2004年7月

2004年7月31日(土)

1日の終り

7311日の終り.jpg長いようで短い1日が終わりました。ボランティア本部は全国から集まった人たちが労をねぎらいそれぞれ帰って行きます。本当にお疲れ様でした。また今日も蒲鉾太郎にとって貴重な体験ができた1日でした。
ページトップへ

2004年7月31日(土)

午後から民家の泥出し

731午後から民家の泥出し.jpg午後からはある民家に派遣され、床下の泥だし作業を行ないました。足場が悪く、また蒸し暑いため大変な作業でした。汗が玉のように噴出し流れました・・・。写真は一緒に参加した友人の娘さん(中学2年生)とお友達。一生懸命働いていました。よく頑張りました(^^)。
ページトップへ

2004年7月31日(土)

担当は上河内地区

731蒲鉾太郎の担当は上河内地区.jpg肉体労働を想像して行きましたが、まず待っていた仕事は民家を一軒一軒周り何か困っている事がないかリサーチする事でした。災害が起きてから日が経っているせいもあり、見た目は落ち着きを取り戻している感じでしたが、お年寄りが多く困っている事をひとつひとつ聞いて歩きました。写真は蒲鉾太郎が渡された上河内地区の地図・・・山間部で歩いて周るのに疲れましたが20軒ほど周りました。最後のお宅で「母が流されていまだに行方が分らない・・・探して欲しい」と言われた時は返す言葉がなく辛かったです。
ページトップへ

2004年7月31日(土)

福井災害ボランティアに参加

731福井災害ボランティアに参加.jpg今日は前回の新潟に引き続き、福井災害ボランティアに参加してきました。当初、福井市内に行く予定でしたが鯖江市がひどい状況だという事で、鯖江市のボランティア本部である河和田コミュニティセンターに集合。ここでもボランティアの皆さんが頑張っていました。
ページトップへ

2004年7月19日(月)

作業を共にした仲間達

長いようで、あっという間の1日が終った。何ができるのか不安だった気持ちは吹っ飛び、目の前の泥の山をひたすらみんなで運び出した。たった1日のボランティアだったが今までテレビの世界、他人事に思っていた自分のどこかが・・・何かが変った有意義な体験だった。被災者との交流、全国から来たボランティアの皆さんとの交流・・・色々な気付きがあった。

719作業を共にした仲間達2355(450幅).jpg

ページトップへ

2004年7月19日(月)

作業が終了

719作業が終了2340.jpg1日の作業が終ったボランティアの皆さん。泥で汚れた長靴などを洗う為に並んでいます。衛生の問題があるからか消毒を必ずするように指導された。
ページトップへ

2004年7月19日(月)

ドロドロの中之島町地区

719ドロドロの中之島町地区2255.jpg中之島町地区は泥の被害がひどくて助けが必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

719ボランティア活動中の蒲鉾太郎2239.jpg

 

 

 

 

 

ふだんやった事のない仕事なので本当に疲れました。学生時代はよく建築現場でバイトしましたが、そんな状況ではありません。写真では臭いは伝わりませんがかなり臭いです。

ページトップへ

2004年7月19日(月)

今日の成果

719今日の成果1705.jpg私達がみんなで出した土嚢・・・実際にはこの倍は出しました。道にこのように出すと自衛隊のトラックが運んでくれるのです。これだけ出しても泥はまだまだ気が遠くなるほどあります。特に床の下に堆積した泥・・・始末が悪いです。しかし人手で出すしか方法はなく、みんなで協力してやるしかありません。家主のおばあちゃんが途方に暮れているのを見ると心が痛いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

719ゴミの山1706.jpg道に出されたゴミの山・・・買ったばかりのテレビや思い出の詰まったものがすべて浸水・・・しかし思い出に浸っている暇もないという状況が分ります。

ページトップへ

2004年7月19日(月)

茶色でグレーな景色

719茶色でグレーな景色1256.jpg道を行き交う人はたくさんいます。ほとんどボランティアで来ている人達や、様々な地域の消防団、自衛隊・・・しかし景色が茶色い世界とグレーの世界。映画で見た戦後の焼け野原をたくさんの人が歩くシーンのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

719さまざまな物資1456.jpgいくらあっても足りないのでしょうが、さすがに日本・・・こういう時は全国から色々と物資が集まって来るのですね。パッと見る限りはかなりの種類のものが集まっていました。足りないのはやっぱり人手のような気がします。

ページトップへ

2004年7月19日(月)

家と家の隙間に入って来た泥

719家と家の隙間に入って来た泥1249.jpgここは蒲鉾太郎たちが集中的に泥出しを行なった場所です。泥を袋に詰め外に出すのですが、やってもやっても切りがない状態・・・しかし機械でもできるような状況ではないので結局人の手に頼るしかない感じです。そういう意味ではまだまだ人が足りない状況です!これからがもっと応援がいるような気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

719振り向いたら車が家屋に1254.jpg作業をしながらパッと後ろを振り向くとこんな状態が目に入って来ます。しかし目の前の作業であそこまでは行けません・・・。

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索