河内屋かまぼこ工場

2014年7月 3日(木)

河内屋の蒲鉾職人が大きく取り上げられました!

2014年7月2日水産練新聞高村君掲載.jpg
 上の記事、小さくて申し訳ないのですがクリックして頂くと別ウインドウが立ち上がり、大きいサイズが読めるはずです。一度読んで頂けると幸いです。この新聞は蒲鉾業界の業界紙「水産練製品新聞」なのですが、こうやって河内屋の職人が一面に取り上げられる事はもちろん初めての事で、河内屋にとっても本人にとっても、そして僕にとっても大変嬉しい事で感激しています。わざわざ魚津まで取材に来て頂いて本当にありがとうございました。
 実は前回の号では、やはり一面に同じ魚津にある蒲鉾屋さん「尾崎かまぼこ」さんの職人さんが特集されていました。彼の作る細工蒲鉾も大変素晴らしく、言ってみればライバルの蒲鉾職人という事になる訳ですが、ぜひ今後とも良きライバルとしてお互いに技術を磨いて欲しいと思います。
 全国の蒲鉾業界には、この細工蒲鉾というジャンルは比較的多く残っていて、それぞれの地域で独特の食文化を創り上げている訳ですが、中でも富山県は県民の食文化、生活習慣、風習というものに長きに渡り浸透しており、今でもお祝い事や大事なイベント事に細工蒲鉾を使って頂ける土地柄です。そういう土地柄だからこそ今でも細工蒲鉾を作る蒲鉾屋さんが多く残っていると言えます。
 ちなみに年1回開催される業界の蒲鉾品評会。この細工部門の出品作品は大半が富山県の蒲鉾屋さんです。中でも河内屋と尾崎かまぼこさんは色々と注目を集める作品を出しています。河内屋の過去の作品はこちらです⇒クリック!こういう伝統的な作品はもちろんの事、今では色々な細工蒲鉾を河内屋では提案、情報発信をしています。今後もみんなで力を合わせ、この伝統を次世代に残して行かなければならないと強く感じています。
 色々な意味で今回の業界新聞掲載は、自信と勇気を与えて頂きました。感謝です!ありがとうございました!
ページトップへ

2014年6月24日(火)

雑誌「レタスクラブ」で紹介されました!

2014年6月24日レタスクラブ1.jpg
 今日は嬉しい報告です。女性に大変人気のある生活情報誌「レタスクラブ」の最新号(2014年8月8日、Vol.802、臨時増刊号)の中で、河内屋のプティ・キャレを紹介して頂きました。しかも1ページ全体を使ってドーンと写真も大きく掲載され本当にビックリです!
2014年6月24日レタスクラブ2.jpg
 今回紹介して頂いた紙面は、食のプロがおすすめする うちの田舎のうまいもん教えます!という特集ページで、毎回食のプロが日本の美味しいものを推薦するというページなのです。そして今回、食のプロとして河内屋のかまぼこを推薦して頂いたのは、河内屋の本社工場がある魚津市のお隣にある黒部市で無農薬の米作りに取り組む濱田ファームのオーナーご夫妻。富山県には美味しいお酒や海の幸、山の幸と色々と豊富にある中で、河内屋の蒲鉾をご推薦頂き本当に感謝!感謝!感謝!の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました!
 プティ・キャレは富山伝統の細工蒲鉾を少しでも若い世代、あるいは富山県外の皆さんにも楽しんでもらおう!と主にブライダルシーンを想定して蒲鉾女将が発案した新しい形の細工蒲鉾です。今ではブライダル以外でも色々な用途に多く使ってもらうようになり、製造の方もなかなか大変な状態なのですが、こうやって評価して下さる方が身近にいるという事で、心からありがたく思っています。
 この度は濱田ファームの濱田夫妻、そしてレタスクラブ関係者の皆さん、本当にありがとうございました!
2014年6月24日レタスクラブ3.jpg
濱田ファームさんのホームページはこちらです!⇒ http://www.hamadafarm.com/
そしてfacebookページはこちらです!⇒ http://www.facebook.com/tanbomaster
ページトップへ

2014年6月 8日(日)

2014年お中元カタログ完成!

