蒲鉾丹右衛門の山行記録

2017年10月 1日(日)

白根山の湯釜を見て来ました!凄い景色でした!

2017年10月1日ドライブ1.jpg
 同窓会の帰り道・・・ノーアイデアでただドライブして帰ろうかと思っていましたが、友人が「湯釜を見て帰るといいよ。そしてそこから上信越自動車道に向かえばいいコース。」というアドバイスをくれて、iPhone6のMapをナビにして白根山の湯釜に向かいました。途中、万座温泉を通って来ましたが素晴らしい天気で良い景色!まさにドライブ日和!久しぶりにドライブを満喫しました。
2017年10月1日ドライブ2.jpg
 ウルベビレッジから約1時間ほどで教えてもらっていた上信越高原国立公園の草津白根駐車場に到着。駐車料金500円(税込)を払って車を停めたときにはすでに満車の一歩手前状態でした。そして駐車場から見ると小高い丘に見える山(・・・と言っても標高は2,000m以上)に向かって登っている人の列が出来ている。早速僕も前知識が全く無しで登りました。友人からは「約15分ほどで湯釜だよ」と聞いていたので登ってみる気になりましたが、これが1時間ほどの距離ならたぶん登らなかったでしょうね。感覚的には室堂から一ノ越が約1時間程ですから4分の1程度の山歩き。景色も良かったし、昨晩に飲み過ぎ食べ過ぎの身体にはいい運動でした。
2017年10月1日ドライブ3.jpg
 そして目の前に現れて来たのが上の写真「湯釜」です!前知識無しで来たので、あまりにも凄いエメラルドグリーンに感動しました。
 後で調べたら2014年6月から続く噴火警戒レベルが3年ぶりに引き下げられて、立入禁止区域が半径1Kmから半径500mになったそうで、3年ぶりに湯釜が見られるようになったそうです。
2017年10月1日ドライブ4.jpg
 湯釜に寄って行くことを勧めてくれた友人には本当に感謝!良い経験でした。ここ最近は海にばかり興味や関心が行っていましたが、たまには山もいいですね!この湯釜は直径300m、水深30mほどの火口湖だそうです。標高は約2,000mで世界有数の酸性湖・・・魚は住めない世界です。水は透明らしいですが、火山の影響による鉄や硫黄の微粒子が水に溶け込んで、太陽光の入り方によって色が変わるとのこと。確かに滞在していた時間の中でも微妙に色が変化していました。一眼レフを持ってくれば良かった!とは思いましたが、前知識無しでこんな素晴らしい景色を見れただけでラッキー!この湖の色を脳裏に焼きつけ駐車場へ戻りました。
2017年10月1日ドライブ5.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2010年8月24日(火)

また行きたい!立山!

立山縦走の写真はブログを読んで頂いた方からメールを頂いたり、声をかけて頂いたり、最近ではツイッターでも声がかかったりと、情報の広がりをとても感じます。特に山好きの方や、立山ファンの方からは、よく頑張った!と言って頂いて大変嬉しです(^^)。

2010年8月21日立山登山15.jpg

上の写真は、地獄谷の最後の地獄の階段を登り終わり、みくりが池に到着して、最後の力で撮った写真です(^^;)。アングルも悪く、イマイチなのですが、歩いて来た風景を遠くに眺めながら、自分の足で歩いて来たんだ!という感慨の中で撮りました。今回のコースは、ガイドブックなどでは1泊を進めるコース。それを8時間歩いて戻って来たのだから、自分としては満足と達成感で本当に思い出に残る登山となりました。また、今後も立山登山、立山観光を楽しんで行こうと思っています。秋の紅葉シーズンにまた行きたい! 2010年8月21日立山登山14.jpg

 

ページトップへ

2010年8月23日(月)

立山縦走8時間!

2010年8月21日立山登山6.jpg

大汝山で室堂平の素晴らしい景色を見ながら、ちょっと早めの昼食。お湯を沸かして、山頂で食べるカップラーメンが何とも言えないほど美味しいのですよね・・・。そして昼食後、別山に向けて出発!まずは富士の折立(2,999m)山頂前を通過して、険しい岩の斜面を下りました。

2010年8月21日立山登山7.jpg

眼前には真砂岳へと続く稜線がきれいに見えます。ここは富士の折立と真砂岳の間の稜線東側斜面に内蔵助カールと呼ばれる真夏でも雪渓が見られる場所です。歩いていて唯一、ちょっと涼しく感じたポイントでした。

