Facebook

2014年3月27日(木)

頑張れ!蒲鉾娘!

2014年3月27日旅立ち.jpg
 この春から一人暮らしを始める蒲鉾娘。ついに旅立つ日が来ました。小学校、中学校、高校とPTAの役員として関わり、父親としては学校に関する事だけは比較的接点が多かったと思います。今までは色々とそばにいて応援が出来たけど、大学生になると親の応援できる事は少ない。何だか寂しい限りだけど、蒲鉾娘がきちんと育っている証でもある。ここは頑張って子離れしないといけないのだ!と気合を入れているのは蒲鉾家では僕だけであって、とっくに蒲鉾太郎は自立しているし、蒲鉾娘も精神的には完全に親離れしているし、蒲鉾女将も子ども達の巣立ちを冷静に送り出しているし・・・要はうだうだしてるのは父親だけという事実。
 ・・・という事で、子ども達には次のステージでもっと羽ばたいて欲しい!今後は少し距離をおいて応援して行こうと思います。頑張れ!蒲鉾娘!
ページトップへ

2014年3月23日(日)

蒲鉾娘のお祝い!

2014年3月22日レストラン小西2.jpg
 蒲鉾娘が高校を卒業し進学先も決まったので、親としては一応一安心という心境ではあるのですが、一方で県外に進学するのでいよいよ離れ離れになるという気持ちが強いです。昨年は米国に一年間留学していたので、その時から考えると確かに国内なので会おうと思えばいつでも会えると言う感覚はあるものの、そう会える時間はないな~と想像しています。色々な意味でいよいよ自立というか旅立ちと言うか大人への第一歩なんだと思います。
 すでに蒲鉾太郎は昨年から一人暮らしをスタートしているので、蒲鉾家はこれで子ども達が2人とも大学生という時代になりました。これからの数年間は色々とお金がかかりますね・・・。とにかく親の責任を全うし出来るだけ応援してやろうと思います。
 さて卒業&進学の家族だけの食事会をしました。大女将と蒲鉾太郎がいないのですが、蒲鉾娘を連れて前々からレストラン小西さんに行きたいと思っていたので良い時間を過ごせました。レストラン小西さんで食事するのはおそらく十数年ぶりなんですが、相変わらず小西さん家族は皆さん素敵で、食事もサービスもおしゃべりも含めて楽しい時間でした。
 fbでもたくさんのいいね!やコメントを頂きありがとうございました!
2014年3月22日レストラン小西1.jpg
ページトップへ

2014年3月21日(金)

名誉ある農林水産大臣賞!

2014年3月21日農林水産大臣賞1.jpg
 この度本当に驚いたのですが、河内屋の太巻かまぼこ(昆布巻)が農林水産大臣賞を受賞しました!受賞したこの品評会は「第62回全国水産加工たべもの展」という昭和26年(1951年)から発足している水産業界の中でも歴史と伝統ある品評会で、全国の優れた水産加工食品や水産に関する参考資料を展示して、水産加工品に対する認識を深めるとともに、水産加工業関係者の生産意欲の増進と品質の向上並びに生産技術の改善に資し、業界の健全な発展を期することを目的に開催されています。すでに3月4日のブログでも書いたのですが、先日表彰式に参加して来ましたので、改めてもう一度まとめと言うか記録としてきちんと書いておこうと思いました。
2014年3月21日農林水産大臣賞3.jpg
 この品評会は水産ねり製品、水産物つくだ煮、加工昆布、節類の4部門があるのですが、今回は北海道から九州まで総数956点の出品があったそうです。審査は1次、2次そして3次の最終審査があり、それぞれの部門ごとに関係団体から選出された審査員、大阪府関係職員、学識経験者、消費者代表、関係団体代表という様々な分野の方で審査され、味や風味、食感は当然ですが外観や包装形態まで厳正に審査されます。この中から、各部門とも農林水産大臣賞1点、水産庁長官賞4点、大阪府知事賞8点が選出されるわけですが、河内屋の昆布巻かまぼこは最高栄誉である農林水産大臣賞を頂きました。品評会での最高賞なだけに表彰式の展示会では別格扱いで展示されており、また色々な関係者の方からお祝いの言葉を頂き本当に嬉しかったです。
2014年3月21日農林水産大臣賞5.jpg
 今回、河内屋にとって非常に意義ある受賞だと思っているのは、富山県を代表する地場産品である「富山名産昆布巻かまぼこ」を評価して頂いたという事です!以前より昆布巻かまぼこや赤巻かまぼこなど、こだわりを持って地道に品質向上や味の進化に取組んで来ましたが、対外的な河内屋のイメージは、他の蒲鉾屋さんとは違う変わった商品を出しているというイメージがあります。看板商品である鮨蒲はもちろんの事、スティックチーズかまぼこ、雪だるま君、プティ・キャレなど、富山県蒲鉾業界の既成概念をぶち壊す手法で頑張って来たゆえに、そういう見え方というかイメージになったのだと思いますが、今回評価をして頂き認めてもらったのは、富山県蒲鉾業界のど真ん中、直球の「昆布巻かまぼこ」という事で、社員一同、本当にやったー!という気持ちで一杯なのです。
2014年3月21日農林水産大臣賞4.jpg
 今回の受賞はこれからも美味しくて高品質な「富山名産昆布巻かまぼこ」をしっかり作り続けろ!という激励だと思っています。今後も引き続き伝統の味を守りながらも、色々と工夫をしてその時代に合った蒲鉾を作りたいと思っています。
 業界の新聞にも色々と取材をして頂き、本当にありがとうございました!
2014年3月21日農林水産大臣賞2.jpg
 表彰式では4部門の各農林水産大臣賞の中ら僕が代表でスピーチをさせて頂きました。こんな機会を頂きまして、関係者の皆さんには重ねて感謝を申し上げたいと思います。良い思い出にもなりましたし、河内屋と昆布巻かまぼこの良いPRが出来たと思っています。
2014年3月21日農林水産大臣賞6.jpg
ページトップへ

