かまぼこの話題

2017年12月 6日(水)

魚津駅前、初積雪・・・

2017年12月6日初積雪.jpg
 天気予報で雪マークが付いているのは気付いていましたが、まさかここまで降るとは思っていませんでした。河内屋のある魚津駅前周辺、初積雪となりました。雪の苦手な僕としては、カーテンを開けた瞬間から暗い気持ちになりましたが、繁忙期なのでしっかり頑張りたいと思います。今シーズンは雪が多い?という噂を聞きますが、実際はどうなんでしょうか。良い意味で予報が外れることを期待したいです。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年12月 4日(月)

お客様あっての繁忙期に感謝!

2017年12月4日繁忙期.jpg
 蒲鉾屋にとって究極の繁忙期である12月・・・各部署に年内の短期アルバイトさんも入って来て工場内は賑やかになって来ました。今年は短期アルバイトさんの集まりが悪くて、地方の人不足を感じずにはいられませんが、嘆いていても仕方ないので今いるメンバーで最大限の努力をして乗り切りたいと思います。
 ちなみにこの繁忙期というのは、お客様がご注文をくださるからこそ忙しくなる訳であって、本当に感謝すべきありがたいことだと思っています。日頃お世話になっている方や大切な方に、この季節に贈り物をする・・・残って欲しい日本の文化の一つです。そしてまたお正月の御節料理には紅白蒲鉾が入っているのが当たり前。こんな食文化が末永く続きますように私達も努力して良い蒲鉾!品質の高い蒲鉾を作り続けたいと思っています。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年11月28日(火)

お歳暮商戦がスタート!準備も着々と・・・

2017年11月28日歳暮の準備1.jpg
 雨続きというか、日本海側独特のグレーな空に覆われた憂鬱な日が続いていましたが、今日は朝から抜けるような青空が広がり本当に気持ち良いです!いつも思うのですが、北陸のこのどんよりした空というのは、まず気持ちがマイナスから入ってしまうようなイメージがあります。この地で生れ育った子ども達は関係なし!と言った感じですが、相変わらず僕の気持ちはまず天候から左右されるのが冬の生活パターンです。
2017年11月28日歳暮の準備2.jpg
 しかし仕事の方はいよいよ繁忙期に突入!すでに百貨店のギフトセンターはオープンしていますし、お歳暮商戦はスタートしていて当社も各部署大変忙しいです。果たして今年のお歳暮商戦の行方はいかに?という心境ですが、まずは一つ一つの仕事を確実に正確にクリアして行くことが大事なので、社員一丸となって頑張りたいと思います。ちなみに年内の短期アルバイトはまだ募集中です!
2017年11月28日歳暮の準備3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年11月27日(月)

2017年納竿です

2017年11月27日納竿.jpg
 2017年の釣行が終了しました。11月はもう少し出撃できるかと思っていたのですが、週末の天候が悪い、仕事も忙しい、親戚の不幸などが重なり思うようには海には出れませんでした。何と言っても自然が相手だし、仕事あっての趣味の世界、こういう年もあると思います。残念ながら2017年の釣行は納竿となりました。
 今年も釣り、海を通じて色々な出会いがあり、そしてまた多くの経験を積む事が出来ました。関わって頂いた全ての皆様に感謝したいと思います。
 さて、2017年のアオリイカ!11月5日に釣ったのが最後となり最終的には292杯でした。もちろん過去最高の新記録(笑)。しかしながらKgアップを釣る!という目標は今年も達成出来ませんでした。やはり11月に出撃出来なかったのが痛いですね。一方、11月の出撃が少ないのに最終釣果が292杯というのは満足しています。周囲にはもっと釣っている方もいますが、僕の環境や実力から言ったら上等だと思います。十分楽しむことが出来ました。来年もまた安全に、そして楽しく釣行が出来るように仕事を頑張り、健康にも留意して日々を過ごして行きたいと思います。とにかく年内は最大の繁忙期を迎えますので、仕事に集中して乗り切りたいと思います。
 ちなみに写真は11月21日の夕焼け。富山の最近の天気はグレー続きなので気分転換にアップしときます。それとアオリイカの記録を下に書いておきます。

※蒲鉾丹右衛門のアオリイカ記録
 ・2017年:292杯
 ・2016年:148杯
 ・2015年:116杯
 ・2014年:118杯
 ・2013年:71杯
 ・2012年:81杯
 ・2011年:28杯
 ・2010年:26杯
 ・2009年:1杯
 ・2008年:0杯
 ・2007年:1杯
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年11月15日(水)

かまぼこの日にインフルエンザワクチン予防接種!

