外国人技能実習生

2018年8月23日(木)

新人ベトナム人技能実習生の歓迎会!

2018年8月22日マイさん歓迎会1.jpg
昨夜は新しいベトナム人の技能実習生マイさんの歓迎会を自宅で行いました。

これでまたベトナム人の技能実習生が4人体制です。

手作り、手仕事の多い当社の生産体制の中で、今や彼女たちはいなくてはならない存在で、本当に大戦力として頑張ってくれています。
今回入社したマイさんで、外国人技能実習生としては11人目なので、そういう意味では会社の雰囲気と言うか文化的には、仲間に外国人実習生がいるのは普通のことになっています。

我家での歓迎会や誕生日会も普通?という感じですかね。

嬉しいニュースとしてはアインさんが第3号への移行テストに合格したので、当社としては初の2年間延長・・・つまり通算して5年間いてくれることになりました。ルール的には1ヶ月以上の帰国後の再入国となります。繁忙期前には来てくれる予定なので期待したいです。

お盆過ぎれば蒲鉾屋は早くも年末体制です。

年内の短期アルバイトを募集していますので、興味のある方はぜひご応募ください!
2018年8月22日マイさん歓迎会2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年8月 6日(月)

今年も蝶六踊り街流しに参加!

2018年8月6日蝶六おどり1.jpg
今年も魚津の花火、たてもん祭り、そしてせり込み蝶六踊り街流しが終わりました。

特に蝶六踊り街流しには、ここ数年毎年 女将とベトナム人技能実習生が参加しています!

今年は実習生3名と、実習生ではありませんが当社で働いてくれているベトナム人1名の参加で、女将と合わせて5名での街流し。

暑い中、5人で頑張って踊っていました。

ゴール直後の写真が上の写真です。

みんな良い笑顔ですね。

女将を中心に踊りの練習も何回もやっていましたので、初参加の3名は大変だったと思います。

ちなみにアインさんだけはこれで3回目の街流し!もう大ベテランですね(笑)

地元のお祭りに技能実習生の子たちに積極的に参加してもらっていますが、これは本人たちのためにも非常に良い経験だと思っています。
外国人技能実習生や政府が進める新たな在留資格の話題で、外国人労働者のことが色々と注目されていますが、期間だけが単純に延びても、5年、10年と簡単に日本で働くという訳にはならないと思います。
特に女性は結婚や家族との関係もあり、漠然とお金目的だけで5年、10年日本で働くということにはならないでしょう。
そういう意味でも3年間という長いようで短い期間を、仕事以外のことでも思い出に残る生活をすることが重要であると思っていますし、結果的にはそれが生活の安定、仕事の安定に繋がると思っています。

今後も出来る範囲の中で支援をして行きたいと思います。

2018年8月6日蝶六おどり2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年7月25日(水)

在留資格 対象拡大へ!

2018年7月25日(水)読売新聞(全国版4面).jpg
まさかの全国紙に登場・・・と言っても蒲鉾の話題ではなくて外国人労働者の話題。

この記事は7月25日(水)読売新聞の4面、つまり全国版です。

朝から色々と電話がかかって来て知りました。
もちろん取材は受けましたが、いつどんな形で掲載されるか分からなかったので、ちょっとビックリしました。

河内屋に関しての情報が微妙に違うのですが、それはさておき外国人労働者受け入れ拡大に向かって政府が一気に動いているのが分かりますね。

この問題は常に日本人の雇用を守るとか、不法就労の問題、治安の悪化、あるいは技能実習制度における企業側のルール違反、違法雇用、低賃金、残業代不払いなど、とにかくネガティブに扱われることが多いですが、人手不足の問題は今後ますます大きな問題になって行くので、一気に政府がスピード感を持って動いている雰囲気が伝わって来ます。

特に介護に関する話題もベトナムとの間で大きな進展があったようで大きな記事でした。

外国人が増えるということは日本社会にとって今までになかった色々な問題も出て来るとは思いますが、地方の中小企業にとっては必要なことだと思っているので、新しい在留資格はぜひ幅広い業種で受け入れ可能になるように進めて欲しいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年7月21日(土)

外国人労働者の環境整備が急がれる

2018年7月21日(土)北日本新聞.jpg
北日本新聞に気になる記事が出ていました。

政府が目指している外国人労働者受入の新制度に関してです。

昨年法律が変わり外国人技能実習生は、最長5年まで日本での就労が可能になりました。
詳しく見ると色々と条件があって素晴らしい!とはとても言えませんが、5年までチャンスが拡がったということは、長期滞在を望んでいる企業や外国人の皆さんにとっては良いことだと思います。

さて、政府が進めている新制度に関してですが、ニュースや新聞の情報では人手不足が深刻な農業、建設、造船、宿泊、介護の5分野を対象に進めるという話でした。

この話を聞いて誰もが何で5分野だけなの?と思っていたと思います。

日本の人手不足は5分野だけだと政治家の皆さんは思っているのか?

