2009年1月30日(金)

渡り

優秀な人には国家のために大いに働いて頂きたいものですが、官僚OBが次から次へと天下りを繰り返すのは誰だって怒りますよね...。しかもそれが非常勤だったりするのに、給料や退職金だけは妙に高いとなればなおさらです。詳しいシステムや本当の実態というのは分りませんけど、ニュースで出て来るケースは頭に来る事が多いです。この「渡り」という言葉も本当に何それ?という感じ。

昨日の衆院本会議で、明確に認めないという発言をされたので、当面はそういう事は起きないでしょうけど、政令は維持したままだし知らない間に「今回は特別な場合」などの理由で、いつかはありそうですよね...と思ってしまう所が悲しいです。

この厳しい経済状況で雇用不安が渦巻いているのに、政治の世界は何だか現実とは乖離しています。

ページトップへ

トラックバック

この記事のトラックバックURL

  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事