かまぼこの話題

2017年2月10日(金)

バレンタインかまぼこ♪好評です!

2017年2月9日北日本新聞(横900).jpg
 2月に入って何故か色々と忙しい状態が続いているのですが、9日(木)に地元の北日本新聞さんに「バレンタインかまぼこ」を紹介して頂きました。社会面にある風車というコーナーです。このコーナーは比較的目に付きやすいせいか、色々な方から「新聞に出ていたね~」と声をかけて頂きます。やっぱり新聞の力は大きいですね。
 記事で紹介されているハート形のかまぼこ「きのどくな」というのは下の写真。
2017年2月10日バレンタイン3.jpg
 この「きのどくな」バージョンは今年初めて作ってみました(笑)。お陰様で富山県の皆さんには好評のようです。この「きのどくな」という富山弁。色々なニュアンスがあるのですが要は「ありがとう」の意味やニュアンスを含んだ「申し訳ない」的な意味です。正直言って神奈川県出身の僕には解説が難しいので細かくは書きません。
2017年2月10日バレンタイン1.jpg
 もちろん例年通り「ありがとう」や「感謝」も人気あります!地元でも本命はもちろんのこと、義理カマ、友カマとしても使って頂いています。甘いものより酒の肴!的な意味でも毎年人気があるんです。小さいサイズのハートかまぼこは、スナックのママさん達からも毎年大人気です(笑)。
2017年2月10日バレンタイン2.jpg
 ということで、バレンタインかまぼこ!ぜひ大切な方へのプレゼントに使ってみてくださね!
2017年2月バレンタイン.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月25日(水)

我ら半白。これからも頑張ります!

2017年1月25日北日本新聞1.jpg
 1月21日(土)の北日本新聞、見開き全面の上の写真。お陰様で大きな反響があり、大変多くの皆さんに声をかけて頂きました。ありがとうございました。我ら半白・・・という大きなタイトル、最初どういう意味だろう?と思ってググると「白髪が半分まじっていること」と書いてありました。ここでは半白(はんぱく)という意味を「白髪まじりになる年齢をさしながら、おおよそ50歳」という意味で使っているようです。ちなみに写真のメンバー、右から生まれた順に並んでいるのですが、ほぼ50歳というメンバー!枡田酒造店の枡田隆一郎さんのお陰で本当に良い出会いがありました。
2017年1月25日北日本新聞2.jpg
 会社のPRになるようなものを持参してもOK!ということだったので、色々と考えたのですが細工かまぼこの鯛を持って行きました。結果的には大正解?色々な方から、目立っていたね!と言われてしまいました。富山の食文化を応援します!という趣旨においてもこれで正解だったと思っています。富山に生まれて50年と書いてありましたが、僕だけ富山生まれではありません・・・東京生まれ。まぁ、24年近く魚津に住んでいるので良しということで(笑)。
 ご一緒できた大衆割烹あら川の荒川数夫さん、高岡ガスの菅野克志さん、富美菊酒造の羽根敬喜さん、セイズファームの釣吉範さん、ブルーコムブルーの松田英昭さん、フードコーディネーターの松井香保里さん、商品ジャーナリストの北村森さん、パティスリージラフの本郷純一郎さん、日本料理山崎の山崎浩治さん、砺波工業の上田信和さん、そして枡田酒造店の枡田隆一郎さん!本当にありがとうございました!
 下の写真は別バージョンのもの。北日本新聞さん、ありがとうございました!
2017年1月25日北日本新聞3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月20日(金)

今日から横浜そごう物産展に出展しています!

