蒲鉾業界活動

2017年3月16日(木)

2017年全国蒲鉾品評会に参加しました!

2017年3月16日全国蒲鉾品評会1.jpg
 今年も全国蒲鉾品評会に参加しました。世の中的には知名度の低いこのイベントですが、蒲鉾業界の中では知名度の高いイベントです(笑)。今年も北海道から沖縄まで多くの仲間と再会しました。日頃からfb等で近況は知っていますが、直接会って話すと色々な情報交換が出来ますし、それぞれ地域の様子や経営上の悩みや課題の意見交換できることはありがたいですね。
2017年3月16日全国蒲鉾品評会2.jpg
 今年も当社は何点か出展しました。もちろん細工蒲鉾はブログでも紹介させて頂いていますが、今年は地元のたてもんをテーマに製作。細工蒲鉾の中ではとても品があって丁寧な作品だったと思います。商品の方は人気の棒Sや鮨蒲のどぐろを出しました。
 各テーブル地域ごとに分かれているのですが、こうやって一同に見ると富山県はなかなか個性的な商品が並んでいると思います。それぞれ各社が色々と工夫をしている結果だと思いますね。今後もマネではなくオリジナルティのある商品を作って行きたいものです。
2017年3月16日全国蒲鉾品評会3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年3月14日(火)

今年のテーマは「たてもん祭り」!!

2017年3月14日全国蒲鉾品評会2.jpg
 蒲鉾業界では毎年恒例の全国蒲鉾品評会。今年も細工蒲鉾の部門で出展します。毎回、蒲鉾職人とテーマを一緒に考えているのですが、今年は「魚津のたてもん祭り」にしました。と言うのも、魚津のたてもん祭りなどタテモン行事が、ユネスコ無形文化遺産に登録されたので、それを記念してと言うか、少しでも応援しよう!という想いでこのテーマにしました。
2017年3月14日全国蒲鉾品評会1.jpg
 細工蒲鉾としてはなかなか表現が難しい題材なのですが、あえて挑戦しよう!ということで蒲鉾職人が頑張ってくれました。ここ数年の作品は貼り絵手法的な部品を多用して製作していましたが、今回は絞り技術にスポットを当て製作しました。出展後の店舗での展示も考えて例年よりサイズをダウンさせましたが、今回もなかなか良い出来の作品が出来ました!何か賞をもらえれば良いですが、それとは関係なく、こうやって定期的に何かに挑戦するというのは、非常に良いことだと思っています。今後のさらなる成長に期待したいと思います。
2017年3月14日全国蒲鉾品評会3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年2月24日(金)

豆腐業界の話を読んで蒲鉾業界で思うこと・・・

2017年2月24日日経産業新聞.jpg
 日経産業新聞を読んでいたら心配な記事がデカデカと出ていました。蒲鉾業界ではなく豆腐業界の話なのですが、日本の伝統食品という意味では同じような業界だと思うので他人事ではありません。特に神奈川県出身の僕にとっては馴染みのあるブランドだったのでなおさらです。記事によると豆腐業界は豆腐メーカーの経営破綻が続いているということです。今年に入って魚津市内でもありました。蒲鉾業界は経営破綻の話はあまり聞きませんが、廃業するという話はよく聞きます。最近も隣りの市の蒲鉾屋さんが廃業するということで寂しく感じました。廃業できるだけ良いという言い方も出来ますが、そう決断させる要因や環境が各々違うとしても結果として事業者が減って行くということは業界にとって良い話ではありません。地域での産地というイメージはメーカーあってのイメージだと思いますので。
 大山豆腐さんの場合は、景気低迷による個人消費の落ち込みに加え、価格競争の激化や原材料の高騰などから業績が低迷ということで、これって我が蒲鉾業界も全く同じことが言えると思いますね。こんな環境で工場建設などの大型投資や、本業以外の多角化に手を出すと、上手く行けば良いですが、裏目に出ると大変なことになってしまうというのは簡単に想像出来ます。
 蒲鉾業界と違うのは事業者数が減っても消費量が減らずに安定しているというのは凄いことです。海外でのブームや健康ブーム、ダイエット食品としての豆腐市場そのものは拡大が見込めるそうで、それは本当に羨ましい世界です。だからこそ競争が激化しているとも言えますが、蒲鉾業界は事業者数が減ってもれなく生産量も減り、消費量も減っているという状況なので、同じ厳しい環境でも違う厳しさのようにも感じます。
 豆腐業界は今でも7000強の事業者数があるというのも凄い!10年前は12,000ということなので10年間で約4割事業者が減ったということですね。蒲鉾の事業者もこの10年で同じような傾向で激減してますが、全国の事業者数は既に1,000を切っていて豆腐の事業者数に比べて随分少ないということが分ります。
 いずれにしても難しい世の中ですので、しっかり頑張って行かねばと思ったところです。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年2月19日(日)

3月19日は「細工かまぼこの日」です!

