Facebook

2013年6月25日(火)

Congratulations! Kamaboko daughter!

2013年6月25日Aya卒業3.jpg
 蒲鉾娘が米国に留学して10か月・・・お陰様で色々な方の助け、応援により無事にVictor Senior High Schoolを卒業する事が出来ました。本当にありがとうございました。日本語のフォローが全く無い英語の世界に飛び込み10か月、よく頑張ったと思います。最初の1か月は相当大変だったようですが、持ち前のポジティブシンキングで乗り切り大したもんだと思います。
2013年6月25日Aya卒業2.jpg
 何よりもホストファミリーに恵まれました。日本から留学した小さな女の子に心からの愛情を注いで頂いたと思っています。そして高校の先生方、地元のお友達、またRCの交換留学生の仲間にも恵まれたようです。本人の努力もあったでしょう。強運にも恵まれたでしょう。いずれにしてもお世話になった全ての方に感謝の気持ちを忘れないで欲しいです。また、こんな素晴らしい機会を与えて頂いたロータリークラブに感謝をしたいです。
 これから蒲鉾娘は7月1日から1か月間、ロータリー交換留学生向けの米国横断バス旅行に参加します。すでに英会話も問題ないし留学生活の中でも一番楽しい、そして思い出に残る最後の1か月になる事でしょう。7月末に旅行から帰ると、ホストファミリーと別れを惜しむ間もなく8月4日に当地を出発し日本へ帰国します。ちょっとハードな感じもしますが、留学生活の最後の日々・・・充実したものになって欲しいと願っています。
2013年6月25日Aya卒業1.jpg
ページトップへ

2013年6月23日(日)

デザインの目線

2013年6月22日d design travel WORKSHOP in TOYAMA2.jpg
 d design travel WORKSHOP in TOYAMA~富山県のデザイントラベルを考える~というワークショップに参加して来ました。内容はロングライフデザインをテーマに活動するナガオカケンメイさんたち D&DEPARTMENT PROJECT が、47都道府県それぞれにある、その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、デザイン的観点から選びだして、観光ガイドとしてまとめたd design travelという知る人ぞ知る観光本の11号目となる次号が富山県という事でのトーク&ワークショップでした。
 感性が高くてデザインに対して高い意識の人たちが集まっていて、ちょっと僕などは場違いな感じもしましたが、石井県知事の挨拶、ナガオカケンメイさんのお話、そしてワークショップは、とても面白くて興味深い時間でした。改めて河内屋のらしさ、個性というものを考えるきっかけになったと思います。
 それにしても漠然とですが、呉西の方たちが多くてこういう文化、デザインに対する意識が高いと感じますね。呉東はどうなのだろう・・・と色々と思う事がありました。
 さて、気になるのが「かまぼこ」を選んで頂けるのか?選ばれたとしてもどの蒲鉾屋なのか?今後どんな展開になるのか分かりませんが、デザインの目線で色々なことを見るという良いきっかけになりました。
2013年6月22日d design travel WORKSHOP in TOYAMA.jpg
ページトップへ

2013年6月18日(火)

御礼!富山の酒とかまぼこフェア2013!

2013年6月16日富山の酒と蒲鉾1.jpg
 6月16日(日)に開催された「富山の酒とかまぼこフェア2013」ですが無事に終了しました。例年だと秋の開催なのですが、今年は酒蔵チームの諸事情により6月の梅雨時期の開催・・・しかも会場もいつもと違う部屋、そして1部と2部の入れ替え制もなく全てが変更となっての開催で、僕も含めて参加者、関係者も色々と心配をしましたが、始まってみたらいつも以上の熱気で、あっと言う間に終了してしまいました!暑い中ご来場頂き、しかも河内屋のブースに寄って頂き、さらにたくさんの蒲鉾をお買い上げ頂いたお客様には本当に感謝です!ありがとうございました!
2013年6月16日富山の酒と蒲鉾2.jpg
 今回出展したのは15の蔵元、そして10のかまぼこ屋。酒と蒲鉾だけでこれだけの業者が揃うのも珍しいですし、オール富山県!という意味では貴重なイベントだと思います。個の業者にとっては色々と事情があったり考え方が違ったりして、一つにまとまるのは難しい面もあるのですが、北陸新幹線開業に向かって富山県の認知度、PRが拡がって行けば嬉しい事です。
 余談ですが会場がオープンすると真っ先にお客様が並ぶのが勝駒さん。2、3年前から急にそんな傾向があるように感じます。地元でも人気の銘柄なので最近では手に入りずらくなっていますね。東京の日本酒ファンの皆さんもそんな事情をよく知っているんですね。河内屋も真っ先にお客様が指名して下さるブランドになるために努力して行きたいと思います。
 さて、今回はもう一ついつもと違う出来事がありました。東京で大学に通う蒲鉾太郎が手伝いに来てくれた事です。蒲鉾太郎にとっても良い経験になったと思いますが、僕と蒲鉾女将にとっては嬉しい時間でした。奇しくも当日は父の日・・・僕にとっては最高の父の日となりました。
2013年6月16日富山の酒と蒲鉾3.jpg
ページトップへ

