富山の蒲鉾10か条

2012年12月23日(日)

いつもと変わらない12月...

2012年12月23日連日の残業.jpg
景気の状況も良くないし、選挙もありましたし、今年の12月はどうなんだろう?という心配がありましたが、蒲鉾屋の12月は何も変わりなく、お陰様でブログが書けない状態が続いています。各店、工場の各部署では、連日忙しい日々が続いていて、特に出荷に関しては24日から28日まで毎日大量出荷を予定しているので気が抜けません。追加もあり、変更もあり、さらに運送便の遅延などもあり日中は本当にあっという間に時間が過ぎて行きます。年内の繁忙期も残りわずか・・・アルバイトさん達も含めて全員で頑張りたいと思います。それにしても本当にありがたい事だと感謝、感謝です。
ページトップへ

2012年10月16日(火)

富山の酒とかまぼこフェア2012に参加しました!

2012年10月14日酒と蒲鉾2012-2.jpg
今年も「富山の酒とかまぼこフェア」に参加して来ました!本来なら会場がお客様で一杯で、大変賑わっているシーンをアップすべきなんでしょうが、販売とお客様対応でそういう写真を撮っている時間が全くありません。相変わらず写真は準備だとか説明の写真ばかりです。今回のフェアでは今までのマンネリ化を少しでも変えよう!という事で、細かい部分で色々と工夫をしてみました。少しはお客様にわくわく感が出たのではないかなと感じています。このフェアは富山県が非常に力を入れてくれている企画なので、長く続くと良いなぁ・・・と個人的には思っていますが、この企画の成功=売上と考えている人にとっては、なかなか参加する事が苦しくなって来るかもしれません。新幹線開業を目前に控え、東京の皆さんに積極的にPRして行く!東京圏の皆さんと接点を増やして行く!というこのような企画は、今後も大切にして行きたいと思っています。
2012年10月14日酒と蒲鉾2012-3.jpg
今年も河内屋のブースには大勢の皆さんに来て頂けました!会場内をぐるぐる周って、やっぱり河内屋が良い!と声をかけて頂いたお客様もたくさんいて、本当に心から感謝をしたいと思っています。そういう言葉をかけて頂くと疲れも吹っ飛びますね!今年は富山市内の老舗蒲鉾屋さんが、河内屋の人気シリーズ「スティックチーズかまぼこ」のモノマネ版を出していて、お客様はもちろん、色々な業者さんから声をかけて頂きましたが、真似されるようになったら本物だ!という気持ちで気にせず本物を作り続けたいと思います。ちなみに下の写真は、今回初めて展示した富山県内の蒲鉾屋が作る細工蒲鉾の鯛です。東部、中央、西部・・・場所や歴史によって鯛の細工蒲鉾一つとってもバラバラ。こう見ると各社オリジナルティがあって良いですね。おそらく当社も含めて自分のところの鯛が一番良い!と思っているはずです。そんなプライドを持ちながら今後も頑張りたいものです。
2012年10月14日酒と蒲鉾2012-1.jpg
ページトップへ

2011年12月14日(水)

全国の蒲鉾屋さん、あるいはお歳暮商品やお節料理の中に入っているような食品を作っている会社などは、まさに今この毎日が大変な状況だと思います。毎年この12月だけは何とかならないものかと思うのですが、日本独特の食文化に生きている者としては宿命として仕方ない事であるし、大変ありがたい事でもあると思っています。連日工場は早朝から深夜まで、それぞれの部署で頑張って仕事をしています。先日、今年を表わす漢字に「絆」という文字が選ばれました。色々な意味で納得でしたし、僕自身も絆を深く感じた年でした。この12月にこうやって忙しくさせて頂いているのも、お歳暮を贈ったり贈られたりという絆を確認し合う日本独特の文化であると思っています。日頃会っていなくても、こういったやり取りで近況を確認し合う。これをきっかけに久しぶりに電話してみる、手紙を書いてみるというきっかけにもなっていると思います。そういう時に選ばれる商品を今後も作って行きたいと思います。これから年末まで相当なボリュームの仕事量になりますが、全員で頑張って行きたいと思います!
ページトップへ

2011年12月 1日(木)

いよいよ12月に突入!

