河内屋かまぼこ工場

2016年11月 2日(水)

2016年歳暮商戦に向かって忘年会という名の決起集会を開催!

2016年11月2日忘年会1.jpg
2016年河内屋忘年会を開催しました!

相変わらず早い時期での開催ですが、蒲鉾屋はこれからが忙しいので、毎年11月の上旬から中旬の時期に開催しています。なので忘年会というよりは、これからのお歳暮商戦、年末商戦を頑張って戦い抜きましょう!という決起集会的な要素が高いです。

そういう意味で今年も社員一同、風邪を引かず、怪我をせず、例年通りの忙しさの中をしっかり乗り切りたいものです。

こうやって社員が集まると、どんどん若い世代が増えて来ているので非常に嬉しいです。今年も新卒で工場部門に1名、販売部門に1名入社してくれました。

若い世代が蒲鉾業界に誇りを感じ、今後も頑張ってくれることを願うばかりです。

もちろん願うばかりではなく、そう思える業界や職場になるよう先頭に立って努力をしたいと思います。
2016年11月2日忘年会3.jpg
さて、この日はベトナム人技能実習生の1人の誕生日でした。

蒲鉾女将の手作りケーキでお祝いをしました。当社で働くベトナム人技能実習生は現在4名で、4人とも普段から非常に頑張ってくれています。日本語の上達も早いですし、何とか技能実習生4人体制のシステムは確立出来た感じがします。

今後もしっかり戦力として頑張って欲しいと思います。
2016年11月2日忘年会2.jpg
今回は浜多屋 魚津駅前店さんに大変お世話になりました!ありがとうございました!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年9月21日(水)

工場外壁に車が激突 #2

2016年9月20日交通事故1.jpg
 今回の事故、ブログやfbを見た方やご近所の方から色々とお見舞いの声をかけられます。とにかく今回は怪我人が出なかったことが良かった!これで怪我人が出ていたらと思うとゾッとしますからね・・・。
 上の地図はグーグルマップから切り取りました。赤い星の場所が工場の激突箇所です。上から進行して来た車と、右から進行して来た車が出会頭で交差点で衝突して、その反動で右から交差点に進行した車が工場に突っ込んで来たという状況でした。右から進行した車から見ると交差点の状況は下の写真の通りです。
2016年9月20日交通事故2.jpg
 そして上から進行して来た車から交差点を見ると下の写真の通りに見えます。一時停止の標識と停止線が見えますね。今日は損害調査査定員という方が保険会社から派遣されて来ましたが、この上から進行して来た車、つまり一時停止のある道から交差点に進入して来た車が入っている保険の方が来たということです。
2016年9月20日交通事故3.jpg
 今回の事故、何が原因でどっちのドライバーさんの方に大きな過失があるのか分りませんが、交差点の事故ということで、一時停止標識のある側の方が過失割合が多いということらしいです。しかし10対0という訳では無いと思います。外壁の壊れ方を見るとかなりの衝撃があったことが容易に想像できますからね。ドライバーさんがどんな保険に入っているのかは分りませんが、しっかり直してもらうつもりです。
 今回のもらい事故で、改めて車の運転には十分注意が必要であると心新たにしました。そして任意保険の大事さも感じています。特に任意保険に関しては再認識することがたくさんありました。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年9月19日(月)

工場外壁に車が激突 #1

2016年9月19日交通事故1.jpg
 昨日18日の早朝、工場に面した交差点で車2台の出会頭による衝突事故が発生しました。そしてその内の1台が衝突の反動で工場に突っ込みました。車が突っ込んだところは写真の通り悲惨な状況・・・ここまで酷い破損は初めての経験です。ちなみにこの場所、2010年1月にも除雪車が突っ込んで破損した過去があります。(その時のブログはこちら
2016年9月19日交通事故2.jpg
 写真で伝わるか分りませんが、コンクリートの基礎の部分は根元から折れて、上部や横の壁も歪んで、きちんと直るのか何だか心配です。これだけの傷跡なので、衝突した車やドライバーにも相当な衝撃だったでしょうね・・・。ちなみに両車ともに自走することが出来ず2台ともレッカー移動されていきました。
2016年9月19日交通事故3.jpg
 上の車両が山側から交差点に進入し、車と衝突し、そのまま工場へ激突した車両です。小さなお子さんが乗っていましたがチャイルドシートのお陰で怪我はなし。本当に良かったです。下の車両が駅側から交差点に進入し、車と衝突し、その衝撃で本店側に進んでここで停止した状況です。
2016年9月19日交通事故4.jpg
 ドライバーさんは2人ともシートベルトのお陰で無傷。とにかくこの事故による怪我人が出なかったのが不幸中の幸いでした。この交差点は僕自身も何度かヒヤリとした経験があり、ここを通過するときはかなり慎重に行動しているつもりですが、こうやって凄い事故を目の当たりにすると、今後も十分注意しないとダメだと肝に銘じました。免許を取得して日が浅い若い社員も多いので朝礼等で注意を呼びかけて行こうと思います。
2016年9月19日交通事故5.jpg
 幸いかまぼこの製造には一切影響がありません。しかし見た目が写真の通り少しみっともない外観となっています。この事故車両のどっちの過失が大きいのか分りませんが、それは事故車の保険屋さんにお任せして、とにかく最速で復旧するようにしたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年9月 4日(日)

株式会社ヤナギヤさんの100周年記念式典・祝賀会に参加!

