2012年7月

2012年7月30日(月)

百済歴史再現団地

2012年7月25日百済文化1.jpg
観光する所があまりないという事でしたが、1時間ほど車で走った場所にある百済歴史再現団地という施設に案内して頂きました。日本で言うところの歴史テーマパークのような施設なのですが、百済文化を復元したかなり大きな規模のものでした。
2012年7月25日百済文化2.jpg
周辺には大きなホテルもあり、敷地内にはアウトレットモールを建設中だったり、将来的にはかなりの規模の複合観光施設になるようですが、僕たちが訪問した時は写真の通り・・・独占状態でした。陽射しもかなり強烈で、汗を噴き出しながらの観光となりましたが、おそらくそう来る事はないだろうなぁ・・・と思いながら色々と眺めて歩きました。正直、三国時代当りの歴史と言うのはあまり知識がないのですが、好きな方が見学したら感動するんだと思います。歴史的な背景や価値などが分かりませんでしたが、建物の雰囲気や壮大な景色などは十分に楽しめましたので、これも旅の良い思い出になりました。
2012年7月25日百済文化3.jpg
ページトップへ

2012年7月28日(土)

ソルブリッジ国際大学

2012年7月25日ソルブリッジ大学1.jpg
 久々に韓国に行って来ました。2006年富山JC理事長時代にJCI世界会議ソウル大会で訪問した以来なので6年ぶりです。今回はPTA会長として実は行って来ました。まさか自分の人生でPTAの関係で海外に行くとは想像もしていませんでしたが、こういう機会を頂いたので積極的に参加をして来ました。訪問したのは大田広域市にあるソルブリッジ国際大学。
 この大学はウソン大学に所属しているカレッジの一つで、世界より優秀な教授陣を迎え、30か国以上もの国から集まった学生たちに英語で教育をしている大学です。蒲鉾娘の通う高校が英語教育の提携をする事が決まり、今回初めて1年生が2週間の米国ホームステイの後に、そのまま日本には帰国せずにこのソルブリッジ大学で1週間英語研修しており、その授業風景やどんな教育をしているのか?学校の環境はどんな感じなのか?という事を目的に視察に行って来ました。
2012年7月25日ソルブリッジ大学2.jpg
 子ども達は2週間の米国ホームステイ生活で英語漬けだった生活をしているせいか、ネイティブの英語講師による完全な英語だけの授業を苦戦しながらも一生懸命受けていて、こんな環境で英語を学べば1年ほどで相当なレベルに行くのだろうなと想像できました。内容は英語を学ぶコースなのですが、とにかく分からない事は身振り手振りでもコミュニケーションを取り、日本式のように正しい文法からという感じではありませんでした。また座学では飽きてしまうからなのか、身体を動かした方が良いからなのか、子ども達の集中力が切れないように色々な工夫を凝らしているという事に感心しました。こういった授業風景は映画やテレビでも何度も目にしている風景なのですが、実際にその場に立ってみると色々と感じる事がありました。日本はどうしても受験というものがあるので、受験型の英語勉強になってしまいますが、中学、高校、大学と英語を学んで英語をしゃべれないという悲劇を脱却する為にも、せめて英語だけは話せる若い世代を教育して、世界で戦える人材を日本でも作っていかなければならない・・・とつくづく感じました。
2012年7月25日ソルブリッジ大学3.jpg
 上の写真はカフェテリアです。つまり日本で言う所の学食。日本の大学も学食はだいぶお洒落になったと聞きますが、ハード面というよりメニューも含めてソフト面がやっぱり日本とは違うな・・・と思いました。カフェテリアは食事の場ですが、場所を変えて議論、雰囲気を変えて議論、食事しながら議論みたいな感じにも自然と利用しているんだなというのが何となく伝わって来ました。
2012年7月25日ソルブリッジ大学4.jpg
 こんな環境で勉強が出来る子ども達は本当に羨ましいと思います。ちなみに大田広域市というのは韓国で5番目の都市で人口も約150万にと大きな都市です。しかし観光地では無い為に観光客もいなくて、基本的に海外から来た人をもてなすとか、海外から来た人の為にという市民意識というか行政意識の無い所でした。つまり会話も文字も韓国語だらけという事です。世界から来た学生たちは、ここで学ぶと英語の他に韓国語の会話もマスターしてしまうそうです。
2012年7月25日ソルブリッジ大学5.jpg
 校内を歩いていて僕の大好きな安倍元総理の写真を見つけました。安倍元総理はソルブリッジ国際大学で名誉博士号か何かを取っているようで、昨年にご夫婦でソルブリッジ大学に来られたそうです。今回は特別に安倍元総理夫妻が泊まられたVIPルームも見せて頂いたり、色々な体験が出来て本当に良かったと思います。
 まだまだ報告する事はたくさんあるのですが、とりあえずソルブリッジ国際大学へ訪問した感想をブログに記録しておきます。この度、お世話して頂いた副校長先生、一緒に参加して頂いたPTAの皆さん、ソルブリッジ国際大学関係者の皆さん、そしてグローバルセンターの高地さん、本当にありがとうございました!
ページトップへ

