蒲鉾業界活動

2018年7月25日(水)

在留資格 対象拡大へ!

2018年7月25日(水)読売新聞(全国版4面).jpg
まさかの全国紙に登場・・・と言っても蒲鉾の話題ではなくて外国人労働者の話題。

この記事は7月25日(水)読売新聞の4面、つまり全国版です。

朝から色々と電話がかかって来て知りました。
もちろん取材は受けましたが、いつどんな形で掲載されるか分からなかったので、ちょっとビックリしました。

河内屋に関しての情報が微妙に違うのですが、それはさておき外国人労働者受け入れ拡大に向かって政府が一気に動いているのが分かりますね。

この問題は常に日本人の雇用を守るとか、不法就労の問題、治安の悪化、あるいは技能実習制度における企業側のルール違反、違法雇用、低賃金、残業代不払いなど、とにかくネガティブに扱われることが多いですが、人手不足の問題は今後ますます大きな問題になって行くので、一気に政府がスピード感を持って動いている雰囲気が伝わって来ます。

特に介護に関する話題もベトナムとの間で大きな進展があったようで大きな記事でした。

外国人が増えるということは日本社会にとって今までになかった色々な問題も出て来るとは思いますが、地方の中小企業にとっては必要なことだと思っているので、新しい在留資格はぜひ幅広い業種で受け入れ可能になるように進めて欲しいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年7月21日(土)

外国人労働者の環境整備が急がれる

2018年7月21日(土)北日本新聞.jpg
北日本新聞に気になる記事が出ていました。

政府が目指している外国人労働者受入の新制度に関してです。

昨年法律が変わり外国人技能実習生は、最長5年まで日本での就労が可能になりました。
詳しく見ると色々と条件があって素晴らしい!とはとても言えませんが、5年までチャンスが拡がったということは、長期滞在を望んでいる企業や外国人の皆さんにとっては良いことだと思います。

さて、政府が進めている新制度に関してですが、ニュースや新聞の情報では人手不足が深刻な農業、建設、造船、宿泊、介護の5分野を対象に進めるという話でした。

この話を聞いて誰もが何で5分野だけなの?と思っていたと思います。

日本の人手不足は5分野だけだと政治家の皆さんは思っているのか?

・・・と思っていたところに、この記事が目に止まりました。

要するに5分野だけではなく、金属加工業やその他の製造業、あるいは水産業や食品加工業なども幅広く対象になる可能性があるということです。

当たり前ですよね。

新制度は外国人技能実習制度と合わせると最長10年の在留が認められるということです。

しかし10年・・・今までの3年から5年、そして10年と急激に変わって来ていますが、そもそも在留期間を決められているのがおかしいと思います。将来的には在留期限のない資格に移行して行くと言っていますが、おそらくかなりの技能水準や資格、テストをクリアしないとダメだ!というルールを作りそうです。

まじめにやっている外国人労働者の皆さんに、やたら難易度の高い要求だけを押し付けるのは反対ですね。

そんなことも含めて外国人労働者に関する環境や法整備を急いでやって欲しいものです。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年7月14日(土)

富山の酒とかまぼこフェア2018!

2018年7月14日酒とかまぼこフェア2018-1.jpg
以前にもブログで書きましたが、今年の「富山の酒とかまぼこフェア2018」のチラシが手に入ったので紹介します!

詳細に関してはもう一度ここでは書きませんが、今年もたくさんのご来場をお待ちしております!

さて、前回のブログで参加する蒲鉾屋の数が少なくて寂しい!という件は、このチラシの裏面を見ると一目瞭然です。

酒蔵さんの充実ぶりに圧倒される雰囲気ですよね。

しかしこれが富山県の蒲鉾屋の現実なのかもしれません。
2018年7月14日酒とかまぼこフェア2018-2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年7月 6日(金)

今年も「酒とかまぼこフェア」が開催されます!

2018年7月6日酒とかまぼこフェア2018-1.jpg
今年も「酒とかまぼこフェア」が開催されるという事で、富山県内の酒蔵と蒲鉾屋が勢揃いしての打合せが行われました。

早いもので今年は第11回!

例年たくさんのお客様が来場されて大賑わいなのですが、今年も大成功となるようにしっかり準備をして臨みたいと思います。

それにしても残念なのは酒蔵が17社も参加しているのに、蒲鉾屋が今年7社・・・。
過去のフェアの中で最も少ない参加ではないでしょうか。

富山県内の蒲鉾屋は廃業するところも出て来ていて、蒲鉾屋が減少傾向にあるのは間違いないのですが、いざ参加者を見ると本当に寂しい限りです。酒蔵の皆さんと比較するとどうしても見劣りしてしまうのが否めません。

この「酒とかまぼこフェア」への考え方、捉え方によっても違うのでしょう。

それぞれの企業の戦っているマーケットや戦略の違いもあるので仕方ない部分もあります。
いずれにしても趣旨に賛同して参加するメンバーで今年も盛り上げるだけです。
河内屋も頑張りますので、ぜひご来場をお待ちしております!

