富山あれこれ…

2016年7月14日(木)

秋水の美

2016年7月13日森記念秋水美術館オープン.jpg
 富山経済同友会で6月11日にオープンした森記念秋水美術館の見学会があったので参加して来ました。この美術館はリードケミカル株式会社さんが収集して来た美術品を公開するために建てられたものです。主に重要文化財や重要美術品を含む日本刀のコレクションが凄いということで話題でした。建物もロゴも日本刀を意識した重厚なイメージだし、美術館の名称の秋水も「曇りのない研ぎ澄まされた日本刀」という意味だそうで、日本刀の美の世界をしっかりイメージした美術館になっていました。見学会の前に、日本刀に関する講義を受けましたが、やはり説明を聞くとその奥深さを感じますね。歴史的な背景や物語を感じながら観賞するとまた感じ方も違います。富山の新しい見所の1つだと思いますので、皆さんもぜひ行ってみてくださいね!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年2月23日(火)

e-Toyama推進協議会講演会に行って来ました!

2016年2月23日e-Toyama.JPG
 富山県高度情報通信ネットワーク社会推進協議会(e-Toyama推進協議会)主催の講演会があったので参加してきました。1部は和倉温泉「加賀屋」の小田與之彦社長が講師。演題は「旅館業の現在の課題とICTによる取り組み」でした。加賀屋さんの会長の話を何度か聞いたことがありますが、今回の小田社長の話も非常に分りやすくあっと言う間の1時間でした。主題はもちろんICTの取り組みの話なのですが、「加賀屋のおもてなし」に関する話を織り交ぜながらの取り組みは非常に興味あるものでした。ICTの利活用はまさにこれから力を入れないといけない所ですが、サービス業にとってはその使い方は色々と考えないとダメな部分があります。そういう意味では教育や情報共有、あるいは受注システムなどICTを大いに活用しながら「サービスの高みを目指す」という考えは共感するところです。サービスの定義、サービスの本質、全ての企業はサービス業・・・色々と勉強になりました。
 2部は富山県経営管理部長の新田一郎氏の講演でした。演題は「富山県の国際観光とTOYAMA Free Wi-Fi」。これがまた非常に分りやすい話で、利用者目線で取組んで来たという共通SSIDを利用したWi-Fi環境は、僕も便利に利用してます。気になったのが魚津市は全くその環境が無いのですよね・・・。地域活性化のためにもそういう環境は絶対に必要だと思いました。心配なのは犯罪利用を防ぐために、利用者のトレーサビリティーを確保出来る認証方法を今後は国から要求される可能性があるとの事です。そうするとせっかく今のワンタップ方式ではなく、アプリをダウンロードしたりメール登録・・・みたいに煩わしくなる可能性も出てきますよね。ワンタップ方式でもトレーサビリティーを確保出来る認証技術が今後出て来るのを期待したいですね。特に海外に行って思うのですが、見知らぬ土地に行ってWi-Fi環境が確保出来ると妙に安心感がありますからね(笑)誰が訪れても安心感のある環境って本当に大事だと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年2月 6日(土)

富山県新首都圏情報発信拠点!

2016年2月5日説明会.JPG
 富山県のアンテナショップは、このブログでも何度も紹介していますが、有楽町駅前にある交通会館地下1階にあります。有楽町駅前ということで立地は良いのですが、地下にあるということで開店当初は色々と苦戦していました。しかし今や交通会館は全国物産の聖地として人気スポットになっています。地下にある富山県アンテナショップも富山ファンにとっては非常に充実したショップになっていて毎日非常に賑わっています。
 今回、富山県は新たな場所に情報発信拠点としてアンテナショップを日本橋にオープンさせます。場所は日本橋三越本店新館入口の真向かいです。今までの地下と違って完全に地上路面店。そして約143坪という広いスペース。富山県もかなり思い切った投資です。昨日はその説明会だったのですが感心が高いのか会場は人で一杯でした!
 どんな店舗になるのか非常に楽しみですが、日本橋という立地を活かして多くの皆さんに上質な富山県を発信して欲しいものです。下は2月6日の北日本新聞さんの記事です。参考まで。
2016年2月6日北日本新聞.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2015年10月11日(日)

