蒲鉾業界活動

2014年3月 8日(土)

第66回全国蒲鉾品評会が開催されました!

2014年3月7日全国蒲鉾品評会5.JPG
 第66回全国蒲鉾品評会が開催されました。上の写真は全蒲の鈴木会長が本川水産庁長官と東京海洋大学岡本学長をお迎えしてテープカットをする所です。会場である東京海洋大学品川キャンパスは立地が良くて本当に便利で良いですね。という事で今年も盛大に開催されて良かったです。ちなみに河内屋も例年通り色々な商品とともに細工蒲鉾を出品しました。
2014年3月7日全国蒲鉾品評会6.JPG
 細工蒲鉾に関しては例年出品する企業が決まっていますが、今年も志岐蒲鉾さん、尾崎かまぼこさんは大変素晴らしい細工蒲鉾を出品していました。業界でこういう作品を作れる職人さんがいるという事は本当に素晴らしいと思います。河内屋の職人たちも負けづに頑張って欲しいと思います。河内屋の作品はソチの葛西選手が題材!大きさは今回少し小さくて迫力に欠けますが、細工技術や表現力は負けていません!
2014年3月7日全国蒲鉾品評会2.JPG
 そして会場は全国の蒲鉾を見る事が出来る!という事で色々な関係者が勢揃い!なかなか他では見れない熱気でした。日頃からこれだけ蒲鉾が注目されると良いのですがね・・・。
 もちろん品評会という事なので、別室では専門家が全国の蒲鉾を評価します。下の写真がそうなのですが、相当な数の出品なので評価する皆さんも大変ですね。
2014年3月7日全国蒲鉾品評会3.JPG
 会場には吉川農林水産副大臣も視察で登場し、色々と華やかな雰囲気でした。やっぱり政治家の皆さんは自分の出身地の蒲鉾が気になるようですね。
2014年3月7日全国蒲鉾品評会4.JPG
 蒲鉾業界は業者がどんどん減って行く寂しい業界ですが、出品されている商品を見ると革新的、意欲的、そして魅力的な蒲鉾を作っている蒲鉾屋さんがたくさんあると感じます。この力を結集して業界を盛り上げて行きたいものですね。河内屋も彼らから遅れをとらないようにしっかり頑張りたいと思います!
ページトップへ

2014年3月 4日(火)

祝!農林水産大臣賞を受賞しました!

2014年3月4日農林水産大臣賞1.jpg  この度、大変名誉ある賞を頂きました!今朝の北日本新聞さんで紹介して頂いた影響もあり、大変多くの皆さんよりお祝いの言葉を頂き、本当に嬉しかったです。声をかけて頂いた皆さん、fbなどでコメントして頂いた皆さん、ありがとうございました!今回頂いた賞というのは、半世紀以上続いている歴史ある品評会で、長年水産加工食品業界の発展に努めてきた「全国水産加工たべもの展」の「農林水産大臣賞」です。
 「全国水産加工たべもの展」は、全国の優れた水産加工食品並びに水産に関する参考資料を展示し、水産加工品に対する認識を深めるとともに、水産加工業関係者の生産意欲の増進と品質の向上並びに生産技術の改善に資し、業界の健全な発展を期する事を目的に開催されています。
 そして内容は、水産ねり製品、水産物つくだ煮、加工昆布、節類の4部門で、優秀な出品財に対し農林水産大臣賞、水産庁長官賞、大阪府知事賞が授与されます。今回、河内屋が受賞したのは最高栄誉である農林水産大臣賞!プロの関係者の皆さんから評価を頂いたという事で、社員一同ご褒美を頂いた気持ちですね。昆布巻かまぼこは、富山名産と言われくらい富山県蒲鉾業界の中では定番中の定番品です。その富山県を代表する商品が、全国区で認められるというのは大変ありがたいですし、感謝の言葉しかありません。 今後も味や品質に磨きをかけ、期待に添えるような商品作りを頑張って行きたいと思います!
2014年3月4日農林水産大臣賞2.jpg

ページトップへ

2014年3月 2日(日)

中部IT経営力大賞2014

2014年3月2日中部IT経営力大賞2014.jpg
 2月28日(金)の北日本新聞で小さな記事で紹介されたにも関わらず、大変多くの皆様からお祝いの言葉を頂いたり、取引先から祝電を頂いたりと本当に恐縮しているところです。本当にありがとうございました。当社としては正直、そんな評価されるようなレベルではないと思っていますが、中部5県の中でこうやって評価して頂いた事に感謝して、今後はもっと精進して頑張って行きたいと思います!
 ITを業務で使うなんて当たり前の世の中ですが、当社は地方の小さな地場産業の中では比較的思い切って色々と投資をして来た方かもしれません。顧客管理も紆余曲折しながら蓄積して来ましたし、通販システムも全て独自に作り上げて来ました。もちろん失敗や無駄な投資となった案件もありますが、大筋では進んで来た方向は間違ってなかったと思います。問題はこれから先もそれでOKなのか?といつも不安に思う事です。何が正解で、どこまでが正解で、いつまでにやらなければならないのか?と課題は山積していますが、とにかく止まる事は後退と一緒なので、1mmでも1cmでも前に進む、進歩する事を意識してやって行きたいと思います。
 今回、書類作成に当たりご支援頂いたGさん、本当にありがとうございました!
ページトップへ

2014年2月27日(木)

今年初の富山県蒲鉾組合役員会!

