2013年7月

2013年7月31日(水)

かまぼこの新しいカタチ!

2013年7月31日かまぼこ音楽隊2.jpg
 フリーマガジン富山情報の最新号が、河内屋の蒲鉾を取り上げてくれました。本当にありがたい事です。今回の特集は、富山の魅力、おすそわけ!ご自慢手みやげ図鑑という事で、ご自慢グルメのジャンルで取り上げて頂きました。
2013年7月31日かまぼこ音楽隊3.jpg
 取り上げて頂いたのは、7月12日に発表させて頂いた河内屋の新しいカタチの細工蒲鉾!かまぼこ音楽隊!です。主に河内屋マリエ店を中心に富山地区の直営店で販売していますが、これがなかなか好評で、お客様からも嬉しい声や高い評価を頂いていて、私たちも大変嬉しく思っているところです。
 紙面では3種類しか出ませんでしたが、実は12種類もあります。最近はAKBではないですが、12種類あると人気の違い、手に取って頂く頻度、そして売上個数に特徴が出て来ました。店舗によってもセンターに位置するキャラクターは違うようです。とにかく蒲鉾を身近に感じてもらうという事が重要なので、これから新しいキャラクターも登場させながら楽しい売場にして行きたいと思います!
2013年7月31日かまぼこ音楽隊1.jpg
ページトップへ

2013年7月24日(水)

食品安全フォーラムinとやま

2013年7月23日食品フォーラム1.jpg
 「食品安全フォーラムinとやま」に参加して来ました。今回は内閣府食品安全委員会 評価情報分析官 池田三恵 氏による「食品添加物のリスク評価について」というテーマでした。よく蒲鉾も添加物の塊みたいな言われ方をする人がいたり、細工蒲鉾の着色料の事を色々と気にされる方が多いという事実もあるので、興味深く拝聴しました。
 食品添加物と言っても世の中には色々な種類があり、人それぞれ思い浮かぶモノが違うようです。しかし総じてイメージはあまり良くないというのが現実です。商品に無添加と書いてあるとそっちを優先するという消費者意識もアンケート結果ではっきり出ていました。また、気にする人と気にしない人と両極端な面もあります。
 食品添加物とは食品衛生法でしっかり定義が決まっていて、天然由来のものであれ、化学的なものであれ使用できる添加物も、品質や使用量、そして表示ルールも厳格に決まっています。食品を製造している立場の者としては、これを厳格に徹底して守る!という事が重要だと思います。当社でも食品添加物を使用していますが、合成保存料ソルビン酸は一切使用していません。今後もお客様の理解できない、分かりずらい、馴染みがないという添加物は使わない努力をして行きたいと思います。一番大きな課題は富山県伝統の細工蒲鉾の着色料ですね・・・。しかし同じ品質の代替品がなかなか無いという現実もあります。難しいところです。
 そして私たちが食べる食品には程度もありますが、健康へ悪影響を及ぼすリスクがあるという事を常に頭のどこかに入れておかねばなりません。富山県では昨日から食中毒注意報が発令されましたが、こういう外温や湿度の時はどんな危険があるのか察知する能力を子どもの頃から学んで行く必要があります。添加物と比較すると安全と思われている塩や砂糖も摂取し過ぎると大変な事になります。日頃から食品に対して興味を持って知識を高めるという事が重要ですね。
 最後のまとめは、
 1.天然由来でも、合成でもリスクのない食品はない!
 2.リスクの有無や程度は摂取する量次第!過剰摂取はどんなものでも有害。
 3.食品添加物は通常の食事からとる量では、健康影響の出ない量で使用されている。
という事でした。比較的分かりやすい内容でしたが、最後の質問タイムの返答だけは、極めて縦割り、役人的な発言に終始していたのが残念でした。
2013年7月23日食品フォーラム2.jpg
ページトップへ

2013年7月21日(日)

サムと夕まずめ!

