蒲鉾業界活動

2013年6月18日(火)

御礼!富山の酒とかまぼこフェア2013!

2013年6月16日富山の酒と蒲鉾1.jpg
 6月16日(日)に開催された「富山の酒とかまぼこフェア2013」ですが無事に終了しました。例年だと秋の開催なのですが、今年は酒蔵チームの諸事情により6月の梅雨時期の開催・・・しかも会場もいつもと違う部屋、そして1部と2部の入れ替え制もなく全てが変更となっての開催で、僕も含めて参加者、関係者も色々と心配をしましたが、始まってみたらいつも以上の熱気で、あっと言う間に終了してしまいました!暑い中ご来場頂き、しかも河内屋のブースに寄って頂き、さらにたくさんの蒲鉾をお買い上げ頂いたお客様には本当に感謝です!ありがとうございました!
2013年6月16日富山の酒と蒲鉾2.jpg
 今回出展したのは15の蔵元、そして10のかまぼこ屋。酒と蒲鉾だけでこれだけの業者が揃うのも珍しいですし、オール富山県!という意味では貴重なイベントだと思います。個の業者にとっては色々と事情があったり考え方が違ったりして、一つにまとまるのは難しい面もあるのですが、北陸新幹線開業に向かって富山県の認知度、PRが拡がって行けば嬉しい事です。
 余談ですが会場がオープンすると真っ先にお客様が並ぶのが勝駒さん。2、3年前から急にそんな傾向があるように感じます。地元でも人気の銘柄なので最近では手に入りずらくなっていますね。東京の日本酒ファンの皆さんもそんな事情をよく知っているんですね。河内屋も真っ先にお客様が指名して下さるブランドになるために努力して行きたいと思います。
 さて、今回はもう一ついつもと違う出来事がありました。東京で大学に通う蒲鉾太郎が手伝いに来てくれた事です。蒲鉾太郎にとっても良い経験になったと思いますが、僕と蒲鉾女将にとっては嬉しい時間でした。奇しくも当日は父の日・・・僕にとっては最高の父の日となりました。
2013年6月16日富山の酒と蒲鉾3.jpg
ページトップへ

2013年6月13日(木)

富山の酒とかまぼこフェア2013

2013年6月11日酒と蒲鉾フェア2013.jpg
 今週末の6月16日(日)ですが、毎年恒例の「富山の酒とかまぼこフェア」がいつもの東京交通会館で開催されます。例年だと10月とか11月に開催されているイベントなのですが、秋に「日本酒で乾杯推進会議富山大会」が開催されるという事で、そのプレイベント的な位置付も加わり6月の早い開催となりました。秋と比較して6月という気候や温度が、このイベントに吉と出るか凶と出るか計りかねますが、このイベントを毎年楽しみにして下さっているお客様もたくさんいらっしゃるので、今年も出会いを求めて河内屋も出店したいと思います。
 ちなみに毎年1部と2部の入れ替え制で実施していますが、今年は入れ替え制ではありません。しかし一応入場者のコントロールをしようという事で、チケットは1部(14時から16時)と2部(15時から17時)に分かれています。そして入場料が2,000円。当日券だと2,500円!高いと思われるかもしれませんが、酒とかまぼこ、各500円分、計1,000円分のお買い物券が付いています!チケットの販売状況の詳細が分かりませんが、皆さん!ぜひ足をお運び下さい!
 イベントの詳細は「いきいき富山館」のホームページを参照して下さい!
 今年は15の蔵元と10のかまぼこメーカーが出展します。蔵元、かまぼこメーカー提供の素敵なプレゼント抽選会もあります!お楽しみに!
ページトップへ

2013年6月12日(水)

蒲友会卒業!

