富山の蒲鉾10か条

2014年11月24日(月)

第53回農林水産祭、新嘗祭に参加させて頂きました!

2014年11月23日農林水産祭1.JPG
 今年の2月の事ですが、第62回全国水産加工たべもの展にて河内屋の「太巻かまぼこ(昆布巻)」が大変名誉ある農林水産大臣賞を頂きました。その際は大変多くの皆さんにお祝いのメッセージを頂き、本当に嬉しかったです。当社としても非常に嬉しい衝撃的な出来事だったので(3月4日ブログ)(3月21日ブログ)(3月25日ブログ)(4月17日ブログ)と受賞関係のブログを4回も書きました。
2014年11月23日農林水産祭2.JPG
 そして今回、全国の色々な品評会で農林水産大臣賞を受賞した皆さんが、平成26年度(第53回)農林水産祭と新嘗祭に参加できるという事で案内状を頂きましたので、滅多にない機会なので会社を代表して蒲鉾女将と2人で参加して来ました!
 集合場所は明治神宮南参道入口の鳥居なのですが、全国から参加者が集まるので担当の方が都道府県の旗を持って待ち構えていてくれて色々とお世話をしてくれました。この担当の方、偶然にも魚津出身の方という事で大変ビックリしました。そして明治神宮御社殿に入り、新嘗祭というものを初めて体験しました。この新嘗祭という行事は、11月23日に宮中をはじめ全国の神社で執り行われ、その年の稲をはじめとする作物の収穫を祝い、神々からの恵みに感謝をする祭儀です。日本書記などにも出て来る古くからの祭儀ですが、終戦後は新嘗祭の伝統精神を継承しながら、勤労の尊さを重んじて農作物その他一切の生産物の恵みに感謝する「勤労感謝の日」と定められて今日に至っているそうです。今まではあまり縁がなかったので詳しくは知りませんでしたが、そういう意味でも今回は良い経験をさせて頂きました。これも日々頑張ってくれている社員のみんなと、お客様をはじめ取引先も含め、河内屋を応援してくれている全ての皆さんのおかげだと思います。
2014年11月23日農林水産祭3.JPG
 新嘗祭参列後、御社殿を後にして明治神宮会館へ移動しました。この日は晴天という事もあり多くの観光客や海外からの観光客もずいぶんいました。その他、厄除けや結婚式など色々と行事があるようで明治神宮の関係者も忙しそうでした。
2014年11月23日農林水産祭4.JPG
 明治神宮会館では富山県の席も決まっており、指定された席で待ちましたが、主役は天皇杯、内閣総理大臣賞、日本農林漁業振興会会長賞の3賞を受賞された皆さん。7部門の各分野から選出された皆さんにそれぞれ授与が行われました。全国には素晴らしい仕事、取組みをされている人がいるんですね。改めて刺激を受けるとともに、今後も味や品質にこだわった商品作りをしていかなければならないと思いました。舞台に置いてあった天皇杯は本当に輝いていました。そして果てしなく遠く見えたというのが実感です。
2014年11月23日農林水産祭5.JPG
 正面ロビーには、3賞はもちろんの事、農林水産大臣賞受賞者の名前がずらり並んでいました。品評会の会場や表彰式に出ると農林水産大臣賞はその会のトップで誇らしいですが、ここに来ると農林水産大臣賞だらけ・・・各分野で色々な品評会や展示会があるのだという事も改めて知る事が出来ました。
2014年11月23日農林水産祭6.JPG
 それでも創業以来初めてここまで来た訳ですから、大変名誉な農林水産大臣賞を頂いた事は本当にありがたい事でした。しかも全国蒲鉾品評会ではなく、全国水産加工たべもの展というのも河内屋らしい出来事だったかもしれません。そして富山県蒲鉾業界を代表する「富山名産昆布巻かまぼこ」が、評価された事も大変嬉しい出来事でした。創業者である初代、そして2代目も喜んでいるはずです。今後もしっかり頑張って行きたいと心新たにしました。
2014年11月23日農林水産祭7.JPG
ページトップへ

2014年10月18日(土)

2014年冬のカタログが完成しました!

2014年10月17日冬カタログ.JPG
 今年もお歳暮用のカタログが完成しました!当社では毎年、お中元の時期とお歳暮の時期の年2回のカタログ製作をしていますが、やはりお中元とお歳暮を比較すると圧倒的にお歳暮の比重が高いのが蒲鉾業界。カタログ製作にかける想いもまた違います。それにしても蒲鉾業界に身を置いていると一年があっと言う間です。今年もあと3ヵ月を切りました。このカタログと共にお歳暮商戦を社員一丸となってしっかり戦い抜きたいと思います。
 ちなみにこのお歳暮カタログはすでに直営店では置いてあります。また、お名前をご登録して頂いているお客様には例年通り10月末から11月初めにかけて郵便でお届け致します。今年もどうぞよろしくお願い致します!
ページトップへ

2014年10月 6日(月)

