色々あった旅でしたが、蒲鉾ジュニアと絆が深まった旅でしたね。蒲鉾太郎ほど、彼には感動が無いとは思いますが、今分らなくても良いのです。数年後、十年後、あるいは蒲鉾太郎が死んだ後にでも一緒に見たモンゴルの景色を思い出してもらえば本望です。きっと何か感じると思います。2005年夏・・・ありがとう。

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事