2017年2月19日蒲友会の話題.jpg
 地元の新聞(北日本新聞)に大きな広告が出ていたのでここでも紹介しておきます。僕は既に卒業していますが、富山県蒲鉾水産加工業協同組合青年部 蒲友会(ほうゆうかい)が、3月19日の「細工かまぼこの日」にイベントを開催するというPR広告です。
 イベントの詳しい詳細は分りませんが、対象が小学生、中学生とその保護者ということなので、興味のある方はぜひ参加してみてください。
 富山県の食文化、生活習慣の中に「細工かまぼこ」というのは今でも普通に使われ、普通に食べられます。しかし昔のままという訳ではありません。やはり時代とともに大きく変化しているのは事実です。その変化にどう対応していくかがなかなか難しいテーマです。一方で蒲鉾離れしている今の若い世代にどう積極的に食べてもらうか?買ってもらうか?使ってもらうか?ということも考えなくてはなりません。こういうイベントを通じて、富山の細工かまぼこの世界を知って頂くというのは良いことだと思います。富山県蒲鉾業界の若いもんチーム!イベントの成功へ向け頑張ってください!
 ちなみに3月19日が「細工かまぼこの日」というのは、蒲友会で勝手に決めました(笑)そして今回のイベントは3月18日(土)だそうです!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年2月10日(金)

バレンタインかまぼこ♪好評です!

2017年2月9日北日本新聞(横900).jpg
 2月に入って何故か色々と忙しい状態が続いているのですが、9日(木)に地元の北日本新聞さんに「バレンタインかまぼこ」を紹介して頂きました。社会面にある風車というコーナーです。このコーナーは比較的目に付きやすいせいか、色々な方から「新聞に出ていたね~」と声をかけて頂きます。やっぱり新聞の力は大きいですね。
 記事で紹介されているハート形のかまぼこ「きのどくな」というのは下の写真。
2017年2月10日バレンタイン3.jpg
 この「きのどくな」バージョンは今年初めて作ってみました(笑)。お陰様で富山県の皆さんには好評のようです。この「きのどくな」という富山弁。色々なニュアンスがあるのですが要は「ありがとう」の意味やニュアンスを含んだ「申し訳ない」的な意味です。正直言って神奈川県出身の僕には解説が難しいので細かくは書きません。
2017年2月10日バレンタイン1.jpg
 もちろん例年通り「ありがとう」や「感謝」も人気あります!地元でも本命はもちろんのこと、義理カマ、友カマとしても使って頂いています。甘いものより酒の肴!的な意味でも毎年人気があるんです。小さいサイズのハートかまぼこは、スナックのママさん達からも毎年大人気です(笑)。
2017年2月10日バレンタイン2.jpg
 ということで、バレンタインかまぼこ!ぜひ大切な方へのプレゼントに使ってみてくださね!
2017年2月バレンタイン.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月18日(水)

食品を取巻く法律はいろいろ複雑です

2017年1月17日食品表示講習会.jpg
 工場長、本店店長と3人で平成28年度食品表示講習会に参加して来ました。食品を取巻く法律はとにかく色々あって、その一つ一つにしっかり対応して行かなければなりません。特に平成27年4月1日から食品表示法が改正され現在経過措置期間中です。今回の講習で得られた成果はこれと言ってないのですが、今までの知識の整理と改正点の再確認という意味では無駄な時間ではなかったと思っています。
 アレルギー表示ルールも変わり若干疑問に思っている点もありますが、世の中の動きや大手の動きを注視しながら対応して行きたいと思います。それにしても食品を取巻く法律は複雑ですね。プラス各都道府県の条例もあったりしてさらに複雑・・・ましてや輸出になるとその国の食品ルールもあってさらに複雑。
 嘆いても仕方ないので、しっかり対応して行きます!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月13日(金)

地元新聞に大きく2つの話題・・・

2017年1月13日北日本新聞.jpg
 13日の金曜日!だからでもないでしょうが、北日本新聞に新川地域(魚津、黒部、入善、朝日)の話題が大きく2つ出ていました。1つはアピタ黒部店が8月20日までに閉店というニュース。理由は競争激化で売上低迷だからだそうです。確かにここまでスーパーが必要か?というくらい近隣地域には食品スーパーが多いですからね。チラシを見ていても価格競争なので、富山県は食品のデフレが止まるどころか進んでいる印象を受けます。
 そしてもう一つの大きな記事が上の写真。めずらしく蒲鉾業界と言うかすり身業界の話が出ていましたので思わずじっくり読んでしまいました。内容は僕も大好きな「丸十」のすり身(魚津の高岸商店さんが製造している商品)がスーパーの店頭から消えているとのこと。理由は原料となるニギスが不足しているためです。ニギスに関してはこの数年漁獲が減って本当に少ないです。近海ものまで探しても必要な量が手に入りずらいというのが現実です。当社でも以前はニギスを利用した商品を作っていましたが、当社が求める品質の原材料が安定的に手に入らなくなったので、その商品は製造を中止してしまいました。姿、形が一緒でも味や品質が落ちれば作る意味が無いですからね。さらに北陸のこの時期は天候も悪いので漁にも出れないという悪循環。しばらくは食卓や飲み屋のメニューから無くなるでしょう。生産が開始されるまで少し我慢するしかないです。
 隣りには「かまぼこも苦境」という記事が出ていました。地元新聞に「かまぼこ」という文字が大きく出ることは滅多にないので直ぐに気付きました。もう少し良い話題で新聞に載って欲しいと思いますがね・・・。最初の話題、アピタ黒部店閉店の話とかまぼこ苦境という話はリンクしていると思うのは僕だけでしょうか・・・。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月 2日(月)

