蒲鉾家

2017年8月20日(日)

久しぶりに鯛が釣れました!

2017年8月20日釣り1.jpg
 最近本当に不調というか、思うような釣果が無く、これは魚がいないのか?スランプなのか?と思う一方で、相方が続けて釣果を上げるという日が続いていました(泣)。一応言い訳は操船してるから・・・とか自分に言い聞かせていますが、釣果がないとやはり寂しいものです。しかしながら相方が釣れればそれはそれでポイント発見だったり、相方の満足気な顔を見ると楽しいのも事実です。
 そんな事を色々と考えながら今回は1人で早朝に出撃しました。最初は思うような生体反応は感じなかったのですが、ある時間帯から反応がポツポツと出て来て結果的には何とか鯛を1枚だけ釣ることが出来ました!しかも50cmオーバーで食べたら美味しいサイズ!本当に嬉しかったです。
 その後、30cmオーバーのレンコダイを釣り上げ終了しました。その後はまたまた反応が無くなり結果はこの2枚だけでしたが、今回は非常に満足感がありました。やっぱり釣りというものは釣れる喜びを追いかけているスポーツなんだとつくづく思います。いやぁー本当に久しぶりに鯛が釣れて良かった(笑)。
2017年8月20日釣り2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年8月11日(金)

新しいメガネを新調しました!

 先日イスに置いてあるメガネに気付かず座ってしまいました。イスにメガネを置いたのも自分、座ったのも自分・・・ということで、誰にも文句も言えず一人反省していました。このメガネ、実は遠近両用メガネでして、最近はすっかり慣れて遠近両用の独特の世界にも違和感なく過ごしているところでした。この遠近両用メガネが使用出来なくなってしまったので、昔の近視用メガネをかけて1週間ほど過ごしましたがこれまた超不便!書類を読むのも、新聞読むのも、スマホを使うのも超不便!参りましたね。老眼が入っていない時代は、ZやJの安いメガネを愛用していて、色々なデザインのメガネをTPOに応じて使い分けていましたが、老眼が入った今は全部ガラクタ?とりあえず外出する時や運転には使えますが、日常生活には非常に不便感を感じました。そう考えると遠近両用メガネって凄い便利なものなんですね。失って初めて気付きました。ということで、朝日町にある眼鏡屋ユジマさんでメガネを修理!復活して元の生活に無事に戻りました(笑)。ちなみにユジマさん、ご主人が非常に丁寧な仕事をしてくれるのでファンの方も多いです。
2017年8月11日メガネ2.jpg
 そして今回、新しいメガネを新調してしまいました。度が少し進んでいたということもありますが、50歳代にもなったということで、少し大人の?でもないですが、最近のトレンドであるというデザインに変えてみました。以前はSPEC ESPACEというブランドのメガネを選びましたが、今回はSTEADYというブランドです。今回も色々なものを合わせてみましたが、選んだこのフレームは非常にかけやすくてしっくり来ました。さらにユジマさんの丁寧な調整で完全にかけ心地はヒット!やっぱりMade in Japan品質は違いますね。メガネを愛用して来ただけに品質の違いを肌で感じてしまいます。レンズの出来上がりに10日程かかりそうなので、いつデビューになるか分かりませんが、またよろしくお願いします(笑)。
2017年8月11日メガネ1.jpg
 ちなみに遠近両用はレンズが命です。やはり良いレンズを選ぶことが大切だと思うし、目にやさしいし、疲れないと思います。遠近両用メガネが苦手という方もいると思いますが、個人的な感想としては慣れだと思うのですよね。その慣れというものを手助けしてくれるのがレンズの品質だと思いますね。なので遠近両用メガネに関しては、昔のようにTPOに応じて色々と持っていません。それは仕方ないと思っています。

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年8月 6日(日)

せり込み蝶六踊り街流し2017

 今年も「じゃんとこい魚津まつり」が無事に終了しました。昨年はベルギーからの留学生2人と帰省した蒲鉾太郎、蒲鉾娘を連れて賑やかに参加しましたが、今年はいつも通り1人で見学・・・と言うのも蒲鉾女将が「せり込み蝶六踊り街流し」に参加するからです。この数年、蒲鉾女将は商工会議所女性部の一員として毎回参加していますが、当社で働くベトナム人技能実習生も参加しています。今回も一生懸命に練習していましたので、しっかり雰囲気も出ていて良かったと思います。下の写真はゴール直後の記念写真。達成感のある表情をしていますね!ベトナム人技能実習生にとってもこれが良い思い出になることを願っています。
2017年8月6日じゃんとこい魚津まつり.jpg
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年7月 7日(金)

さようなら!モライア!