2012年7月24日(火)

日本うまいもん紀行!中嶋悟さん、ありがとうございました!

2012年7月24日記念写真1.jpg
昨夜はお陰様でBS-TBS「日本うまいもん紀行」が無事に放送されました。最近、富山県を色々な番組が特集して下さるので、私たち富山県民にとっては非常にありがたいです。今回の番組も1時間の中で食を中心に詳しく紹介してくれました!河内屋にとっても本当に良いPRの機会に恵まれました。中嶋悟さんをはじめ番組関係者の皆さんには本当に感謝です!それにしても中嶋悟さんは笑顔が素敵ですね。蒲鉾を食べるシーンも見るからに美味しそうに食べてくれて、テレビを観ていて嬉しくなりました。僕の世代は、中嶋さんがまさに現役でF1を戦っている時に真剣に応援していた世代!大ファンだっただけに河内屋に来て下さったのは感激でした・・・が、僕は実際にはお会い出来なかったのですよね。それだけが残念無念です。しかし僕が不在の中、頑張って見事に対応してくれた蒲鉾女将やスタッフに感謝!良い記念になりました!よく考えると、中嶋さんが現役の頃は日本が元気な頃でした。あの頃の状況を考えると今の日本の姿は想像もしていませんでした。我々も頑張らないといけませんね。今回は中嶋さんからパワーをもらいました。中嶋悟さん、番組関係者の皆さん、本当にありがとうございました!
2012年7月24日記念写真2.jpg
ページトップへ

2012年7月23日(月)

プティ・キャレ♪

2012年7月22日ブライダルフェア1.jpg
 魚津にある人気ホテル、グランミラージュのブライダルフェアに初めて参加しました。富山県は蒲鉾処として全国的に有名ですが、その有名な部分を下支えしているのが富山県民の食文化であり風習であると思います。特にお祝いの席では、昔から蒲鉾が使われていました。大きな鯛かまぼこは、今でもテレビで取り上げられたり、地元でも根強く蒲鉾を使う文化は残っています。
 今回、河内屋では「明日のブランドとやま」でも認定されている細工蒲鉾を提案しました。今までの富山県のお祝い蒲鉾、細工蒲鉾の路線とはちょっと違いますが、色々な方からのアドバイスを受け、新たな細工蒲鉾iwai kamabokoプティ・キャレを開発しました。昨日もやっぱり一番人気で、お客様の反応は上々で、最終的には一番お問合せの多い商品となりました。これを機に色々な場面で、河内屋のプティ・キャレをPRして行きたいと思っています。
ページトップへ

2012年7月21日(土)

元F1レーサー中嶋悟さんが河内屋に!