2017年1月20日横浜そごう.jpg
 今日から横浜そごうで開催される物産展に出展しています!8階の催事場ですので皆さんぜひ足を運んでくださいね!今回の物産展は北陸という括りなので福井から富山まで厳選された商品が揃っています。最近はアンテナショップが充実していて、東京にいながら北陸のものが手に入りやすい環境ですが、やはり物産展は各業者が直接出張販売するので品揃えも非常に充実しています!河内屋も鮨蒲、棒S、そして雪だるまくん、さらには朝市で販売している地元でしか買えない揚げ蒲鉾も販売します!ぜひ足を運んでみてくださいね♪
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月18日(水)

食品を取巻く法律はいろいろ複雑です

2017年1月17日食品表示講習会.jpg
 工場長、本店店長と3人で平成28年度食品表示講習会に参加して来ました。食品を取巻く法律はとにかく色々あって、その一つ一つにしっかり対応して行かなければなりません。特に平成27年4月1日から食品表示法が改正され現在経過措置期間中です。今回の講習で得られた成果はこれと言ってないのですが、今までの知識の整理と改正点の再確認という意味では無駄な時間ではなかったと思っています。
 アレルギー表示ルールも変わり若干疑問に思っている点もありますが、世の中の動きや大手の動きを注視しながら対応して行きたいと思います。それにしても食品を取巻く法律は複雑ですね。プラス各都道府県の条例もあったりしてさらに複雑・・・ましてや輸出になるとその国の食品ルールもあってさらに複雑。
 嘆いても仕方ないので、しっかり対応して行きます!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月13日(金)

地元新聞に大きく2つの話題・・・

2017年1月13日北日本新聞.jpg
 13日の金曜日!だからでもないでしょうが、北日本新聞に新川地域(魚津、黒部、入善、朝日)の話題が大きく2つ出ていました。1つはアピタ黒部店が8月20日までに閉店というニュース。理由は競争激化で売上低迷だからだそうです。確かにここまでスーパーが必要か?というくらい近隣地域には食品スーパーが多いですからね。チラシを見ていても価格競争なので、富山県は食品のデフレが止まるどころか進んでいる印象を受けます。
 そしてもう一つの大きな記事が上の写真。めずらしく蒲鉾業界と言うかすり身業界の話が出ていましたので思わずじっくり読んでしまいました。内容は僕も大好きな「丸十」のすり身(魚津の高岸商店さんが製造している商品)がスーパーの店頭から消えているとのこと。理由は原料となるニギスが不足しているためです。ニギスに関してはこの数年漁獲が減って本当に少ないです。近海ものまで探しても必要な量が手に入りずらいというのが現実です。当社でも以前はニギスを利用した商品を作っていましたが、当社が求める品質の原材料が安定的に手に入らなくなったので、その商品は製造を中止してしまいました。姿、形が一緒でも味や品質が落ちれば作る意味が無いですからね。さらに北陸のこの時期は天候も悪いので漁にも出れないという悪循環。しばらくは食卓や飲み屋のメニューから無くなるでしょう。生産が開始されるまで少し我慢するしかないです。
 隣りには「かまぼこも苦境」という記事が出ていました。地元新聞に「かまぼこ」という文字が大きく出ることは滅多にないので直ぐに気付きました。もう少し良い話題で新聞に載って欲しいと思いますがね・・・。最初の話題、アピタ黒部店閉店の話とかまぼこ苦境という話はリンクしていると思うのは僕だけでしょうか・・・。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月 9日(月)

同世代の仲間と特別な時間!

2017年1月9日1966年前後の会1.jpg
 友人から誘われ休日の午後、岩瀬まで出かけて来ました。会社のPRになるようなものも持参してOK!ということで、色々と迷ったのですが上の写真の細工かまぼこの鯛を持って行きました。もちろん生ではありませんよ(笑)。本店にディスプレイとして飾ってあるものを持ち出しました。
 集合場所に集まってみたら初めての方もいましたが、知っている人も多くてとても楽しい時間を過ごすことが出来ました!というのも集まったのはほぼ全員が同世代。1966年頃?生まれのメンバー!やっぱり同じ時代を生きて来た人たちとは直ぐに仲良くなれますね。
 今回の件は詳しくはまだ書けませんが、来週にはまた報告できると思うのでお楽しみに(笑)。
下の写真はお土産で頂いたスペシャルなもの。ステキ過ぎる!やっぱりさすがですよね。
2017年1月9日1966年前後の会2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月 5日(木)

ベトナム人技能実習生フエンさんの誕生日会!