2010年8月21日立山登山8.jpg

そして昨年、蒲鉾太郎と二人で下りた大走りへの分岐点に到着。ここでは少し休憩してさらに進み、真砂岳(2,861m)には寄らずに別山を目指しました。別山へは、また黙々と稜線を歩きました。周囲は最高の景色なのですが、だんだんデジカメを撮る力が無くなってきて、ただひたすら別山を目指して歩きました。
2010年8月21日立山登山9.jpg 柴崎測量隊も歩いたであろう立山の稜線を歩いて歩いて、やっと別山、祠のある南峰(2874m)にたどり着きました。北峰(標高2880m)は少し先にあるのですが、今回はこの祠に来る事が目的だったので、まずは大満足の一瞬でした。

 

2010年8月21日立山登山10.jpg そして最後の稜線を歩き、剱御前小舎へ出発!昨年、大走りの途中から見上げた稜線をやっと歩けた!と内心思いながら歩きました(^^)。

 

2010年8月21日立山登山11.jpg剱御前小舎に到着すると、大勢の登山者が休んでいて、しばしの休憩を取る事が出来ました。正直言ってかなり疲れていたのですが、雄山から別山まで歩けた満足感が交錯して、何とも言えない休息でした。ここからは一気に雷鳥沢を下りる訳ですが、完全に足腰、特にひざの疲れがひどく、前を歩く蒲鉾工場長と蒲鉾娘とはだいぶ離されてしまいました(^^;)。

2010年8月21日立山登山12.jpgしかし疲れもピークでしたが、雷鳥平の美しい景色や、昨年下りた大走りの様子を上から眺めながら歩くと、目の前にはどんどん彩り鮮やかな雷鳥沢キャンプ場と水の流れる音が近くなって来て、戻って来た!という実感がわきました(^^)。 沢に到着し、蒲鉾娘が足が痛いというので冷たい水で休憩。蒲鉾娘も本当にここまで良く頑張りました。

2010年8月21日立山登山13.jpg その後は、いつものように地獄谷を通ったのですが、今回はガス濃度が非常に高くて、疲れた体には非常にきつかった。そして最後のみくりが池までの地獄の階段・・・蒲鉾娘は7分で登り切りましたが、僕は30分以上かけて最後の地獄を見ました(^^;)。室堂に戻って名水百選の玉殿湧水を飲んだ時は、達成感も交じって本当に生き返る思いでした。全体を通じて暑くて大変な縦走でしたが、思い出に残る最高の登山でした。この自信を今後につなげたいと思います。

ページトップへ

2010年8月22日(日)

雄山から別山、立山縦走!

昨年から目標にしていた雄山から別山まで歩くという立山縦走。昨日ついに実現しました。河内屋ワンダーフォーゲル部の部員3人と急きょ参加が決まった蒲鉾娘の4人で8時間歩いて来ました(^^)。そして昨日は富山県民感謝デー初日という事で、富山県民在住者ならアルペンルートの乗物運賃が3割引!立山駅と室堂との往復が2,940円でした。対象者が富山県民在住者という事ですが、チケットを買う代表者だけが免許証など見せればOKなので、実質誰でも割引を得られる状態でしたけど・・・など思いながら、室堂に到着すると雲一つない晴天!

2010年8月21日立山登山1.jpg

 準備運動をして気合いを入れて8時にスタートしました。富山県民感謝デーという事もあり、室堂周辺はすでに混んでいましたが、この時間からスタートする人はそれなりに登山を楽しむ人たちばかり。雰囲気は観光よりも登山!という感じで、なおさら気合いが入りました。まずは体慣らしも含めてゆっくり一の越(2,700m)へ。昨年とは違い途中雪の上も通りました。

2010年8月21日立山登山2.jpg 8月に入ってから毎日6Kmのウォーキングの成果もあり、一の越までは比較的余裕で到着。そして休憩後に、いつものようにワンダーフォーゲル部部長の蒲鉾工場長を先頭に、雄山を目指して登り始めました。天気は最高で、途中から眺める室堂平も、みくりが池など全てがきれいに見渡せて最高の風景でした。

2010年8月21日立山登山3.jpg その後、順調に雄山(3,003m)に到着。昨年は蒲鉾太郎と二人でここに立ちましたが、今年は蒲鉾娘と山頂に立てて良い思い出になりました(^^)。

2010年8月21日立山登山4.jpg

 そしてさらに蒲鉾娘にとっては初めての場所、富山県で一番高い山、大汝山(3,015m)を目指し、順調に歩く事が出来ました。久しぶりに見た大汝山から真下に見える黒部湖や黒部ダム。本当に壮大な景色で、しばらく眺めていました。

2010年8月21日立山登山5.jpg そして山の天気は分からないもので、雲一つなかったのに山頂付近でだんだん雲が出始めて、大汝山山頂で写真を撮った時に右奥に見えるはずの剱岳が見えませんでした。本当に山の天気は分からないものですね。今回、驚いたのは山の上も暑いという事でした。そして、この暑さに体力を相当に奪われました。この続きの報告はまた明日のブログで・・・。

ページトップへ

2010年5月 5日(水)

登山靴!

