蒲鉾造り

2019年5月 3日(金)

平成の時とは違い賑やかな令和の始まり・・・

2019年5月令和2.jpg
GW10連休の真っ只中で各店とも凄いことになっています。

特に金沢駅と富山駅は観光客の皆さんが凄いですね・・・。

今回のGWは元号が変わるという特別なタイミングになりましたし、昭和から平成に変わった当時の喪に服すという静かなイメージだったものが、今回は完全にお祭り騒ぎという雰囲気になりましたし、ある程度は予想していましたが、やはり凄い人が動いているのだと感じます。

そんな中、4月1日の新元号発表の時から作り始めた「令和かまぼこ」が意外に売れているのです!

当初はあくまでも話題性!ということで作り始めたのですが、このGWでもかなりの数が動いています。

数に限りがありますので、もはや店頭にある分だけなのですが、問題はこの「令和かまぼこ」がこの先も売れるのでしょうか?(笑)。

現在のお祝いムードの時だけなのか?これからも売れるのか?

GW明けは少し様子見ですね。

受注生産としてご希望があればいつでもお作りするつもりです!

ちなみに例年のGWは、端午の節句 金太郎かまぼこが人気で、工場でも連日製造して来ましたが、今年も大人気で品薄状態になっています。

やっぱり今年のGW10連休というのは、過去のデータや経験値があまり役に立たない特別な年なんだと思います。

賑やかしく始まった令和。

徐々に仕事や生活の中で馴染んで来るのだと思います。
2019年5月5日金太郎1.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年5月 3日(金)

平成の時とは違い賑やかな令和の始まり・・・

2019年5月令和2.jpg
GW10連休の真っ只中で各店とも凄いことになっています。

特に金沢駅と富山駅は観光客の皆さんが凄いですね・・・。

今回のGWは元号が変わるという特別なタイミングになりましたし、昭和から平成に変わった当時の喪に服すという静かなイメージだったものが、今回は完全にお祭り騒ぎという雰囲気になりましたし、ある程度は予想していましたが、やはり凄い人が動いているのだと感じます。

そんな中、4月1日の新元号発表の時から作り始めた「令和かまぼこ」が意外に売れているのです!

当初はあくまでも話題性!ということで作り始めたのですが、このGWでもかなりの数が動いています。

数に限りがありますので、もはや店頭にある分だけなのですが、問題はこの「令和かまぼこ」がこの先も売れるのでしょうか?(笑)。

現在のお祝いムードの時だけなのか?これからも売れるのか?

GW明けは少し様子見ですね。

受注生産としてご希望があればいつでもお作りするつもりです!

ちなみに例年のGWは、端午の節句 金太郎かまぼこが人気で、工場でも連日製造して来ましたが、今年も大人気で品薄状態になっています。

やっぱり今年のGW10連休というのは、過去のデータや経験値があまり役に立たない特別な年なんだと思います。

賑やかしく始まった令和。

徐々に仕事や生活の中で馴染んで来るのだと思います。
2019年5月5日金太郎1.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年4月30日(火)

さようなら平成、ありがとう平成!

2019年4月30日平成最後.jpg
いよいよ平成が今日で終わりですね。

昭和から平成に変わった時と比べると随分と雰囲気が違うものです。

毎年、このブログでも年末に一年を振り返ることはありますが、平成という元号が変わるとなるとやっぱり平成を振り返ってしまいますね。

思えば平成という時代は人生の大事な時期を過ごした時代でした。

大学卒業、就職、蒲鉾女将と知り合い、結婚、転職、蒲鉾太郎誕生、苗字を変え養子縁組、蒲鉾娘誕生、子育て・・・そして仕事も含めて何もかも余裕無く、ただただ頑張って生きていたような平成の前半。

平成の中盤では、祖父との別れ、祖母との別れ、父との別れ、そして義父との別れもありました。

後半は子ども達の学費やら留学やら1人暮らしやら家族はバラバラでしたが出費の日々、そして大学卒業、北陸新幹線開業関連などなど・・・、

僕の世代にとっては人生の中で密度の濃い時間を過ごした平成だったと思います。

蒲鉾業界もこの平成時代に大きく様変わりしました。

世の中の食に対する価値観も大きく変貌しました。

富山県独特の食文化、蒲鉾文化も無くなりはしていませんが、大きく変化したのも確かです。

特に大きく変わったのは原料事情です。世界で魚を食べるようになり、今まで当り前のように手に入っていたものが当り前ではない時代になってしまいました。

さて、明日から始まる令和の時代はどんな時代になるのでしょうか?