2014年3月17日(月)

とやま Week in 東京!

2014年3月17日とやまweek in東京.jpg
 3月17日(月)から東京丸の内ビル1階「マルキューブ」で「とやまWeek in東京」が始まりました!23日(日)までの7日間ですので、ぜひ関東近辺にお住いの富山県出身の方!富山県が好きな方!富山県に興味ある方!富山県を全く知らない方!ぜひぜひお越しくださいね!!富山の食や伝統文化、大自然の魅力など色々と発信する企画ですので、この機会に富山の魅力に触れて頂ければと思います。イベントには富山県ゆかりのゲストによるトークショーやミニコンサートもあるようです。
 ちなみに河内屋は3月20日(木)から23日(日)まで参加します!富山県でしか販売していない蒲鉾も多数持ち込みますので、ぜひお寄り下さいね!今週は丸ビルに集合ですよ!
ページトップへ

2014年3月15日(土)

天変地異?サバの身投げ?それとも投棄?

2014年3月15日サバ1.jpg
 経田マリーナに所要があったので海岸線を走っていると、今まで見た事も無いようなカモメの大群が騒いでいました。海にも空にも凄い光景なので思わず車を止めて海を眺めてみるとそこにはサバの大群!数が多過ぎて凄い数のサバが打ち上げられていました!
2014年3月15日サバ2.jpg
 しかも鮮度もピカピカで僕が釣って来るサバよりも全然型が良い!周辺住民や通りすがりの人もビニールや網を持って凄い状態になっていました。一体なぜこんな事が起きたのか?最近の釣り情報では、イルカが回遊していて釣りにならないという話も聞くので、イルカの大群にでも追いかけられて海岸まで来てしまったのかな・・・など想像していました。とにかく規模が凄くてまるでサバの身投げ?とも思うような光景でした!
2014年3月15日サバ3.jpg
 海の様子が気になり漁港の方にも行ってみると、これもまた一面にサバ、サバ、サバ!何だか地震など天変地異の前兆なのか?とも思う光景でした。
 その後、色々と情報が入って来て真相は定かではありませんが、イルカに追われ大量に定置網にサバが入り込み網を守るために漁師さんが沖で網に入りきれないサバを投棄したという噂を聞きました。それが海岸線まで来たようですね。おそらく市場も明日は休みだし、色々と諸事情があった可能性はあります。水揚げしても値段もつかないのかもしれません。それにしても何だかかわいそうというか、もったいない話ですよね。いずれにしても真相は分かりません。
2014年3月15日サバ4.jpg
 色々と今日は用事があり、あっちこっち周っていたのですが、この件が気になっていたので帰り際に経田漁港に寄ってみると、子ども達や家族連れが魚を救って楽しんでいました。ご覧の通り中にはウマヅラハギなんかもいて、まるで魚のテーマパークという感じでした!
2014年3月15日サバ5.jpg
ページトップへ

2014年3月 9日(日)

細工蒲鉾は富山県の伝統文化!