遠くなった関西方面

2015年10月11日京都2.JPG
 会合に出席するために京都に行って来ました。北陸新幹線開業後2度目の関西ですが、まぁとにかく不便!今後ますます足が遠のく感じですね。本当に酷過ぎます。魚津から富山へは在来線、富山から金沢は北陸新幹線、そして金沢から京都までサンダーバード。しかもサンダーバードの車内販売が廃止。もう言う事ないですね。しかし京都に関しては阿闍梨餅が買えるのでそれが楽しみ。阿闍梨餅の大ファンなのでついつい買ってしまいます。しかしこの不便さは何とかなりませんかね・・・東京へのアクセスとの差が激しすぎます。
2015年10月11日京都3.JPG
 ちなみに上の写真は、金沢13時6分発、富山13時29分着のつるぎ710号の車内です。京都から金沢までのサンダーバード内が連休と言う事もありグリーン、指定全てが満席だったので、なおさら驚きました。ほぼ空気を運んでいるようなものですね。誰もが思うサンダーバードやしらさぎの富山までの運行。誰もが思う事を出来ない現実・・・色々と事情があるのでしょう。
 そして富山駅に到着したら外は工事中。しかも駅内の照明が暗い。何でこんな風になってしまったのか?連休で観光客の皆さんで凄いことになっている京都駅、金沢駅を見て富山駅に降りると本当に何とも言えない寂しさになってしまいます。
 その後、魚津駅に降りましたが、魚津駅はもう論外で特に言う事ないです。北陸新幹線開業による明と暗をつくづく感じる出張でした。
2015年10月11日京都4.JPG

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2015年8月23日(日)

出陣式、清掃活動、鬼退治!

2015年8月24日元服立山.jpg
 富山縣護国神社主催の第16回立山登拝出発式の応援に行って来ました。この立山登拝は所属している富山みらいロータリークラブが後援している関係で、早朝から多くの会員が集まりました。出発式の応援だけではなく、一緒に立山縦走に同行してサポートするメンバーも何人かいます。とにかく怪我なく事故なく無事に元気で帰って来て欲しいものです。
 その後、ふるさと富山美化大作戦に参加して、富山縣護国神社周辺の清掃活動を行いました。はっきり言ってゴミが少ないです。日頃のゴミに対する意識が高いという事と普段からまめに清掃している証拠だと思います。しかし、ゴミが全く無い訳ではありません。空き缶やペットボトル、タバコなどは確かにあります。街中に簡単にゴミを捨てる人の感覚は困ったものですよね。こういう人たちはそろそろ自覚して欲しいものです。
 その後、急いで魚津に戻りホームから出撃。一応、真鯛は狙ってみるものの時間帯が遅かったせいもあり反応なし。ここは切り替えてオニカサゴのポイントへ直行。何とか粘って39cmのオニカサゴを釣り上げることが出来ました!
2015年8月24日オニ退治.jpg
 夜は友人の経営する店に持ち込み刺身にしてもらいましたが、本当に超美味しい絶品の味でした。女将の腕も良いですが、プロの料理人に作ってもらうのもたまには良いですね。オニカサゴは本当に美味しいので、また次も釣りたい!と思わせてくれる魚です。
 それにしてもいつもの相棒が、また40cmオーバーを釣っていました。
2015年8月24日オニカサゴ刺身.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2015年6月26日(金)

伏木富山港現地視察会に参加!