2014中元DM表紙.jpg
 すでにお手元に届いているかもしれませんが、今年もお中元の季節がやって来ました。今年は4月に消費税率が8%に上がり、表示価格の方法が一時的に色々と柔軟になったり、そしてヤマト運輸の価格が全国的に値上がりになったりと対応すべき点が多岐に渡り、そういう意味で少し苦労して作り上げたカタログです。特にお客様にパッと見て分かりやすい事を意識して、写真や文字を大きくしたり、動きの少ないセット商品は思い切って削除してみたり色々とチャレンジしてみました。
 そして表紙は写真の通り、存在感のあるイメージを今回は採用しました。手に取って頂き、今年のお中元も河内屋にご用命頂ければ本当に嬉しいです。
ページトップへ

2014年5月 5日(月)

違法駐車は本当に困ります・・・

2014年5月5日違法駐車4.jpg
 河内屋の工場があるJR魚津駅周辺というのは、新川地区から飲んだり食事したりする人が集まる飲食店の多い地域です。もちろんバーやスナックも多く、こういうGWなどは観光客、帰省客も混ざって賑やかです。賑やかなのは良いのですが、工場周囲は夜になると違法駐車だらけで凄い事になります。幸いと言うか我々とは営業時間帯が違うので見て見ぬふりをしているのですが、極まれに同じ営業時間に重なる違法駐車があるのです。パターンとしては①飲んで車を置いて行ってしまった②朝まで飲んでいる③車の中で爆睡してしまう・・・という3パターンが主な原因のようですね。店を経営しているオーナーやママさん、そこで働く方たちはやっぱり駐車場を借りてきちんとしている人が多いような気はしますが、とにかく飲みに来る人たち、それも常連なのか、違法駐車常習犯が何人かいるのです。今回も工場の入口に朝からドーンと違法駐車!しかもよく見かける車!常習犯!本当に困りました。
2014年5月5日違法駐車3.jpg
 仕方ないので警察へ通報!GW期間中だからなのか今回の警察は対応が極めて早かったです。直ぐに警官2名が来てくれました。やっぱり警察官が2名来ると何となく雰囲気も変わり、朝から何かあったの?的な雰囲気が道行く人にも伝わります。そしてこの違法駐車のドライバーにも伝わったのか関係者が現れました。どうも事情を聞くと今回のパターンは②のパターン!つまり朝まで飲んでいる人らしいのです。朝の9時なんですけどね・・・。出て来たのは飲んでいる人がいる店のオーナーでした。
2014年5月5日違法駐車2.jpg
 そしてこの人も、店の中にいるドライバーも酔っぱらっていて車が運転できない状態。しつこいですが朝の9時です。結局、おまわりさんが運転して車を移動してくれました。それにしても朝まで営業している店が近所にあるんですよね。そう言えば週末になると朝方、宇宙人の奇声がよく聞こえます。という事で本当に困った事ですが、こういう地域に工場があるので仕方ないです。宇宙人に言っても覚えてないので無駄なのですが、違法駐車は止めて欲しいです。
2014年5月5日違法駐車1.jpg
 ちなみに飲み屋街の中に工場を建てたのではなく、約67年前に何もない場所に工場を建てたら、周辺が飲食飲み屋街になってしまったのですよね・・・。
ページトップへ

2014年5月 4日(日)

GWは工場の整備

2014年5月4日工場工事1.jpg
 連日の工場に関する工事が続きます。幸い天気に恵まれ全てが順調に進んでいるのはラッキーです。もっともラッキーな結果になるようにここまでしっかり準備をして来ました。あとは怪我無く最後まで終了してくれる事だけです!GW明けから今まで以上に高品質の製品を作りますよ!!それにしてもうちの規模としては今回も大きな投資をしました。頑張って成果をあげないとね!
2014年5月4日工場工事2.jpg
ページトップへ

2014年5月 3日(土)

