蒲鉾丹右衛門in海外

2015年8月21日(金)

ハノイで徒然なるままに...#2~ドンスアン市場

2015年8月21日ハノイA.jpg
 面接終了後、採用者を決め色々な打ち合わせをしているとあっと言う間に時間が過ぎました。採用が決まった瞬間の顔は、いつも思いますが満面の笑みと安堵と感動で一杯の様子が伝わって来ます。それと同時にこっちは責任と重責を感じるのもいつもの事。このご縁が素晴らしいものとなるように努力することを改めて思いました。
 全ての予定が終了して、その後の予定は特に何も考えていなかったのですが、蒲鉾女将がベトナム料理の春巻用の皮を買いたいという事で、旧市街地にあるドンスアン市場を訪問しました。
2015年8月21日ハノイB.jpg
 ドンスアン市場はホアンキエム湖の近くに広がるハノイの旧市街地にあります。建物の中に入った瞬間、正直言ってここで買う物があるのだろうか?という全体的に混沌とした雰囲気に包まれました。比較的、アジアのこういう所は慣れているので特に驚きは無いのですが、とにかく日本の店とは全く違う世界です。
2015年8月21日ハノイC.jpg
 この市場は上の写真の通り生地や衣料品、アクセサリー、民芸品、革製品、化粧品や靴・・・もちろん食品も含め何でもありという感じの場所です。ハノイの中でも古くて規模が大きな市場との事。観光客向けというよりはハノイ市民の利用する場所のようです。確かに観光客が買うものは見当たりません。
2015年8月21日ハノイD.jpg
2015年8月21日ハノイE.jpg
 食品に関しては乾物が多いように感じましたが、とにかく匂いが強烈。そして何の乾物なのかよく分からないものが多かったですね。海老やイカらしきものは分かりますが、あまり試食をする気にはなりません。しかし食品に限らず、売り子の女性たちは熱心に声をかけてきます。もちろんベトナム語で。一方で全く外国人には無関心という売り子さんたちも多数。活気があるようで無いような、本当に不思議な空間でした。
2015年8月21日ハノイF.jpg
 市場の中をだいぶ歩いて何とか目的のものを探し出しました。品質が良いのか?他にないのか?など色々と思う事はありつつも、いくつかの種類を買う事が出来ました。感覚としては安いですね。お金の単位が大き過ぎて戸惑うベトナムの通貨ですが、何とかやりとり出来ました。
 前回のハノイ訪問時はこのドンスアン市場の前を通るだけだったので、今回は建物の中に入り実際に買い物出来て良い経験になりました。買った物がどうだったのか?という報告はチャンスがあればまたブログで書きたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2015年8月20日(木)

ハノイで徒然なるままに...#1~ハノイ再訪問

2015年8月20日ハノイ3.jpg
 昨年の10月にベトナムのハノイへ初訪問しましたが、今回2度目の訪問をして来ました。前回と違うのは蒲鉾女将を一緒に連れて来たことです。ノイバイ国際空港に到着してまず思ったのが、空港がきれいで新しくなっていた事!そう言えば昨年来た時には、日本のODAで大成建設が新空港を作っている最中で、隣に今風の?建物が建設中だったのを思い出しました。旧国際空港のローカル感とは真逆で、広くて明るい施設が出迎えてくれたのは気持ち的には良かったです。しかし、外へ出る自動ドアが開いた瞬間、熱い熱風とモワ~っとした湿気は、やはりベトナムに来たんだと直ぐに実感しました。
2015年8月20日ハノイ1.jpg
 ちなみに市内は上の写真のように相変わらずの光景です。何も変わっていません。ジャカルタより多少はましなような感じがしますが、事故が起きて当たり前だし、いつ我々も巻き込まれるか分からない緊張感はあります。車窓からの光景を見て蒲鉾女将もかなり驚いていました。
 ハノイへ今回来た理由は、前回と一緒で研修生の面接のためです。計画では4人体制を確立しようと思っているところです。外国人研修生の面接はこれで4回目。過去には中国の長春に2回、そして前回のハノイを経験しています。毎回思う事ですが、研修生たちの面接にかける真剣さ、意気込みは相当なものです。研修制度を利用して日本で稼ぐという選択は、今の暮らしからの脱却への第一歩なんだと思います。当然、我々も同情しに来た訳ではありません。食品工場でしっかりルールを守りながら頑張ってくれる人を探しに来た訳です。ともにWin-Winの関係になることが理想だし、そうなるように今後も努力したいと思います。
 下の写真は面接会場の廊下の窓から面接終了後、選考の合間に撮影した風景です。
2015年8月20日ハノイ2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2015年5月16日(土)