2016年9月3日ヤナギヤ100周年2.jpg
 蒲鉾の製造に関わる重要な機械を作っている株式会社ヤナギヤさんの創業100周年記念式典・祝賀会に参加して来ました!場所は山口県の宇部市です。魚津市から行くには北陸新幹線で黒部宇奈月温泉駅から金沢駅まで行き、そこからサンダーバードに乗って新大阪、さらに山陽新幹線に乗り換えて新山口駅で下車、さらに車かバスで宇部市内へ行くと言う感じです。正直言ってかなり遠く感じました。山陽新幹線から降りて思わず撮ってしまったのが上の写真です。
2016年9月3日ヤナギヤ100周年3.jpg
 会場のANAクラウンプラザホテル宇部に到着して受付を済ませると、席次表を頂きましたが約220名の大きなパーティー。宇部市の中でも有力企業であることを感じさせる来賓のお名前。ちなみに100名くらいは全国の蒲鉾屋さんでした。今回、改めてヤナギヤさんの歴史を知りましたが、本当に100年続く企業というのは素晴らしいですね。当社も見習って100年を目指したいものです。ただ続くのではなく、さらにその先へ発展して行く通過点という位置付けで迎えるという意味です。そういう意味においても今回は良い機会でした。
 そして良い機会だったと言えば下の写真!ファーストレディーの安部昭恵さんに直接ご挨拶することが出来ました!現職総理の奥様とお話出来る機会もそう無いと思うので本当に良い機会でした!写真を撮ってくれた尾崎かまぼこ館の尾崎社長、ありがとうございました(笑)
2016年9月3日ヤナギヤ100周年1.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年8月27日(土)

高円宮妃久子さまの本店及び工場御視察の栄を賜りました。

2016年8月27日富山新聞(高円宮妃久子様).jpg
 新聞記事は富山新聞(2016年8月27日)です。この記事に書かれている通り、昨日、高円宮妃久子さまが第30回全日本大学女子野球選手権大会の記念式典及び開会式に御臨席のため来県されました。その際、魚津市内の企業視察ということで、河内屋の本店及び工場の御視察の栄を賜りました。
 御視察の決定から本番まで色々と準備をして来ましたが、今までにない緊張感の中で当日を迎えました。SPの皆さんが事前に周囲を警護している中で黒い車が到着されたときは本当に緊張感で一杯でした。しかし、車から降りられた高円宮妃久子さまのやさしい笑顔と気さくなお人柄で現場は一瞬にして和やかな雰囲気に包まれました。
2016年8月26日高円宮妃久子様.jpg
 店内では河内屋の蒲鉾、富山の蒲鉾文化についてしっかり説明をさせて頂きました。冷ケース内にある試食にもご関心を頂き、「美味しいですね」と言って頂けたときは本当に感激でした。その後は工場に移動して頂き、白衣と長靴で工場内も御視察賜りました。細工蒲鉾の実演には大変興味を持って頂き、少し体験もして頂けて社員一同感動しました。
2016年8月26日高円宮妃久子様3.jpg
 残念ながら工場内での写真がないのですが、最後は棒S(ボウズ)の生産ラインも御視察賜り、出来立ての棒Sも食べて頂けました。今回の出来事は本当に多くの関係者のお陰で実現しましたが、私たちにとっても蒲鉾の製造販売という伝統産業に対して自信と誇りを持てた瞬間でした。一生に一度あるか無いかの貴重な経験が出来たことに心から感謝をしたいと思います。そして今回、JC時代の友人T君がカメラ撮影の応援を快く引き受けてくれて助かりました!本当にありがとうございました。
2016年8月26日高円宮妃久子様2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年8月 3日(水)

来春卒業の高校3年生が会社見学に来てくれました!

