2013年11月25日(月)

真砂岳で大規模な雪崩!

2013年11月25日雪崩.jpg
 この1週間、色々と忙しくてブログを書けなかったのですが、立山連峰の真砂岳で大規模な雪崩が発生して7人も亡くなるという悲惨な事故がありました。全国ニュースで大々的に報道されたのでご存知かと思います。僕はスキーをやらないし、ましてやこういう環境での山スキーの経験もないので、こんな雄大な環境でスキーを楽しむなんて素晴らしい趣味だなと思っていましたが、こういう危険が身近にあるんですね。
 最近は行ってないのですが、この立山は夏に何度か登山しています。雄山、大汝山、富士ノ折立、真砂岳から別山へと縦走をした事もありますし、縦走を計画していて天候が急変して大走りルートで下山した事もあります。まさかあの場所でこんな大きな事故が起きるとは本当にビックリしました。雪景色に関しては雪の大谷を見に行った時に下から眺めましたが、その時はただ単に美しい!と眺めていただけです。僕は海釣りに出かけますが、改めて自然の脅威、危険・・・油断できないと感じた次第です。だんだん詳しい情報がネットでも出て来ていますが、今回被害に遭われた皆さんは、スキーの腕前は相当優れた上級者だったみたいですね。しかも雪山、山スキーの危険も熟知されていた方たちのようです。そんなベテランのスキーヤーにも突然牙を向けた大自然、本当に怖いですね。亡くなった方たちの装備も完璧で、ビーコンを身に付けていたとの事。そのお蔭で早期の発見もされたようですね。何とも痛ましい事故でした。
 心配なのはこれで立山へのスキー客が減ってしまったら残念です。より一層の安全を確保しながら今後も雪山スキーを楽しんで欲しいと思います。
 ちなみに写真はネットで出ていた富山県警の写真です。
ページトップへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL

  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事