映画・本・雑誌・舞台

2009年5月12日(火)

映画「剱岳 点の記」宣伝員任命証6284番

剣岳160_254.jpg昨夜は蒲鉾丹右衛門も所属している北営会(北陸経営研究会)の30周年記念講演会がありました。講師は6月20日から全国ロードショーの映画「剱岳 点の記」の映画監督 木村大作氏。

300人収容できる新川文化ホールの小ホールは満員御礼状態で、心配していた集客も問題なくて大成功でした。

木村監督は1939年7月生まれの69歳ですが、マイクなしで90分立ちっぱなしの講演。講演というよりトークショウーという感じで、大変気さくで楽しい時間でした。

木村氏は映画界の中では撮影者として超有名な方で、木村氏が撮影した映画はメジャーな作品ばかり。そんな木村氏が長い映画人生の中で初めてメガホンを手にしたのがこの「剱岳 点の記」。

これは新田次郎氏の小説が原作なのですが、映画化は不可能と言われたものを、2年間に渡って剣岳を中心とした立山連峰で実際に撮影されたそうで、今時のCGなし、ヘリによる空撮なしという現場の生の撮影のみで作った作品という事で、PR映像を少し見ましたが、迫力があって凄かったですね。

とにかくこの映画は、家で見るより大スクリーンの映画館で見るのが一番!ぜひ富山県で撮影されたこの映画を見て欲しいと思いました。

 木村監督から名刺をもらいましたが、裏には映画「剱岳 点の記」宣伝員任命証6284番と印字されていて、いつのまにか映画の宣伝員に任命されていました(^^)。

 昨日はちょっと体調が悪かったのですが、無理して行ったら本格的な夏風邪をひきました...。

ページトップへ

2009年2月28日(土)

納棺夫日記(増補改訂版)

納棺夫日記.jpg昨日の飛行機も行きほどではありませんでしたが、やっぱり結構揺れました。そして富山に帰って来るとちょっと寒く感じる。やっぱり北陸だ...と感じますね。今回の移動で空いた時間に青木新門さんの納棺夫日記(増補改訂版)を読みました。アカデミー賞で「おくりびと」が外国語映画賞を受賞してから、全国で話題になっている本です。長崎でもニュースになっていました。

富山出身の青木さんが書く文章は、出て来る風景や話が富山での出来事なのでとっても身近に感じます。第1章と第2章は、読みながら2004年に祖父、2006年の祖母、そして昨年の父をおくった時の事が頭をよぎりました。世の中には色々な生があるのと同じく死がある。しかし死に関しては普通は考えないし遠ざけている部分があります。死に関しても色々思う事がありました。

第3章は難しいというか、パッと読んで理解が出来なかったので2回読んでしまった。それでも何となくという感じなのですが、分かる部分がありました...。ちょっと用語が難しかったですけど。

さて映画も見てみたい。でも泣きそうだしな...。旬な時に見たいという気持ちもあるのですが、DVDを家で見た方が良いのか...もう少し悩んでみます。

ページトップへ

2009年1月14日(水)

魚津城の戦い

天地人の下巻も読み終わりました。緊迫した気を抜けない戦国時代を生き抜いた上杉家に改めて感心しました。久しぶりに歴史モノの本を読みましたが、さすがに大河ドラマの原作になるだけあって天地人(下).jpg直ぐに読めてしまう本でした(^^)。ストーリーには言及しませんが、魚津市では「天地人」に出て来る魚津城の戦いを観光の目玉としてPRしています。魚津城はすでにありませんが、その跡地や関係あるものが少し残っています。歴史ロマンを想像しながら見るのも良いかもしれませんね...。大河ドラマの中では、魚津城での織田軍VS上杉軍の激しい戦いの模様が出てくるのか?出たとしてもどの程度の扱いなのか興味あるところです。NHKの担当者の方、ぜひ魚津城での出来事にスポットを当てて下さい(^^)。

魚津市のホームページからもリンクされていますが、「魚津城の戦い」というホームページが開設されていますので、ぜひ見て下さい。

天の時、地の利、人の和...経済の戦国時代の今、河内屋も頑張りたいと思います。

ページトップへ

2009年1月11日(日)