2013年6月 3日(月)

3人のママとシニア・プロム

RC1.jpg
 ホストファミリーの家に到着するやいなや蒲鉾娘は「シニア・プロムがあるから今から忙しい!」という事で僕たちは完全にほっとかれ、一人バタバタと忙しそうでした。そして部屋から出て来たのがドレス姿でビックリ!最初から驚きの連続でした。とにかく訳も分からず付いて行き他の父兄に混じり写真を撮る事が出来ました。上の写真は蒲鉾娘とリアルママ、第1ホストママ、第2ホストママ!蒲鉾娘にとっても良い記念写真を撮る事が出来ました。
RC3.jpg
 プロムに出かける前の撮影会が上の写真ですが、アメリカの高校生にとってこのプロムは思い出深いイベントのようで気合が違いますね。ちなみに家は友人の家です。アメリカン・グラフィティなどまるでハリウッド映画の世界でした。
RC2.jpg
 蒲鉾娘もなかなかサマになってましたが、友達同士で普通に英語でコミュニケーションしている姿に成長を感じました。全く違和感なく溶け込んでいる様子は大したもんだと感心しました。
RC4.jpg
ページトップへ

2013年6月 2日(日)

蒲鉾娘と久しぶりの再会!

再会1.jpg
 ロチェスター空港で10か月ぶりに蒲鉾娘と再会する事が出来ました。ご覧の通り蒲鉾娘は元気いっぱいで、米国での暮らしに完全に馴染んでいるようで我が娘ながらなかなか逞しく生きていると思いました。空港にはホストマザーのKimと一緒に出迎えてくれたのですが、二人で会話をしている様子は本当の親子のような感覚で、こちらで大変お世話になりしかも大事に見守ってくれている様子を直ぐに感じる事が出来ました。本当に感謝の気持ちでいっぱいになりました。ちなみに二人の会話の様子・・・当然の事ながら英語です。そして当然の事ながら二人の会話に付いて行けない。もうすっかり英会話を身に付け日常生活は全く違和感が無いようです。何と言うか10か月前とは英語力のレベルが格段に違って感心するというかビックリというか・・・とにかく久々に会った蒲鉾娘は見違えるほど大きく成長していました。そして一緒に旅して来た蒲鉾も無事に到着!本当に長い旅でしたが蒲鉾娘とKimに出会えて疲れも吹っ飛びました。
再会2.jpg
 笑顔での再会の後、Kimの運転でご自宅へ移動。空港から約40分程で到着しました。今回は蒲鉾娘の他に僕たち夫婦もお世話になる事になったKimの家が下の写真。本当に素敵な環境で素晴らしい家!確かに歩いて行ける距離に店はないし、夜は真っ暗で何もないのですが、環境面に関しては本当に贅沢で日本人の感覚とは全く違う雰囲気の中で生活していて本当に羨ましい限りです。靴と裸足の世界が一緒で蒲鉾女将は戸惑っていましたが、僕は性格からか何の問題もなく馴染むことが出来ました。受け入れてくれたTomとKimも本当に自然で、僕たちが英語が出来なくても特に問題なく過ごす事も出来るし4人だけの時間帯も楽しくコミュニケーション出来ました。違いを普通に受け入れる事が出来る米国の文化って凄いですよね。とにかく何から何まで違う米国の文化に驚きと感動の旅となりました。これからしばらくの間、ブログのネタに困りそうにありませんが、問題はいつ書けるかですね・・・。
再会3.jpg
ページトップへ

2013年5月29日(水)

げんきモリモリかまぼこたいそう!

