世界に一つ細工蒲鉾

2014年3月 8日(土)

第66回全国蒲鉾品評会が開催されました!

2014年3月7日全国蒲鉾品評会5.JPG
 第66回全国蒲鉾品評会が開催されました。上の写真は全蒲の鈴木会長が本川水産庁長官と東京海洋大学岡本学長をお迎えしてテープカットをする所です。会場である東京海洋大学品川キャンパスは立地が良くて本当に便利で良いですね。という事で今年も盛大に開催されて良かったです。ちなみに河内屋も例年通り色々な商品とともに細工蒲鉾を出品しました。
2014年3月7日全国蒲鉾品評会6.JPG
 細工蒲鉾に関しては例年出品する企業が決まっていますが、今年も志岐蒲鉾さん、尾崎かまぼこさんは大変素晴らしい細工蒲鉾を出品していました。業界でこういう作品を作れる職人さんがいるという事は本当に素晴らしいと思います。河内屋の職人たちも負けづに頑張って欲しいと思います。河内屋の作品はソチの葛西選手が題材!大きさは今回少し小さくて迫力に欠けますが、細工技術や表現力は負けていません!
2014年3月7日全国蒲鉾品評会2.JPG
 そして会場は全国の蒲鉾を見る事が出来る!という事で色々な関係者が勢揃い!なかなか他では見れない熱気でした。日頃からこれだけ蒲鉾が注目されると良いのですがね・・・。
 もちろん品評会という事なので、別室では専門家が全国の蒲鉾を評価します。下の写真がそうなのですが、相当な数の出品なので評価する皆さんも大変ですね。
2014年3月7日全国蒲鉾品評会3.JPG
 会場には吉川農林水産副大臣も視察で登場し、色々と華やかな雰囲気でした。やっぱり政治家の皆さんは自分の出身地の蒲鉾が気になるようですね。
2014年3月7日全国蒲鉾品評会4.JPG
 蒲鉾業界は業者がどんどん減って行く寂しい業界ですが、出品されている商品を見ると革新的、意欲的、そして魅力的な蒲鉾を作っている蒲鉾屋さんがたくさんあると感じます。この力を結集して業界を盛り上げて行きたいものですね。河内屋も彼らから遅れをとらないようにしっかり頑張りたいと思います!
ページトップへ

2014年3月 3日(月)

お雛様かまぼこ2014

2014年3月3日お雛様かまぼこ.jpg
 今年の桃の節句、ひな祭り!河内屋も恒例のお雛様かまぼこを全店、そしてネットで販売し、多くの皆様から喜びの声を頂き、本当に良かったと思います。特に富山県では人生の様々なお祝い事で蒲鉾が使われる土地柄なので、お雛様かまぼこの細工蒲鉾は定番中の定番でもあるのです。詳しい事は分かりませんが、ほぼ県内の蒲鉾屋さんが何らかのお雛様に関わる蒲鉾を製造している土地柄であるので、蒲鉾屋の数だけお雛様かまぼこが存在し、結構バラエティです。お子様の健やかな成長をお祝いする大事な節句に蒲鉾を使って頂けると言うのは蒲鉾屋にとっても幸せな事で、今後もそんなお祝い事に貢献できるようにしっかり細工蒲鉾を作って行きたいと思います。
 一方、蒲鉾家では色々と忙しくてここ数年、ひな人形を出した記憶が無いのですよね。蒲鉾娘にもう少し日本文化とは・・・と教えたかったのですが、そんな時間を逸したまま一人暮らしへ突入!果たして大丈夫なんだろうか?心配になる今日この頃ですが、今さら言っても仕方ないですよね。こうなったら孫にはしっかり伝えるか!と蒲鉾女将と慰め合っているところです。
ページトップへ

2014年2月16日(日)

今年のバレンタインデーも無事に終了!