2011年12月1日サンタの手まり.jpg
今日からいよいよ12月です!蒲鉾屋にとって最大の繁忙期となるわけですが、お歳暮商戦はすでに始まっており河内屋各店、そして工場は連日バタバタと忙しい状態です。今年のお歳暮商戦は震災後の影響もあったり、景気の悪さなどもあって心配は尽きませんが、日本人の心の文化はそう変わるもんではなく、特に今年のような絆が見直された時代はお歳暮を贈る方が多くて、本当に底堅い世界だと感じています。河内屋も今年の12月を乗り切るテーマは絆です!河内屋の蒲鉾が絆を確認し合う贈り物として役に立つよう心配りをしながら仕事をしています!多くの方に河内屋を利用して頂きたいと思っています。また、今日から季節限定の蒲鉾も販売開始!写真は手まり蒲穂子のサンタクロース!ネット販売はせずに店頭販売だけですが、数に限りがありますので、どうぞお早めにご来店頂ければと思っています!
ページトップへ

2011年11月25日(金)

お歳暮の申込みが増えて来ました!

2011年11月25日河内屋包装紙.jpg
百貨店のギフトセンターも開設され、例年と変わりなくお歳暮商戦が先週からスタートしています!河内屋も例年の通り冬のカタログ発送が終わり、今週は本格的にお歳暮の注文が入って来ていて、本当にありがたいことだと感謝しています(^^)。特に今年は3.11大震災の事もあって絆やつながりが見直された事もあり、日本人特有の文化であるお歳暮に注目が集まっている感じがしますね。日頃会えない大切な方へ美味しい蒲鉾を贈る・・・河内屋もそういった自覚を強く持って仕事をして行きたいと思います。また、最近全国で河内屋の蒲鉾や鮨蒲が紹介されて、新しいお客様も増えて非常に嬉しいです!初めてのお客様からはよく河内屋の包装紙に何が書かれているのか?などご質問も頂きます。河内屋ホームページにも掲載されているのですが、せっかくですのでこのブログでも内容を紹介させて頂きますね。包装紙のデザインは創業以来使用しているもので、ギフトやお土産にも大変好評をいただいています。包装紙の漢文は、下記のような内容が書かれています。
-----------------------------
「宗五大草紙」という文献の説に拠れば、蒲鉾は、這種魚(水底を這う魚)を蒸したもので、もともとは鯰の肉を用いてつくったものであり、蒲の穂のような形にしたという。
「雍州府志」という文献の説に拠ると、先ず海鰻肉(鱧)を細かく打ちくだき、石臼(すり鉢のようなもの)で練り、再び上鹽(上等な塩)を加え、然る後、圓い竹の莖を中心にして手のひらで外の面に塗り焼きつけて出来上がる。それを蒲鉾と言った。我們がいうところの竹輪が(蒲鉾の)古い製法で、現在の杉板を用いたもの、これは近代的製品である。さらにつけ加えると、「運歩色葉集」(辞書)にある「蒲穂子」という名称が最初に現れたものである。最初の蒲穂子は今の焼竹輪に相当する。鯰の肉は純白美味なのに形が醜いが為に、磨碎して見栄えを良くした。後に這種魚の製法は、海の魚へと到った。
ページトップへ

2011年11月16日(水)

お歳暮に河内屋のかまぼこ・・・


河内屋としては珍しいのですが、お歳暮商戦に向けて少しでも認知度を上げようと思い、この度15秒のCMを期間限定で流すことにしました。低予算なので凄いCMは流せませんが、富山県内向けとしてKNB放送さんで今日から流れています。もし見かけましたら河内屋を思い出して頂き、今年のお歳暮や新年の蒲鉾に河内屋をご利用頂ければと思っています。今年は過去にない大きな震災を経験して、改めて人と人との繋がり・・・絆というものを見直すきっかけになりました。日本人が今までに育んで来た歳暮という習慣も、日頃からお世話になっている方や、普段は会えないけどいつも気にかけていますよ・・・という相手を想う日本人のやさしい古き良き文化なのだと思います。そんな大切な場面で少しでもお役に立てればこんな嬉しい事はありません。本年もどうぞよろしくお願い致します。
ページトップへ

2011年9月23日(金)

関ジャニ∞MAPに河内屋が登場!の続き!