連休があると必ず工場の改修工事・・・

2014年5月3日工場工事2.jpg
 GWはいかがお過ごしでしょうか?本店をはじめ各店はお陰様で大変忙しい日々を送っています。一方、工場はこの休みを利用して色々と工事に入っています。こういう少しでも連休があると必ず工場の工事があるような気がしますが、今回も比較的大きな投資というか色々ありまして工場をいじっています。今日も朝の5時から工事の事前準備のために会社に出勤しました。元旦以外はほぼ毎日工場のどこかは必ず稼働しているので、こういう休みは本当に貴重です。今年もGWの全てが工事になってしまいましたが、GW後は新たにパワーアップした工場で美味しい蒲鉾を作って行きたいと思います!細かい工事の内容はまた機会があればブログで紹介したいと思います。
2014年5月3日工場工事1.jpg

ページトップへ

2014年4月20日(日)

魚津商工会議所の会報誌で紹介されました!

2014年4月20日魚津商工会議所会報誌2.jpg
 
2014年4月20日魚津商工会議所会報誌.jpg 魚津商工会議所が毎月発行している会報誌「CCI魚津」の中には、頑張っている地元企業を紹介するコーナーがあるのですが、今回そこで河内屋を紹介して頂く機会を得ました。地元商工会の皆さんに、河内屋を知って頂く良い機会だと思っていますので、本当にありがたく思っています。そして、丁寧な取材をして頂いた魚津商工会議所のTさんには、心から感謝を申上げたいと思います。ありがとうございました!
 今回の農林水産大臣賞受賞の件は、その後も色々と取材されたりして、改めて凄い賞を頂いたのだな・・・と実感しています。今まで地道に取組んで来た事を正しく評価して頂いた喜びは、正直言って満足度は高いです。しかしここで満足していたらダメだと言うのも十分理解しています。今後も注目をして頂ける、そして美味しいと言って頂ける蒲鉾作りを、社員一丸となって頑張りたいと思います。
 おそらく第62回全国水産加工たべもの展、農林水産大臣賞に関する取材はこれが最後だと思います!記事をクリックすると大きくなりますので、お時間ある時にでも読んで頂ければ幸いです。
ページトップへ

2014年3月25日(火)

農林水産大臣賞の報道!

2014年3月4日北日本新聞(横450).jpg
 農林水産大臣賞の件で本当に多くのお祝いの言葉を頂き恐縮しているところです。特に富山県内の皆さんは3月4日(火)の北日本新聞(上の記事)さんの記事の影響が大きく、この記事を見た!という事でご来店される方も非常に多かったです。
 そして実は新聞には業界紙というものが存在していて、一般の方はほとんど見る事はないであろうというマニアックな新聞がたくさんあります!せっかくなのでここで紹介させて頂きたいと思います。正直言って今まで縁の無い、読んだ事が無い・・・という新聞社さんもありましたが、改めて水産業、水産加工業の分野は裾野が広い業界だと実感しますね。
 河内屋を紹介して下さった各社の皆さんには心から感謝を申し上げます!

■かまぼこ通信さんの記事!(3月10日)
2014年3月10日かまぼこ通信(横600).jpg

■食料新聞さんの記事!(3月10日)
2014年3月10日食料新聞2(横800).jpg

■食品経済新聞さんの記事!(3月10日)
2014年3月10日食品経済新聞(横800).jpg

■水産経済新聞さん!(3月18日)
2014年3月18日水産経済新聞(横700).jpg

■みなと新聞さん!(3月18日)
2014年3月18日みなと新聞2(横500).jpg
ページトップへ

2014年3月21日(金)

名誉ある農林水産大臣賞!