2013年6月12日蒲友会卒業.jpg
 蒲友会(富山県蒲鉾組合青年部)の平成24年度総会が開催されました。事業内容としてはあまりパッとしない年度でしたが、最後に「かまぼこ大学」のイベントを行い何とか形にはなったような気がします。
 さて、僕は蒲友会の副会長を務めているのですが、この平成24年度を持って無事に卒業という事になりました。正直言ってきちんと活動できたのは最後の5年間ほどで、けして優良会員ではなかったのですが、県内同業者の同じような若い世代と交流を持てた事は非常に有意義でした。同業者、同じ立場だからこその情報交換、同業者でライバルだからこその切磋琢磨、そして本音で語り合える事、けして本音では言えない事・・・様々な思惑、状況が交錯する中で、やはり一緒に何か出来るという事は、富山県の蒲鉾業界が盛り上がって欲しい!という願いが一致しているからだと思います。
 蒲鉾業界というのは比較的全国組織がしっかりしていて、その中でも富山県蒲鉾組合と青年部はそれなりに人数もいて特に青年部は活動をしている方だと思います。業界新聞の紙面でも比較的取り上げられる方だと思いますし、これからも地道に活動して、対外的なPRや話題提供してくれる事を望みます。
 平成25年度は新たな会長を選出し、新たな役員で活動がスタートします。平均年齢もだいぶ若返るし、元気に頑張って欲しいと思います。僕は無事に卒業できて本当に良かったです。今までお世話になりありがとうございました。次年度以降は特別会員としてたまに参加させて頂きます。
ページトップへ

2013年5月29日(水)

げんきモリモリかまぼこたいそう!

 河内屋も一員なのですが、蒲鉾業界には「全国かまぼこ連合会」という組織があります。通称「ぜんかま」と業界人は呼んでいますが、一般の方にはあまり知られていないかもしれませんね。
 さて、全かまでは日頃から様々な活動を行っているのですが、僕も今年度は繁盛支援委員会という委員会に所属して微力ながら地道に活動をしているところです。今年の委員会のミッションは色々とあるのですが、その中の一つ!消費者を対象とする需要拡大対策というものがあり、その手段の一つとしてお子様向けの販促映像作成するという事で取組んで来て完成したのが上の映像!皆さん、ぜひ見てくださいね!
 実はこの歌・・・以前にオリコンチャートに登場した"かまぼこソングなのです。その歌に幼稚園、保育園の園児の皆さん向けに、親しみやすいダンスを合わせました。誰もが楽しく、やさしく踊れるダンスになっていますので、小さいお子様がいる家庭の中で見て頂き、日本伝統食品の蒲鉾に小さい時から親しみを持って欲しいと思います。
 ちなみに全かまのゆるキャラは板付き蒲鉾がモデルの「かまぴー」と竹輪がモデルの「ちっくる」です。富山県内では当社も含めて板付かまぼこと竹輪は製造していないし、あまり馴染みがない土地柄なのですよね・・・。しかも歌の歌詞も富山県の蒲鉾業界とはあまり関係ない商品群・・・ちょっと悲しいのですが、かまぼこという大きな枠組みの中で考えれば、カルシウム(満点) タンパク質(たっぷり)カロリーは(ひかえめ)の先代たちが創り出した素晴らしい食品に変わりはありません!かまぼこがもっと皆さんに愛されるような食品になって欲しいと思います。
ページトップへ

2013年5月21日(火)

朝だ!生です旅サラダ騒動記(その5)

2013年5月21日旅サラダ7.jpg
 4月6日(土)から始まった朝だ!生です旅サラダ騒動記ですが、今月も何度かの出荷のピークを乗り越え、お待ち頂いているお客様へステッィクチーズかまぼこをお届けしています。5月末までにはあの5分間に集中したご注文に対しては全て対応できると思っています。繰り返しになりますが、お待ち頂いたお客様には本当に申し訳ないと思っていますし、お待ち頂いて本当に感謝、感謝!感謝の気持ちで一杯です。本当にありがとうございます。
 一方で困った問い合わせ?クレーム?を数件頂きました。噂のスティックチーズかまぼこだと思って購入したら違うメーカーの商品だった!というものです・・・。当社としてもお詫びのしようがなく困りました。まだ日は浅いですが数年前より同じような問合せをたまに頂くのですが、今回テレビの影響もあり爆発的に動いたのでこういった話も比例して増えたんだと思います。
 1999年に発表したスティックチーズかまぼこですが、北陸ではこのようなイメージで製造しているメーカーがなくて、河内屋の看板商品として育って来て認知度もかなりあると自負をしています。そこに富山市内の県内で一番創業が古いと称するメーカーが、姿、形、入数、袋を止める金色のビニタイ、販売価格まで同じ商品を出して来ました。商品名と表のシールデザインが違うだけ・・・。昔はこんなメーカーではなかったのですが、代変わりで方針も変わって来ているようです。
 ちなみに当社は富山県内ではおそらく一番後発のメーカーだと思います。後発メーカーのために創業時より苦労した話を先代からよく聞きました。過去にも同じような話は多かれ少なかれありましたが、それにしても酷過ぎる話で、富山県内蒲鉾業界の仲間からも「あれはひどいですね・・・」なんて言われてしまう現実。とにかく他人と過去は変えられない、変える事が出来るのは自分と未来・・・という事で、私たちはまじめに本物の「スティックチーズかまぼこ」を作って行きます!
ページトップへ

