2016年6月28日(火)

台湾で徒然なるままに・・・#7 盛りだくさんの観光

2016年6月28日台湾1.jpg
 今回の商業施設視察旅行、合間に観光がビッチリ組まれていました。僕にとっては初台湾だったので、そういう意味では非常に良い機会でした。しかし外温が35度前後の非常に暑い中での外の観光はちょっと大変でしたね。次回は涼しい季節にゆっくり来てみたいもんです。上は蒋介石と夫人の宋美麗が26年間住んでいた屋敷で士林官邸と呼ばれる場所。官邸の中は見学しませんでしたが、官邸前の庭園は非常に整備されていて、緑に囲まれ良い雰囲気でした。改めて思いましたが台湾は南国ですね。
2016年6月28日台湾2.jpg
 そして台北市内の代表的な観光スポット?中正記念堂。ワシントンで見たリンカーン記念堂を彷彿させる蒋介石の像が印象的でした。ちなみに蒋介石が見ている方向は故郷の中国だそうです。蒋介石への評価は本省人と外省人とではだいぶ違うようですが、これだけの記念堂を建てられているのですから、やっぱり蒋介石を抜きにして台湾の歴史は語れないのでしょうね。建物の中は歴史的な写真とともに様々な資料が展示されていました。建物の外観も凄くて確かに観光スポットになっているのだと思います。こういう歴史的、政治的な施設を見るといつも思うのですが、もう少し歴史を勉強しておけば・・・という後悔の念です。
2016年6月28日台湾3.jpg
 台北から台湾新幹線で移動した高雄。バスから降りた時は倒れそうになるくらいの気温でしたが、高雄で唯一訪問した観光スポットが蓮池潭。ここはツアーでも必ず組まれるという観光スポットで、流行のパワースポット(開運効果があるらしい)でもあるらしいです。ガイドさんの説明通りに龍の口から入り虎の口から出て来ました。ちなみに虎から入って龍から出ると全く意味が無いそうなので行かれる方は注意してください。それにしても暑くて汗が吹き出ました。
2016年6月28日台湾4.jpg
 その後、台北に戻り故宮博物院の見学。有名な展示品である「翠玉白菜」と「肉形石」が見れなかった・・・というのは、このブログの#5で書いた通りです。ガイドさん曰く、いつもは中国人観光客の凄い人でゆっくり見れない状況だそうですが、今回は比較的見学しやすい環境でした。「翠玉白菜」と「肉形石」が国外へ出張中ということと関係があるのかどうか分りません。
2016年6月28日台湾5.jpg
 夜は士林市場にも行きました。いかにもアジアの夜市という雰囲気で活気がありましたね。ガイドブックには色々とあれが有名これが有名・・・と書いてありますが、食品業界で生きている身としては、あの衛生環境で提供している食べ物は食べる気になりませんね。火が通ったものは比較的大丈夫だとは思いますが、揚げている油は酷かった。焼いてあるものも元の管理状況を想像すると同じく食べる気はしませんね。実際のところ食べても健康被害という意味では何の問題も無いとは思いますけど、話のネタのためにと思っても買う気がしない。ここではガイドさんに安心して食べれるかき氷屋さんを紹介してもらい「マンゴーかき氷」を食べました。これは本当に美味しかったです。ちなみに市場の中の店ではなく、市場の外の店でした。
2016年6月28日台湾6.jpg
 九份にも行く事が出来ました。もともと九戸しかなかった地域でそれが地名の由来とのこと。その後、金鉱が見つかり人口が増加して街になったそうです。35度超えの猛暑の中であの階段はちょっと辛かったですが、噂通り「千と千尋の神隠し」の世界がそこにはありました。夜の夜景はもっと雰囲気があるそうなので、いつか夜の雰囲気を見に来てみたいものです。
2016年6月28日台湾7.jpg
 最終日は空港に行く前に忠烈祠の衛兵交代を見学できました。ここは日本の靖国神社のような施設であり、国の為に命を捧げた英霊33万人が祀られているとのこと。衛兵交代のセレモニーが有名で観光になっており、またその衛兵がイケメン!というのも有名?らしい。この衛兵さん、陸・海・空軍から選抜された兵士だそうで、厳しい訓練に耐えて来た者だけが衛兵になれるそうです。1時間交代らしいですが、この気温の中で微動だにしない姿はちょっと凄かったですね。顔を流れる汗がちょっと痛々しい感もあるのですが、緊張感も十分伝わって来ます。
2016年6月28日台湾8.jpg
 団体行動で駆け足の観光でしたが、台湾の代表的なスポットは訪問できて良かったと思います。次回、もし来るチャンスがあれば、もう少しじっくり深く観光してみたいと思います。ということで、台湾で徒然なるままに・・・は、この回で終了します!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事