2017年7月7日モライア帰国1.jpg
 モライアが無事に帰国しました!今日はホストファミリーと関係者が揃って見送ることが出来たので良かったと思います。ちなみにサムとレイチェルは富山から羽田に飛び、そこから成田に移動というパターンでした。一番心配な羽田から成田への移動は、大学生であった蒲鉾太郎が付き添いしてくれましたので安心でしたが、今回は蒲鉾太郎が社会人!ということで頼むことが出来なくて、少し心配だったのですが、実は今回の帰国便・・・富山⇒台北⇒ロス⇒オーランドというパターン!相変わらずトランジットでかなりの時間を空港で過ごすのですが、富山空港から乗ってしまえば特に心配なこともなく安心して見送ることが出来ました。
2017年7月7日モライア帰国2.jpg
 ということで上は今回のホストファミリーのママチーム!色々とお世話になりました。最後の最後は全員とハグして別れましたが、今回は全員笑顔でのお別れ。しんみりしなくて良かったです。いつかまた会える時が来るとは思いますが、モライアには次の大学生活、そしてその後の人生を素晴らしいものにして欲しいと思います。さよならモライア!
2017年7月7日モライア帰国3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年7月 4日(火)

モライアが最後のスピーチ!

2017年7月4日モライア1.jpg
 ロータリークラブ新年度の最初の例会、交換留学生のモライアにとっては最後の例会となりました。彼女は今週7日(金)に帰国します。本当にあっという間の1年ですよね。しかしその1年での成長は凄いものがあります。10代という人生で一番多感な時期に、親元を離れ異国の地で過ごすというのは貴重な経験です。その貴重さを本人が今現在どこまで理解しているかは別として、これから生きて行く人生の中では必ず役に立つはずです。モライアは帰国したら大学に進学するということなので、次のステージでしっかり頑張って欲しいと思います。
2017年7月4日モライア2.jpg
 上の写真は今回のホストファミリーのパパが勢揃いして記念撮影。実際にモライアの面倒を直接見てきたのはママたちですが、パパチームはパパチームでそれなりに一生懸命努力して来ました(笑)。そういう意味で本当にモライアの留学生活が無事に終わったな・・・と実感しながら安堵しているところです。
 前日にはホストファミリー中心に関わってくださった皆さんが集まってFarewell partyが開催され大いに盛り上がりました。さぁ、これから荷物を梱包して7日の帰国に向かって準備ですね。
2017年7月4日モライア3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年6月24日(土)

ハノイからシンガポールへ移動

2017年6月24日シンガポールへ移動1.jpg
 ハノイでの面接が予定通り終了して翌日、ハノイの商業施設の視察にも興味あったのですが、シンガポールに移動しました。ハノイからシンガポールへは多い時で1日8便も飛んでいるのですが、スケジュール的に一番良いのがベトジェットエアだったので予約してみました。本当はシンガポール航空に乗ったことがないのでそっちにしたかったのですが、時間が合わず止めました。今回のベトジェットエアですがベトナムのLCC。現地の方にどんなもんか聞いたら、やり手の女性経営者で有名らしく、機内でファッションショーをやったり、CAさん?が水着を着たりと色々と情報発信を熱心にやっているLCCだと聞きました。世界には色々な航空会社があるのですね~。
2017年6月24日シンガポールへ移動1-2.jpg
 チェックインカウンターで何故かskyBOSSという印を押されました。後で知ったのですが、これってベトジェットエアのサービスの一つで、要はエコノミーに対してビジネスのような感覚らしく、優先的に何でもやってくれたり、機内食が無料だったり、あれこれとサービスが付いているチケットだったみたいです。自分ではこういうチケットを購入したつもりはないし、何でこうなったのか分かりませんが、とりあえずなるがままに機内で過ごしました(笑)。
2017年6月24日シンガポールへ移動3.jpg
 ちなみに席は一番前でこんな感じです。確かにサービスも良くて、他のお客様と比較して明らかに差別ではなく区別されています。隣りに座っている人はチケットに印が押してなかったので、おそらく今回のフライトでは私たち夫婦だけがskyBOSS状態?とにかくLCCということで覚悟していましたが、それなりに足下は広いし、食事やら飲み物やら色々と出てくるし、乗り降りは最優先だし、ありがたくサービスを享受しました。
 今回は全て航空機の手配を自分でネット予約したのですが、その際に何かそれを選択していたのでしょうかね?未だに原因が分かりませんが、無事にシンガポールに移動することが出来ました。ハノイから来たせいかシンガポールは涼しく感じます。マーライオンに会うのは3回目ですが、街にこういうシンボルがあるのは良いですね。
2017年6月24日シンガポールへ移動4.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年6月18日(日)