2014年2月27日富山県蒲鉾組合.jpg
 富山県蒲鉾組合の役員会に参加して来ました。だいたいいつも同じような話題で確認、追認みたいなイメージが多いのですが、今回は初めて聞く話や色々と話題が豊富でした。寂しい話題は富山市内の辻堂蒲鉾店さんの廃業の件・・・また富山県から1軒、蒲鉾屋が減ってしまいました。蒲鉾業界は新規独立とか新しい蒲鉾屋の登場は全くなく、年を追うごとに減って行くだけの業界なので、本当に寂しい限りです。
 そして今回、高岡の2つの蒲鉾屋さんが事実上の合併というような選択をしました。当面はまだもともとの屋号というかブランドで展開して行くそうですが、これも時代の流れなんだと思います。それともう一つ、有名な蒲鉾屋さんの経営者が変わりました。この件も初耳でしたが、内容を色々と聞くと仕方ないのかなと思いました。
 いずれにしても表向きは何も変わらないように見える富山県の蒲鉾業界ですが、実は水面下で色々と変化が起きているという事を実感しました。まだまだもっと変化して行きそうな蒲鉾業界ですが、私たちも色々な波にもまれながら今後も頑張って行きたいと思います。
ページトップへ

2014年2月13日(木)

平成25年度(第2回)富山市商品力向上支援事業セミナー

2014年2月13日セミナー1.jpg
 富山市が主催した富山市商品力向上支援事業セミナー「売れる加工特産品のつくり方」に、富山県蒲鉾組合として参加して来ました。北陸新幹線開業がいよいよ一年後となり、こういうセミナーが県内でも多くなって来ています。これだけモノが世の中に溢れていて、欲しいモノが無い、買いたいものが無い!と言われないように、我々業者も色々と知恵を出さなければなりません。
 今までも色々と考えたり、チャレンジしたりしているのですが、なかなか思うようには行かないのが新商品開発!出来る事と出来ない事がある訳ですが、出来る事だけやっていても感動が無いのですよね・・・。色々な意味で果敢にチャレンジしないと行けない時があると思いますが、情報を精査しながら社員や外部スタッフの力を借りて頑張りたいと思います。
 今回のセミナーは直接ヒントになる事も色々とありました。参加者の皆さんも最後まで熱心に聞かれていて、その熱心さが伝わって来ます。知っている顔も何人もいてお互いに切磋琢磨して行きたいですね。鳥巣研二先生、ありがとうございました!
2014年2月13日セミナー2.jpg
ページトップへ

2014年2月 4日(火)

2014年バレンタインかまぼこ!

2014年2月4日バレンタイン蒲鉾1.jpg
 実生活ではバレンタインデーとますます疎遠になっていますが、河内屋恒例のバレンタイン蒲鉾は非常に盛り上がっています。特に昨年から販売しているプティ・キャレのバレンタイン蒲鉾バージョンはチョコレートに対抗して頑張っています。
 ハート蒲鉾を販売してずいぶん経ちますが、毎年色々とバレンタイン商戦を盛り上げる為にやって来ました。今では県内の多くの蒲鉾屋がバレンタイン商戦に参加するようになり、レベルも色々とありますがそれなりに賑やかにはなって来ました。もちろんチョコレート業界の洗練された華やかさに比べると、蒲鉾業界のデザイン性は何と言うか、一言でいうとダサいと言うか、パッとしないのが現実です。その反省をもとに少しでも華やかさ、洗練された感じを出したい!と思って出したのが写真の蒲鉾です。甘いものより酒のつまみ!という方を中心に関心を集めていますし、若い世代にもそこそこの評価、支持を得ているようなので良かったと思っています。
 本命の方に河内屋のバレンタイン蒲鉾を贈って頂ければ蒲鉾屋としては本望ですね。そして想いが伝わればさらに嬉しいです。
2014年2月4日バレンタイン蒲鉾2.jpg
ページトップへ

2014年1月24日(金)

蒲鉾業界の委員会活動!