■日時 : 2018年9月16日(日) ※2部入替え制
    ①13時00分~15時00分の部
    ②15時30分~17時30分の部
■場所 : 東京交通会館 12階 カトレアサロンA(JR有楽町駅前)
■会費 : 2,500円(当日券は3,000円)
    ※酒、かまぼこ、各600円分の買物券付です。
■定員 : 各回 350名

チケットのお求め方法は2018年7月8日(日)10時からe+(イープラス)で販売開始です。
http://eplus.jp/ にアクセスして「酒とかまぼこフェア」で検索してみてくださいね!
毎年定員一杯で完売になりますので、早めのチケット購入をオススメします。

ちなみに今年は英語版のパンフレットも準備されています。
インバウンド向け、あるいは東京在住の外国人の皆さん向けなのですが、果たして外国人のお客様は増えるでしょうか?ちょっと気になるところです。
2018年7月6日酒とかまぼこフェア2018-2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年4月 4日(水)

ベトナム人技能実習生の件で取材を受けました!

2018年4月4日読売新聞(横1000).jpg
4月4日(水)読売新聞の記事です。

記事のタイトルは「外国人住民最多1万6637人」「ベトナム人など技能実習生ら急増」ということで、富山県内に住む外国人の人数が過去最多になったそうです。

中でも外国人技能実習生が増えているということ。
僕の周囲にも相当数の実習生がいますので、記事の内容は身をもって実感するところですが、こうやって具体的な国別、出身国など見ると、ブラジル人やフィリピン人も確実に増えて来ているということが分かりますね。

外国人技能実習生に関しては、このブログで何度も書いていますが、とにかく世の中のニュースで報道される内容はネガティブな話題ばかり!

なので、そういうイメージを払拭させたい!という想いもあって当社での出来事を色々と情報発信しているところです。

今後も末永く、外国人技能実習生と良い協力関係を作りたいと思います。

当社のベトナム人技能実習生のアインさんもついに新聞デビューです(笑)。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年3月 2日(金)

2018年全国蒲鉾品評会!

2018年3月1日全国蒲鉾品評会1.jpg
今年も全国蒲鉾品評会に参加して来ました!

久しぶりの東京でしたが、やっぱり東京の空気、東京の空、そして東京の人混みが好きです。家族からは理解されませんが・・・笑。
2018年3月1日全国蒲鉾品評会2.jpg
さて、今回も河内屋の蒲鉾職人が細工蒲鉾を出品しました。「横綱土俵入り」という作品です。相撲錦絵を模写したものなのですが、絞り出しという技法と独自のヘラを使用しながら時間をかけ作っていました。

もう一つの作品は若手の職人による「花よりだんご」というかわいい作品。魚津のゆるキャラ「ミラたん」と入善のゆるキャラ「ジャンボ~ル三世」の組合せ。明るく良い感じでした。

賞を取れるかどうかは別として、品評会に花を添えるという意味と、蒲鉾職人の技術向上という意味において非常に良い機会と思っているので、今後も出来る限り出品したいと思っています。
2018年3月1日全国蒲鉾品評会3.jpg
今回の会場は東京海洋大学内の例年の場所ではなく、同じキャンパス内の講堂でした。ちょっと広いな・・・とは思いましたが、来場者にとってはゆったりと見学出来て良かったかもしれません。

一方で実際の出品数は分かりませんが、全体的に出品数が減ったような気がしました。

特に「北陸」。

蒲鉾業界の中でも北陸の元気がないということなのか?

いずれにしても年々業者数が減っているのは事実なので、次の世代に引き継げるようにもう少し頑張らないといけないな・・・と思います。
2018年3月1日全国蒲鉾品評会4.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年1月25日(木)

名古屋の百貨店「丸栄」の催事に参加しています!

2018年1月25日富山県の物産と観光展1.jpg
日本列島凄い大寒波で大変寒い日が続いていますが、皆さんの地域では寒さはいかがでしょうか?雪国生まれでも雪国育ちでもない寒さの苦手な僕にとっては、本当に亀のように動けない日々が続いてます・・・。

さて、まずはお知らせです!特に名古屋地域の皆さんへ!

今日から名古屋にある百貨店「丸栄」で、富山県の物産展を開催しています!
名古屋地域の皆様、ぜひお寄り頂ければと思います。
日頃は地元でしか販売していない蒲鉾を多数取り揃えて参加していますので!