2013年7月21日サムと釣り2.jpg
 いきなり釣果の写真で釣行のブログのようですが、実はサムが蒲鉾家に戻って来ました。夏休みの約1か月ちょっとですが、また楽しい時間を共有できそうです。サムが前から一緒に釣りに行きたい!と言っていたので、夕まずめに2人で釣りに行って来ました!そして僕が釣ったキスが上の写真。本当に素晴らしい型でした。その他にも一応2匹釣れて、最終的な釣果は計3匹でした。
2013年7月21日サムと釣り1.jpg
 本当は家族4人分、最低でも4匹!という目標でしたが残念ながら3匹・・・しかし蒲鉾女将の見事な天ぷらで4人で何とか美味しく食べる事が出来ました。やっぱりキスの天ぷらは最高ですね。
2013年7月21日サムと釣り3.jpg
 釣果はイマイチでしたがサムも十分気分転換になったようで富山湾の夕陽を堪能していました。それにしても昨日の夕方は海も穏やかで凪、雲も良い感じに夕焼けを演出していました。富山湾は本当に素晴らしい夕陽や夕焼けが見れるので最高です。
2013年7月21日サムと釣り4.jpg

ページトップへ

2013年7月20日(土)

何だか忙しい日々・・・

2013年7月20日気持ち良い夏の朝.jpg
 今朝は涼しくて気持ち良い朝でした。いつもの屋上での深呼吸は山と海を見ながらの贅沢な時間。さて、ブログをアップする時間というか気持ちがなかなか取れません。本当ならニューヨーク紀行でも書いて記録に残しておきたいのだけど出来ませんね。一方、fbだけはマメに定期的に飽きずに投稿しています。iPhoneを使って場所や時間が関係ないという手軽さがやっぱり良いのですよね。
 明日から1か月間サムが蒲鉾家でホームステイ、そして来月初めに蒲鉾娘が1年間の留学から帰国、さらに蒲鉾太郎が夏休みで帰省・・・。久しぶりに賑やかな毎日になりそうです。仕事も現在取り組んでいる商品開発や新たなプロジェクトで頭がいっぱい!
 とにかく良い仕事する為にもメリハリを付けてしっかり頑張ります!
ページトップへ

2013年7月19日(金)

そうだ!小型船舶1級を取ろう!

2013年7月19日夕焼け.jpg
 ボートオーナーの色々な皆さんの話を聞いているうちに小型船舶1級の免許が欲しくなって来ました。本当に必要なのか?と問われると正直分かりません。しかし大は小を兼ねるし、持っていて邪魔になることはない。それだけは間違いなく言えます。とにかくそう思った日が吉日!明日にでも調べてみるつもり。
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2013年7月13日(土)

かまぼこ音楽隊♪登場!

2013年7月13日かまぼこ音楽隊.jpg
 新しい新商品が出ました!その名も「かまぼこ音楽隊♪」です。相変わらず全てが手作りなので、製造数に限りがありマリエ店と大和店で先行販売しています。お客様からの評価も上々で、これから新しいシリーズに育ってくれれば良いなと願っているところです。
 今回の音楽隊はあえて種類をいっぱい揃えてみました。ライオン、ヒヨコ、ピンクのウサギ、ゾウ、タコ、サル、ネコ、イヌ、ペンギン、グレーのウサギ、フクロウ、トラの12種類で、どれもデザイン的にはかわいく仕上がったと思っています。
 現在、河内屋では富山県の古き良き伝統の細工蒲鉾にスポットを当てながらも、デザインや技法は新たな時代に向けて色々な工夫をしているところです。昔流にデフォルメをかけ現代風に仕上げて行く過程では、社内でもかなり意見が色々と分かれますが、社長としてはかわいく!楽しく!というコンセプトからブレていなければ採用しようと思っており、試作を繰り返すうちに12種類になりました。
 また、今回の新シリーズは現場の店長のアイデアが大きく反映されており、製販一体で出来上がった商品だと思っています。後は売れるかどうか?という現実だけですね。
ページトップへ

2013年7月11日(木)

2013年お中元!頑張るぞ!

2013中元DM表紙.jpg
 ステッィクチーズかまぼこの大ブレイクや米国訪問の話題で、すっかり今年のお中元ネタを書くのを忘れていました。お中元商戦はもちろん始まっているわけですが、河内屋の今年のお中元カタログはこれです!涼しい感じで良いでしょう!ギフトカタログは毎回気合を入れて作っていますので、それぞれ思い入れがあります。今年もたくさんの方に手にとって頂き、ご注文を頂ければと思っています。
 さて、今回のお中元商戦は国政選挙・・・参議院選挙と思いっきり重なってしまって、当初から動きが鈍いかもという憶測がありましたが、当社に限って言うとスティックチーズかまぼこ旋風のお蔭?なのか出だしは良好です。特に新しい顧客層が格段に増加した事はありがたい事です。
 一方、やはり富山県の蒲鉾文化が独特なのか、板に付いていないという事を驚かれる方もいます。また当社がオリジナルである鮨蒲(すしかま)に関しても知らない方が多くて、まだまだ全国の皆さんに知って頂く余地は十分にあるとも思っています。
 若い世代の中にはお中元やお歳暮を全く贈らないという人もいるようですが、日頃のお付き合いに感謝を込めたり、普段会えない方へ近況を伝える贈り物として、古き良き習慣は残して欲しいと思います。やっぱりギフトをもらうと嬉しいですからね!
 河内屋のかまぼこが、絵顔の中心になれる事を願って今シーズンも全員で頑張ります!
ページトップへ

2013年7月10日(水)

まだまだやる事がいっぱい!