2015年6月26日富山新港1.jpg
 伏木富山港を利用する企業や関心を持っている企業を対象にした、セミナーと視察会が開催されたので参加して来ました。あいにくの雨模様でしたが以前より興味があったので、大変良い機会となりました。セミナー会場は初めて行く第一イン新湊。セミナー開始ギリギリ間に合いましたが、会場に入ったら想像していた以上に参加者がいるのでビックリしました。やはり皆さん、関心が高いのですね。たぶん100人くらいはいたのではないでしょうか。
 セミナー後は、普段は関係者しか入れない富山新港多目的国際コンテナターミナルを見学しました。先日、釜山に行って釜山港の桁違いのコンテナターミナルを見ているだけに、感想としては規模が小さいというか、コンテナの数が少ないというか、ガントリークレーンが少ない・・・という印象を持ちましたが、上の写真の通り近くでガントリークレーンを見ると迫力がありますね。トランスファークレーンは現在3機体制ですが、もう直ぐ4機体制になるとの事です。
 ちなみに伏木富山港で昨年取り扱われたコンテナ貨物量は過去最多の約8万2000個だそうです。これからますます増えて行くのでしょうね。
 それにしても東側の海ではふだん見る事がない大きな船ばかりでした。
2015年6月26日富山新港2.jpg

ページトップへ

2015年4月 2日(木)

Racheleファミリーの歓迎会!

2015年4月2日歓迎会1.jpg
 所属しているRCの交換留学生Racheleは、相変わらず明るい性格で元気に高校生活を送っています。驚くのは日本語の上達!昨年の8月29日に来日して7か月、もうほとんどコミュニケーションは日本語で問題ありません。蒲鉾娘もちょうど同じ時期にそんなイメージだったので、やっぱり女の子の語学能力というのは凄いですね。もちろん若いという事が大きな要素であると思いますが本当に羨ましい限りです。
 そして今回、RacheleのパパJohnと妹のRileyが来日しました。僕たち夫婦も同じような留学の時期に米国までご挨拶に行ったので、お父さんの気持ちもよく分かります。留学生活を本当に心配していたと思いますが、おそらく元気な姿、そして明るい笑顔、さらには日本語を自由自在に操るRacheleの姿を見て安心して感動したと思います。
 いよいよ第4ホストファミリーの蒲鉾家に来る日も近づいて来ました。蒲鉾娘の経験から言っても、留学生活の中でこれから帰国までの時間が一番楽しいと思います。日本での生活、青春を大いに楽しんで良い思い出を作って欲しいと思います。
2015年4月2日歓迎会2.jpg

ページトップへ

2015年3月31日(火)

激動の2015年3月が終了

2015年3月31日激動の3月.jpg
 長かったような短かったような激動の3月が終了しました。年が明けてから落ち着かない日々と言うか忙しい日々を過ごしていただけに、あぁ~3月が今日で終わったか・・・みたいな感は確かにありますね。特に新幹線富山駅高架下の新店舗の準備は色々と大変でした。金沢駅にある店舗が昨年7月にリニューアルオープンしていた事が本当に助かったと思っています。もしこれが2店舗同時なら・・・と考えると恐ろしいです。そういう意味でも金沢駅と富山駅と表現したら良いのか、金沢と富山の違いと表現した良いのか分かりませんが、色々な意味で違いを感じます。残念ながら富山はこういう部分はどうしても苦手なところがあるのだと思いますね。
 魚津駅も変わりました。JRから3セクへ。そして特急が止まらない駅になりました。駅の風景も一気に変わった感があります。
 この2015年3月というのは地域や、そこに住んでいる人、企業、学校などにとって大きな転換期となりました。数年後、さらには数十年後という次の世代は、この時代をどう評価するのでしょうか。北陸新幹線がもたらした夢と希望。明と暗。今はまだあまり変わりませんが、気付いたらこんな世界になっていた・・・というのはあるかもしれません。
 とにかく北陸新幹線金沢まで開通!という大きな出来事はゴールではないし目的ではありません。新幹線というツールを最大限活かした街づくりや施策を考えて行かないとダメですよね。我々民間もしっかり対応して行きたいと思います。
 さぁ、明日から4月!河内屋では新しい仲間が加わります!
ページトップへ