2014年2月15日バレンタイン1.jpg
 今年もバレンタイン商戦が終了しました。上の写真は今年2年ぶりに復活させたキューピッド蒲鉾なのですが、非常に人気が高く追加生産を何度もする結果となりました。実は昨年のバレンタイン商戦では販売しなかったのですが、お客様よりお問合せや販売のリクエストを多数頂きまして、この度の復活販売という事になった経緯があるのですが、予想以上の反響に驚きました。
 さて、今年のバレンタインかまぼこ・・・スタートは良かったのですが中盤は思うように注文が入らず、計画を見直した方が良いのか?それとも計画通り製造した方が良いのか?と迷う事がありました。一方で、スイーツ売場、菓子売り場の状況を聞くと非常に好調であるという噂!しかも高いモノから売れている!という現実。やはりアベノミクスの影響なのか、景気が回復して来ている兆候なのか、王様のチョコレートに元気がありましたね。こういう時は伏兵の蒲鉾はなかなか難しいというのが現実です。しかも最近では義理チョコより友チョコのニーズが高いという環境で、蒲鉾の出番は厳しいのかな・・・というのが中盤頃の状況でした。そして決断したのは計画通りに思い切って製造!
2014年2月15日バレンタイン2.jpg
 1月25日には北陸中日新聞、2月13日にはBBTのYouドキッ!たいむで紹介して頂き、最終的には怒涛の駆け込み注文が重なり予定数は完売!本当に良かったです。こういうイベント商品の計画は難しくて、毎回違う理由で苦労しているような気がしないでもないですが、喜んで頂く為にまた来年も作りたいと思います。特に最近では富山県内の蒲鉾屋さんほとんどのところがハート蒲鉾を作るようになって来ていて、何となく売場も賑やかになっているような気がします。富山県内のバレンタインかまぼこを牽引してきた河内屋としては、来年も他社に負けないようにしっかり頑張りたいと思います!
 さてプライベートではバレンタインデーとは縁遠い生活をしていますが、今年も蒲鉾女将と蒲鉾娘はせっせと誰に渡すのか手作りチョコ?を共同制作していました。声をかけると邪魔者扱いされるので、近付かないようにしていましたが、バレンタインデー当日、とりあえず義理で余りもの?をもらいました。もらえるだけ良しという事で!
 それにしても今年のバレンタインデーは全国的に大雪で、珍しく東京でもホワイトバレンタインデー!交通網も大混乱で色々な意味で思い出に残るバレンタインデーになった方も多いのでは?!
2014年2月15日バレンタイン3.jpg
ページトップへ

2014年2月 4日(火)

2014年バレンタインかまぼこ!

2014年2月4日バレンタイン蒲鉾1.jpg
 実生活ではバレンタインデーとますます疎遠になっていますが、河内屋恒例のバレンタイン蒲鉾は非常に盛り上がっています。特に昨年から販売しているプティ・キャレのバレンタイン蒲鉾バージョンはチョコレートに対抗して頑張っています。
 ハート蒲鉾を販売してずいぶん経ちますが、毎年色々とバレンタイン商戦を盛り上げる為にやって来ました。今では県内の多くの蒲鉾屋がバレンタイン商戦に参加するようになり、レベルも色々とありますがそれなりに賑やかにはなって来ました。もちろんチョコレート業界の洗練された華やかさに比べると、蒲鉾業界のデザイン性は何と言うか、一言でいうとダサいと言うか、パッとしないのが現実です。その反省をもとに少しでも華やかさ、洗練された感じを出したい!と思って出したのが写真の蒲鉾です。甘いものより酒のつまみ!という方を中心に関心を集めていますし、若い世代にもそこそこの評価、支持を得ているようなので良かったと思っています。
 本命の方に河内屋のバレンタイン蒲鉾を贈って頂ければ蒲鉾屋としては本望ですね。そして想いが伝わればさらに嬉しいです。
2014年2月4日バレンタイン蒲鉾2.jpg
ページトップへ

2013年12月19日(木)

これからが勝負!頑張るのみ!

2013年12月19日お歳暮1.jpg
 蒲鉾屋の12月・・・毎日やるしかない!という強い気持ちで頑張っています。工場の製造から出荷まで、そして受注から出荷まで、さらに店頭での販売から出荷まで、ありとあらゆる部門が12月の究極の繁忙期状態となっています。年内の短期アルバイトで来て頂いている皆さんにも色々と協力して頂き本当に感謝!しかしこれからが本当の戦い!この10日間は一年で最も大変な時期です。最終決戦に向け頑張りたいと思います!
2013年12月19日お歳暮2.jpg

ページトップへ

2013年11月12日(火)

祝10,000セット突破!

2013年11月12日プティキャレ1.jpg
 2011年10月に「明日のとやまブランド」にも認定された細工かまぼこ「プティ・キャレ」!この度、工場からの出荷セット数が10,000セットを突破しました!本格的に販売してから約1年半で10,000セット突破という事で非常に嬉しいです!
 もともとこの商品は、蒲鉾女将が某結婚式場の為に考えた商品だったのですが、今では色々と引き合いが多く、富山県内の結婚式場はもちろんの事、県外のブライダル関係にも多数取引が増えました。また、ネットでの注文も非常に多くて、ブライダルシーズンは相当数を出荷しています。
 県内同業者からは、これは富山伝統の細工かまぼこではない!という事を言われる事もありましたが、あくまでも富山伝統の細工技術を活かし、現代のニーズに合う新たな細工手法であると前向きに捉えて頑張って来ました。実際の商品は真空包装になっていますので、見た感じは少し圧縮されたような感じはあるのですが、真空包装の方が衛生的にも、日持ち的にもブライダル関係では喜ばれているようです。
 富山県内では昔から人生の節目や家族の大事な日に蒲鉾を使う風習があります。そして親戚やご近所に福を分けるというお裾分け文化のある地域です。昔ながらの大きな鯛や鶴亀なども今後しっかりと製造して行きますが、一方でこういう進化形の細工?蒲鉾もしっかり提案して行きたいと思っています。
2013年11月12日プティキャレ2.jpg
ページトップへ