2013年5月 3日(金)

Skype会議

2013年5月2日Skype会議.jpg
 かまぼこ業界は全国組織があって積極的に様々な活動をしているのですが、今日はとあるテーマでボスから招集があり会議がありました。集まったのは東京、小田原、長崎、小樽、塩釜、新潟、魚津の7地域・・・いずれも蒲鉾処ですが、集まったのはいつもの東京ではなくパソコンの前。そうSkypeです。日頃子ども達との会話でSkypeは便利に使っていますが、複数の参加でSkypeは初体験!しかも7地域!約2時間のディスカッションでしたが全く問題なし。時間も有効に使えるし、普段会えない仲間と顔を見てリアルに意見交換できるというのは本当に凄いと思います。便利な世の中になりました。今後は会議のあり方も変わって来ますね!時間の使い方も激的に変わる予感です。
ページトップへ

2013年4月20日(土)

朝だ!生です旅サラダ騒動記(その2)

2013年4月6日旅サラダ3.jpg
 4月6日(土)の旅サラダから今日で2週間が経ちました。未だにというか、当面このスティックチーズかまぼこ騒動から抜け出せる気配が見えない・・・というのが正直なところです。確かに土曜日、朝の全国放送の中で約5分間もじっくり紹介して頂いた訳ですから、それなりに反応があるであろう・・・という期待はしていました。その想像していた期待は、放送直後から驚きに変わり現在に至るという感じです。
 今回どれくらいのご注文が殺到したかというと、6日(土)から12日(金)までの1週間で、ネットが1,142件、電話が996件、FAXが15件、郵便が9件で合計2,162件でした。特にネットに関しては、その内の81%が最初の2日間に集中し、電話に関しては66%が最初の3日間に集中しました。正直、初めての経験です。旅サラダで紹介して頂いた商品がいつもこんなに凄い事になるのか?あるいは河内屋は多い方だったのか?それとも少ない方だったのか?色々と気にはなりますが、いずれにしても初めての経験であり、目の前の問題を解決して行かないとダメですので、全社一丸となって対応しているところです。
 殺到したご注文の内容ですが、当然の事ながら100%スティックチーズかまぼこ!テレビで見たあれ下さい!という感じです。統計を取るとだいたい平均注文数は概ね4.2という数字。4だとして単純に計算すると2,162件×4=8,648個。これだけのご注文があの5分間で来た事になります。あの5分間で・・・。
 ちなみに当社のスティックチーズかまぼこの生産数は約4,000個/月です。蒲鉾屋の繁忙期12月でさえ約6,000個という事を考えると、とんでもない数量が5分間の放送で押し寄せた!という事になります。工場はスティックチーズかまぼこだけを作っている訳ではないので、ゼロから生産体制、生産計画の見直しを迫られました・・・という事で続きはまた!
2013年4月6日旅サラダ4.jpg
ページトップへ

2013年4月14日(日)

朝だ!生です旅サラダ騒動記(その1)

