2019年4月 3日(水)

富山新聞に紹介されました!

2019年4月3日富山新聞(横1000).jpg
富山新聞が新元号「令和」に関する話題の中で、河内屋の「令和かまぼこ」も紹介してくれました。

特に気合を入れて作った訳ではなく、おそらくどの業者も同じような商品を出すと思っていたので、話題に遅れないようにだけ作ったのが本音です(笑)。

しかし、まさかの反応で初日で全てが完売してしまいました。

それだけ関心が大きかったということなのかもしれません。

新元号に移行するのは実際は5月1日なので、「平成」と「令和」を準備してまた販売したいと思います。

それにしても発表と同時に内外問わず色々な意見があるものなのですね。

日本の右傾化を心配する声があるというのも、何だかよく分かりません。

新元号の「令和」は現段階では確かに馴染みがなくピンと来ませんが、「れいわ」という響きはどことなく「しょうわ」にも似ているし、引き締まった良いイメージを受けます。

漢字の雰囲気も僕はクールで良い印象を持ちました。

新元号の漢字がどうだとか、ネガティブに捉えるのではなく、

令和の新しい時代に自分がどう生きて行くのか?

会社はどう生き残っていくのか?

そんなことをこの機会にじっくり考えてみたいと思います・・・。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事