■名古屋 丸栄百貨店(8階大催事場)
■1月25日(木)~30日(火)
■10時~19時(最終日は17時30分閉場)

ところで、名古屋の老舗百貨店の丸栄さんですが、今年の6月30日(土)で百貨店業務を終了します。つまりこの「富山県の物産と観光展」もこれで終わり!今年が最後の出店となってしまいました。寂しい話ですが時代の大きな流れなので仕方ありません。跡地や今後のことに関しては全く分かりませんが、名古屋の良い場所にあるので違う形、違う業態での再開発を考えているのだと思います。

ということで最後の催事!名古屋地区の皆様!足下悪くて寒いですが、ぜひぜひ来てくださいね!

それにしても今年の大寒波は寒いです。
お互いに風邪やインフルエンザには注意しましょう!
2018年1月25日富山県の物産と観光展2.jpg
2018年1月25日富山県の物産と観光展3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2018年1月 4日(木)

2018年(平成30年)よろしくお願い致します!

2018年1月4日新年スタート.jpg
 ブログでのご挨拶は少し遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます!2018年、戌年、本年もどうぞよろしくお願い致します。戌年と言えば今年の「干支かま」は写真の通りで、今年の初売りも各店でとても好評でした。この「干支かま」は毎年スタッフ全員で考えているのですが、また来年に向けて楽しく考えて行きたいと思います。
 さて2018年、今年はどんな一年になるのでしょうか・・・。新聞やニュースで各業界のトップの皆さんの年頭所信を読んでいると業界によって色々と違いがあるなと感じているところですが、労働人口減少や働き方の問題は業界を問わず大きな問題で、当社も頭の痛いところとなりそうです。
 今年は設備への投資も少し多くなりそうです。メーカーなので常に設備投資はありますが、年回りによって当たり年と言えばそれまでですが、これは未来への投資だと思いしっかり整えて行きたいと思います。また、業界的には今年HACCPの制度化に向け厚生労働省が通常国会に食品衛生法など関連法令の改正案を提出する予定になっています。内容に関しては既に色々と出て来ていますが、食の安心安全に向けた大きな流れが加速されて行くことと思います。そして揉めに揉めていた豊洲市場への移転問題が解決されたのかは分かりませんが、とりあえず豊洲市場の開場が10月11日(木)に決まりました。もちろん小池知事の安全宣言があっての移転でしょうけど、何とか混乱無く築地から豊洲に移転して欲しいと思います。
 その他にも経営課題や会社を取巻く環境は本当に厳しくなって来ているので、気を引き締め、迷いながらも決断すべきは決断して前へ進みたいと思います。とにかくノープレイ、ノーエラーだと思っているので、エラーを恐れずにチャレンジします!
 それと棒S(ボウズ)の件ですが、昨年はご迷惑をおかけしました。店頭では問題なく供給出来ていますが、お届の分がこれから順次全国に発送して行くという状態です。従ってHPでの棒Sの受注は2月上旬から再開したいと思います。さらにこの棒Sの影響で、河内屋の冬の人気商品である「雪だるまくん」の販売が大幅に遅れ1月13日(土)からとなりました。こちらも大変申し訳ないと思っています。今しばらくお待ちして頂ければと思います。
 ということで2018年、平成30年もよろしくお願い致します!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年12月31日(日)

2017年(平成29年)ありがとうございました!

2017年12月31日振り返り3.jpg
 あっと言う間の一年で、先輩達が言うように本当に50歳を過ぎると時間が経つのが早い・・・早過ぎる!そんな気持ちで大晦日を迎えています。今年の特徴は何と言っても棒S(ボウズ)の成長でした。
特に夏に頂いた「おもてなしセレクション」での金賞受賞から急激に伸びて行ったと感じています。認知度も上がりましたし、リピートのお客様も非常に増えました。何よりも地元の富山や金沢で棒S(ボウズ)という名前を覚えて頂いたことが大きいと思います。そんな後半の中で、とどめの一発が全国放送での紹介!この一年を振り返る上でも12月のインパクトは一言では語れない影響でした。その動画が昨日もリンクしましたがこちら。