釜山で徒然なるままに...#おまけ3

2015年5月15日金海空港.jpg
 予定では釜山金海国際空港11時発のBX112便・・・空港に到着してみたら30分の遅延表示。買物でもして時間を潰せば良いかと思いましたが、これがまた何も買うモノが無いと言うか、買いたいモノが無いと言うかちょっと残念な感じの空港でした。それはさておき、成田到着も13時の予定が30分遅れて13時30分に到着しました。
2015年5月15日京成.jpg
 速攻で入国手続きを通り抜け、運よく預けた荷物も早く出て来て、何とか13時58分のスカイライナーに乗る事が出来ました。そして京成上野駅に14時43分に到着。そこからJR上野駅までは小走りしましたが自動発券機で速攻で15時02分発の新幹線切符を買って上野駅から北陸新幹線に飛び乗りました!
2015年5月15日新幹線.jpg
 新幹線の中でやっとゆっくり出来ましたが17時36分には黒部宇奈月温泉駅に到着しました。こんな事が出来るのもやはり北陸新幹線が開業したお陰ですよね。11時30分に釜山を出発して17時36分には黒部にいるってやはり凄いです。黒部川の景色を見ながらそう思いました。
2015年5月15日黒部.jpg
 今回の釜山への出張は色々あって急きょ行きましたが、まさに弾丸海外出張という感じでした。しかし滞在時間が少ないながらも色々と知識を得られる有意義な時間だったと思います。観光でゆっくり行ってみたい気もしますが、そんな余裕もないし仕方ないですね。下の写真は泊まったホテルの部屋の窓から撮影したものです。夜はライトアップしていてキレイでした。釜山で徒然なるままに・・・ブログはこれで終了します。
2015年5月15日釜山.jpg

ページトップへ

2015年5月15日(金)

釜山で徒然なるままに...#おまけ2

2015年5月15日レンタル1.jpg
 昔の海外出張に比べると現地でネットに繋げる苦労は無くなりましたね。インターネット黎明期にノートPCを海外に持って行き、アナログ回線を苦労しながら繋げたのがウソのようです。そういう意味では最近の海外出張時の関心事はコスト面!スマホの性能が上がり、現地で勝手に繋がって知らない間にパケット通信料が膨大になり、日本で高額請求をされたという失敗談もたまに聞きますから油断は出来ません。
 ちなみに僕はiPone6plusを使っているのですが、海外に行く時は海外パケットし放題を利用しています。ヘビーユーザーなので当然1日25MB以上なんて余裕で使ってしまいます。なので間違いなく1日2,980円かかるのです。2日間使うと5,960円・・・これは高いですよね。今回の釜山行きの際、色々と調べたら現地のSK telecomがレンタルWi-Fiをやっているという事で日本から申し込みをしてみました。まずは金海国際空港に到着して1階のSK telecomのカウンターへ直行。それが上の写真です。通信料は1日5,000ウォン!日本円に換算すると約500円ちょっとです!これは安いし絶対にお得!設定も簡単だし2日間非常に重宝しました。釜山に行かれる方はぜひお勧めですね。ただ戸惑ったのは受付のお姉さんの対応・・・オール韓国語。はっきり言って困りました。とりあえず身振り手振り指さしを全て使ってコミュニケーション。とりあえず何とかなったので良かったです。
2015年5月15日レンタル2.jpg
ページトップへ

2015年5月14日(木)

釜山で徒然なるままに...#おまけ1

2015年5月14日エアプサン1.jpg
 今回の釜山への出張ですが、どんな手段でどう行こうか・・・と色々と悩みましたが、選んだのは富山空港⇒羽田空港⇒成田空港⇒釜山でした。成田からはLCCのエアプサン。ネットで予約しましたが往復で19,480円。富山と羽田間が早割で片道11,790円(ANA)という事を考えればやっぱり安いですよね。しかも羽田と成田間の片道リムジンバス代の3,100円を考えると国内移動の方が本当に高いと感じます。
2015年5月14日エアプサン2.jpg
 エアプサンはLCCという事で、成田空港の新しい第3ターミナルなのかな・・・と思いましたが、実際は第1ターミナル南ウイングでした。受付は日本語が通じるし、接客対応もそこそこ丁寧だし、ネット予約した便も全く問題なく受付する事が出来ました。そして飛行機は通路を挟んで左右3列の計6列の規模の飛行機でした。LCCという事でもともと期待もしていませんが、イスにはテレビ画面が無く、下の写真の通り想定内の環境でした。
2015年5月14日エアプサン3.jpg
 長時間なら退屈かもしれませんが、2時間ちょっとなので十分に我慢できる余裕の範囲内という事で機内に乗り込みました。そして離陸して少し時間が経つと機内サービスが始まり早速機内食が出て来ました。
2015年5月14日エアプサン4.jpg
  LCCへの偏見ではないのですが機内食など一切期待していなかったのですが、とりあえず暖かい箱とオレンジジュースを渡されました。箱の中身は下の写真です。とりあえず一口食べて後は残そうかな・・・など考えながら食べ始めたら、これが結構美味しいのです。残すつもりがしっかり食べてしまいました。
 LCCには初めて乗りましたが、移動という事をメインに考えればこの程度の内容で十分だと思いました。今やLCC路線と言うのは当たり前の世界ですので、内外問わずこれからお世話になる事も多いと思います。
2015年5月14日エアプサン5.jpg