2017年11月15日かまぼこの日.jpg
 11月15日は「かまぼこの日」なのですが、通常業務が忙しくて会社的には何もイベントらしきものもしていないし、情報発信もしていないというのが実情で、ちょっと寂しい気がします。しかし各部署バタバタしていてそんな雰囲気でも無いのですよね・・・。そもそも「かまぼこの日」に設定した日が悪いのではないか?という素朴な疑問も出てくるのですが、この日はこの日で色々な理由があるのです。
 このブログでも何度も紹介していますし、河内屋のHPでも説明していますが、かまぼこ業界では永久3年(1115年)に歴史上初めて蒲鉾が文献に登場したということで、11月15日を「かまぼこの日」としています。またこの11月15日というのは七五三でもあります。昔から子どもの健やかな成長を祈ってお祝い料理が出されました。そのお膳には縁起の良い紅白の蒲鉾を準備したことからも11月15日が「かまぼこの日」に制定されたようです。
 という訳で、蒲鉾需要の落ち込む時期に販促のために勝手に「かまぼこの日」を作る訳にもいかないのが実際のところです。当たり前ですけど(笑)。
 子ども達が成長して県外に出ている僕としては、これからの子ども達の健康と活躍を祈りつつ、年内にインフルエンザに感染しないように、インフルエンザワクチン予防接種を受けました!今年も気合で風邪を引かないように!そしてインフルエンザにならないように!頑張りたいものです。いつもお世話になっている浦田クリニックさんでは有機水銀を含まないチメロサール無添加のワクチンを接種しています。今まであまり意識したことはありませんが、ワクチンにも色々と種類があるのですね。しっかり確実に効いて欲しいと思います。ちなみに2005年にインフルエンザにかかって以来、今のところ12年ほどかかってません!この記録は更新したいものです!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年11月13日(月)

年内の短期アルバイトはまだ募集中ですよ!

2017年11月13日繁忙期アルバイト募集.jpg
 今年もいよいよ蒲鉾屋にとっての究極の繁忙期が迫って来ました。すでにそれに向かって年内の短期アルバイトさんの募集を行っており、日々新しい皆さんが入って来て頑張ってくれています。本番は11月下旬くらいからですので、それまでに色々と覚えることも多いですが、風邪を引かずに頑張って欲しい!と願っているところです。
 世間では人不足の問題がクローズアップされており、特に地方!とりわけこの北陸地域!もっと言うなら我が富山県!の有効求人倍率は非常に高くて、色々な場所で人がいない・・・という話を耳にしますね。当社も募集しながら、例年とは違う動きだな・・・と思うこともたくさんあります。
 とにかく手伝ってくださる年内の短期アルバイトさん達の力も借りて、全社員一丸となって頑張りたいと思います。ちなみにまだ年内の短期アルバイトは募集中です!気軽に応募して欲しいと思います!高校生の冬休みバイトも大歓迎です!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年11月 7日(火)

2017年お歳暮商戦に向けてCM流しています!

 最近、色々な方に「CM見たよ!いよいよお歳暮だね」という声をかけて頂きます。日頃は予算の関係もあってテレビCMは流していませんが、毎年11月、12月のこの時期のみCMを流しています。富山県内だけだし、KNBさんだけなので見たことある方も限られているとは思いますが、一応このブログでもPRしときますね(笑)。
 以前にも紹介したことがあるのですが、今回は少し内容を変更してみました。棒S(ボウズ)の写真を入れたのです。お陰様で各方面で棒Sが大変人気で、毎日生産に追われている状況です。販売先も全国に拡がっているので本当に嬉しい限りです。ギフトとしてご利用される方も非常に増えて来たので、お歳暮商戦でも製造に追われそうです。
 現在、短期のアルバイトさんも募集していますが、今年も全員で繁忙期である残り年内を乗り切りたいと思います!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年11月 2日(木)

今年も早い忘年会を開催!

 相変わらず時期的に早いのですが、会社の忘年会を開催しました。場所は魚津の人気レストランBOQUERIA(ボケリア)さんです。今回も貸切で忘年会という名の「年末商戦決起大会」的な飲み会となりました。
2017年11月2日忘年会2.jpg
 余興は前回に引き続き社員によるパフォーマンス!何だかだんだん進化しているような感じですね。この日の為に練習を重ねて来たようです。今回は電子ドラム?も持ち込んで来ていて気合は伝わって来ました。
2017年11月2日忘年会3.jpg
 いつも残念に思うのは、製造から販売まで全社員やスタッフが集まれないことです。地域的にも魚津、富山、金沢と離れていて、しかも年中無休の店舗もあったり営業時間が長い店舗もあったり本当に運営面は大変ですが、今後もしっかり頑張って行きたいと思います。
2017年11月2日忘年会4.jpg
 今年は短期アルバイトさんの採用が遅れ気味です。富山県の有効求人倍率は最近1.8以上で全国でもトップに入る状況・・・。感覚的にも募集しても人が来ないという感じはするし、周囲でもそんな噂をよく耳にします。急激にこんな環境になったというイメージがありますが、どんな状況であれ年末商戦は待ってくれません!全員が力を合わせて頑張りたいと思います。
2017年11月2日忘年会5.jpg
 2次会は大勢で三三五五さんに行きました。ここでも普段はあまり多くを喋る機会のないメンバーと色々と話すことが出来ました。お酒を飲みながら若手からベテランまで様々なメンバーとコミュニケーションを取るのは大事なことですね。さぁ、今年も残りわずか!頑張って行きましょう!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月30日(月)

