魚津あれこれ…

2012年12月23日(日)

いつもと変わらない12月...

2012年12月23日連日の残業.jpg
景気の状況も良くないし、選挙もありましたし、今年の12月はどうなんだろう?という心配がありましたが、蒲鉾屋の12月は何も変わりなく、お陰様でブログが書けない状態が続いています。各店、工場の各部署では、連日忙しい日々が続いていて、特に出荷に関しては24日から28日まで毎日大量出荷を予定しているので気が抜けません。追加もあり、変更もあり、さらに運送便の遅延などもあり日中は本当にあっという間に時間が過ぎて行きます。年内の繁忙期も残りわずか・・・アルバイトさん達も含めて全員で頑張りたいと思います。それにしても本当にありがたい事だと感謝、感謝です。
ページトップへ

2012年12月 9日(日)

ついに雪が...

2012年12月9日白い世界.jpg
5日あたりから爆弾低気圧の影響で空模様が激しく変化しています。魚津では昨夜からついに雪が降り始めて、今朝の景色は一面白い世界でした!天気予報も丸一日雪マーク・・・いよいよ本格的な冬になりそうです。気温も下がって来ているので、色々な面で注意をしなければなりませんね。ちなみに北陸の交通機関は乱れに乱れ、かなり不便な状況になりました。北陸にお出かけの際は交通事情をよく確かめて行動して下さい。それにしても今年は例年より雪が早い!このまま年末まで行くのでしょうか。雪が降ると物流に乱れが出て、時間帯指定など厳しくなります。何とか年内はあまり雪が降らないで欲しい!と願うばかりです。
ページトップへ

2012年11月25日(日)

富山は快晴、素晴らしい天気でした!

2012年11月25日快晴2.jpg
今日は一日快晴で大変穏やかな気候でした。午前中は葬儀に参列していたのですが、魚津と富山を往復する車の中から見える景色は、富山に住んでいる者しか体験できない素晴らしい風景が広がり、言葉では言い表せないほどの絶景に感動しました。ちょうど雪化粧をしだした立山連峰の雄大な景色は本当に凄過ぎます!午後からは蒲鉾女将と久しぶりに入善方面にプチドライブをしましたが、海、山、川・・・全ての景色が最高でした。こんな日も珍しいと思います。明日からまた天気が下り坂のようなので、青空を十分に堪能できました。
2012年11月25日快晴3.jpg
夕方、夕陽と夕焼けの写真を撮影しようと思い屋上に上がったら、富山湾の表情は秋の終わりとは思えない穏やかな雰囲気でした。冬が来る前の静けさのようにも感じますが、富山の大自然を十分に感じる事が出来ました。上の写真は月と飛行機雲の構図になるまで飛行機を待ち受けて撮影したのですが、三脚撮影ではないのでちょっと手振れ。下の写真は夕陽が落ちる直前の夕焼け。日が暮れるまでのわずかな時間帯ですが、本当に癒される素晴らしい夕焼けでした!
2012年11月25日快晴1.jpg
ページトップへ

2012年11月24日(土)

雪の季節が近い...

2012年11月24日除雪車.jpg
外からいつもと違う音が聞こえて来たので、窓から覗いてみたら除雪車の調整をやっていました。いよいよ雪の季節だ・・・としみじみ思いましたが、1年が経つのが本当に早いですね!昨年は大雪で大変な目に遭いましたが、今年の冬は一体どうなるのか?噂では暖冬?雪が少ない?などなど色々と聞こえて来ますが、雪が降る事は間違いないので、雪国に住んでいる以上、この期間は耐えなければ仕方ありません。いつも思うのですが、年内だけは振らないで欲しい!とみんなで願っています!
ページトップへ

2012年11月 5日(月)

夕焼けに癒されて...

2012年11月4日の夕陽.jpg
上の写真が11月4日、そして下の写真が11月5日の夕焼けです。最近はfbで夕陽、夕焼けの写真を多く投稿しているので、自称「夕陽、夕焼け評論家?」と化していますが、僕の写真を見て色々な方から新湊大橋が見えるのですね!とか、埋没林館が良いですね!とか、河内屋さんから夕陽や夕焼けがキレイに見えるのですね!と言われる事が多いです。
まず新湊大橋が見えるというのは事実で上の写真の通りですが、寒くて空気が澄んでいる時は裸眼でも余裕で見る事が出来ます。そして埋没林館の三角屋根・・・これがなかなか夕陽や夕焼けの中で非常に見栄えがするのも事実です。そして河内屋から夕陽や夕焼けがキレイに見えるかどうか?正解は微妙なのですが、河内屋本店から富山湾方面を見てもJRや地鉄の線路しか見えません。僕が撮影しているのは、自宅のある河内屋ビル4階の屋上から撮影しているのです。という事で1階の店舗からは富山湾の景色は見れませんが、屋上から今後とも情報を発信して行きます!

2012年11月5日の夕陽.jpg
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2012年9月 1日(土)

魚津にMcCafe by BaristaがOPEN!