 河内屋も一員なのですが、蒲鉾業界には「全国かまぼこ連合会」という組織があります。通称「ぜんかま」と業界人は呼んでいますが、一般の方にはあまり知られていないかもしれませんね。
 さて、全かまでは日頃から様々な活動を行っているのですが、僕も今年度は繁盛支援委員会という委員会に所属して微力ながら地道に活動をしているところです。今年の委員会のミッションは色々とあるのですが、その中の一つ!消費者を対象とする需要拡大対策というものがあり、その手段の一つとしてお子様向けの販促映像作成するという事で取組んで来て完成したのが上の映像!皆さん、ぜひ見てくださいね!
 実はこの歌・・・以前にオリコンチャートに登場した"かまぼこソングなのです。その歌に幼稚園、保育園の園児の皆さん向けに、親しみやすいダンスを合わせました。誰もが楽しく、やさしく踊れるダンスになっていますので、小さいお子様がいる家庭の中で見て頂き、日本伝統食品の蒲鉾に小さい時から親しみを持って欲しいと思います。
 ちなみに全かまのゆるキャラは板付き蒲鉾がモデルの「かまぴー」と竹輪がモデルの「ちっくる」です。富山県内では当社も含めて板付かまぼこと竹輪は製造していないし、あまり馴染みがない土地柄なのですよね・・・。しかも歌の歌詞も富山県の蒲鉾業界とはあまり関係ない商品群・・・ちょっと悲しいのですが、かまぼこという大きな枠組みの中で考えれば、カルシウム(満点) タンパク質(たっぷり)カロリーは(ひかえめ)の先代たちが創り出した素晴らしい食品に変わりはありません!かまぼこがもっと皆さんに愛されるような食品になって欲しいと思います。
ページトップへ

2013年5月21日(火)

朝だ!生です旅サラダ騒動記(その5)

2013年5月21日旅サラダ7.jpg
 4月6日(土)から始まった朝だ!生です旅サラダ騒動記ですが、今月も何度かの出荷のピークを乗り越え、お待ち頂いているお客様へステッィクチーズかまぼこをお届けしています。5月末までにはあの5分間に集中したご注文に対しては全て対応できると思っています。繰り返しになりますが、お待ち頂いたお客様には本当に申し訳ないと思っていますし、お待ち頂いて本当に感謝、感謝!感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。
 一方で困った問い合わせ?クレーム?を数件頂きました。噂のスティックチーズかまぼこだと思って購入したら違うメーカーの商品だった!というものです・・・。当社としてもお詫びのしようがなく困りました。まだ日は浅いですが数年前より同じような問合せをたまに頂くのですが、今回テレビの影響もあり爆発的に動いたのでこういった話も比例して増えたんだと思います。
 1999年に発表したスティックチーズかまぼこですが、北陸ではこのようなイメージで製造しているメーカーがなくて、河内屋の看板商品として育って来て認知度もかなりあると自負をしています。そこに富山市内の県内で一番創業が古いと称するメーカーが、姿、形、入数、袋を止める金色のビニタイ、販売価格まで同じ商品を出して来ました。商品名と表のシールデザインが違うだけ・・・。昔はこんなメーカーではなかったのですが、代変わりで方針も変わって来ているようです。
 ちなみに当社は富山県内ではおそらく一番後発のメーカーだと思います。後発メーカーのために創業時より苦労した話を先代からよく聞きました。過去にも同じような話は多かれ少なかれありましたが、それにしても酷過ぎる話で、富山県内蒲鉾業界の仲間からも「あれはひどいですね・・・」なんて言われてしまう現実。とにかく他人と過去は変えられない、変える事が出来るのは自分と未来・・・という事で、私たちはまじめに本物の「スティックチーズかまぼこ」を作って行きます!
ページトップへ

2013年5月 5日(日)

Sam、またね!