2013年10月25日(金)

いろいろな取材

2013年10月25日取材.jpg
 比較的取材は多い方だと勝手に思っているのですが、蒲鉾が注目をされる時期というのはやっぱり12月が近づく1年の後半になります。地味な古き伝統食品の蒲鉾を色々な媒体で取り上げてくれる事は非常にありがたい事で、河内屋でも依頼があればほぼ100%受けるようにして、積極的に協力をさせて頂いています。
 一方、工場から販売まで各部署、一番忙しい時期になって来るというのも事実で、特に12月の後半に来る取材に関しては断る事が多いと言うか、ほぼお断りしている事が多いかもしれません。それにしても数ある富山県内の蒲鉾屋から、河内屋に興味を持ってくださる方には本当にいつも感謝です。お話をしているとやはり味はもちろんの事、デザインや雰囲気を気に入って下さる方が多くて、取材の調査段階でほとんどの方が、このブログを読んで訪問して下さる方が多いのも驚きです。
 そして言われてしまうのが、社長さんはイカが好きなんですか?という質問・・・。まぁ、一応そういう事でよろしくお願いします。
ページトップへ

2013年10月23日(水)

2013年お歳暮カタログが完成しました!

2013歳暮DM表紙.jpg
 今年もいよいよお歳暮の時期が迫って来ました!会社全体としては9月の声を聞くと気持ちは年末モードに切り替わり、社内のありとあらゆる分野の準備期間としては既に臨戦態勢に入っています!そしてこの時期になって来ると、お客様からの「カタログを送って欲しい!」「まだカタログが来ない!」などなど嬉しいお問合せが多くなって来ます。予定としては10月末から11月頭にかけて、お届け出来るように準備を進めているところです。今年のお歳暮もぜひ河内屋を選んで頂きたいと願っています。
ページトップへ

2013年7月31日(水)

かまぼこの新しいカタチ!

2013年7月31日かまぼこ音楽隊2.jpg
 フリーマガジン富山情報の最新号が、河内屋の蒲鉾を取り上げてくれました。本当にありがたい事です。今回の特集は、富山の魅力、おすそわけ!ご自慢手みやげ図鑑という事で、ご自慢グルメのジャンルで取り上げて頂きました。
2013年7月31日かまぼこ音楽隊3.jpg
 取り上げて頂いたのは、7月12日に発表させて頂いた河内屋の新しいカタチの細工蒲鉾!かまぼこ音楽隊!です。主に河内屋マリエ店を中心に富山地区の直営店で販売していますが、これがなかなか好評で、お客様からも嬉しい声や高い評価を頂いていて、私たちも大変嬉しく思っているところです。
 紙面では3種類しか出ませんでしたが、実は12種類もあります。最近はAKBではないですが、12種類あると人気の違い、手に取って頂く頻度、そして売上個数に特徴が出て来ました。店舗によってもセンターに位置するキャラクターは違うようです。とにかく蒲鉾を身近に感じてもらうという事が重要なので、これから新しいキャラクターも登場させながら楽しい売場にして行きたいと思います!
2013年7月31日かまぼこ音楽隊1.jpg
ページトップへ

2013年7月13日(土)

かまぼこ音楽隊♪登場!

2013年7月13日かまぼこ音楽隊.jpg
 新しい新商品が出ました!その名も「かまぼこ音楽隊♪」です。相変わらず全てが手作りなので、製造数に限りがありマリエ店と大和店で先行販売しています。お客様からの評価も上々で、これから新しいシリーズに育ってくれれば良いなと願っているところです。
 今回の音楽隊はあえて種類をいっぱい揃えてみました。ライオン、ヒヨコ、ピンクのウサギ、ゾウ、タコ、サル、ネコ、イヌ、ペンギン、グレーのウサギ、フクロウ、トラの12種類で、どれもデザイン的にはかわいく仕上がったと思っています。
 現在、河内屋では富山県の古き良き伝統の細工蒲鉾にスポットを当てながらも、デザインや技法は新たな時代に向けて色々な工夫をしているところです。昔流にデフォルメをかけ現代風に仕上げて行く過程では、社内でもかなり意見が色々と分かれますが、社長としてはかわいく!楽しく!というコンセプトからブレていなければ採用しようと思っており、試作を繰り返すうちに12種類になりました。
 また、今回の新シリーズは現場の店長のアイデアが大きく反映されており、製販一体で出来上がった商品だと思っています。後は売れるかどうか?という現実だけですね。
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事