2014年3月9日細工蒲鉾1.jpg
 先日からfbなどでも色々とPRさせてもらっている細工蒲鉾の件ですが、富山県は昔から伝統的に細工蒲鉾が作られている土地柄ですし、何よりも実生活の様々なシーンで食文化の一つとして、今でも日常的に細工蒲鉾を使って頂ける県です。
 しかし昔ながらの鯛や鶴、亀といった細工蒲鉾の需要はどんどん減って来ていて今はピーク時の2割ほどの生産しかないような気がします。そういう中で、伝統的な技法を使いながらも新しいニーズに対応できるような細工蒲鉾作りに河内屋も色々とチャレンジしています。全国蒲鉾品評会はそういうチャレンジをお披露目する場としては大変ありがたい機会で、もちろん賞を何か頂ければ嬉しいのですが、それとは関係なしに毎年どんなに忙しくても必ず出品する!と決め、蒲鉾職人には頑張ってもらっています。
 上の写真は河内屋の細工職人の今年の作品「レジェンド2014」。モデルは葛西選手です。冬季オリンピック開催イヤーの品評会には、前回もオリンピックの感動をテーマにしました。今回は数ある感動の中で、葛西選手の頑張りや存在が細工職人のテーマにピッタリだったのでしょう。
 そして下の写真は河内屋若手の細工女子によるかわいい作品「金魚2014」。彼女にもとにかく作品を出品し続けるという事が重要なので、毎年頑張ってもらっています。若い感性でこれからも積極的に頑張って欲しいと思いますね。
 蒲鉾職人たちの成長は河内屋の宝物!今後もどんどん技術に磨きをかけて下さい!
2014年3月9日細工蒲鉾2.jpg
ページトップへ

2014年3月 4日(火)

祝!農林水産大臣賞を受賞しました!

2014年3月4日農林水産大臣賞1.jpg  この度、大変名誉ある賞を頂きました!今朝の北日本新聞さんで紹介して頂いた影響もあり、大変多くの皆さんよりお祝いの言葉を頂き、本当に嬉しかったです。声をかけて頂いた皆さん、fbなどでコメントして頂いた皆さん、ありがとうございました!今回頂いた賞というのは、半世紀以上続いている歴史ある品評会で、長年水産加工食品業界の発展に努めてきた「全国水産加工たべもの展」の「農林水産大臣賞」です。
 「全国水産加工たべもの展」は、全国の優れた水産加工食品並びに水産に関する参考資料を展示し、水産加工品に対する認識を深めるとともに、水産加工業関係者の生産意欲の増進と品質の向上並びに生産技術の改善に資し、業界の健全な発展を期する事を目的に開催されています。
 そして内容は、水産ねり製品、水産物つくだ煮、加工昆布、節類の4部門で、優秀な出品財に対し農林水産大臣賞、水産庁長官賞、大阪府知事賞が授与されます。今回、河内屋が受賞したのは最高栄誉である農林水産大臣賞!プロの関係者の皆さんから評価を頂いたという事で、社員一同ご褒美を頂いた気持ちですね。昆布巻かまぼこは、富山名産と言われくらい富山県蒲鉾業界の中では定番中の定番品です。その富山県を代表する商品が、全国区で認められるというのは大変ありがたいですし、感謝の言葉しかありません。 今後も味や品質に磨きをかけ、期待に添えるような商品作りを頑張って行きたいと思います!
2014年3月4日農林水産大臣賞2.jpg

ページトップへ

2014年3月 2日(日)

中部IT経営力大賞2014

2014年3月2日中部IT経営力大賞2014.jpg
 2月28日(金)の北日本新聞で小さな記事で紹介されたにも関わらず、大変多くの皆様からお祝いの言葉を頂いたり、取引先から祝電を頂いたりと本当に恐縮しているところです。本当にありがとうございました。当社としては正直、そんな評価されるようなレベルではないと思っていますが、中部5県の中でこうやって評価して頂いた事に感謝して、今後はもっと精進して頑張って行きたいと思います!
 ITを業務で使うなんて当たり前の世の中ですが、当社は地方の小さな地場産業の中では比較的思い切って色々と投資をして来た方かもしれません。顧客管理も紆余曲折しながら蓄積して来ましたし、通販システムも全て独自に作り上げて来ました。もちろん失敗や無駄な投資となった案件もありますが、大筋では進んで来た方向は間違ってなかったと思います。問題はこれから先もそれでOKなのか?といつも不安に思う事です。何が正解で、どこまでが正解で、いつまでにやらなければならないのか?と課題は山積していますが、とにかく止まる事は後退と一緒なので、1mmでも1cmでも前に進む、進歩する事を意識してやって行きたいと思います。
 今回、書類作成に当たりご支援頂いたGさん、本当にありがとうございました!
ページトップへ

2014年2月21日(金)

蒲鉾太郎、Wagga Waggaに上陸!