2010年5月5日新登山靴.jpgGW最終日でしたが今日も暑い一日でしたね。蜃気楼の出現も期待しましたが、大きいのは出なかったようで、ちょっと残念でした。北陸自動車道も激混みが嘘のように静かな状態で、普通の週末の雰囲気でした。・・・で、僕はと言いますと、実は登山靴を買ってしまいました。蒲鉾工場長から靴だけは良いものを!というアドバイスもありましたし、思い切って買っちゃいました(^^)。富山にある専門店では、登山靴と一口に言っても種類は豊富。最初は何をどんな基準で選べば良いのか分からず、デザイン的に洒落た登山靴を買おうかな・・・と思っていたら、専門家風の販売員登場!親切丁寧に相談に乗ってくれました。結局足の形を縦横測ってもらい、自分の足型に最も合う登山靴に決定しました。写真の登山靴です。登山が好きな人が見たら直ぐに分かりますね。ちょっと良い値段でしたが、心は満足感があります。さて、この登山靴がデビューするのはいつか?また報告します!
ページトップへ

2009年9月30日(水)

富山県の知名度

立山登山.jpg何人かの友人や知り合いから「立山縦走どうだった?」と聞かれます。このブログを読んでくれたみたいで、話が盛り上がりました。ほとんどの人が蒲鉾丹右衛門と山が結び付かないようで、意外な反応をするのが面白いですね(^^)。今回は真砂岳を目前にして大走りコースで下って来ましたが、今度はぜひ別山まで行ってみたいものです。出来れば天気の良い日に・・・。

それにしても富山県には凄い観光資源があるのに、全国的に知名度が低いです。富山県の位置を正確に言える人も少ないそうです。中には富山県に海が無い?なんて思っている人もいるとかいないとか・・・。宮崎県は色々な面で認知度が上がったそうなので、やっぱり外に向かって発信していかなければなりませんね。

一方、鰤やホタルイカ、白エビは知っている人が多いらしい。氷見とか蜃気楼、黒部ダムなどという単語の知名度はそれなりにあるようです。とにかくイメージや情報がバラバラなんですね(^^;)富山県は!

ページトップへ

2009年9月29日(火)

筋肉痛

大走りコース.JPG足が筋肉痛です(^^;)特に階段を降りる時に太もも、ふくらはぎが痛いです。やはりあの大走りコースが効いたのかもしれません。ネットで色々見ると初心者には向かない・・・なども書いてありました。とにかく足場が悪いガレ場が、長く続くのです。はいていた靴も悪かったかもしれません・・・なんて靴のせいにもしていますが、基本的には体が鈍っているからだと思います。全く同じコースを歩いて、筋肉痛になっていない蒲鉾太郎を見ると改めてそう感じます。
ページトップへ

2009年9月27日(日)

山にかまぼこ!

ホテル立山さんの売店では河内屋の人気かまぼこ「揚げスティックチェダーチーズ」が販売されているのですが、昨日は魚津本店で買って山に持って行きました。

2009年9月26日立山縦走a.jpg

富山県で一番高い大汝山(3015m)で食べる蒲鉾は本当に美味しいです(^^)。他にもスティックチーズかまぼこを持って行きましたが、休憩の時に簡単に食べる事が出来るし絶対お勧めです。

2009年9月26日立山縦走b.jpg

室堂で汲んだ立山の水を沸かしカップラーメンとおにぎり!そして揚げスティックチェダーチーズのかまぼこ!眼下に広がる紅葉の景色を見ながらの昼食。本当に贅沢な時間でした。蒲鉾太郎も初体験で感動している様子でした。

2009年9月26日立山縦走c.jpg

後半の下りは、43歳蒲鉾丹右衛門と、剣道で鍛えている15歳蒲鉾太郎の体力差は歴然で、颯爽と歩いていく後姿には若さとパワーを感じました。

2009年9月26日立山縦走d.jpg

 