2014年1月24日全蒲.JPG
 久しぶりに所属している蒲鉾業界の繁盛支援委員会に出席して来ました。魚津駅前に住んでいるという事もあるのですが、東京に行く際はほとんどJRを使います。来年の北陸新幹線開通後は富山から乗るのか、黒部から乗るのか分かりませんが、身近な環境もどんどん変わって来ますね。それにしてもトンネルを超えたら究極の晴天!青空を久しぶりに見ました。富山の天候が悪い時は関東は晴天!というパターンは例年そうなので驚きはしませんが、それでもこの晴天・・・羨ましいと思いました。やっぱり北陸というのは関東に比べると色々な意味でハンデがありますよね。嘆いても仕方ないのですが、どう考えてもこの差は大きいと思います。
 さて、今回の委員会も内容は盛りだくさんで議題は多岐に渡りました。特に全国幼稚園キャラバン元気モリモリ体操イベントは、昨年宮城県で開催され大成功しました!今年も全国どこかの地域で開催したいと思っていますので、よろしくお願いします。
 それと11月15日、かまぼこの日の話題・・・。どこの業界でも〇〇の日!ってあるのですが、蒲鉾業界の11月15日はなかなか世の中に浸透しません。確かに365日、毎日何らかの記念日なんでしょうけど、もう少し認知度が上がればと思います。蒲鉾が初めて文献に掲載されたのが1115年という事にちなんで11月15日がかまぼこの日になりました。来年の2015年は1115年からちょうど900年に当たる年です。業界で何か面白いイベントが出来たらな・・・と思います。という事で、11月15日はかまぼこの日!という事を覚えて下さいね^^
ページトップへ

2013年12月30日(月)

出荷の繁忙期終了しました!

2013年12月30日お歳暮商戦1.jpg
 年内にお届けする蒲鉾の出荷は基本的には今日で終了します。蒲鉾屋にとってこの12月というのはまさに稼ぎ時!書き入れ時!という表現にはなるのですが、言葉では言い表せないドラマが毎年起こるのも事実です。色々と嬉しかった事も、困った事も含め終わり良ければ全て良し!という事で、そういう意味では2013年お歳暮商戦、年始用のお取り寄せ商戦は無事に終了する事が出来たと思います!今年も大切な方への贈り物や、お正月用という事で河内屋の蒲鉾を選んで頂いたお客様には心から感謝をしたいと思っています。本当にありがとうございました!
 さて今年の繁忙期、近隣にコメダ珈琲やGUなど商業施設のオープンが重なったせいか、短期アルバイトさんの確保に非常に苦労しました。年々地域の労働力が落ちて来ているのではないかと心配になるのですが、これからの人口減少に比例して今後はもっと厳しくなる事を予感する応募状況でした。
 そして何よりも今年は写真の某運送会社の体制に困ったというか、困惑したというか・・・参りました。お歳暮商戦前に発覚したクール宅急便の温度管理に関する報道が原因だとは思いますが、配達ルールや仕分けルールの徹底という表現で、今までOKだったものがダメだったり、運送会社の中の問題を我々顧客にストレスをかける状況を強く感じました。運送会社の皆さんも、報道で大きく取り上げられた事を受け過剰な対応も見受けられましたし、何よりも顧客に気持ちや目線が向いているのではなく、社内、あるいは上司など上層部の目を気にしている感覚が妙に違和感がありました。永年取引していますが、ここまで一体感を感じなかった年も初めての経験です。加えてAmazonの物流を引き受けた影響も相当あるように感じました。特に12月の総物流数をどのように捉えて計画をしていたのか少し疑問を感じます。荷物の行方不明や時間帯お届の遅配、そして誤配なども例年より多かったように感じます。いずれにしてもこのような状況の中で、社員もアルバイトさん達も本当によく対応してくれたと思います。
 しかし当社のミスもありました。繁忙期の為という言い訳は出来ません。今後に向かって反省すべき点はしっかり改善し、来年の12月はもっと進化したいと思います!
ページトップへ

2013年12月29日(日)

今年も乗り越えました!

2013年12月29日蒲鉾太郎バイト.jpg
 今年も24日から28日までの出荷を何とか乗り越える事が出来ました。本当に緊張を強いられ、しかも体力もいるという事で大変な週なのですが、関係者全員の頑張りで無事に最後まで出荷出来て本当に良かったと思っています。最後の27日、28日の2日間は出荷制限をかけたので、29日出荷が増えてしまっていますが、24日から28日の出荷数に比較すると約半分なので気持ち的には楽です。しかし油断せずに最後の最後まで頑張ります!
 それにしても年々難しい注文が増えて来ます。お客様のご要望も多岐に渡っているし、決済手段も様々。そして急な変更や追加にも柔軟に対応して行かなければならないので、それに対応するシステムも進化し続けなければなりません。この週は最大の仕事量と同時に反省、改善、対策を生み出す週でもあるのです。
2013年12月29日最終出荷1.jpg
ページトップへ

2013年12月19日(木)

これからが勝負!頑張るのみ!

2013年12月19日お歳暮1.jpg
 蒲鉾屋の12月・・・毎日やるしかない!という強い気持ちで頑張っています。工場の製造から出荷まで、そして受注から出荷まで、さらに店頭での販売から出荷まで、ありとあらゆる部門が12月の究極の繁忙期状態となっています。年内の短期アルバイトで来て頂いている皆さんにも色々と協力して頂き本当に感謝!しかしこれからが本当の戦い!この10日間は一年で最も大変な時期です。最終決戦に向け頑張りたいと思います!
2013年12月19日お歳暮2.jpg

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事