2012年8月31日マック魚津店1.jpg
魚津ではマクドナルド魚津店がオープンとあって大変混みあっていました。混んでいた理由は、マクドナルドが新しく展開している専任バリスタによる「本格派カフェコーヒー」を提供するコーナー「McCafe by Barista」が併設されたからです。このMcCafe by Barista、全国で原宿と六本木の2店舗しかなく、8月31日に大阪阿倍野と魚津に同時オープンという事で、オープン前から注目されていて、写真の通りマスコミ各社もかなり取材に来ていました!なぜこんな写真が撮れたかというと、オープン初日から早速行ってしまいました。周囲からは混んでいるのに物好きだなぁ~と呆れられていますが、新しいモノ好きの僕としては、ついつい体が勝手に動いてしまいます。魚津市にはマックの路面店がなかったので、ちょっと都会になった気分です。本当はスタバとかが出来れば良いのでしょうが、ちょっと無理そうですからね・・・。ちなみにこのMcCafe by Barista、魚津店はドライブスルー対応なのですよ!これは全国初の店舗?なのか分かりませんが、僕が必ず通る道にあるので、ちょっと便利になりました。
ページトップへ

2012年8月29日(水)

朝焼け&夕焼け

2012年8月26日キジハタ1.jpg
facebookでよく夕陽をアップしているのですが、最近は夕焼けが気に入っています。ちなみに上の写真は夕焼けではなく朝焼け。早朝、釣りに出かけた際に撮る事が出来ました。夕焼けと違う雰囲気で、埋没林博物館とのコントラストが非常に雰囲気がありました。そして下はいつもの夕陽ですが、タイトルは夕焼けにしました。夕陽、夕焼け、海、釣り人・・・良い感じでしょ?日曜日の撮影ですが、思い出にブログにアップしときます。この日は狙っているキジハタも2匹釣れたし良い日でした。
2012年8月26日キジハタ7.jpg
ページトップへ

2012年8月26日(日)

第3回漁火まつり!

2012年8月25日漁火まつり2.jpg
外に出る用事があったので、その帰りに「漁火まつり」をのぞいてみました。地元に住んでいてこんな祭りがあるとは正直知りませんでしたが、夕方花火が上がったので何かな?と思っていたところに、この祭りの事を教えてもらいました。早速HPで調べてみたら、第3回という事でまだやり始めて3年目のイベントなんですね。
2012年8月25日漁火まつり1.jpg
会場の雰囲気は写真の通り、暗い中で松明の明かりが幻想的で、出店の提灯も非常に良い感じでした。規模は大きくないのですが、夏の最後の祭りをそれぞれ楽しんでいる様子で、こういう祭りも非常に良いですね。舞台では色々な芸能が披露されていましたが、観客も結構多くて賑やかでした。数を重ねて行けば、夏の終わりの風物詩になるかもしれません。家に帰るとちょうど花火の音がしたので会場方面を見ると、いかにも夏の終わりを感じる花火を観る事が出来ました。日中はまだまだ暑い日が続きそうですが、今年の夏も終わったような気がします。
2012年8月25日漁火まつり3.jpg
ページトップへ

2012年8月13日(月)

楽しい交流の後に...

2012年8月13日マーチングバンド.jpg
 魚津市制・魚津商工会議所創立60周年、第43回じゃんとこい魚津まつり「マーチングバンドフェスタ」開催にともなう韓国・塩光女子メディテク高校生のホームステイ受入協力した際の記念写真を頂きました。蒲鉾家もジヨンとガウンの二人を受け入れた事で本当に楽しい思い出になったし、各家庭を見ても良い交流が出来たんだな~と感じました。あまり魚津の色々な事業に携わっていないので、詳しい事は分かりませんが、関係者の皆さんは大変だったと思います。ホームステイ受け入れという形で協力出来た事は良かったと思っています。
 7月後半にはPTAの関係で韓国・大田広域市、ソウルを訪問して関係者との交流があったり、今回のジヨンとガウンの受け入れがあったり、蒲鉾家の冷蔵庫の中が韓国食材で一杯であったりと、韓国との良い思い出がたくさんあるのですが、今回の一連の問題が残念でなりません。ちょっと理解に苦しむところがありますが、民間レベルでは友好にやって行きたいと思います・・・というか、そう願いたいです。しかし、ここまで悪化すると民間レベルでもしばらくは自粛など、せっかくの交流も停滞するでしょうね。残念ですが様子を見守るしかないと思います。
ページトップへ

2012年8月 6日(月)

息子と娘が増えた2012年夏!

2012年8月7日帰国2.jpg
たった5日間の短い期間でしたが、蒲鉾家にホームステイしていた韓国人高校生二人、ジヨンとガウン・・・トラブルも体調崩すことも無く、無事に帰国しました。本当に良い子たちで蒲鉾娘と同い年という事もあり、娘が3人いたような感覚でした。前情報で韓国語しか分からないという事を聞いていたので、コミュニケーションや生活は上手くやって行けるのか実は不安だったのですが、いざ来てみたら何の問題もなく、楽しい5日間でした。英単語を言えば何とか伝わるし、特に娘たち3人は毎日楽しそうにコミュニケーションをとっていたので、やっぱり若い世代は凄いなぁ~と感心しました。
2012年8月7日帰国1.jpg
出会いがあれば別れがある訳で、親子のように家族のように過ごした5日間はあっという間に過ぎ、最後は涙、涙の別れになりました。特にホストファミリーになって直接的な世話をして来た母親たちは色々な感情が交錯するのでしょう。蒲鉾家にとっては米国人のアンディーに続いて韓国人のジヨンとガウンの受入れ。貴重な体験が続けてあり、私たち家族にとっても忘れられない夏となりました。蒲鉾家の子ども達も含め、未来に向かって羽ばたいて欲しいと心から願っています。息子が一人増え、娘が二人増えた2012年夏・・・思い出をありがとう!
2012年8月7日帰国3.jpg
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事