富山の酒とかまぼこフェア2014

2014年10月6日酒と蒲鉾フェア2104A.JPG
 今年も「富山の酒とかまぼこフェア」が無事に開催されました。今回の参加は16の酒蔵と9の蒲鉾屋が参加!来年の北陸新幹線開業へ向けて最後の?PRという訳ではありませんが、参加されている各社の皆さんはそれぞれ思う事があるのだと思います。
2014年10月6日酒と蒲鉾フェア2104B.JPG
 毎回、日本酒チームの皆さんも我々蒲鉾チームも場を盛り上げる為にプレゼント提供や、各社の鯛を展示したり細工蒲鉾の製造風景の動画を流したり色々と取組んでいますが、ご来場の皆さんがそれを見てどんな印象なのか?反応なのか?というのはよく分かりません。というのも始まってしまうと忙しくて他を見る余裕が全く無いからなのです。とりあえず準備段階で写真を撮ったのが下の写真。富山県内で一口に細工蒲鉾と言っても特徴がありますね。各社がうちの細工蒲鉾が一番!と思っているでしょうが、その気概が蒲鉾作りには必要な事です。
2014年10月6日酒と蒲鉾フェア2104C.JPG
 さて、今回の「富山の酒とかまぼこフェア2014」・・・台風接近で入場者の数や動向が分からないという前情報に加え、河内屋のブースが一番奥で分かりずらいというけして良い場所ではなかったので、正直言いますと心配のスタートでした。しかし始まってみると天候が悪いにも関わらず、一部は例年通りの賑わい!二部は若干少ないか?とも感じましたが全体としては非常にお客さんが入っていたように感じます。
 そして肝心の河内屋のブースですが、最初から最後まで大変な状況で、賑わっている様子は全く写真を撮る余裕がありませんでしたが、今年も河内屋ファンだという方が大勢来て下さり本当に嬉しかったです。色々と声をかけて下さる方もたくさんいるのですが、ゆっくり会話が出来なくて誠に申し訳ないと思いつつ、今年も短い時間でたくさんの蒲鉾を買って頂いたと思います。本当にありがとうございました!!ちなみに東京デビューの棒S(ボウズ)の反応は非常に良くて、幅広い世代の方に高評価を得たと思います!
2014年10月6日酒と蒲鉾フェア2104E.JPG
 昨年に引続き東京で一人暮らしをしている蒲鉾太郎が応援に来てくれました。飲食系サービスのアルバイトをしているせいか、昨年より仕事ぶりはパワーアップ!本当にたのもしく、最初から最後まで本当に良くやってくれたと思います。僕たちが並んでいて親子であると気付くと、色々な反応がありそれを見るのも楽しかったですね。とにかく今回も蒲鉾太郎の大活躍でそれなりの成績は残せたと思います。
2014年10月6日酒と蒲鉾フェア2104D.JPG
ページトップへ

2014年10月 3日(金)

人気のスティック蒲鉾シリーズをリニューアルします!

2014年10月3日北日本新聞(棒S).jpg
 今朝の北日本新聞さんで紹介して頂きました!実はこの度、河内屋のロングセラー商品であり、主力商品であるスティック蒲鉾シリーズをリニューアルする事にしたのです。この商品は大人のチーカマを作ろう!という事で1999年に発表した「スティックチーズかまぼこ」が始まりなのですが、その後、BRUTUSなどの有名雑誌で取り上げられたり、昨年の旅サラダなど様々な有名テレビ番組で紹介されたり、本当に色々な意味で大きく育ってくれました。その後、シリーズは増え全部で5種類になり、このシリーズのファンの方も多くて本当にありがたいと思っています。
 一方で、富山市内の同業者に姿、形、価格などそっくりそのままマネされるなど、色々と困った事もありましたが、来年の北陸新幹線開業に向かって思い切ってデザインを一新する事にしました。売れている商品、主力商品のデザイン変更、一部規格変更という事でかなり大変な決断でしたが、今がその時だ!と判断しました。
 そして色々な出会いの中で、とある信頼している方からの紹介で日本を代表するグラフィックデザイナーの「キギ」さんのお二人と運命的な出会いをしました。知り合ってちょうど1年、つまり1年がかりで出来上がったのが今回の作品です。本当に多くの関係者が力を結集して、知恵を絞って、創意工夫して作ったという自負があります。工場スタッフも本当に色々と対応してくれて頼もしく思いました。日頃からのお客様には切替の段階で品不足になったりご迷惑もおかけしましたが、明日から頑張って販売して行きたいと思います!
ページトップへ

2014年9月 5日(金)

Japanese Food Trade Fair in Singapore 2014に参加!