2017年初売り!

2017年1月2日仕事はじめ1.jpg
 例年2日には各店周りと取引先への顔出し新年の挨拶をしているのですが、今年も変わりなくほぼ昨年と同じスケジュールで行動しました。とにかく昨年もそうでしたが雪が無いのがありがたい!本当にありがたいと思います。ということでバーゲンも重なっている金沢駅周辺は大渋滞で駐車場も満車、館内も凄い人!金沢駅周辺はやっぱり凄い賑わいですね。ちなみに河内屋の正月恒例「干支かま」も大人気でよく動いていました!ちょっと一安心です。
 その後、とやマルシェ店、富山大和店にも行きましたが、どちらも大変な賑わいでした。特に本店と富山大和店は2日が初売りなので、「初売り!」という響きは日本文化らしく賑やかで良いです。蒲鉾業界はこのお正月商戦の賑わいが終了すると売上氷河期に入るので、しばらくはまた別の意味で大変な時間を過ごします。一方でこういう時間を使って色々なことも出来るので必要な氷河期なのかもしれません・・・と思うようにしています(笑)
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年12月29日(木)

年内の大量出荷・・・目処が立ちました!

2016年12月29日大量出荷.jpg
 年内お届けの大量出荷の目処がやっとつきました。毎年のことですが20日以降の出荷件数は毎日凄い数になります。集荷に来るヤマト運輸も専用のトラックが来るのですが、1回では集荷できず何度も来て、しかも荷受作業の時間もかかり本当に大変なのですが、この風景を見ているとやっぱり年末なんだと実感するのです。ご注文を頂く全国からのお客様には本当に感謝の気持ちしかありません。ヤマト運輸から道路事情で若干の遅配が発生しているとの報告を受けていますが、とにかく無事に全ての荷物が到着することを祈るのみです。
2016年12月29日筋雲1.jpg
 午前中、空を見上げたらまた珍しい雲を目撃しました。iPhone6のカメラですが、はっきり撮影することが出来ました。前回はもやもやした雲で、今回は筋のような雲。別に雲に興味がある訳ではないのですが、この時期としては珍しい青空を見るとついつい見上げてしまうのです。
2016年12月29日筋雲2.jpg
 この1ヶ月は社内にこもりきりで休みも無く出勤しているのですが、忙し過ぎて仕事以外のことは全く考えられませんが、こうやって青空に気付く、雲に気付く、こうしてブログをアップするということが出来るのも大量出荷の目処が立ったからだと思います。まだ年内の発送はありますが、最後の最後までしっかり対応して行きたいと思います。
 一方で魚津本店、金沢百番街店、とやマルシェ店、富山大和店の店頭は来客で忙しい状態が続いています。各店ともに年内は休まず営業しています!ただし31日は各店とも営業時間が短いです!
2016年12月29日筋雲3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年12月12日(月)

いつもながらの繁忙期に感謝!

2016年12月12日繁忙期2.jpg
 お陰様で今年も忙しい12月を過ごしています。毎年、忙しくなるであろう・・・という前提で、生産計画を組んだり、原材料を準備したり、短期のアルバイトさんを募集したりと、ここに来るまでに色々と大変な思いをしているのですが、あくまでも忙しくなるのであろう・・・ということが前提なのです。その前提が12月に入り(実際は11月20日以降くらい)本当に忙しくなって来ると本当に何もかもが大変なのですが、一方で今年も忙しくなって良かった!という感謝の気持ちと安堵の気持ちが交錯します。もっとも安堵している余裕は全くありませんが、今年もご注文を頂いた全てのお客様に感謝しながらピークに向かってしっかり頑張って行きたいと思います。
 ちなみにこの時期は受注と出荷の応援をしています。細かい仕事を思い出しながら何とかやっていますが、加齢による目の衰えと、50肩による首肩の痛みと、何だか歳を感じるのも事実なんですよね。それにしても社員を中心にアルバイトさんも含めて、製造から販売までどの部署もみんな頑張ってくれています。何とか全員で良いお正月を迎えれるように頑張りたいと思います!
2016年12月12日繁忙期1.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事