・・・と思っていたところに、この記事が目に止まりました。

要するに5分野だけではなく、金属加工業やその他の製造業、あるいは水産業や食品加工業なども幅広く対象になる可能性があるということです。

当たり前ですよね。

新制度は外国人技能実習制度と合わせると最長10年の在留が認められるということです。

しかし10年・・・今までの3年から5年、そして10年と急激に変わって来ていますが、そもそも在留期間を決められているのがおかしいと思います。将来的には在留期限のない資格に移行して行くと言っていますが、おそらくかなりの技能水準や資格、テストをクリアしないとダメだ!というルールを作りそうです。

まじめにやっている外国人労働者の皆さんに、やたら難易度の高い要求だけを押し付けるのは反対ですね。

そんなことも含めて外国人労働者に関する環境や法整備を急いでやって欲しいものです。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年6月23日(土)

ハノイへ4度目の訪問!

2018年6月22日ベトナム人技能実習生.jpg
ハノイに4度目の訪問をしました。

今回も目的はベトナム人技能実習生の面接です。

蒲鉾工場では本当に欠かせない重要な戦力になっているので面接はいつも真剣勝負!
もちろん当社を希望して面接を受けるベトナム人の皆さんも真剣です。
空気が張り詰めるほどの緊張感の中で面接や実技試験を行うので、合格発表をした時の皆さんの笑顔はいつも印象的です。

上の写真の3名が河内屋に新しく来てくれる3名です!
日本への入国はそれぞれタイミングが違いますが、一緒に働けるのを楽しみに待っています!

現地で技能実習生と食事をすることは今まで経験がないのですが、今回は色々なタイミングが運良く合ったので良い機会でした。
いつも思うことですが、日本では父親代わりですのでしっかりサポートして行きたいと思います。
2018年6月22日ベトナム人技能実習生2.jpg
ベトナムへの訪問は色々な理由でこの時期が多いのですが、気温がとにかく暑くて大変です。
外にいるとまさに汗が噴出す!という感じ。

そんな暑い中で楽しみなのがライチ!まさにこの時期が旬なのです。
日本ではなかなか気軽にフレッシュで美味しいライチを食べることは出来ませんからね!

さて、外国人技能実習生を通じてベトナムのハノイが身近な都市になりました。
来るたびに色々と変化して行く街の様子にビックリしますが、バイクの多さや3人乗り4人乗りには驚かなくなりましたね(笑)。
2018年6月22日ベトナム人技能実習生3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年6月21日(木)

ヤンゴンで徒然なるままに...#2

2018年6月21日ミャンマー2.jpg
ヤンゴン2日目、技能実習生送り出し機関の事務所及び日本語学校を訪問しました。

過去にも中国、ベトナムに関しては何度も日本語学校を訪問していますが、これだけ環境の良い場所で勉強している姿を見たことがありません。ほぼ日本と同じような環境でありビックリしました。

しかも学校の場所もヤンゴンの比較的中心部にあり、理由を聞くと質の良い日本語講師を確保するためとのこと。
実際、授業の中に少し参加させてもらい学んでいる生徒の日本語レベルをチェックしましたが、なかなか素晴らしいという印象を受けました。
2018年6月21日ミャンマー3.jpg
色々な教室で授業風景を見学させて頂き、大変参考になりました。
やっぱり実際に自分の目で確認するということは大事ですね。
改めてそう思いました。

学校を後にして市内の食品工場、スーパーを視察。

その後、市内にある市場を視察しましたが写真の通り・・・。

日本以外のアジアでこの光景は普通の光景です。
我々がとても買えるものではありませんよね。
2018年6月21日ミャンマー4.jpg
近代化が進み、高層ビルもかなりありますが、こういう雰囲気も普通にあるというのがいかにもアジアという感じがします。

しかも衛生レベルはこの感覚なのに、販売している人たちはスマホをいじっているんですよね(笑)。
スマホをいじっている姿は日本と一緒です。

夜はヤンゴンからハノイへ移動。

明日は技能実習生の面接を行います。
今回は新たなチャレンジがあるので頑張りたいと思います。
2018年6月21日ミャンマー5.jpg
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年6月20日(水)

初のミャンマー訪問!ヤンゴンで徒然なるままに...#1

2018年6月20日ミャンマー1.jpg
初めてミャンマーを訪問しました。

訪問の目的は色々とあるのですが、ヤンゴン空港に到着したのは既に夕方ということで、とりあえず有名な観光地であるシュエダゴン・パゴダに案内されました。

祈りを捧げている人たちの姿を見ると、この国の皆さんの人柄というか雰囲気が伝わって来ます。
2018年6月20日ミャンマー2.jpg
そして寺院の中を歩いていると、どんどん日が暮れて来て、黄金に輝く塔が幻想的な姿に変わって行きます。

今回も仕事目的なので、観光の知識がほとんど無かったのですが、この場所はミャンマーを訪問する観光客がほぼ100%訪れるという超有名な寺院なので、とりあえずミャンマーに来た!という実感は直ぐに感じました。

車でヤンゴン市内を移動していると、金色に輝く大小様々な塔が点在しているのが分かります。ホテルの窓からも塔が見えました。

今後ミャンマーと縁があるのかどうか分かりませんが、塔を眺めながら色々なことが頭を過ぎります。少し頭を整理して明日以降に備えたいと思います。
2018年6月20日ミャンマー3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年4月 4日(水)

ベトナム人技能実習生の件で取材を受けました!

