2013年3月

2013年3月22日(金)

大きな節目の2013年3月

 仕事にプライベートに忙しい毎日を送っているのだけど、この3月は特に色々と感慨深いものがあります。一つは息子の蒲鉾太郎が大学に合格、進路が決まったという事。この一年間、名古屋で浪人生活を送り、それなりに頑張っていたと思います。本人的には本命の大学があったようですが、それはそれとして次のステージで頑張って欲しいと思っています。我々の大学時代と違って、今の大学生たちは大変だけど、大学時代にしか出来ない事はあると思う。学生時代に経験するからこそ価値のあるものもあると思う。とにかく素晴らしい大学生活を送れる事を祈っています。頑張れよ蒲鉾太郎!
 蒲鉾太郎の成長を一番楽しみにしていた〝おじいちゃん〟2人がこの世にいないというのが、本当に信じられないと言うか、不思議と言うか、正直ピンと来ないと言うか、何と言うか・・・。しっかり上の方から見守って下さいよ!と頼むしかない。もっとも頼まなくてもいつも見守ってくれているのは分かっているんだけど・・・。
 さて、もう一つ!それはこの3月で僕が魚津在住20周年という事。振り返ると色々な事があったなと思います。20年前の転職の決断、全く未知の世界・・・蒲鉾業界への転職、これは僕の人生の中でも大きな決断でした。そして大きな不安でもありました。そして太平洋側でしか暮らした事がないのに日本海側への移住の決意。これも不安だったな・・・。魚津に来た最初の2年間はがむしゃらに蒲鉾作りの事を勉強したり、生きて行く事だけで精一杯で、あの頃、仕事以外は何をしていたのか全く記憶がない。本当に心に余裕のない生活をしていたんだと思います。
 そんなこんなで今月は色々と思う事がありました。また気が向いたら当時の事を思い出して書いてみようと思っています。
ページトップへ

2013年3月20日(水)

小型船舶操縦士2級取得に向けて!

2013年3月20日2級1.jpg
 前回の座学と違い今回は操船の実技講習!47歳にして初の操船です。厳密に言うと何度か友人の船で舵を触った事はあるのですが、自分の意志でしっかりと海の上を操船するのは初めて!結論から言うと教官からは筋が良いと褒められました。自分でも運動神経は悪い方ではないし、何よりも操船に興味を持っていたので全く問題なくスムーズに行きました。しかし着岸が難しいですね。ボートの特性や慣れもあると思いますが、おそらく試験でも着岸が一つのハードルになると思います。しかし気持ち良かった!試験も頑張ります!
| 投稿者:蒲鉾丹右衛門
ページトップへ

2013年3月12日(火)

新しい技術を極める!

2013年3月12日蒲鉾品評会1.jpg
 先日から色々とPRさせて頂いている細工蒲鉾の話題なのですが、この度、第65回全国蒲鉾品評会において技術大賞を受賞しました!今回は賞狙いというよりは、いかに細工蒲鉾の魅力、技術を伝えるか!という事に主眼を置いていたので、そういう意味では賞を頂いた事よりも、新聞やテレビの取材、そして多くの皆さんに関心を持って頂いた事が本当に嬉しかったです。
 今回の作品を作り上げてくれたのは蒲鉾職人の高村茂樹君。本当に一生懸命、ここまで技術を向上させてくれたと思います。富山県の細工蒲鉾の技法は「絞り出し」という手法なのですが、彼の細工蒲鉾を作り上げる手法は絞り出しの基本は抑えつつ、独自に編み出した新たな手法が半分を占めます。数年前はその手法に対して同業者から富山県伝統の細工蒲鉾の技法とは違う・・・という言われ方をした事もありましたが、気にせずここまで精進して来た集大成が今回の作品だと思っています。
 賞に関しては業界特有の事情もあるので、特にコメントはないのですが、こういう蒲鉾の伝統文化を何とか守って行きたいと思っていますので、今後の彼の作る作品に注目して欲しいと思っています!
2013年3月12日蒲鉾品評会2.jpg
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事