2015年3月26日(木)

魚津駅で徒然なるままに・・・

2015年3月26日交通系ICカード1.jpg
 今日から魚津駅で交通系ICカードが使えるようになったので、普段から財布にSuicaが入っているので早速使って富山の往復をしました。切符を買う手間がないのは良いですね。出張で東京に行った際は当たり前のように使っているSuicaも、環境が違うと景色も変わって見えるのが不思議な感じです。駅の外、つまり切符売り場にチャージ機が無く、駅の中、つまりホームにチャージ機があるのも何となく違和感があるのですが、色々な事情や優先事項があるのでしょう。
 この交通系ICカード、ICOCAやSuicaはもちろんのことPASMOなど全国10種類の交通系ICカードと相互利用できます。なので都会と変わらぬ環境である事は間違いありません。しかし3セク在来線で導入しているのは「あいの風とやま鉄道」が初めてのようで、隣接する3セク在来線との連携が全くダメだという現実があります。富山県内で移動する分には楽ですが、県をまたぐ人には不便。魚津でSuicaを使って入場しても金沢ではSuicaで降りれず、別途精算してさらにSuicaに退場記録を書き込まないと次に困るという事態が発生します。何だか戸惑いますね。慣れるまでは色々と問題が出て来そうですが、とにかく交通系ICカードの導入に踏み切った「あいの風とやま鉄道」にはエールを送りたいですね。
2015年3月26日交通系ICカード2.jpg
 魚津駅周辺では3月14日の北陸新幹線開業以降、魚津駅の3セク化にともない随分さびれた感が漂った魚津駅に対して色々と声が出ているようです。特急電車の停車駅ではなくなった現実、JRから3セクになった現実に改めて気づいたのでしょうか・・・。こうなる事は過去の事例を見ても分かっていた事です。特に魚津駅に関しては失ったものが大きいのでしょうね。とにかく変化に対応して行くだけです。頑張って行きましょう!と思う今日この頃。
ページトップへ

2015年3月16日(月)

2日間はお祭り騒ぎ!

2015年3月15日北陸新幹線開業1.jpg
 3月14日(土)と15日(日)は週末という事もありますが、とにかくとんでもない人の数が富山駅に押しかけました。正直言って富山県に暮らして21年、駅周辺がここまで凄い事になったのは初体験です。北陸新幹線開業を待っていたのか?単なる新しいもの好きなのか?とりあえず行ってみよう!なのか?理由はどうあれ凄い人で終日溢れかえりました。ちなみに「とやマルシェ」は2日連続で4万人超の入館だったそうです。もちろん売上とは全く比例しないところがミソなのですが、本当に凄い見物客でした。上が「とやマルシェ」で下が「富山駅」の様子です。
2015年3月15日北陸新幹線開業3.jpg
 この2日間は富山駅はもちろんの事、金沢駅、黒部宇奈月温泉駅と行ったり来たりで、正直言って疲れました。しかしこの開業に合わせて20年以上も準備して来たこともあり、そういう意味では目の前で起きている事や景色が不思議に感じたり、色々な事が走馬灯のように頭の中をよぎっては消え、色々な想いが交錯したのは事実です。何度も書いているかもしれませんが、北陸新幹線開業はゴールではありません。新しい時代のスタートであり、これを大いに利用して行かないとダメなわけです。現実を見るとやっぱり金沢の環境は凄いです。先の先を見ていますよね。観光都市としてのコンテンツもあるし、しっかり準備もしている。同じ土俵で戦う必要はないにしても、富山県の遅れ感が気になる。魚津を含めた新幹線とは無縁の地域はさらに心配。この件はまた別の機会に書きたいと思います。下は金沢駅の様子です。
2015年3月15日北陸新幹線開業2.jpg

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事