2012年7月21日中島悟氏1.jpg
放送日が決定したのでブログで公開します。実は元F1パイロットの中嶋悟さんが河内屋に取材に来てくれました!僕は当時のF1!大ファンでしたので、中嶋さんの走りにも感動した世代です。特に雨の走行にとても強かったイメージは今でも脳裏に焼き付いています。今回はBS-TBSの旅番組「日本うまいもん紀行」の旅食人として河内屋に来てくれました。本当にありがたいです。関係者の皆さんには心から感謝をしたいと思います。番組のホームページには、蒲鉾の事は全く書いてなかったので、実際はどれくらい出るのか・・・かなり不安な部分がありますが、放送日は7月23日(月)よる7時、BS-TBSの「日本うまいもん紀行」です!富山を取材してくれた番組ですので、ぜひ見て頂ければと思います。
2012年7月21日中島悟氏2.jpg
下記は、番組のホームページからの抜粋です。蒲鉾の事は全く書いていませんね・・・本当に河内屋は出るのかな??それも含めてお楽しみ!という事で。

旅食人/中嶋悟

元F-1レーサー中嶋悟さんが富山のうまいもんを探しに巡ります。
富山市では、富山県産コシヒカリと国産天然マスを使い素材にこだわる伝統の手作り「鱒寿司」を堪能。さらに、幻の「シロエビ料理」を食する。刺身に唐揚げ、1個に200匹のシロエビを使用した絶品 福団子も頂く。世界遺産の村 五箇山では、名物「五箇山豆腐」と出会い。刺身、田楽、薫製、ステーキなどの豆腐料理に大満足。また、合掌造りの家屋で頂く、地元の山菜や岩魚の塩焼きに舌鼓。海と山の幸が溢れる越中のうまいもんを食べ尽します!
ページトップへ

2012年7月19日(木)

富山県ネットビジネス参入促進事業!

2012年7月18日富山県ネットビジネス.jpg
ちょっと写真が斜めに写っていますが、昨日は富山県主催の「富山県ネットビジネス参入促進事業」のキックオフセミナー&懇親会に参加して来ました。富山県がネットビジネスを後押しするという事で、県内多数の応募から60社が選ばれました。既に楽天市場に出店している事業者が29社、今回新規に出店するという31社、計60社が集った写真が上の写真です。事業規模、事業の種類も様々で品揃えとしては大変面白いと思っています。この中のどれくらいの業者が成功し、どれくらいの業者が脱落して行くのか分かりませんが、最終的な決め手はネット通販というビジネスモデルにどこまでコミット出来るか?という事にかかっており、そういう意味では昨日集まった皆さんは、非常に熱い気持ちのあった方が多かったですね。もちろんだからこそ選ばれたのだと思います。ネットの世界は新規のビジネス投資という視点から見れば、特にネットショップ開設などリスクはとても小さくて安心です。一方、成果はどうか?これは非常に難しく、相当な決意で取り組まなければ思うような結果は出ないし、非常に難しいというか、シビアな世界だと実感しています。とにかく諦めずに継続する事が大事なので、当社を含めてこの60社が成功に向かって行くように、僕も頑張りたいと思います。
2012年7月18日夕焼け.jpg
上の写真は昨夜の夕焼け!とても幻想的でした。暑い日が続いていますが、バテないで頑張りたいと思います。
ページトップへ

2012年7月17日(火)

アンディーありがとう!

2012年7月17日アンディー2.jpg
たった一週間の短期でしたが、ホームステイも無事に終わり、アンディーは次の訪問地である京都へ行きました。PTA会長という立場もあって、高校の色々なイベントには積極的に参加しようという気持ちと、米国への留学を控えた蒲鉾娘の良い経験だと思いホームステイを受け入れましたが、結果的には私たち家族にとっても多くの学びがあり、とても素晴らしい機会であったと思います。
2012年7月17日アンディー3.jpg
ホームステイというのはけしてお客様扱いするのではなく、本当の家族の一員として迎え入れる事が重要なのですが、短い一週間という期間だったので、ちょっと色々と連れまわしてしまいました。と言っても金沢や魚津の歴史や自然を体験してもらっただけですが、アンディーはそれなりに色々な事を吸収してくれたようです。
2012年7月17日アンディー1.jpg
米国には美味しいラーメンが全く無いようで、日本のラーメンは相当気に入ったようでした。ラーメンを並んで順番待ちをして食べる!なんて言うのも思い出だと思います。彼は将来、どんな道を選んで、どんな人生を歩むか分かりませんが、日本にとって大事なパートナーとして日本を深く理解する米国人になって欲しいと願っています。今回のホームステイは蒲鉾娘にとってもネイティブの英語を身近に接する良い機会だったようです。本日、アンディーを富山駅まで見送りに行きましたが、無事に終了した安堵感と寂しさが入り混じった気持ちでした。しかし、また再会できるような気がします。そういう時代だと思うし、必ずそういう機会があるでしょう。アンディー、一週間お疲れさんでした。そしてありがとう!頑張って色々と勉強して下さいね!
2012年7月17日アンディー4.jpg
ページトップへ