HACCP義務化の流れで色々思うこと・・・

2017年10月30日HACCP勉強会.jpg
 平成29年度HACCP導入基礎研修会が地元で開催されたので蒲鉾工場長と2人で参加して来ました。写真の通りそれなりに参加者が多い印象を受けました。HACCP義務化という言葉だけが先行して報道される中で、今までも様々な講習や研修に参加して来ましたが、未だにこの制度の真の姿が見えて来ません。それもそのはずで実際のところまだ国会にも法案が提出されていません。しかし徐々にその概要が分かって来たのも事実です。基準Aと基準Bというレベルがあるのですが、業界団体で作った手引書の通りに管理すれば基準BでもOK?という話も聞きますが本当のところはまだ分かりませんね。そもそも基準Bというのは主には飲食店などが対象だと思っていました。いずれにしても工場だろうが飲食店だろうが、まずはHACCPの考えに基づく衛生管理計画が必要です。もしかすると今後は営業許可書の条件に衛生管理計画の提出も義務付けになるかもしれませんね。
 今回、わざわざ質問してみました。「民間認証であるISO22000やFSSC22000を認証取得していればHACCP義務化には対応済み扱いなのか?」。答えは当たり前の返答でした。「ISO22000やFSSC22000を認証取得している施設は、HACCPの考えによるに衛生管理を既に行っているので、HACCP義務化に関しては全く問題ありません。」とのことでした。
 当社はそういう意味では富山県では初のISO22000認証取得企業です。取得したのが2007年6月ですので、運用して既に10年!導入に際しては色々な面で苦労しましたが、今では自信になっています。引き続き社員全員で取組んで行きたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年10月17日(火)

ヤマト運輸の送料値上げに関して色々と思うこと・・・

2017年10月17日ヤマト運輸送料値上げ.jpg
 ヤマト運輸の本格的な運賃値上げが実施され始めましたね。一般のお客様には既に10月1日から実施されていますし、法人契約に関しても年間の取扱量に応じて水面下で激しく交渉が行われていると噂を聞きます。かくいう当社も激しく?水面下?でもないですが、詳しくは書けませんがここまで色々な話し合いが行われて来ました。当社にとっても通信販売に関しては今や事業の柱の一つであるということは間違いありませんし、お客様に送料をいくらで提示できるか?ということは売上にも大きく影響されることなので真剣です。
 もちろんヤマト運輸さんにとっても真剣な話であることは理解しています。インターネットの普及にともない大きなビジネスモデルの変化や巨大なアマゾンの出現。宅配マーケットが急激に伸びているのは生活していて実感するところです。一方でドライバーさんの不足、人手不足、労働力不足が追い討ちをかけています。増税や社会保険適用範囲の拡大などもコスト増に繋がっている!さらには最近の働き方改革?社会の制度や意識が急激に変わる中で運賃値上げに舵を切るのも理解は出来ます。当社も同じ状況ですからね・・・。
 一方で世の中には送料って取るの?送料無料でしょ?など、送料に対する感覚がアマゾン状態?あるいは量販店や商業施設などの施策による送料無料や送料込み価格しか利用しない人も存在するのは確かです。果たして送料は誰が払うのか?自分で届ける代わりに、モノを移動するというサービスを享受する以上、サービスを受ける人が送料を払う・・・というのが基本中の基本だと思うのですが、これが難しいという世の中になったのも事実です。
 ヤマト運輸さんのHPを見ると、北陸から東京までの送料は、60サイズで税抜840円、税込みだと907円です。さらにクール料金216円(税込)を加算すると1,123円(税込)ということになります。事業所に持ち込むと▲100円とか、クロネコメンバーズ会員だと色々と割引サービスがあるなど細かいことは別にして、それくらいかかるということですね。
 送料無料になった場合はこのコストを誰が払っているのでしょうか?送料込みギフトの場合は、送料を除く商品の本当の価値は一体いくらなのでしょうか?沖縄や北海道に送った場合はどうなるの?この仕組みの影に隠れた事実はどうなっているのでしょう?不思議です。
 ということで、送料を取巻く状況は色々とありますが、河内屋では下記の通り年内は対応させて頂きます。
 ■富山県内へのお届け:500円(税込)
 ■本州・四国・九州へのお届け:750円(税込)
 ■北海道・沖縄へのお届け:1,200円(税込)
 これが安いのか?高いのか?という議論はあると思いますが、企業努力で年内は頑張ろうと思っています。しかし来年以降は少し検討しようと思っていますが・・・。
 ちなみに写真は河内屋の送り状です。ヤマト運輸さんと河内屋専用の送り状を永年製作しています。それほど密接にヤマト運輸さんとは一緒に仕事をして来たという自負があります。もちろん佐川急便さん、郵便局さんにも荷物は出していますが、量は比較になりません。とにかく運送会社さんとは今後も良きパートナーであり続けたいと思っています。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事