今までの30年とはまた次元の違うスピード感で令和の時代が進んで行くのでしょう。

とにかく今日は、さようなら平成、ありがとう平成という気持ちです。

写真は平成29年8月に魚津で開催された植樹祭の際に僕が撮影したものです。

平成最後のブログに記念に再アップしときます!
2017年5月28日第68回全国植樹祭1.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年4月26日(金)

第14回法人会全国女性フォーラム富山大会が開催されました!

2019年4月26日法人会全国女性フォーラム1.jpg
第14回法人会全国女性フォーラム富山大会に参加された全国の皆さん、本当にお疲れ様でした!

あいにくの雨模様だったのが残念でしたが、富山大会は大いに盛り上がったようで本当に良かったです。
2019年4月26日法人会全国女性フォーラム2.jpg
蒲鉾女将が会員であることはもちろんですが、当社からは物産展に参加させて頂いて、万全の体制で臨みました!

各地で開催されてきた様子を聞いていたので、少し心配だったのですがしっかり準備をして行ったので結果的にはビックリするような結果でした。

全国から来る方たちへの歓迎の意味も含めて細工かまぼこのご注文も頂き展示させて頂きました!

色々とご配慮して頂き富山大会の関係者の皆さんに感謝です。

ありがとうございました!
2019年4月26日法人会全国女性フォーラム3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年4月 6日(土)

祝!楽天市場に出店して20周年!

2019年4月6日楽天出店20周年.jpg
平成最後の月となる今月4月でありますが、楽天から連絡があり河内屋は4月6日で楽天市場への出店20周年だそうです!

なんだか早いものですね・・・。

楽天の若い20代の社員から、「そんなに昔から出店しているんですね・・・」なんて言われる時代です(笑)。

来月から新元号「令和」になるわけですから、なおさら時代の流れを感じます。

思えば20年前に楽天市場と出会った時、当時夜な夜な自分でWin95か98のメモ帳を使ってHTMLのタグを組んでHP作りに悪戦苦闘していた記憶があります・・・。

そんな時に前から気になっていた楽天市場の資料を見て神様に思えたことを思い出します。

直ぐに出店を申し込んで、気付けば20年・・・本当にあっと言う間ですね。

出店当時はまだカテゴリーが充実していなくて、「かまぼこ」も何故か水産の中の「明太子」の下にあったような気がします。

当時、「かまぼこ」のカテゴリーを作ってくれ!と散々お願いしましたが、今やカテゴリーがかなりの細分化でビックリ。

カテゴリーが増えれば1位がたくさんある訳で、それはそれでそういう時代だとも思います。

今やネットで買物なんて当り前の時代!

当り前のことを普通に対応出来るように今後もしっかりWEB運営して行きたいと思います。

実は1年がかりで自社のWEBサイトを大々的に変更する準備をしているのですが、なかなか準備することが多くて大変です・・・。

まさに老眼との戦いでもあるのです(笑)。

老眼を嘆いても仕方ないので、何とか令和元年にしっかりオープンさせながら、引き続き楽天市場やYahooショッピング、アマゾンでの買物も今まで通り普通に出来るようにして行きたいと思っています。

今後ともよろしくお願い致します!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年4月 3日(水)

富山新聞に紹介されました!

2019年4月3日富山新聞(横1000).jpg
富山新聞が新元号「令和」に関する話題の中で、河内屋の「令和かまぼこ」も紹介してくれました。

特に気合を入れて作った訳ではなく、おそらくどの業者も同じような商品を出すと思っていたので、話題に遅れないようにだけ作ったのが本音です(笑)。

しかし、まさかの反応で初日で全てが完売してしまいました。

それだけ関心が大きかったということなのかもしれません。

新元号に移行するのは実際は5月1日なので、「平成」と「令和」を準備してまた販売したいと思います。

それにしても発表と同時に内外問わず色々な意見があるものなのですね。

日本の右傾化を心配する声があるというのも、何だかよく分かりません。

新元号の「令和」は現段階では確かに馴染みがなくピンと来ませんが、「れいわ」という響きはどことなく「しょうわ」にも似ているし、引き締まった良いイメージを受けます。

漢字の雰囲気も僕はクールで良い印象を持ちました。

新元号の漢字がどうだとか、ネガティブに捉えるのではなく、

令和の新しい時代に自分がどう生きて行くのか?

会社はどう生き残っていくのか?

そんなことをこの機会にじっくり考えてみたいと思います・・・。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年4月 1日(月)

新元号は「令和」に決まる!