2016年8月3日応募前見学.jpg
 来年の春に高校を卒業して就職を検討、あるいは希望している生徒さんの会社見学がありました。高校生の就職に関するシステムというかルールは、求人の手続きや応募のスケジュール等が厳格に定められていて、企業側からするとなかなか難しい面もあるのですが、しっかりルールを守って取組んで行くということが重要だと思っています。
 さて、今年は6人の生徒さんが河内屋に興味を持ってくれました。しかも男子が4人で女子が2人という今までにないパターンです。この中の1人で良いですから誰か当社を希望してくれたらありがたいと思って、しっかり丁寧に説明、そして対応したつもりです。最近思うのはもはや我が息子や娘の年齢より若い子たちと接しているという現実です。僕も既に2月で50歳になっていますし、普通に考えれば当然のことなのですが、頭と気持ちが切り替わらないというか、自分がまだまだ若いつもりでいるというか、そんな微妙な心境になるのがこの採用活動ですね。
 ちなみに、最近の高卒者採用状況は下記の通りです。
  ・平成28年(2016年)4月:2名採用(女子2名)
  ・平成27年(2015年)4月:3名採用(男子1名、女子2名)
  ・平成26年(2014年)4月:0名
  ・平成25年(2013年)4月:0名
  ・平成24年(2012年)4月:1名採用(女子1名)
  ・平成23年(2011年)4月:1名採用(女子1名)
 果たして平成29年(2017年)はどうなるか!?地方の中小企業における人手不足の問題は深刻な問題なので、長期的な視点に立ってしっかりこの問題に取組んで行きたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年7月30日(土)

工場外壁をイタズラされました・・・

2016年7月30日イタズラ1.JPG
 工場山側の外壁ですが、また心無い人にイタズラされました。昨夜は金曜の夜ということで、いつもより人も多く歩いていたし、魚津駅前の飲食店がどの店も賑わっている様子だったので良いことだな~なんて思っていたら翌日はこれです。本当に困ったものです。
2016年7月30日イタズラ2.JPG
 昨夜の22時頃は何も問題ありませんでしたし人も多かったので、おそらく犯行時間帯は人気も無くなる深夜なんだと思います。しかしどうしてこんなことが出来るのでしょうかね?犯人の顔を見てみたいです。
2016年7月30日イタズラ3.JPG
 当社は魚津駅前という立地条件もあり、工場外観にはそれなりに景観を損ねないように今までも配慮しながらやって来たつもりです。夜の営業時間外もライトアップなど通りの雰囲気を出すために色々とやっているのですが、こういうことが起きると本当にガッカリという気持ちになります。
2016年7月30日イタズラ4.JPG
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年7月27日(水)

ベトナム人技能実習生アインさんが試験に合格!

2016年7月27日ベトナム人技能実習生.jpg
当社のベトナム人技能実習生アインさんが基礎2級技能検定試験に合格しました!

きちんとやっていれば受かるのは分かっているのですが、合格の知らせを聞くとやっぱり嬉しいですね。というかホッとします。

外国人技能実習制度という結構厳しいルールの中でやっているので、課題を間違いなくクリアして行かなければ最悪帰国ということになってしまいますから・・・そういう意味では本人もよく自覚しているので、基礎2級技能検定試験に合格したのは本人にとっても嬉しい出来事だったと思います。

アインさんは順調に日本語会話能力も向上しているので、引き続き頑張って欲しいと思います!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年7月26日(火)

棒S(ボウズ)のぴりりがぴりり増量で大好評!

2016年7月28日棒Sぴりり唐辛子.jpg
 暑い日が続いていますが、こういう時は冷え冷えのビールをグワァーっと飲みたいものですね。そんなビールのつまみに最高なのが棒Sの「ぴりり唐辛子」です。以前より、辛さが足りない!もっと辛くてもOK!という声を反映して6月よりぴりり度を倍増(当社比)しました。高品質なすり身にゲソが混ぜてあるのですが、このぴりり感とよく合うのです!ちなみにこの商品、棒Sシリーズの中では男性に人気があるのが特徴で、やはりビールと一緒に!というお客様が多いのかもしれません。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年7月 4日(月)

「14歳の挑戦」で女子2名を受け入れ中!

2016年7月4日14歳の挑戦1.jpg
 「社会に学ぶ14歳の挑戦」が始まりました。実は昨年の14歳の挑戦は、北陸新幹線開業でバタバタしていたので受け入れはしなかったのですが、今年は元気な女子2名を受け入れました。相変わらず初日は相当に緊張している様子でしたが、これがまた大人になる、そして経験値が上がることに繋がって行けば良いと思います。
 ちなみに今年の4月に入社した高卒新人1名は、この14歳の挑戦で河内屋にやって来た経験のある子です。何と言うか感慨深いと言うか、時の流れを感じますよね。この事業は子供たちにとっては非常に良い経験だと思っています。どんな職場であれ、学校生活とは違う環境に身をおくことによって、学んで感じて生きる力を育んで欲しいと思います。
2016年7月4日14歳の挑戦2.jpg
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事