世界に一つ細工蒲鉾

2013年6月23日(日)

デザインの目線

2013年6月22日d design travel WORKSHOP in TOYAMA2.jpg
 d design travel WORKSHOP in TOYAMA~富山県のデザイントラベルを考える~というワークショップに参加して来ました。内容はロングライフデザインをテーマに活動するナガオカケンメイさんたち D&DEPARTMENT PROJECT が、47都道府県それぞれにある、その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、デザイン的観点から選びだして、観光ガイドとしてまとめたd design travelという知る人ぞ知る観光本の11号目となる次号が富山県という事でのトーク&ワークショップでした。
 感性が高くてデザインに対して高い意識の人たちが集まっていて、ちょっと僕などは場違いな感じもしましたが、石井県知事の挨拶、ナガオカケンメイさんのお話、そしてワークショップは、とても面白くて興味深い時間でした。改めて河内屋のらしさ、個性というものを考えるきっかけになったと思います。
 それにしても漠然とですが、呉西の方たちが多くてこういう文化、デザインに対する意識が高いと感じますね。呉東はどうなのだろう・・・と色々と思う事がありました。
 さて、気になるのが「かまぼこ」を選んで頂けるのか?選ばれたとしてもどの蒲鉾屋なのか?今後どんな展開になるのか分かりませんが、デザインの目線で色々なことを見るという良いきっかけになりました。
2013年6月22日d design travel WORKSHOP in TOYAMA.jpg
ページトップへ

2013年3月12日(火)

新しい技術を極める!

2013年3月12日蒲鉾品評会1.jpg
 先日から色々とPRさせて頂いている細工蒲鉾の話題なのですが、この度、第65回全国蒲鉾品評会において技術大賞を受賞しました!今回は賞狙いというよりは、いかに細工蒲鉾の魅力、技術を伝えるか!という事に主眼を置いていたので、そういう意味では賞を頂いた事よりも、新聞やテレビの取材、そして多くの皆さんに関心を持って頂いた事が本当に嬉しかったです。
 今回の作品を作り上げてくれたのは蒲鉾職人の高村茂樹君。本当に一生懸命、ここまで技術を向上させてくれたと思います。富山県の細工蒲鉾の技法は「絞り出し」という手法なのですが、彼の細工蒲鉾を作り上げる手法は絞り出しの基本は抑えつつ、独自に編み出した新たな手法が半分を占めます。数年前はその手法に対して同業者から富山県伝統の細工蒲鉾の技法とは違う・・・という言われ方をした事もありましたが、気にせずここまで精進して来た集大成が今回の作品だと思っています。
 賞に関しては業界特有の事情もあるので、特にコメントはないのですが、こういう蒲鉾の伝統文化を何とか守って行きたいと思っていますので、今後の彼の作る作品に注目して欲しいと思っています!
2013年3月12日蒲鉾品評会2.jpg
ページトップへ

2013年2月27日(水)

第65回全国蒲鉾品評会が開催されました!

2013年2月27日蒲鉾品評会1.jpg
 東京海洋大学の品川キャンパスで蒲鉾業界の一大イベント、第65回全国蒲鉾品評会が開催されました!上の写真は細工蒲鉾の部に出展した河内屋の細工蒲鉾!蒲鉾職人がこの日に合わせて構想して来た大作を出展しました。細工技術、デザイン、色合い、大きさ、迫力で皆さんの関心を集めていました。
 そして下の写真は今回初出展!河内屋の若手蒲鉾女子が出展した作品です。先輩職人に少しでも追い付く事を目標に、まずは参加する事に意義がある!という事で一生懸命に作ってくれました。どちらも自信を持ってご披露できる素晴らしい出来で、非常に満足しています!
2013年2月27日蒲鉾品評会2.jpg
 そして今回は林 芳正農林水産大臣と加治屋義人農林水産副大臣がオープニングセレモニーに参加して下さり、同時に視察もして下さるという事で、大変華やかな品評会になりました。河内屋の細工蒲鉾もじっくり鑑賞して頂き、大変良い機会となりました!
 テープカットの場面が下の写真なのですが、見ての通り細工蒲鉾がばっちり良い感じに目立っていました!本当にありがたい事です。
 林大臣はテープカットの後、直ぐにお帰りになると思ったら、会場をかなり丁寧に視察して下さいました。やはり担当の大臣という事で色々と関心があったのでしょう。林大臣、加治屋副大臣、お忙しい中、本当にありがとうございました!
2013年2月27日蒲鉾品評会3.jpg
 その後、会場は業界の関係者で大盛況!会場が若干狭いかなと思いましたが、これぐらいの方が活気が出て良い感じのようにも感じました。
 それにしても全国の蒲鉾屋さんの様々な商品を見る事が出来て、大変良い刺激をもらいました。業界を取巻く環境は厳しいものがありますが、それぞれの地域で知恵と工夫で頑張っている姿を肌で感じた瞬間でもありました。こういう全国の仲間と切磋琢磨して当社も頑張らなくては!と思いを新たにしたところです!
2013年2月27日蒲鉾品評会4.jpg
ページトップへ

2013年2月 5日(火)

2013年のバレンタイン蒲鉾!