2019年4月1日新元号令和1.jpg
新元号は令和に決定しましたね。

出典は万葉集からということで日本古典から採用されたとのこと。

平成の時もそうでしたが最初は違和感があるのは確かですが、この新しい元号が時代とともに普通になり、馴染んで行くのだと思います。

平成の時代を振り返るのは今月末頃にして、まずは来る新しい元号「令和」の時代が素晴らしい時代になることを期待したいです。
2019年4月1日新元号令和2.jpg
工場でも発表5分後には新元号入りの蒲鉾を製造しました。

SNSで発信すると凄い反響でビックリしました(笑)。

おそらく全国の蒲鉾屋の中でも一番最初の発信だったかもしれませんね。

ちなみに販売は少量だけですが、すでに特別に注文が入って来ていますので、今後も受注生産はいつでも承ります。
2019年4月1日新元号令和3.jpg

| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年3月25日(月)

全国蒲鉾品評会で技術大賞を受賞しました!

2019年3月25日技術大賞受賞.jpg
今年の全国蒲鉾品評会に当社の若手職人が作品を出品したことは既にブログで紹介済みですが、気になる賞の発表がありました。

結果は写真の通り!

細工かまぼこ部門で技術大賞を受賞しました!

今回は特に賞は関係ないと思っていたのですが、やっぱりこうやって賞を頂けると嬉しいですね。

若い職人にとっても励みになる良い機会となりました。

少し残念なのは、今年の品評会は細工蒲鉾の出品が少なかったということです。

細工かまぼこを作る技術や文化は富山県の独特の食文化であり、この風習や技術を後世に残す、伝えることは本当に大変なことです。

しかしこれを少しでも継続させて行くことが我々の時代の使命だと思っているので、何とか今後も頑張って行けたらと思っています。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年3月19日(火)

ISO22000:2005の更新審査が無事終了!

2019年3月19日ISOの更新審査.jpg
早いものであっと言う間の3年・・・ISO22000:2005の更新審査の時期がやって来ました。

今日の更新審査を迎えるに当たり、工場長を中心に色々と地道に取組んでくれているので、基本的には何も心配をしてないのですが、やはり審査ということでいつもとは違う緊張感を感じるのは事実です。

基本的には規格要求事項に対して当社のマネジメントシステムがしっかり機能しているのか?決められた文書管理は出来ているのか?あるいはリスク管理が出来ているのか?といったことをチェックされます。

もちろん当社はしっかり地道な活動をしている訳ですが、細かい部分で見解の相違も多々あります。

そういった見解の違いにストレスを感じることもあるのは事実ですが、安全で安心な品質の高い製品作りを目指すという大きな方向性の部分では一致しているので、そこはしっかりポジティブに捉えながら今後も活動して行きたいと思います。

世の中的にも食品に関わる全ての業者がHACCP制度化の流れの中で暗中模索している状況の中、間違いなく当社は安全に対する一つの基軸として、食品安全マネジメントシステムISO22000を運用しています。

富山県の蒲鉾業界では相変わらず当社のみが認証しているという事実。

そして富山県内で認証取得している食品会社もまだ数社であるという事実を踏まえると、今後も自信を持って全員で取組んで行きたいと気持ちを新たにしました。

しかし次から次へと課題は降って来るもので、ISO22000の改訂版が発表されました。

ISO22000:2018への対応も急ぎたいと思います。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2019年3月 7日(木)

第71回全国蒲鉾品評会に向けて!

2019年3月7日品評会向け細工かまぼこ3.jpg
蒲鉾業界で毎年開催される全国蒲鉾品評会。

今年は第71回ということで業界では歴史のある大きなイベントです。

河内屋では毎年、細工蒲鉾の部門で作品を出品していますが、今年が例年と違うのは当社の若手職人がチャレンジしたということです。

とにかく目標を持って仕事に取り組むことが重要なので、若手には今回の品評会には必ずチャレンジせよ!という指示を出しました。

残業したり、休みの日に出勤したり色々と悩みながら努力している姿は見ていました。

例年だとデザインやテーマなどに口を出すのですが、今回は若手職人の力量が未知数だったので、あえて自由!ということで取組んでもらいました。
2019年3月7日品評会向け細工かまぼこ2.jpg
結果的にはこのポーズ(笑)。

目を見れば達成感があるのは分かります。

彼にとっても階段を数段駆け上がったくらいの経験になったと思います。

本当によく頑張ってくれました!
2019年3月7日品評会向け細工かまぼこ1.jpg
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事