2013年7月10日eビジネス1.jpg
 今日はeビジネス協議会の特別例会として「たかおか未来WEB商店街」の講演会に参加させて頂きました。とやまの次世代商人発掘塾の皆さんも合同例会として参加されており、高岡地区のネットショップに興味があるという方も含めて会場はいっぱい!富山県内のeビジネスに真剣に取り組んでいる、あるいは興味あるという皆さんが集まって非常に充実した例会でした。
2013年7月10日eビジネス2.jpg
 ブルーコムブルーの松田社長の熱いお話もあり、高岡は相変わらず盛り上がっていますね。高岡市、高岡商工会議所、高岡商工会などもしっかりバックアップしており、一体となって取組んでいる姿に魚津にはない地域の力だな・・・と感心しつつ、同時にある多大な課題も視野に入れながら、とにかく実行するというスタンスには頭が下がります。
2013年7月10日eビジネス3.jpg
 さて、今日のメイン講師、株式会社大都の代表取締役社長 山田岳人氏の講演・・・本当に素晴らしい話で色々とヒントと勇気をもらいました。ほぼ同世代で同じ時代、同じ時間を生きているこういう人がいるんだ・・・と感動すると同時に、自分は何をやって来たんだろう?と色々と考えるきっかけになった事も事実ですが、総じて勇気とヒントをもらいました。会場で実際に話を聞けた人はラッキーだったと思います。コンサルタントの講演や話も否定はしませんが、リアルな経営者として一つの道を作って来た人の話は迫力と説得力が違いますね。
 こんな機会を作ってくれたブルーコムブルーの松田社長には感謝をしたいと思います。本当にありがとうございました。
 ネットショップのあり方として楽天が一番良いのか?という話は、ジャンルや規模、そして取り組む姿勢によって大きく結果が分かれ、何が正解なのかという事は言えません。分かっているのは目先の結果で判断せず、継続して地道に取り組んで行くという事。そして自社の戦っているマーケットを知る、その中でどう選択と集中をして行き、どんな目標を目指すのか?そしてそれに対してどうコミット出来るのか!
 EC業界は1強多弱の世界、その世界のECだけで生きる道、あるいはリアルとECと共存して生きる道、またはリアルだけで生きる道、その会社、経営者によって正解は色々。その道をしっかり見極め選ぶのは自分である。本当に刺激を頂いた時間でした。

風向きを変える事はできない。しかし帆の向きを調整することはできる。
       ~バーサ・キャロウェイ~

進歩は常にリスクを伴う。1塁ベースを踏んだまま、2塁を盗塁することはできない。
       ~フレデリック・ウィルコックス~

自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ。
       ~江副浩正~

何だか今日は心にしみました。当社も自分も課題が多いなぁ・・・頑張ろう!
ページトップへ

2013年7月 9日(火)