2017年1月5日フエン誕生日1.jpg
当社で働いているベトナム人技能実習生フエンさんの誕生日!

ということで蒲鉾家で誕生日会を開催しました。

ちょうど帰省している蒲鉾太郎も参加して楽しい時間となりましたが、よく考えると技能実習生と蒲鉾太郎はほぼ同世代、一瞬にしてみんな仲良くなれる感じです。
2017年1月5日フエン誕生日2.jpg
異国の地で働く、生活する・・・というのはなかなか大変だとは思うのですが、個人的には羨ましいと思っています。若いうちに色々な経験をするということは大事なことだし、若いからこそ出来ることもあると思うからです。

この経験にさらに日本語会話力の向上をすればもっと素晴らしいことになるのに!と思うのですが、やはり若い女子が4人集まるとベトナム語の割合が多い女子トークになっているのが気になりますね。

ちなみに僕の前や会社内で一切ベトナム語はしゃべるな!と指示をしていますが、なかなか思うようには行きませんね。

いずれにせよ、とにかく日本での生活を楽しみながら、しっかり仕事を頑張って欲しいと思っています。僕としては無事に期間内を過ごし、元気で帰国するまでの責任をしっかり全うしたいと思っています。
2017年1月5日フエン誕生日3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月 2日(月)

2017年初売り!

2017年1月2日仕事はじめ1.jpg
 例年2日には各店周りと取引先への顔出し新年の挨拶をしているのですが、今年も変わりなくほぼ昨年と同じスケジュールで行動しました。とにかく昨年もそうでしたが雪が無いのがありがたい!本当にありがたいと思います。ということでバーゲンも重なっている金沢駅周辺は大渋滞で駐車場も満車、館内も凄い人!金沢駅周辺はやっぱり凄い賑わいですね。ちなみに河内屋の正月恒例「干支かま」も大人気でよく動いていました!ちょっと一安心です。
 その後、とやマルシェ店、富山大和店にも行きましたが、どちらも大変な賑わいでした。特に本店と富山大和店は2日が初売りなので、「初売り!」という響きは日本文化らしく賑やかで良いです。蒲鉾業界はこのお正月商戦の賑わいが終了すると売上氷河期に入るので、しばらくはまた別の意味で大変な時間を過ごします。一方でこういう時間を使って色々なことも出来るので必要な氷河期なのかもしれません・・・と思うようにしています(笑)
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年1月 1日(日)

2017年、今年もよろしくお願いします!

2017年1月1日新年明けましておめでとうございます.jpg
 無事に新年を迎える事が出来ました。旧年中は本当に色々とお世話になりありがとうございました!今年もどうぞよろしくお願い致します。このブログも長らく続けていますが、引き続き出来る限り、続けていく予定です。読んで頂けるかどうかは別次元の話で、自分にとっての記録でもあるので続けます。もし読んで頂く機会があれば、それはこの上なく幸せなことだと思っています(笑)。
 さて、新年早々に年賀状を送って頂いた皆様には心から感謝しております。出来る限り出しているとは思うのですが、12月の繁忙期で毎年バタバタしてしまい、もしかしたらというか・・・確実に不義理をしてしまっている方もいるかと思います。ブログの場で申し訳ありませんがお許しください。来年こそ?頑張るつもりです。
 ところで今年の正月も雪が無くてありがたい新年ですが、気温も高くて北陸の正月という雰囲気はまるでありません。寒さに弱い、雪が苦手な僕にとっては本当にありがたいことです。帰省の皆さんの足下も良くて動きやすかったのではないでしょうかね。
 蒲鉾家も2年ぶりに家族全員が揃った嬉しい正月でした。ちなみに上の写真は今年の干支かま!下の写真は昨夜食べた年越し蕎麦!赤巻の巻き具合がなかなか良いです!
2017年1月2日新年明けましておめでとうございます.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2016年12月31日(土)

2016年(平成28年)ありがとうございました!