2014年3月21日農林水産大臣賞1.jpg
 この度本当に驚いたのですが、河内屋の太巻かまぼこ(昆布巻)が農林水産大臣賞を受賞しました!受賞したこの品評会は「第62回全国水産加工たべもの展」という昭和26年(1951年)から発足している水産業界の中でも歴史と伝統ある品評会で、全国の優れた水産加工食品や水産に関する参考資料を展示して、水産加工品に対する認識を深めるとともに、水産加工業関係者の生産意欲の増進と品質の向上並びに生産技術の改善に資し、業界の健全な発展を期することを目的に開催されています。すでに3月4日のブログでも書いたのですが、先日表彰式に参加して来ましたので、改めてもう一度まとめと言うか記録としてきちんと書いておこうと思いました。
2014年3月21日農林水産大臣賞3.jpg
 この品評会は水産ねり製品、水産物つくだ煮、加工昆布、節類の4部門があるのですが、今回は北海道から九州まで総数956点の出品があったそうです。審査は1次、2次そして3次の最終審査があり、それぞれの部門ごとに関係団体から選出された審査員、大阪府関係職員、学識経験者、消費者代表、関係団体代表という様々な分野の方で審査され、味や風味、食感は当然ですが外観や包装形態まで厳正に審査されます。この中から、各部門とも農林水産大臣賞1点、水産庁長官賞4点、大阪府知事賞8点が選出されるわけですが、河内屋の昆布巻かまぼこは最高栄誉である農林水産大臣賞を頂きました。品評会での最高賞なだけに表彰式の展示会では別格扱いで展示されており、また色々な関係者の方からお祝いの言葉を頂き本当に嬉しかったです。
2014年3月21日農林水産大臣賞5.jpg
 今回、河内屋にとって非常に意義ある受賞だと思っているのは、富山県を代表する地場産品である「富山名産昆布巻かまぼこ」を評価して頂いたという事です!以前より昆布巻かまぼこや赤巻かまぼこなど、こだわりを持って地道に品質向上や味の進化に取組んで来ましたが、対外的な河内屋のイメージは、他の蒲鉾屋さんとは違う変わった商品を出しているというイメージがあります。看板商品である鮨蒲はもちろんの事、スティックチーズかまぼこ、雪だるま君、プティ・キャレなど、富山県蒲鉾業界の既成概念をぶち壊す手法で頑張って来たゆえに、そういう見え方というかイメージになったのだと思いますが、今回評価をして頂き認めてもらったのは、富山県蒲鉾業界のど真ん中、直球の「昆布巻かまぼこ」という事で、社員一同、本当にやったー!という気持ちで一杯なのです。
2014年3月21日農林水産大臣賞4.jpg
 今回の受賞はこれからも美味しくて高品質な「富山名産昆布巻かまぼこ」をしっかり作り続けろ!という激励だと思っています。今後も引き続き伝統の味を守りながらも、色々と工夫をしてその時代に合った蒲鉾を作りたいと思っています。
 業界の新聞にも色々と取材をして頂き、本当にありがとうございました!
2014年3月21日農林水産大臣賞2.jpg
 表彰式では4部門の各農林水産大臣賞の中ら僕が代表でスピーチをさせて頂きました。こんな機会を頂きまして、関係者の皆さんには重ねて感謝を申し上げたいと思います。良い思い出にもなりましたし、河内屋と昆布巻かまぼこの良いPRが出来たと思っています。
2014年3月21日農林水産大臣賞6.jpg
ページトップへ

2014年3月12日(水)

霞ヶ関からお客様

2014年3月12日水産庁1.jpg
 こんな事はまずない事ですが、2日間続けて監査がありました。ISO22000のサーベイランスに引き続いて翌日は水産庁の監査!そして霞ヶ関からやって来た農林水産事務官は若い女性事務官。昨年から電話やメールでは色々と指導を受けていたのですが、実際にお会いするのは今回が初めてという事で、電話の声から想像していた通り若くて優秀な女性事務官でした。
2014年3月12日水産庁2.jpg
 魚津に到着早々、まず現場、工場!という事で、工事のビフォーアフターを入念にチェックされて行きました。そして一通り工場監査が終わると、今度は場所を事務所に移し様々な文書のチェックや、今後の提出書類の確認など、本当にテキパキとアドバイスや指導を受けました。
 色々なニュースで役人のイメージというのは、自分の中でもけして良いイメージとは言えないのですが、国ではこういう優秀な若い女性が活躍しているのだな~霞ヶ関はやっぱり県や市とは大違いだな・・・などなど色々と思う事がありました。
 これからまだまだやらなければならない事も多少あるのですが、しっかりアドバイスして頂いた通りにぬかりなく頑張りたいと思います。
2014年3月12日水産庁3.jpg
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事