2013年2月5日バレンタイン.jpg
1986年から販売しているバレンタイン蒲鉾・・・おそらく富山県内では一番古くからバレンタイン蒲鉾を販売していると思いますが、今では県内の各社が色々出していてとっても賑やかになっています。バレンタインがチョコだけという時代から、今ではありとあらゆる商材があって、その中で蒲鉾業界もしっかりPR出来ているというのは非常に良い事だと思っています。今年は河内屋でも長年作って来たラインナップの一部を改良して、上の写真のような商品を発表しました!昨年発表したブライダル用の蒲鉾「プティ・キャレ」のバレンタインヴァージョンという位置付けなのですが、お陰様で好評のようでネット販売分は追加の追加で工場はバタバタ状態です。最近は義理チョコならぬ義理カマだけに限らず友かま、マイかまなど用途は色々なようで、この蒲鉾達がどんなシーンで活躍してくれているのかは不明です。いずれにしても大切な方への贈り物に使って頂ければと思います。下の写真は人気のハート蒲鉾!メッセージも入って相変わらずの人気です!ちなみに僕は今年ももらえそうもありません。
2013年2月5日バレンタイン2.jpg
ページトップへ

2013年1月11日(金)

韓国メディアの取材を受けました!

2013年1月8日韓国KBS2.jpg
今までテレビや雑誌、新聞、ラジオと様々な取材に対応して来ましたが、初めて海外メディアの取材を受けました。今回、河内屋の取材に来てくれたのは韓国KBSテレビの皆さん!番組は韓国で毎週月曜日から金曜日の夜に放送されていて、毎回世界の味覚や風景を紹介しているそうです。噂によると番組内で日本を取り上げるのは、今回の富山県内が初めてだそうです。
2013年1月8日韓国KBS3.jpg
富山県内では他にどんな地域で、どんな取材をしたのか分かりませんが、河内屋では細工蒲鉾の体験を撮影しました。レポーターは女優のキム・ジホさんという方で、とってもきれいな方でした。韓国では非常に有名な女優さんらしいです。キムさんの細工は、初めての方にしてはなかなか良い出来でした。テレビにはどんな風に紹介されるのか分かりませんが、富山の魅力の一つとして蒲鉾が紹介されたら嬉しいですね。
2013年1月8日韓国KBS1.jpg
上の写真と下の写真はキムさんとの記念写真。サインもしっかりもらって良い思い出になりました。今回思ったのですが、同じ機材を使って現場を取材するにしても方法は全く違うんだな・・・と思いました。日本の場合、事前に台本や全体の流れを紙資料で見せてもらったり説明されたり、だいたいの流れは理解しながら対応しましたが、今回は全くそういうものが無く、プロデューサーの口頭指示だけでスタッフの皆さんが動いていました。しかも我々は通訳を通しての対応で、ちょっと大変でしたが、これも良い経験が出来たと思います。女優のキム・ジホさん、韓国KBSテレビの皆さん、また受入支援をしている富山市役所の皆さん、通訳の皆さん、ありがとうございました!番組の成功を祈っています!
2013年1月8日韓国KBS4.jpg
ページトップへ

2013年1月 5日(土)

雪だるまくん登場!

2013年1月5日雪だるまくん.jpg
いよいよ今日から冬の創作かまぼこ「雪だるまくん」が発売です!昨年より予約注文は受付していましたが、今日から順次発送しています!この商品は2000年に第一弾を販売したのですが、実はそんなに売れませんでした。ところがその後、息子の蒲鉾太郎が小学生の時に書いた雪だるまのイラストを採用してリニューアル販売したら大爆発!毎年製造数を更新していて、昨年は約2か月間で1万個の雪だるまくんを製造!冬の人気商品になっています。全部が全部、全てが手作りの為に製造現場は本当に四苦八苦なのですが、効率を求めないで、リアルさを求めて今でもボタンに小さな穴を2つあけたり、マフラーを巻いた感じにしたり、地道に作っています。既に10年以上は製造していますし、テレビや雑誌にもたくさん紹介されたので、お陰様で河内屋冬の風物詩としてそれなりに富山県内では有名になっています!最近、富山市の一番の老舗と言われる同業者が、河内屋の人気商品「スティックチーズかまぼこ」と姿も形も価格も一緒の商品を出して来て、富山県蒲鉾業界の中ではちょっとした話題になりましたが、さすがにこの雪だるまくんのモノマネ品は出て来ません。雪だるまくんの製造は極めて大変なのですが、オリジナル商品としてのプライドを持って今後も頑張って作り続けたいと思っています!ちなみにこの雪だるまくん、雪が降ると売れますが、春が近づいて来ると全く売れなくなる究極の季節商品です。
ページトップへ

2012年12月23日(日)

いつもと変わらない12月...