モライアが移動しました・・・

2017年6月18日モライア1.jpg
 蒲鉾家で預かっているロータリークラブ交換留学生のモライアが次のホストファミリーに移動する日が来ました。蒲鉾家に来て3ヶ月と1週間、蒲鉾家の娘として預かって来ましたが、久しぶりに賑やかな日々を過ごすことが出来て楽しかったです。
 以前から工場見学と細工かまぼこの体験をさせたかったのですが、お互いに忙しくて結局最終日に実現できました!
2017年6月18日モライア2.jpg
 上の写真はなかなか良い手つきで自分の名前を書いているところです(笑)。アメリカではまず体験できないことなので、思い出になってくれればと思います。
 その後、これまた行くのが最終日になってしまった地元にある家系ラーメンはじめ家!に連れて行く事が出来ました。基本的に外国人はラーメンが好きなんですが、厨房の中が見えてこういう雰囲気が好きみたいですね。過去にはサムもレイチェルも連れて来ています。
2017年6月18日モライア3.jpg
 魚津滞在の最終日にもなった訳ですが、モライアの人生で魚津に3ヶ月間住んだこと、そして蒲鉾家の娘として3ヶ月間過ごしたことが少しでも役に立てば良いと思っています。僕は留学経験がありませんが、RCの高校生を対象にした長期留学プログラムの意義というのは、高校生という最も多感な時期に、自国に居ては決して経験できない様々な体験を通じて人間的成長を促すことにあります。モライアも7月に帰国しますが、この経験をもとに大きく成長して欲しいと願っています。
2017年6月18日モライア4.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年5月27日(土)

モライアと能登一周ドライブ!

2017年5月27日能登1周1.jpg
 蒲鉾女将とモライアと3人で能登一周ドライブをしました。おそらく能登半島を本当に一周ドライブしたのは学生以来のことだと思います。魚津からの総距離数は約400Kmでした(笑)。とにかく能登半島最先端の禄剛崎まで行って禄剛灯台を見に行こう!という目標を立てて走りました。幸い天候にも恵まれ色々な観光スポットを久しぶりに観ることが出来て良かったです。金沢も良いですが能登も良いですね。特に釣り好きな僕としては気になるポイントがいっぱいありました。
 今回は魚津⇒千里浜なぎさドライブウェイ(強風で通行止めでした)⇒輪島⇒千枚田⇒奥能登揚げ浜塩田⇒窓岩⇒禄剛灯台⇒空中展望台スカイバード⇒見附島⇒和倉⇒氷見⇒魚津というコース。よく走りました!モライアにはどうだったか分かりませんが、日本人でもそう走らないと思うので良い機会であったと・・・いつか伝われば良いと思います(笑)。
2017年5月27日能登1周2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年5月20日(土)

とやま日季 2017年春号に蒲鉾女将が登場!

2017年春号とやま日季(表紙横1000).jpg
 富山県のPR誌である「とやま日季」という冊子があるのですが、その中で「富山の達人たちのとっておきの朝・・・今日の朝ごはん」というコーナーがあります。そのコーナーになんと蒲鉾女将が登場しました。僕もついでにちょこっと写真で登場していますが、最近、各方面の方から「記事を読んだぞ!」と声をかけられるものですからブログにも記録としてアップしておきます。
ちなみに「読んだぞ!」の次にかけられる言葉は「休日の朝はこんな豪華な素晴らしい朝ごはんを食べているのか?」「羨ましい!」「今度食べさせて!」等々です。ここではこれ以上、詳しいことは書きません(笑)とりあえず記事を読んで頂きご想像にお任せします・・・。
2017年春号とやま日季(記事横2000).jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2017年5月18日(木)

魚津の夕焼けは素晴らしい!

2017年5月17日魚津の夕焼け1.jpg
 ここ最近、良い条件が続いていて素晴らしい夕焼けを見ることが出来ています。夕焼けフェチの僕としては、夕焼けタイムが近づいて来るとついつい外が気になります。今回の夕焼けは久しぶりの好条件で、色、大きさ、時間も非常に満足行くものでした。交換留学生のモライアも幻想的な世界にビックリしていました!
 魚津の夕焼けも十分観光資源になると思って地道に発信しているのですが、どこまで伝わるかは色々と難しいところです。富山県の観光写真や富山湾のPR写真は対岸からこちらを側を撮るパターンが多いように感じます。ぜひこっち側の景色の凄さも感じて欲しいところですね。
2017年5月17日魚津の夕焼け2.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事