義のために生きる

昨日は1日ゆっくり12月に読めなかった雑誌や資料、本を読みました。雑誌類は金融、経済、経営絡みの本が多く、暗い記事が多くて疲れたので、気分を切り替えるために何気なく「天地人」の上巻を手にしたら、あっと言う間に読んでしまいました。現在、大河ドラマで放映されている「天地人」の原作でもあるし、内容も戦国時代、ましてや土地柄も近い越後が舞台、楽しかったです。下巻がいつ読めるか分りませんが、時間を見つけ読みたいと思います。今まではどちらかと言うと織田信長側というか、前田側からの目で見たり、武田信玄側からの目での話が頭にあったので、今回は上杉側からの視点という事でも面白かったですね。難しい話も無いし読み物としては疲れませんでした(^^)。魚津城も当然出てくるので、大変身近に感じます。上杉謙信と武田家があっさり滅びてしまった点がちょっと残念ですが、この物語は兼続とそのボスである上杉景勝が中心なので仕方ないですね。天地人(上).jpg戦国時代はやはり面白いというか、登場人物の個性が強烈なので心に残る印象がとても強いです。目先の利に走らず、人として守るべきもっとも大切な義を重んじる上杉家...。こんな時代だからこそ考えさせられます。利だけで集まった組織は危機に弱い、義によって集まった組織は絆が強い。河内屋もそんな組織にしたいものです(^^)。

ページトップへ

2008年9月13日(土)

黒部の太陽

富山で特別上映された「黒部の太陽」を蒲鉾女将と観て来ました。映画が好きで色々観て来ましたが、この「黒部の太陽」は観る機会が無くて、今回の特別上映に行けたのは本当にラッキーでした。
この映画は石原裕次郎と三船敏郎が、当時の大手映画会社との様々なしがらみの中で作り上げた映画ということでも有名ですが、スケールの大きさや撮影のすさまじさでも話題が多い映画です。特にトンネルを掘るシーンや大洪水のシーンは特撮ではない生の大迫力を感じました。ストーリーも良く出来ていて、久しぶりに良い映画を観ました。それにしても三船敏郎がかっこよかった...さすが世界の三船!!もちろん石原裕次郎も良い味を出していますが、三船敏郎の存在感に圧倒されました。

僕たちの世代は黒部ダムがあるのが当然なのですが、これを造った当時の人たちは本当に凄いですね。富山県にこんな凄いダムがあることを誇りに思います。

ところで「黒部の太陽」は石原裕次郎の遺志でビデオ化やDVD化はされていません。日本映画史上の超大作なのに観る機会はほとんど無い...という貴重な作品。本当に今回は良い機会でした。
ページトップへ

2008年8月19日(火)

クライマーズ・ハイ

久しぶりに文庫本を読みました。今年の夏は父のこともあり、どこに行くこともなし、オリンピック観戦もあまり気が乗らず...という感じだったのですが、たまたま本屋さんで目にした「クライマーズ・ハイ」を買ってしまいました。映画化されたものが全国ロードショーの真っ最中ということもあり目立つ所にありましたからね。
著者はあの「半落ち」の横山秀夫氏。絶対に面白いとは思いましたが、何よりも本の題材が気になりました。1985年8月12日に御巣鷹山にジャンボが墜落した衝撃の事故。多くの人が犠牲になったあの大事故は、今でもよく覚えています。暑い夏の日でした...。著者が当時、墜落した地元の新聞記者だったということで、新聞の裏側から見た様子がよく分り、ストーリーもよく出来ていました。主人公の年齢も自分に近かったし、息子との関係など色々な面で、あっという間に読んでしまいました。電車の移動は読書に限りますね。
せっかくなので時間があったら映画も観てみたい。

クライマーズ・ハイ.jpg

ページトップへ

2001年8月17日(金)

猿の惑星

 昨日、仕事が終わった後、21時からのレイトショーを見に行きました。見たのは新猿の惑星。この映画のオリジナルを昔テレビで見たときは、衝撃のラストに本当にビックリしました。メイクも斬新でしたけどね。そのリメイクという事で期待度100%で見に行きましたが、感想を言いますとやはりオリジナルは超えられないのかなぁ・・・と思いました。映画はもちろん面白かったですけどね♪ストーリーも違う全く新しい映画と思って見た方が良いですね。でもリック・ベイカーの猿のメイクは迫力ありますよ。
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事