河内屋が登場した全国放送「関ジャニ∞MAP」の続きです!やっぱり全国放送というのは凄い事だと思います!魚津本店の店内もこんな風に紹介して頂きました!
2011年9月18日関ジャニMAP6.jpg
河内屋本店の店内で、室井滋さんが横山君と渋谷君に紹介して下さったのは、下の画像を見て頂ければ分かる通り、河内屋の看板商品「鮨蒲」です。蒲鉾の上に鮨ネタが乗っているこのスタイルの蒲鉾は、実は河内屋が発祥なのです。今では有名になり富山県内で似たようなスタイルの商品をよく見かけますが、元祖は実は河内屋の鮨蒲(すしかま)なのです!
2011年9月18日関ジャニMAP7.jpg
関ジャニのお二人は鮨蒲初体験だったみたいで、かなり感動してくれていました。こういう若い世代の方にも河内屋の蒲鉾をもっと知って頂きたいです。
2011年9月18日関ジャニMAP8.jpg
今回は室井滋さんの案内で、富山県内を横山君と渋谷君が冒険する!という内容で、河内屋から冒険がスタートしました!実はロケ内容はもっと濃かったのですが、編集段階でだいぶカットされたみたいでその点は残念だったのですが、こうやって全国放送に取り上げて頂いた事は本当に感謝をしたいと思います。室井滋さんをはじめ、関係者の皆さん、ありがとうございました!
2011年9月18日関ジャニMAP9.jpg
ページトップへ

2011年9月22日(木)

関ジャニ∞MAPに河内屋が登場!

ブログを書く時間が無くてすっかりPRが遅れましたが、河内屋が全国放送に登場しました!放送日のアクセス数がグーンと上がったので、見て頂いた方も多いと思います。
2011年9月18日関ジャニMAP1.jpg
河内屋が登場したのは「関ジャニ∞MAP」という人気番組!メンバーの横山君と渋谷君がJR魚津駅をバックにコメントしている姿が何とも言えません。全国の若い方にも少しは魚津駅を知って頂いたかもしれません。
2011年9月18日関ジャニMAP2.jpg
番組のストーリーとしては、富山と言っても名産品が思い浮かばない!という事で2人はJR魚津駅から歩いて2分の場所にある鮨蒲本舗 河内屋にやって来てくれました!そうです!今回の冒険は河内屋がスタートでした!
2011年9月18日関ジャニMAP4.jpg
2011年9月18日関ジャニMAP5.jpg
ABC・朝日放送系の全国放送に映ったのでインパクトはありました!河内屋もバッチリ映っていますね!今回、河内屋を紹介して頂いたのは、富山県出身の大女優、室井滋さんです。いつも河内屋を紹介して頂き、本当に感謝しています!さて、この内容の続きは明日アップします!
2011年9月18日関ジャニMAP3.jpg
ページトップへ

2009年6月 2日(火)

蒲友会総会

富山県には約40社の蒲鉾屋さんが参加している蒲鉾組合があるのですが、45歳以下のメンバーで構成している青年部があります。青年部の名前を「蒲友会」と書いて、「ほうゆうかい」と称します。他県に比べても富山県は青年部のメンバーが比較的多いのですよね。平成21年度が6月1日よりスタートしたのですけど、会員数は特別会員を含めて20人。1社から数名入っている場合もありますが、若い人が蒲鉾業界にいるという事は良い事です。

今年度から僕は蒲友会の副会長になってしまいました。引き続き全国組織である全蒲青(全国蒲鉾青年協議会)には役員として出向します。

富山県内も安売りがひどい状態になっていて、組合と言っても各社の思惑は全く違うし、価値観も違う人たちの集合体ですが、蒲鉾業界を盛り上げたい...という思いは差はあれど一致しているので、頑張りたいと思います(^^)。

ページトップへ

2008年5月23日(金)

富山の蒲鉾10か条

富山県蒲鉾水産加工業協同組合では「富山の蒲鉾10か条」というものを制定し、高品質で美味しい蒲鉾造りを目指して頑張っています。

地域ブランドである「富山名産昆布巻かまぼこ」は、必須アミノ酸5%以上という品質基準などと、この富山の蒲鉾10か条をクリアしていなければなりません。

河内屋の昆布巻かまぼこはもちろん地域ブランドです(^^)。

 

★富山の蒲鉾10か条

1.富山の蒲鉾たる品質を守るための努力を怠らず、その品質については、企業(店)同士の理解を得る事ができる事。

2.原材料、副材料などすべてを吟味し、富山の蒲鉾の名をけっして辱めない事。

3.原魚の持ち味を生かして高たんぱくの製品を製造している事。

4.蒸し蒲鉾である事。

5.富山の蒲鉾本来の製法・技法・技術を頑固に守り、将来もそれを尊重する意志を持っている事。

6.富山県に本社(本店)があり、なおかつ経営の拠点が富山県にある事。

7.富山県内に自社(自店)の製造工場を持つ事。富山県以外に製造工場がある場合は、必ず自社(自店)工場である事。

8.富山の蒲鉾業者としての30年以上の歴史を有し、周囲からも同業者からも広く認知された企業(店)である事。

9.富山の蒲鉾を大切にする信念をもつ経営者が携わる企業(店)である事。

10.富山県蒲鉾水産加工業協同組合の組合員である事。

 

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事