ページトップへ

2015年5月13日(水)

釜山で徒然なるままに...#3

2015年5月13日釜山8.jpg
 釜山での場所がよく分かっていないのですが、スケコのオークションが開催されているという事で急きょ見学する事が出来ました。スケコ・・・要はたらこの事です。蒲鉾の原材料はスケトウダラ(スケソウダラという言い方が馴染みあるかもしれませんが、標準和名がスケトウダラなのでここではスケトウダラと書きますね)が有名ですが、このスケトウの春の漁にはお腹に魚卵が含まれます。魚卵つまりたらこが重要な商材なのです。ちなみに身の方は蒲鉾の原材料になるのです。
 このスケトウダラの獲れる海域がアラスカのベーリング海やロシアの海域なのです。ベーリング海で獲れたスケコのオークションはシアトル、ロシア海域のものが釜山で行われます。つまり今回はロシア海域で獲れたスケトウダラのスケコのオークションをたまたま見る事が出来たという訳です。
2015年5月13日釜山6.jpg
 蒲鉾業界にいると原材料の動向が非常に気になり、常に色々な水産系の新聞や商社などからの情報に対してアンテナを張っています。特に最近の急激な為替の変動には頭が痛く、輸入に頼っている現在の食品業界は皆さん一緒だと思いますね。その中で蒲鉾の原材料の話題と一緒に記事になって出て来るのがこのスケコの情報なのです。という事で、仕組みに対する知識だけは分かっているのですが、今回初めて実際のサンプルを検品している場所に参加する事が出来て色々と勉強になりました。やはり新聞記事で読むイメージや人から教えてもらうイメージとでは違いますね。
 日本人の方がたくさん来てチェックしていましたが、九州から団体で来ている明太子関係の皆さんです。5会場くらいをタイトなスケジュールで周るのですが、どの部屋でも並んでいるサンプルの詳細情報の紙と透明の使い捨てビニール手袋を渡されます。そして端から全部チェックして行くのです。人によってチェックの仕方は色々でした。僕も全てチェックしてみましたが、正直何が良くて何が悪いのかよく分かりません。もちろん参加している会社によって目的としている品質はそれぞれなので、仮に上級品となっていてもA社にとってとB社にとっては合うか合わないかは評価は違うのです。改めて業界が違えば全く景色が違うなと感じました。
 とにかく予定にはない事を体験できたのはラッキーでした!何だか珍しくマニアックなブログになってしまいました・・・一応記録という事でアップしときます。
2015年5月13日釜山7.jpg

ページトップへ

2015年5月12日(火)

釜山で徒然なるままに...#2

2015年5月13日釜山1.jpg
 釜山到着の夜は台風の影響で大変な雨でしたが、翌日は15時を過ぎたら一気に写真の通り台風一過。気温もどんどん上昇して暑くなりました。そして早朝からの任務も完了して韓国最大級の海産市場であるチャガルチ市場を歩いてみました。
2015年5月13日釜山2.jpg
 ここは釜山市民の海産物の台所でもあるし、観光名所?でもあるし、築地の場内や場外を歩いているような雰囲気ではあるのですが、やっぱりちょっと雰囲気が違うのですよね。魚に対する保存というか考え方が微妙に違うのが分かります。築地を歩いていると鮮魚系はやっぱり氷が多いという印象がありますし、鮮度感もピカピカというか特に魚の目を見れば分かりますが、ここではそんな雰囲気はありませんね。
2015年5月13日釜山3.jpg
 干物なのか鮮魚なのか微妙によく分からない売り方をしているのも確かです。ただ感じたのは魚の種類はとても豊富でした。通り沿いには手前で魚を売っていて、奥や2階で料理して食べさせてくれる場所も多かったですが、あまり人が入っている感じはありません。
2015年5月13日釜山4.jpg
 おそらく競りをやっているような場所まで行けば鮮度の良い魚を扱っているのかもしれませんが、場外のような露天っぽい場所では衛生面や鮮度面は期待できないのかもしれませんね。しかし、こうやって商売をしている人たちがいるのだからニーズはあるのでしょう。
2015年5月13日釜山5.jpg

ページトップへ

2015年5月11日(月)