2013年4月6日旅サラダ1.jpg
 何から話せば良いのか分かりませんが、とにかくあの日、あの時間から河内屋スティックチーズかまぼこパニックが始まりました。一応記録に留めておきたいので何回かに分けてブログに記録したいと思います。ちなみに前回のブログは取材対応の事を4月2日に書きましたが、まさかここまで反響があるとは想像すらしていませんでした。メディアの力・・・恐るべしです。
 今回、河内屋の人気商品「スティックチーズかまぼこ」が取り上げられたのは4月6日(土)に放送された「朝だ!生です旅サラダ(朝日放送)」です。ちょうど9時ちょっと前から始まる日本全国コレ!うまかろう!というコーナーで紹介されました。とにかく映像も詳しく、そして丁寧に約5分も紹介して頂きました。土曜日朝の全国放送で5分です。本当に良いPRになりました・・・と感動する間も無く、電話は鳴り止まず、ネット注文が想像を超える量で殺到。スタッフ全員で対応しましたが全員昼食すら取れない状況。特に6日、7日、8日の3日間は他の業務、電話を受付出来ない事態になり、3日間電話が非常に繋がりにくいという状況になりました。
 過去に色々なメディアに取り上げて頂いた経験がありますし、全国放送の番組で紹介して頂いた事も何度もあります。当然今回も放送後は何らかの反応はあると思っていました。社内でもそれなりに心づもりはしていましたし、期待もしていました。
 しかし全てが瞬時に想定の範囲をあっさり超え、ここまでの事態になるとは・・・驚きました。放送直後から僕の携帯、メールに多くの友人、知人、取引先、親戚、懐かしい方などから連絡が続々と来ましたが、喜んでいる状況ではなくなってしまい返事や何の対応も出来ない環境になってしまい不義理をしました事、この場を借りてお詫びしたいと思います。ごめんなさい!・・・という事で続きはまた!
2013年4月6日旅サラダ2.jpg
ページトップへ

2013年4月 2日(火)

有名な某番組の取材対応!

2013年4月2日テレビ取材1.jpg
 今日はテレビ取材の対応で大変な半日となりました。僕自身、そして工場のスタッフは比較的取材には慣れている方だと勝手に思っているのですが、今日は多岐にわたって様々なシーンを撮影したり、インタビューに答えたりと大変だったような気がします。
2013年4月2日テレビ取材2.jpg
 大変だったという事実は置いといて、こうやって取材に来てくれるという事は大変感謝すべき事で、本当にありがたい事です。本音を言うと、ここでどの番組に取材されたのかPRしたい所なのですが、ディレクターさんは河内屋のHPをしっかりチェックしていて、事前にfacebookやTwitter、そしてHPやブログでの不特定多数への告知は絶対に禁止です・・・と釘を刺されちゃいました。
2013年4月2日テレビ取材3.jpg
 放送後はもちろん「〇〇で紹介されました!」というPRはOKとの事でした。早くそんなコメントを発信したい!と思っています。ちなみに不特定多数の人に、放送前PRが禁止であるという事は紹介しましたが、特定の誰かにお知らせするのは良いのか?と言いますと、それはOKなんだそうです。つまり家族や友人に教えてあげるのはOKという事なんですね。・・・という事で皆さん、もし興味ある方がいらしゃいましたら個別にお知らせしたいと思います。
 ちなみに全国放送なのです。放送日は4月6日(土)!お楽しみに♪
ページトップへ

2013年3月12日(火)

新しい技術を極める!

2013年3月12日蒲鉾品評会1.jpg
 先日から色々とPRさせて頂いている細工蒲鉾の話題なのですが、この度、第65回全国蒲鉾品評会において技術大賞を受賞しました!今回は賞狙いというよりは、いかに細工蒲鉾の魅力、技術を伝えるか!という事に主眼を置いていたので、そういう意味では賞を頂いた事よりも、新聞やテレビの取材、そして多くの皆さんに関心を持って頂いた事が本当に嬉しかったです。
 今回の作品を作り上げてくれたのは蒲鉾職人の高村茂樹君。本当に一生懸命、ここまで技術を向上させてくれたと思います。富山県の細工蒲鉾の技法は「絞り出し」という手法なのですが、彼の細工蒲鉾を作り上げる手法は絞り出しの基本は抑えつつ、独自に編み出した新たな手法が半分を占めます。数年前はその手法に対して同業者から富山県伝統の細工蒲鉾の技法とは違う・・・という言われ方をした事もありましたが、気にせずここまで精進して来た集大成が今回の作品だと思っています。
 賞に関しては業界特有の事情もあるので、特にコメントはないのですが、こういう蒲鉾の伝統文化を何とか守って行きたいと思っていますので、今後の彼の作る作品に注目して欲しいと思っています!
2013年3月12日蒲鉾品評会2.jpg
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事