2012年7月12日(木)

旧富山駅ビルが更地に...

2012年7月12日富山駅2.jpg
JRの旧富山駅は北陸3県の中では確かに一番古くてボロい建物でした。平成26年度末に開通する新幹線開業に向かって急ピッチで工事が進んでいますが、こうして旧駅ビルが完全に壊され無くなってしまうとやはり時代の流れを感じます。しかし新しい時代への一歩であるので、古いものが無くなり生まれ変わるのは当然の事で、これから出来てくる新しい駅舎に期待をしたいと思います。下の写真を見ると旧駅ビル跡地が完全に更地になっているのが分かります。これから路面電車の通っている道とレベルを合わせるという事ですから、かなりの深さを掘り出して行くのでしょう。マリエとやまに店を構えている河内屋としては大変ですが、しばらく我慢するしかないですね・・・。
2012年7月12日富山駅1.jpg
ページトップへ

2012年7月11日(水)

ホームステイ

2012年7月11日短期留学生1.jpg
2012年7月11日短期留学生2.jpg
 蒲鉾娘の通う高校に短期ですが米国から高校生たちがやって来ました!滞在先はもちろんホームステイという事で、今回はPTA会長としてではなく、ホストファミリーとして受け入れの為に学校まで行って来ました。
 蒲鉾娘の通う高校は、国際英語コースというクラスがある県内でも珍しい学校なので、留学生が常にいるのが当たり前で、異文化の交流が普通にある環境なのですが、ホームステイとなるとホストファミリーにも色々と負担がかかったり心配な事も多いのが事実です。しかし子ども達にとってはネイティブの英語に触れる良い機会でもあるし、同世代の異国の友人を作る大きなチャンスでもあります。見ていると我々親たちはバタバタとしていますが、子ども達は普通にあの手この手でコミュニケーションを取っている。我々が考える心配事なんて大した問題ではないと感じてしまいます。蒲鉾家に1週間ホームステイするのは写真のアンディ。異国の息子が出来ました!
ページトップへ

2012年7月 6日(金)

Pinterest

2012年7月4日楽天EXPO.jpg
楽天EXPO2012に参加して来ました。昨年の楽天EXPO2011では、EXPO賞(地域特産品賞)を受賞し大きなメイン会場で表彰して頂いた思い出のイベントです。今年は静かに会場で色々なセミナーをまじめに聞いて来ました。今回は特に気になっているPinterestの事もたっぷり聞けて、個人的には非常に良い機会でした。最近のネットを見たり、自分で色々と使っていると、使い方や考え方がよりリアルに近づいていると感じる事が多いです。Googleの検索時代があるべき姿だと思い、テキストによる検索を意識しながら様々な種をまいて来た・・・という思いが強いのですが、やっぱり読むより見る方が楽だし直観的だと思うし、テキストと写真を比べれば相手の思考には写真の方が反射的に伝わるという事があると思います。そういう意味で、世界中の方に発見してもらう事の大変さというか、大切さというものを実感します。これからそういう事を考えて画像を考えたりしなければなりませんね。ある意味、当たり前な事だと思います。それにしてもPinterest Business Specialistのサラ タヴェルさんの話はとても分かりやすくて魅力的でした。そしてさらに熊坂仁美さんの話も非常に分かりやすくて大変勉強になりました。ネットの世界、SNSの世界は変化が凄まじい!毎日が驚きと勉強だ!頭がだいぶ固くなって来ていますが頑張りたいと思います。
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事