2013年5月3日ホストチェンジ1.jpg
 今年の1月19日、ロータリークラブの交換留学生としてオーストラリアのWagga Waggaという街からやって来たSam。第1ホストファミリーとして蒲鉾家が受入をしたのですが、5月3日無事に第2ホストファミリーに移動しました。105日間、あっと言う間の日々でした。
 よく考えると来日した1月19日は浪人していた蒲鉾太郎のセンター試験日、翌週は亡くなった父の一周忌、そして2月の大学受験や合格発表を家族の一員として一喜一憂しながら一緒に過ごしました。そして3月は大学が決まった蒲鉾太郎が魚津に戻り、同世代、男同士という事もあり蒲鉾太郎がよく面倒を見てくれました。そして4月の蒲鉾太郎の東京への旅立ちを家族として見送り、蒲鉾家のイベントごとによく付き合ってくれたと思います。そして4月6日の旅サラダ騒動。一気に仕事が忙しくなり、僕はほとんどSamと夜顔を合わすだけという状況で、そういう意味では本当にあっと言う間の約3ヵ月半でした。
 最後の1週間、気温の変化に対応出来ずに少し風邪を引きましたが、病気や怪我もせずに次のファミリーに引継ぎ出来た事は良かったと思っています。蒲鉾家も現在、蒲鉾娘を米国に交換留学させていますので、Samのご両親の気持ちがよく分かります。親の心配とは別次元で子ども達はしっかり生きて行くというのも理解はしていますが、それでもやっぱり心配は心配だしそれが親というものでしょう。とにかくSamには色々な経験を異国の地で体験し今後の人生に役立てて欲しいと思います。
 今回、色々と周囲の人に大変ですね・・・とか、会話はどうしているのですか?など蒲鉾家は英語がしゃべれるから出来るんですね・・・など言われました。ちなみに蒲鉾家、英語は話せません!しかし伝える気持ちがあって、聴こうという気持ちがあれば何とかなるもので、ホストファミリーとして困った事は何一つありませんでした。我が子と同じように家族の一員で迎えて下さいという教え通りに日々を過ごしました。蒲鉾娘も遠い地でそんな風に温かく迎えられたのを知っているから自分たちも出来たのかもしれません。蒲鉾家にとっても大変良い機会でした。
 Sam、次のファミリーでも頑張って下さい。日本語も頑張って勉強してね!
Samなら出来るよ!
2013年5月3日ホストチェンジ2.jpg
ページトップへ

2013年5月 3日(金)

Skype会議

2013年5月2日Skype会議.jpg
 かまぼこ業界は全国組織があって積極的に様々な活動をしているのですが、今日はとあるテーマでボスから招集があり会議がありました。集まったのは東京、小田原、長崎、小樽、塩釜、新潟、魚津の7地域・・・いずれも蒲鉾処ですが、集まったのはいつもの東京ではなくパソコンの前。そうSkypeです。日頃子ども達との会話でSkypeは便利に使っていますが、複数の参加でSkypeは初体験!しかも7地域!約2時間のディスカッションでしたが全く問題なし。時間も有効に使えるし、普段会えない仲間と顔を見てリアルに意見交換できるというのは本当に凄いと思います。便利な世の中になりました。今後は会議のあり方も変わって来ますね!時間の使い方も激的に変わる予感です。
ページトップへ

2013年5月 1日(水)

朝だ!生です旅サラダ騒動記(その4)

2013年4月6日旅サラダ6.jpg
 嵐のような4月が過ぎ去り今日から5月がスタートしました。GWの真っ只中という事もありますが、新たな嵐の中でもまれているという感覚です。結局、4月のスティックチーズかまぼこの出荷量は約13,000個でした。人がいない機械化による大量生産の工場なら何の問題もない生産量なんでしょうが、当社のように職人集団、手作り主体の工場では非常に厳しい状態です。その中でもスティックチーズかまぼこは特に手間がかかるので、もうしばらく大変なのが続きそうです。
 スティックチーズかまぼこが大人のチーカマとして紹介された4月6日(土)の放送は、神田正輝さん、向井亜紀さん、勝俣州和さん、三船美佳さんといういつものメンバーの他に、ゲストとして片岡鶴太郎さんがいました。日本全国コレ!うまかろのコーナー直前の旅のコーナーのゲストだった訳ですが、今回ラッキーだったのは間違いなく鶴太郎さんがいた事だと思っています。というのも、鶴太郎さんは2年前に当社の工場を別番組で訪問して下さった事があり、細工蒲鉾の体験や色々な蒲鉾をたくさん食べて頂いた経緯があります。今回の旅サラダの中でもそれを紹介して下さいました。他の皆さんのコメントも大変嬉しかったのですが、鶴太郎さんのコメントも大変説得力があって私たちには本当に嬉しいコメントでした!鶴太郎さんがゲストだったという幸運も重なり、ステッィクチーズかまぼこが非常に好印象を持って頂いたような気がします。もちろん本当の所は全く未知の世界で分かりませんが、当社の中ではそんな話で盛り上がりました。いずれにしても旅サラダ関係者の皆様に感謝したいと思います!
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事