ページトップへ

2009年9月26日(土)

立山三山縦走

2009年9月26日立山縦走1.jpg富山県のほとんどの小学校で立山登山をするので、富山の子ども達は雄山(3003m)に行っているのですが、蒲鉾太郎は登っていませんでした。彼が小学校6年生の立山登山の日に、当時、青年会議所活動でモンゴルに強引に連れて行ってしまった為です。それはそれとして親子の良い思い出になりましたが、立山にも連れて行きたい・・・という想いがずっとありました。やっと今回実現しましたけど、蒲鉾太郎はすでに高校1年、体力バリバリ!僕が付いて行けないのではないか?と心配をしましたが、何とか無事に楽しく雄山に到着。

2009年9月26日立山縦走2.jpg

前回、蒲鉾工場長と来た時よりガスが多くて景色がめまぐるしく変わりましたが、雄山神社の雰囲気は非常に良くて立山登山に来たぞ!という事を実感をしました。

安全祈願を受け、その後、富山県で一番高い大汝山(3015m)へ向かいました。雄山までは観光という感じがしないでもないのですが、ここからはやっぱり本格的な登山。注意をしながら慎重に歩を進め今回も無事に到着。蒲鉾太郎も景色の良さに相当ビックリしたようですね。2009年9月26日立山縦走3.jpg剱岳は見えたり見えなかったりの雲と言うか、ガスと言う状態でしたが、風が強いので少し待てば直ぐに青空!景色は最高でした。黒部湖や黒4ダムもバッチリ見えて、プラス紅葉がまた凄い!本当にこの時期の立山の人気がよく分かります。

予定通りここでは昼食を食べ、その後、富士の折立(2999m)に向かいました。大汝山からはそんなに距離はなかったのですが、頂上に向かう岩場は結構急で、手前にリックを置いて身軽な格好でトライ!無事に到着したそこから見える景色もまた何とも言えない素晴らしい景色!2009年9月26日立山縦走4.jpgデジカメだけはしっかり持って行ったので、写真をたくさん撮りました。 富士の折立は通り過ぎる人が多いのか、頂上には人が少なくて、落ち着いてゆっくり景色を満喫できました。

立山は雄山、大汝山、富士の折立の三山を総称した呼び方だそうなので、これで立山に登ったと言えますね。

2009年9月26日立山縦走5.jpg帰りは引き返すのではなく、別山方面に降りました。稜線を歩いていると出て来る途中の大走と書かれた分岐点を左に折れ、ひたすら長い長いガレ場を折りました。このコースは大走コースと言われるルートだそうですが、本当に長いガレ場でひざがガクガクになりました(^^;)。

2009年9月26日立山縦走6.jpg 大走ルートは、標高が下がるにつれ紅葉が近づいて来て本当に素晴らしい風景でした。歩いている皆さんは口々に綺麗、綺麗と感動している様子でした。これからどんどん紅葉が下に下がって行くそうなので、立山の紅葉としては今が一番最高の時期なのでしょう。

帰りは雷鳥沢を通り、地獄谷、みくりが池を通過して室堂ターミナルに到着。室堂ターミナルを起点に立山三山を縦走し、1周して来た事になります。蒲鉾太郎もよく歩いたと思います。

息子と2人で同じ感動を共有し、忘れられない良い思い出となりました。  2009年9月26日立山縦走7.jpg 

 

 

 

 

 

ページトップへ

2009年8月23日(日)

富山の大自然

2009年8月22日F.jpg無事に下山し、改めて登って来た立山を見上げると、よくあそこまで登って来たな...と思いました。この眺めを見るとやっぱり立山を縦走してみたいですよね。降りて来てせっかくなので、みどりが池、みくりが池の周囲を歩きました。そこには立山観光の雑誌やポスターで使われる景色があって感動!

2009年8月22日G.jpg

この景色はきっと紅葉の時期には凄いんでしょうねぇ(^^)。そして、みくりが池温泉から地獄谷を眺め、そこで止めとけば良かったのですが、地獄谷まで行ってしまいました。行きの下りは余裕でしたが、帰りの登り...これはきつかったです(^^;)。本当に最後の一歩が上がらないというか何と言うか...息も上がって体力の無さを痛感しました。しかし、地獄谷もまじかに見れて良い体験でした。今日は正直、超筋肉痛と日焼けで顔が痛いです。今回の初立山は富山の観光資源の素晴らしさを実感した1日でした。

2009年8月22日H.jpg

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事