2012年12月23日連日の残業.jpg
景気の状況も良くないし、選挙もありましたし、今年の12月はどうなんだろう?という心配がありましたが、蒲鉾屋の12月は何も変わりなく、お陰様でブログが書けない状態が続いています。各店、工場の各部署では、連日忙しい日々が続いていて、特に出荷に関しては24日から28日まで毎日大量出荷を予定しているので気が抜けません。追加もあり、変更もあり、さらに運送便の遅延などもあり日中は本当にあっという間に時間が過ぎて行きます。年内の繁忙期も残りわずか・・・アルバイトさん達も含めて全員で頑張りたいと思います。それにしても本当にありがたい事だと感謝、感謝です。
ページトップへ

2012年12月17日(月)

女性ファッション誌『HERS〔ハーズ〕』に河内屋が!

2012年12月14日HERS.jpg
 蒲鉾屋の12月というのは相変わらずで、お陰様で毎日忙しい日を送っています!ブログの更新やfbの投稿もだんだん難しくなって来たのですが、この件だけはブログに記録しておきたかったので書いておきます!
 実はこの度、女性ファッション誌『HERS〔ハーズ〕』の中で河内屋の創作かまぼこ「プティ・キャレ」が紹介されました。今月12日(水)に発売された2013年1月号です。この雑誌は、新しい50代のための女性ファッション誌として、大人の女性から大変人気のある雑誌です。
 今回は1月号という事で、気軽で、喜ばれて、しかもおめでたい〝ちょうどいい〟お年賀、見つけました!という特集の中で取り上げられました。しかも、ありきたりのものではなく、けれどさりげなくお渡しできる洒落た一品を、食通、目利きの方に推薦してもらうという企画で、河内屋のプティ・キャレは一番最初に紹介されたのです!
 プティ・キャレを推薦して下さった方は、知る人ぞ知る食の旅人、元祖お取り寄せの達人、福田ふくさんです!福田ふくさんとの出会いは数年前なのですが、出会いは衝撃的でした。食へのこだわりや、写真を1枚撮るにしてもその感性やセンスの高さ、そして何よりも妥協を許さず非常に厳しい仕事ぶりに圧倒されました。今回このようにメジャーな雑誌に大きく取り上げられて大変名誉な事であると思っていますし、ご推薦頂いた福田ふくさんには心から感謝をしています!お福さん!ありがとうございました!
 お陰様でこのプティ・キャレ、お祝い事に蒲鉾を使う食文化のある富山県内で大ブレイク!ホテルや結婚式場などはもちろんの事、お客様からも非常に問い合わせが多い商品になっています。歴史ある、伝統ある細工蒲鉾も今まで通り作って行きますが、これからの新しい細工蒲鉾も積極的にチェレンジしたいと思っています!
ページトップへ

2012年12月 3日(月)

有名雑誌に河内屋が紹介されました!

2012年12月3日雑誌和楽.jpg
ついに12月になりましたね。蒲鉾屋にとっての12月というのは、年間を通じて一番忙しい繁忙期で、ある意味で仕事を通り超えお祭り状態になります。日頃、蒲鉾に関心や興味が無い方もお正月、お節に関連する商品として思い出してくれるという事と、河内屋の蒲鉾をお歳暮やお年賀などに使ってくださるお客様が増えるため忙しくなります。日本人の食文化、生活文化の中にしっかり根付いた蒲鉾!今年もしっかり頑張って全国に美味しい蒲鉾を届けたいと思います。さて、有名な雑誌「和樂」の2013年1月・2月合併号が12月1日に発売されました。この中で、これがないとお正月が迎えられない、全国の美味逸品勢ぞろい!目出度い!お取り寄せ帖という特集の中で、河内屋の細工蒲鉾が大きく取り上げられました!掲載された場所は141ページです。ぜひ見て頂ければと思います。富山の細工蒲鉾の文化、これからもしっかりと守り続ける覚悟です。
ページトップへ

2012年11月10日(土)

細工蒲鉾が人気ですよ!

2012年11月10日細工蒲鉾1.jpg
この時期はお祝い事が多い季節!先月から工場内は細工蒲鉾の注文が多くて、工場では色々な種類の細工蒲鉾を製造しています。とにかく全てが手作りなので現場は大変なのですが、他社がやっていない事に取り組む事によって、お客様からは喜んで頂いていると思いますし、確実に注文数が増えていると思います。特に今年発表したプティ・キャレは非常に好評で、若い世代を中心に色々な用途で注文が来ています。少しでも細工蒲鉾の需要拡大に貢献できたら良いなぁ~と思っている所です。また、相変わらず手まり蒲穂子も大変な人気で、今では一体何種類の手まりを年間作っているのかよく分からない状況です。それだけお客様に認知されて来たのだなと思うと嬉しいですね。これから蒲鉾屋にとって忙しい時期になって来ますが、全スタッフで力を合わせ頑張りたいと思います。
2012年11月10日細工蒲鉾2.jpg
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事