2016年12月31日大晦日1.jpg
 それにしても1年経つのが早いですよね!2016年も無事に終わろうとしています。相変わらずこの12月は蒲鉾屋の宿命とも言うべき究極の忙しさで今年も休みゼロで働き続けました。特に今年は改善したいことや気になることが若干あったので出荷の現場にかなりの時間を費やしました。お陰で見えなかったことや、今後につなげる大きな成果も見つけることが出来て良かったと思っています。
 さて、2016年の仕事を振り返ると北陸新幹線開業2年目を直営店4店舗体制で戦う!という1年でした。店舗が減っても目標はあくまでも昨対100%!ということで、十分成果があったと思います。会社の決算月ではないですが、その集大成としての12月は大いに盛り上がりました。全国からご注文を頂いたお客様には心から感謝をしたいと思います。本当にありがとうございました。
 今年は大変名誉なこともありました。高円宮久子さまに本店及び工場御視察の栄を賜ったことです。皇室の方が当社を訪問してくださったのは創業以来初のことであり、私たち蒲鉾業に従事する者にとって大いに励みになった貴重な体験でした。このような機会を作って頂いた関係者の皆さん、本当にありがとうございました。
 そして今年は働く人の環境を改善しようということで、今まであまり投資をして来なかった社員の更衣室や休憩所などを友人の設計士に頼んで大改装しました。この投資も色々と悩みましたが結果的には非常に良かったと思います。その効果も12月の繁忙期には十分に発揮されたと思います。その他にも「ものづくり補助金」を利用して新たな生産設備を導入したり、本社と工場内を全てLED化したり様々な投資を行って来ました。振り返るとなかなか大変でしたが、どれも正しかったと思っています。
 特筆すべきは棒Sのさらなる大ヒット!12月の出荷量は120%でした。昨年新幹線効果で凄い数字だったのに、その数字の120%!ということで、後半は工場全体が棒S祭り状態でした。来年もしっかりPRして行きたいと思います。
 しかしながら来年も河内屋を取巻く環境は厳しいと感じます。世界の動向、国内の動向が蒲鉾業界にどう影響するのか?そして河内屋にどう影響するのか?いずれにせよまた知恵と工夫で、みんなと力を結集して頑張るのみです。引き続き河内屋を皆さん、よろしくお願い致します。
 蒲鉾家のことにも少し触れておきますが、蒲鉾太郎が無事に1年の米国留学から帰国し、そのまま就活!そしてめでたく内定をいくつか頂き、就職が決まりました。すでにインターンシップで働いていますが、来年はいよいよ社会人デビュー!頑張って欲しいものです。蒲鉾娘も色々と頑張っていますが、やはり何と言っても熊本・大分の大地震が大きな心配でした。避難所で何日か夜を過ごすという体験もしましたが、色々な方の助けで無事に乗り切ることが出来ました。お世話になった皆様には感謝しています。本当にありがとうございました。また、友人にお願いしてインターンシップも経験させて頂きました。無理なお願いを聞いて頂いた友人にも感謝したいと思います。来年はいよいよ就活なのでしっかり頑張って欲しいものです。
 最後になりますが自分のこと・・・2016年は50歳という節目の年、気合を入れて色々とあれこれ考えていましたが空回り状態?で過ぎたかもしれません。しかし趣味のボートフィッシングを含め、積極的にオンとオフを切り替えメリハリある生活をして来たつもりです。もう若くはないということをしっかり自覚しつつ、まだまだ成長出来る!ということを信じて2017年を頑張りたいと思っています。皆さん、どうぞよろしくお願いしますね!
 とにかく今は2016年(平成28年)ありがとうございました!という気持ちです。写真は今年を象徴する写真を使いました。
2016年12月31日大晦日2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事