 全国放送でこの尺ですから広告に換算したらどんな費用がかかるのか想像も出来ません。蒲鉾女将に関心を持って頂いたテレビ関係者の皆さんに心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。一方で、あまりにも大きな影響でしたので、常連のお客様に多大なご迷惑をおかけしたことも事実です。13日の放送後、14日の時点で年内お届けの棒Sの受注を停止するという決断をしました。放送1時間でHPへのアクセスが1万件近くになったのもありますし、ネット注文が放送1時間で700件近くまで来てしまったこともあり、HPでの受注も停止したり、若干の混乱が生じたことも事実なのですが、棒Sの年内お届の受注停止は正しかったと思っています。ご迷惑をおかけしました皆様には心からお詫びを申し上げます。ちなみに13日までに受注した棒Sは全て年内にお届出来ました!ちなみにネットでの急激なご注文に関しては出荷を全て年明けということにさせて頂きました。快くお待ち頂く皆様には本当に感謝しています。また、店頭での棒S販売は27日から再開させて頂いています。場所によっては若干の品薄状態のところもありますが、基本的には供給出来ていますので、ぜひぜひよろしくお願いします!
2017年12月31日振り返り7.jpg
 さて、我が街魚津(最近やっとそう思えるようになって来ました・・・歳でしょうか 笑)でも今年は大きなイベントがありました。天皇、皇后両陛下をお迎えしての全国植樹祭の開催です。上の写真は僕が撮影したものですが、皆さんから欲しいと言われ随分とデータを提供しました。植樹祭には一切関わりはありませんでしたが良い思い出です。
2017年12月31日振り返り9.jpg
 プライベートでは蒲鉾太郎が大学を卒業して就職!社会人となりました!蒲鉾家としても大きな出来事であり、親としての責任も果たせたという満足感というか達成感もあります。まだまだこれからも色々とあるんでしょうけど、一つの区切りとして大きな出来事でした。天国にいる2人のおじいちゃんもきっと喜んでいるでしょう。ちなみに現在彼はバリバリ仕事をしています。今後も頑張って欲しいと思います。人生これからですからね!蒲鉾娘にも大いに頑張って欲しいと思います。
2017年12月31日振り返り5.jpg
 今年もRCの交換留学生を預かりました。フロリダから来たモライアという女の子。ホストファミリーは大変ですが、蒲鉾娘がお世話になったことをいつも思い出しながら責任を全うしようと思い行動して来ました。モライアの今後にも大いに期待しています。
2017年12月31日振り返り6.jpg
 そして釣りに関しては今年も色々と経験できました。まだまだ技術も経験も未熟ですが、たまにまぐれで釣れる大物には感謝しかありません。なによりもアオリイカの釣果が新記録!292杯!テッィプランを十分に楽しむことが出来ました。Kgアップの大物を釣り上げるという目標だけは相変わらずダメですが、これは来年へまた持越しです。
2017年9月22日アオリイカ3.jpg
 ということで、まだまだ他にも色々とあるのですが、無事に大晦日を迎えることが出来て良かったと思います。こうやってブログを更新出来るのも全てが無事に終了したからこそだと思います。2017年ありがとうございました!来年も健康に留意して頑張りたいと思います。果たして来年はどんな一年になるのか?仕事面では原材料や電気料金、全てのコストが上昇傾向で頭が痛いですが、しっかり乗り越えて行きたいです!!
 最後の写真は友人が撮影してくれた僕がマリーナに戻っているところ!海に浮かんでいると笹舟ですね(笑)。2018年(平成30年)も仕事でも海でも大漁目指します!
2017年12月31日振り返り8.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年12月30日(土)

今年も大量出荷を乗り切りました!

2017年12月30日ピーク超え1.jpg
 今年も29日の出荷で大量の出荷作業は終了しました。今日もまだ若干の出荷があるのですが、上の写真の通り余裕の作業で、主な仕事は掃除と整理整頓、そして棚卸作業です。毎年、毎回、今年のお歳暮商戦はどうなるのだろう?12月に本当にご注文が来るのか?いつもの出荷量があるのか?など不安に駆られる時期があるのですが、いざ始まってみると悩んでいる暇などなく、不安の内容は生産や出荷が間に合うのか?という違う不安に変化して行き、そして出荷ピークを無事に終えて、今年もまた安堵する・・・という日を今日も送ることが出来ています。お客様、そして社員や短期のアルバイトの皆さん、仕入の業者さんも含め全ての関係者の皆さんに感謝です。
2017年12月30日ピーク超え2.jpg
 工場は本日が最後で、年末年始用の蒲鉾作りも終了し大掃除をしっかり行っています。狭い工場ですが衛生的に効率良く今年も頑張ってくれたと思います。まだまだ改善出来ることはたくさんあるし、来年は新たな新兵器も導入予定なので期待したいです。
2017年12月30日ピーク超え3.jpg
 そして工場の中でも忙しいのが棒S作り・・・連日棒Sの生産に追われています。今年は本当に棒Sが大爆発!その理由はこちら⇒ クリック
非常に大きなインパクトがありましたが、この時期だからこそ対応が出来たかもしれません。
製造、出荷という意味ではかなりの数を来年に持ち越していますが、全国的には大きなPRになったことは間違いありません。常連のお客様にご迷惑をおかけした現実もありますので、今後もしっかり対応して行きたいと思っています。
 大量出荷を乗り越えると今度は年末年始、お正月商戦で店頭販売がさらに忙しくなって行きます。我々の業界はお正月気分を味わう余裕など一切ありませんね。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事