釜山で徒然なるままに...#1

2015年5月12日釜山1.JPG
 韓国には過去4、5回は来ていると思うのですが、釜山は初めての訪問です。今回は富山、羽田、成田、釜山という行程で訪問しました。初日は気持ちの良い空が広がっていた日本とは全く違い、雨の釜山です。自称晴れ男の僕としては珍しく大雨なので外に出るのも嫌になってしまいました。明日の天気回復を期待したいです。ちなみに釜山初訪問・・・もちろんプライベートではありません。
2015年5月12日釜山2.JPG

ページトップへ

2014年11月 2日(日)

ハノイで徒然なるままに...#5~おまけ

2014年11月2日エボラ熱.JPG
 西アフリカで感染が拡大して問題になっているエボラ出血熱・・・ニュースを見ているだけで心配になって来る怖いウィルスですが、水際で防ぐ事はまず無理でいずれ日本にも入って来るでしょうね。そんな心配の中で、先月27日(月)の夕方に西アフリカ、リベリアに滞在していた日系のカナダ人ジャーナリストが羽田空港で発熱を訴え騒ぎになりました。幸い陰性だったので一安心ですが、実はその男性が羽田空港に到着する30分程前にハノイから羽田空港に到着しました。もしかしたら入国審査や荷物受取場所など同じ空間にいたかもしれません。本当に偶然とは言えこんな事もあるんだなと思いました。その後、羽田空港内で国際ターミナルから第2ターミナルに移動して富山便を待ちましたが、そんな事があったとは全く知りませんでした。家に到着してニュースを見てビックリという感じです。
 今回の入国では熱センサーでの発熱チェックはもちろんの事、入国審査までの通路でも係員が声掛けし、入国審査でも西アフリカなどへの渡航や滞在が無かったか?と聞かれました。確かにかなりの警戒ぶりですが、とにかく自己申告なので否定すれば素通りというのが実態です。仮に発熱があったとしてもセンサーに引っかからなければ問題なし・・・。日本へ入って来るのも時間の問題のような気がします。
ページトップへ

2014年10月29日(水)

ハノイで徒然なるままに...#4~旧市街散策

2014年10月28日ハノイ1.JPG
 ハノイ郊外に出かけた帰りにどうしても少し旧市街に寄ってみたかったので、ホテルへ帰る前にホアンキエム湖に止まってもらいました。周辺は遊歩道が整備されていて、少し前まで訪問していた地域とはまるで違う世界が拡がっていました。欧米人も日本人も観光客が多かったです。
2014年10月28日ハノイ2.JPG
 観光用のカートに乗り旧市街へ!この風景はテレビや映画で見ていたので知識としては知っていましたが、実際の街はその活気ある空気感もあり、非常にインパクトのある雰囲気でした。建物はフランス統治時代の面影が色濃く残っていて、東洋と西洋が微妙に混じったところが何とも言えない雰囲気を出しています。やっぱり僕はアジアが好きなんですよね。1時間ちょっとのわずかな観光でしたが刺激ある時間を過ごす事が出来ました。
2014年10月28日ハノイ3.JPG
 それにしてもこのバイクの量と言うか、乗り方と言うか、交通ルールと言うか、この街の常識と言うか凄いですね。本当に圧倒される風景でした。よく事故が起きないものだと思いますが、実際はかなり危険で小さな事故から大きな事故まで普通にあるようです。2人乗りは当たり前ですが、3人乗り、4人乗りまでいるのには本当にビックリです。
2014年10月28日ハノイ4.JPG
 上の写真はハノイ最古の教会。重厚な石造りの教会で、中に入ってみたかったけど今回は前を通るだけ。この他にも見たいものはありましたが、残念ながら今回は街の雰囲気を感じる事しか出来ませんでした。いつかまた来るチャンスがあれば色々と周ってみたいものです。果たしていつになるやら・・・という感じですけど。
2014年10月28日ハノイ6.JPG
 旧市街は前知識通りの雰囲気でしたが、思っていた以上にリアルの人、自転車、バイク、車の密集度が凄くて、ここに住んでいる人たちのパワーを感じました。そして現地の皆さんの暮らしぶりも、田舎も含めて色々と垣間見ることが出来ました。日本も昔はこんな感じだったのかもしれません。旧市街にある多くの通りは、空いている空間が無いほど店が軒を連ねていましたが、買いたいと思うようなものは一つも無かったというのも事実です。観光客相手の店と現地の人相手の店が混じっているのだと思いますが、買い物をしてる人の雰囲気はありませんでしたね。実際のところは分かりませんけど。
 最後にホアンキエム湖ほとりにあるThuy Taというカフェに入りアイスクリームを食べました。湖を見ながらなかなか良い雰囲気でした。またいつの日かハノイを再訪したいものです。
2014年10月28日ハノイ5.JPG

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事