2010年1月

2010年1月31日(日)

新たな環境で・・・

2010年1月31日蒸し器設置5.jpg

まだ若干の作業が残っているものの、養生シートやゴミなどを全て撤去して、改装の全容が見えて来ました。特に新型蒸し器の更新は、その作業環境も一変し、まるで別の工場のようです。新しい環境で、新たな気持ちで蒲鉾作りに集中できるので、本当に良かったと思います。明日は最終調整と大掃除!短期決戦という厳しい条件の中、工事関係者の皆さんには本当にお世話になりました。ありがとうございました。

ページトップへ

2010年1月31日(日)

新蒸し工程

2010年1月31日蒸し器設置4.jpg

排気ダクトも設置して、蒸し器中央の操作盤も設置され蒸し場らしくなって来ました。現在、狭いスペースで蒸気配管、電気配線など詰めの作業に入ってきています。その他の工場改修区域も、ほぼ計画通り進行しており、全てが順調に行きました。それにしても蒲鉾を製造するには、これだけの設備が必要なんですよね・・・。売上に比べて設備投資が大きいので、新規参入がないというのも、蒲鉾業界の特徴かもしれません。魚津では昨年、また1社が廃業したので、富山県の蒲鉾屋は39社になったとの事です。

ページトップへ

2010年1月31日(日)

蒸し器設置

2010年1月31日蒸し器設置3.jpg

ピカピカの新品が4台入りました。床、壁、天井なども大変衛生的な環境になったので、雰囲気がちょっと変わりました。新しい蒸し器4台が並ぶと本当に壮観です。一応、予定通りの場所には設置できましたが、これからの配管繫ぎ込み作業が大変です。あともう少しなので頑張ってもらいます。

ページトップへ

2010年1月31日(日)

慎重な作業続く

2010年1月31日蒸し器設置2.jpg

大きな蒸し器を工場の中に入れるのは結構大変な作業です。多くの関係者が神経を集中させ、機械の動きに敏感に反応しながら進めています。昨日までの改修工事は順調でしたが、今日の作業は若干の苦戦は予想されるところです。何とか怪我無く、最後まで上手く行って欲しいです。

ページトップへ

2010年1月31日(日)

蒸し器登場

2010年1月31日蒸し器設置1.jpg

天候が晴れたので良かったです。風もないし機械の搬入日としては絶好のコンディション。今日は早朝から段取りをしていますが、これからが大変です。何とかうまく設置して欲しいと思います。

ページトップへ

2010年1月30日(土)

準備万端

2010年1月30日工場改修3.jpg

今日の作業も順調に全て終わりました。現場の皆さん、ご苦労様でした!新蒸し器を設置するスペースも床、壁、天井、配管など準備が整い、いよいよ明日が設置日です。床は蒸し器設置の為に養生をしていますが、本当にこの短期でよくここまで来ました。約1年がかりで計画を立てて来ただけに、ここまでは計画通りで安心しています。問題は明日の蒸し器搬入設置、配管繫ぎ込み、そしてテスト稼動という一番の作業を迎えます。何とか予定通り、計画通り工事が進む事を願っている所です。

ページトップへ

2010年1月30日(土)

壁の修復進んでいます

2010年1月30日除雪車被害の復旧工事.jpg

除雪車が激突して破損した壁の修復工事ですが、土台のコンクリートの型枠は外され、新しい木部と壁のボードが取り付けられました。後は色を塗る作業だと思いますが、周囲の色や雰囲気と合うかどうかが心配です・・・。まぁ、それはそれとして、本当に職人さんたちは段取り良く上手く修復して行きますよね。さすがプロだと思いました。

ページトップへ

2010年1月30日(土)

工事終盤

2010年1月30日工場改修2.jpg

河内屋かまぼこ工場の改修工事が急ピッチで進んでいます。このスペースは新規に更新した蒸し器を設置する場所で、床、壁、天井、そして蒸気配管、ダクト、換気扇・・・工事は多岐に渡ります。今日は工事関係者も大変な人数が入っていて、短期で工事するには綿密な計画と、確実な作業が大事だという事が分かります。

ページトップへ

2010年1月30日(土)

職人技

2010年1月30日工場改修.jpg

本当に職人技というのは凄いものですね。特殊素材の床は、外温が低温状態でも施工可能という優れもので、しかも速乾性があり、1日で確実に硬化して歩ける状態になるという特徴があるものです。これを段取り良く、手際良く、そしてチームワーク良く、黙々と進めていく姿が職人技を感じさせます。写真は今回の床工事のほんの一部ですが、他の部屋も非常に良い感じに仕上がって来ました!

ページトップへ

2010年1月29日(金)

食品工場の床

2010年1月29日工場改修.jpg

順調に工場の改修工事が進んでいます。特に床に関しては、HACCP対応の水系硬質ポリウレタン樹脂を一面に塗って衛生環境を整えています。この材質は、無臭で耐熱、耐薬品、耐衝撃などに大変優れたもので、水産加工工場や弁当惣菜工場などでも実績がある良いものです。既に工場の一部では施工済みなのですが、今回残りのスペースも整えているところです。

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事