Another Sky

2013年7月6日open house1.jpg
 Kimから日曜日はOpen Houseにするから楽しんで!と言われ、言われるがままにドキドキしながら日曜日を迎えました。Tomが朝から庭にテントを張っていたので手伝おうかと声をかけたら、大丈夫だという事なので甘えさせてもらいました。そして今日はどんな感じになるのだろう・・・と思っていたら10時頃から次々とそれぞれが思いのままの料理やデザートを持ち寄って集まって来ました!
2013年7月6日open house2.jpg
 集まってくださった方たちは本当に色々な方たちで、RC関係者はもちろんの事、Ayaのクラスメイトとその家族、学校の関係者、RCとは関係なくKimやTomの友人、ご近所の皆さん、そしてAyaと関わりを持って頂いた多くの皆さんが集まってくれました。
2013年7月6日open house3.jpg
 色々と話を聞くと交換留学生のAyaの両親が日本からやって来た!という事で多くの方が集まって下さったとの事・・・本当に感激しました。米国では普段からこういうOpen Houseというスタイルでの交流は普通にあるようで、本当に楽しいひと時でした。
2013年7月6日open house4.jpg
 とにかく何時に集合して何時に解散というスタイルではなく、それぞれが都合の良い時間に気ままに来て、たっぷりコミュニケーションを楽しんで、それぞれが自分の都合に合わせて去って行くという感じ。とっても合理的なんだけど、とっても温かいおもてなしのスタイルだと思いました。家が大きくて、開放的な最高のロケーションだから出来るのか、日本ではちょっと体験できない米国のライフスタイルに触れる本当に良い機会でした。
2013年7月6日open house5.jpg
 それにしても写真では紹介できない程、多くの皆さんが集まってくれた事に感謝をしたいと思います。ちなみに多くの皆さんとどうやって交流が出来たのか?と言いますと、僕たち夫婦が英語をしゃべれる訳でもなく、皆さんが日本語をしゃべれる訳でもありません。今回はKimの友人で米国生まれの日本人Keikoさんが色々と助けてくれました。そして何よりも戦力になったのが、そう!蒲鉾娘なのです。米国での留学生活がこの時点で10か月経とうとしていましたが、本当に活躍してよくフォローしてくれました。我が娘ながら心からたくましく思い、そして感激し、改めて成長を感じました。
2013年7月6日open house6.jpg
 今回の米国訪問はホストファミリーの自宅に宿泊させて頂き、そして日本では経験できないOpen Houseも体験出来て本当に良かったと思います。とにかく交換留学に対する考え方も日本とはまるで違う。遠い小さな国からやって来た学生を、RCで、地域で、学校で、家族で温かく迎い入れてくれて我が子のように接し、成長の後押しをしてくれた皆さんに感謝の言葉しかありません。この街は間違いなく蒲鉾娘のAnother Skyになる事は間違いないでしょう。そして今後の人生にも大きな大きな影響を与える経験になったと思います。蒲鉾娘がこんな経験が出来たのもロータリークラブの交換留学という機会があったからです。日米多くの関係者の皆さんに感謝をしたいと思います。
2013年7月6日open house7.jpg
ページトップへ

2013年7月 3日(水)

NIAGARA FALLS #3

2013年7月4日ナイアガラ1.jpg
 Kimから船に乗るか?と問われ迷わずYES!と答えました。もともとこの霧の乙女号(Maid of the Mist)にはぜひ乗ってみたいと思っていたので実現してラッキーでした。しかしKimは船に弱いという事で乗らず、蒲鉾女将は疲れて乗らず・・・という事で結局蒲鉾娘と2人、チケット購入後に青いレインコートを借りて乗船しました。
2013年7月4日ナイアガラ3.jpg
 上の写真は蒲鉾女将の撮影なのですが、テーマパークのアトラクションに乗るといったノリで余裕の表情。出だしは本当に静かな出港でした・・・。
2013年7月4日ナイアガラ2.jpg
 出港後、船は滝つぼを目指して進みます。とにかくナイアガラの滝の爆音が進むにつれてどんどん大きくなって来る!そして雨のような水しぶきも近づくにつれて増えて行く!
2013年7月4日ナイアガラ4.jpg
 上も蒲鉾女将の撮影ですが左側の船が僕と蒲鉾娘が乗船した船・・・何だか本当に落ち葉のような感じですが、船は関係なくどんどん進んで行きます。カナダには今まで一度も行った事がありませんが、この時がおそらくカナダに一番近づいた瞬間だったと思います。次回はぜひカナダ側から眺めてみたいと思いつつ、近づいて来るナイアガラの滝つぼは想像を絶する迫力の世界でした。
2013年7月4日ナイアガラ5.jpg
 上の写真はまだ余裕のある時に撮影したアメリカ側の滝です。実際の滝つぼ大接近の時は撮影どころか目を開けているのも大変な状況で、音や水しぶきの他に風が強いのに驚きました。これだけの水量がこれだけの規模で落ちるのですから風圧も凄い訳ですよね。滝つぼ最接近の時には本当に船はUターンして戻れるのか?と思いましたが、上手くコントロールして見事にUターン!この思わせぶりなテクニックも大したもんですが、大自然の造形美、そして大迫力を肌で体感して、本当に良い思い出になりました。お陰様で天気にも恵まれてラッキーでした。蒲鉾娘と2人でMaid of the Mistに乗れた事に感謝です。一生の思い出になりました。
2013年7月4日ナイアガラ6.jpg
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事