2018年4月4日読売新聞(横1000).jpg
4月4日(水)読売新聞の記事です。

記事のタイトルは「外国人住民最多1万6637人」「ベトナム人など技能実習生ら急増」ということで、富山県内に住む外国人の人数が過去最多になったそうです。

中でも外国人技能実習生が増えているということ。
僕の周囲にも相当数の実習生がいますので、記事の内容は身をもって実感するところですが、こうやって具体的な国別、出身国など見ると、ブラジル人やフィリピン人も確実に増えて来ているということが分かりますね。

外国人技能実習生に関しては、このブログで何度も書いていますが、とにかく世の中のニュースで報道される内容はネガティブな話題ばかり!

なので、そういうイメージを払拭させたい!という想いもあって当社での出来事を色々と情報発信しているところです。

今後も末永く、外国人技能実習生と良い協力関係を作りたいと思います。

当社のベトナム人技能実習生のアインさんもついに新聞デビューです(笑)。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年3月21日(水)

ベトナム人技能実習生フォンさんとファンさんの歓迎会

2018年3月21日ベトナム人技能実習生歓迎会.jpg
3年間頑張ってくれたトゥさんとフエンさんの入れ替わりで新たに入社したのがフォンさんとファンさん。
会社全体での歓迎会は先日行いましたが、今回は我家に招いて歓迎会を開催しました。

蒲鉾女将は交換日記などを通じてコミュニケーションが頻繁にありますが、僕はなかなか本人達と話す時間が無いので、あえてこういう機会を作っています。

一緒に食事をしながら会社のこと、仕事のこと、普段の心構えや2人に期待すること、社長として思っていることを率直に伝える良い時間でした。

本人達も夢や希望を持って日本に来ますが、若さ故の誘惑も日本にはたくさんあります。

あるいは本人が望んでいなくても色々なことに巻き込まれることもあります。

とにかく初心を忘れないことが重要で、ブレずに日本での生活を送って欲しいと思います。
長い人生で3年間はあっと言う間の短い時間ですが、この3年間をどんなものにするかは本人次第。
我々もしっかりフォローして行きたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年3月 6日(火)

外国人技能実習生について

2018年3月5日ベトナム人技能実習生1.jpg
当社で働くベトナム人技能実習生の送別会と歓迎会を開催したことは先日のブログに書きましたが、新人2人は元気に河内屋工場デビューを果たしました。

本人たちも面接してからの期間、期待と不安が交錯するの中で一生懸命勉強に取組んで来たことと思います。ただ安心感があると思うのは、既にベトナム人技能実習生の先輩がいるということです。ベトナム人の若い世代はSNSでかなり密接に繋がっているので、色々なネットワークの中で顔を合わせる前から既に繋がっているという事実には本当に驚きます。

引継ぎも含め2週間ほど帰国する子たちと重なった方が良いと思っていたので、色々と計画をしていたのですが、実際に一緒に仕事を出来たのは1週間ほどでした。従って当社としては1週間だけ外国人技能実習生が過去最大の5名となりました。
2018年3月5日ベトナム人技能実習生2.jpg
トゥさんとフエンさんは無事に帰国したので今は3名体制で頑張ってくれています。新人のファンさんとフォンさんには、まずは魚津での生活に慣れてもらって、仕事と日本語を早く覚えて欲しいと思います。

ところで余談ですが、外国人技能実習生の話題をテレビや新聞でよく見かけます。見かける内容はほとんど残念なニュース・・・。

ガイアの夜明けで見た内容も酷かった。最低賃金以下で毎日15時間以上の労働を強いていたというものでした。この番組のスポンサーである日経新聞にも大きく出ていました。

今後、制度を悪用した変な会社が多発して来ると、受入れる企業に対しても様々な圧力というか面倒なルールも増えそうで少し心配ですよね。

この制度を利用して外国人技能実習生を受入れて約15年・・・母国の送り出し機関、日本の受入組合、日本の受入企業、そして当の本人、それぞれ特有の問題があって全てが上手く行くことは少ないと思います。しかし上手く行くように努力することが大事で、まずはトップから法令順守の徹底など大いに努力すべきだと思っています。

当社もまだまだ至らない点も多いですが、トラブルが無いように努力して行きたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事