2014年2月22日サム1.jpg
 蒲鉾娘がRCの交換留学生として米国に行っている間、蒲鉾家で146日間受入れた交換留学生のサム・・・彼がオーストラリアに帰国してから1ヵ月ちょっと経ちましたが、久しぶりにSkypeで話す事が出来ました。相変わらず日本語は覚えているようですが、やっぱり少し下手になったような気がします。英語圏の環境に戻ってしまうと、たった1ヵ月ちょっとでもこれだけ変化があるのですね。サムには頑張って日本語のスキルは落ちないようにして欲しいものです。英語を話せるようになった蒲鉾娘にも同じような事が言えるのでしょう。
 さて、オーストラリアの実家にいるサムとSkypeで会話をしたわけですが、その隣には見慣れた顔が・・・。そう、蒲鉾太郎がサムの家に大学の休みを利用して遊びに行っているのです。1歳違いという同世代でもあり、ホストブラザーという関係でもあるし、昨年の3月にはほぼ毎日一緒に過ごしたという事もあり、とても仲良くなってくれました。2人はお互いに日本語と英語を教え合う事で、友情も深めて行ったようです。当時からいつかサムの家に遊びに行けるといいね!なんて話はしていましたが、まさかこんなに早く訪問すると約束をしていたとは・・・。サムが帰国の際に蒲鉾太郎が成田空港まで見送りに行ったのですが、その際に色々と2人で計画を立てたようです。
2014年2月22日サム2.jpg
 彼の家はオーストラリアのウォガウォガ(Wagga Wagga)という街で、シドニーとメルボルンからそれぞれ約450km程の位置にある、人口がちょうど魚津と同じような街です。人口が一緒と言っても土地の広さは比較になりませんが、僕には馴染みがない街だったので、サムが来るまでは全く知りませんでした!サムとの会話で彼の故郷の色々な話を聞く事が出来ましたが、ウォガウォガの名前はアボリジニの言葉に由来していて、ウォガは烏という意味で、要するに鳥がたくさんいる地域だという意味らしいです。蒲鉾太郎のオーストラリア初訪問が、ウォガウォガ!というのもなかなかこういうご縁がなければあり得ませんよね。色々な経験をして楽しんで欲しいと思います。
 今回の旅は往復チケットだけを買って、オーストラリア滞在中は全てサムの家に色々とお世話になっているようです。そんなつもりでサムを預かっていた訳ではありませんが、こうやって逆にお世話になるというのは本当にありがたい事だと思っています。サムのご両親にも本当に感謝!
 下の写真は首都のキャンベラ訪問の際にLINEで送って来た写真。やっぱりオーストラリアは広いですね!しかしインターネットの時代、そしてSNSの時代、子ども達にとっては地球は狭いようです。
2014年2月22日サム3.jpg
ページトップへ

2014年2月17日(月)

48歳になりました!年男での誕生日

2014年2月16日誕生日2.jpg
お陰様で無事に2月16日、48歳の誕生日を迎える事が出来ました。

以前は近隣で同じ誕生日の指導者がいて、ニュースや新聞で色々な報道がされていたものですが、最近は代が変わり静かなものです。まぁ、そんな話は良いとして、今年は丙午の年男であり、年男の年の誕生日という事で、今まで以上に良い年にしなければならない!と気合だけは入っているつもりです。

そんな年回りに仕事面は色々な重要案件が重なり、ストレスMAXという感じなのですが、蒲鉾女将と蒲鉾娘に誕生日のお祝いをしてもらって楽しい時間を過ごす事が出来ました。上の写真は蒲鉾娘から誕生日プレゼント!お小遣いの中で色々と考えてくれたみたいで嬉しかったです。蒲鉾女将からは昨年大きな買い物をしたので約束通り無し!なんですが、とりあえず手作りの甘いものは下の写真の通り準備してくれました。本当に二人には感謝、感謝の時間でした。
2014年2月16日誕生日3.jpg
そして今年もfbで大変多くの皆さんからお祝いのメッセージを頂きました!fbをやり始めた頃からすると、その数も信じられないくらい多くのメッセージ、コメントを頂き、心から嬉しく思っています。fbフレンズの皆さん、本当にありがとうございます!

48歳というともう少しシブくて大人になっている自分を想像していましたが、実際は何ていうかまだまだの自分を理解していますし、50歳に向かってしっかりしないと!と思う事がいっぱいあります。

一方で子ども達はどんどん成長!個性豊かに自分の世界で頑張り出しています。家族そろって僕の誕生日を祝うなんて言う事は来年以降は、そう簡単に作れるものではありませんね。子ども達が成長して行くという事は嬉しさと寂しさが紙一重で常に同居しているんだと理解しています・・・という事で、思い出の為にブログを書いておきます!
2014年2月16日誕生日1.jpg
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事