2014年9月5日シンガポール1.jpg
 まさか今年、シンガポールに2回も訪問するとは思っていませんでしたが、色々なご縁や様々な環境変化への対応の為に、初めて海外での商談会に参加して来ました。今回参加したのはJapanese Food Trade Fair in Singapore2014という地方銀行7行が共同主催する食の商談会で、シンガポールの食に関するバイヤーや関係者が参加する大きな商談会でした。
 過去には香港、上海、台湾、タイ、インドネシアなどアジアのバイヤーとの商談会に参加経験はあるものの、いずれも会場は富山市内であり、参加して来たと言っても明らかに準備不足、勉強不足、経験不足という状況での参加であり、今回シンガポールでの商談会は事実上初チャレンジという気持ちで参加しました。
2014年9月5日シンガポール2.jpg
 会場の環境は写真の通りで、やっぱり日本とは雰囲気が違います。また、日本からの参加企業も全国いろいろで、海外のこういった商談会に参加慣れしている企業もあれば、当社のような素人企業もありという事で、バラエティーに富んだ雰囲気ではあるものの、経費をかけ参加している訳でやる気と熱気に満ちた商談会でした。
2014年9月5日シンガポール3.jpg
 それにしても今回は色々なバイヤーと話す事が出来ました。日本で情報を聞くのと、現地で情報を聞くのとではやはり違うという事を改めて実感する連続でした。またアドバイスや問題点の指摘などもストレートで、反応が非常に分かりやすかったという点も収穫になりました。
 それと参考になったのが、既に実績を作っておられる企業のお話。色々な場面でお互いの情報交換をする過程で、大変貴重な話を伺えたと思います。
 今回、この商談会に参加するに当たり、色々な方の助けと知恵をお借りしました。本当にありがたく、心から感謝しております。中途半端な成果を早急に求めるのではなく、しっかりとした道筋を見出せるような、地道な活動をして行きたいと思います。
2014年9月5日シンガポール4.jpg

ページトップへ

2014年7月20日(日)

金沢百番街にくまモン登場!

2014年7月20日くまモン3.jpg
 金沢百番街「あんと」がオープンして初の連休、館内は大変な賑わいで凄い事になっていましたが、オープニングイベントでさらに凄い人が集まっていました。そしてその原因というのが、写真の通り「くまモン」がやって来たのです。超有名なくまモンを初めて目撃しましたが、僕は遠くからくまモンの頭の上の方だけしか見る事が出来ませんでした。現場の状況は下の写真の通りです。
2014年7月20日くまモン2.jpg
 くまモンの頭の上の方しか見れなかったので、当然写真も撮る事が出来ませんでした。ちなみに何故くまモンの写真があるのかと言いますと、当社の某店舗の店長が究極のくまモンファンでして、この日も何時間も前から並び写真を撮っていました。という事で、金沢百番街は大変な一日となりました!
2014年7月20日くまモン1.jpg

ページトップへ

2014年7月18日(金)

金沢百番街「あんと」がオープン!

2014年7月18日金沢1.jpg
 この日の為にどれだけの時間とお金・・・何よりも情熱を注ぎ、気遣い、配慮をして来たのだろう?と考えると、長かったような短かったような何とも言えない感覚なのですが、まずは無事にオープン初日を迎える事が出来たのは、本当に嬉しい事で河内屋にとっても記念すべき日だったと思います。
 ここまで様々な関係者にお世話になり、応援してくれた全ての方々に心からの感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました!
 河内屋の新しい店舗とスタッフは上と下の写真です。写真では上手く撮影できなかったのですが、実物は本当に素晴らしい店舗になっています。ぜひご来店頂きたいと思います。
2014年7月18日金沢2.jpg
 さて、今回の金沢百番街「あんと」のオープンは、旧おみやげ館と旧あじわい館を半年間かけて一体化した大規模なものでした。これは単に耐震補強や古くなった施設をリニューアルするだけというものではなく、2015年3月に開業する北陸新幹線開通後を見据えた大型プロジェクトであり、北陸の玄関口として威信をかけたJR西日本グループの凄まじい決意と、新幹線時代への積極的な攻めの姿勢を十分に感じる商業施設だと感じています。この「あんと」のオープンは、そういう意味で周辺商業施設はもちろんの事、富山、福井まで影響を及ぼすでしょう。
 今回、スタートの78店舗の中に北陸富山の蒲鉾屋として出店出来たのは、本当にありがたい事でJR西日本グループ、金沢ターミナル開発の関係者の皆様には感謝の言葉しかありません。今後は「あんと」が盛り上がって行く為にしっかり頑張って行きたいと思います。
2014年7月18日金沢3.jpg
 さて、オープニングは大変多くの方がご来館されました。10時オープン前の微妙な緊張感に包まれた館内、オープン後の怒涛の入場者が行き交う瞬間に立ち会えたのは良い記念になりました。館内はとにかく広く感じます。遠くまで見通せる設計、レイアウトは非常に雰囲気も良く、訪れた皆さんは口々に素晴らしいね~という言葉を口にしていました。しかし、店舗の場所が以前から全く違う世界になったので、お目当ての店舗に行くのにだいぶ探している方もいましたが、またそれも楽しい感じでしたね。
2014年7月18日金沢4.jpg
 当日は「あんと」完成記念パーティーもあり参加して来ました。出店テナントはもちろんの事、工事関係者も含めて大変多くの皆さんが参加していました。ここまで先頭に立ってリーダーシップを発揮されて来た辻子社長の晴れ晴れしい笑顔が印象的でした。
2014年7月18日金沢5.jpg
 御来賓は市長や商工労働部長など多くの方が来ていましたが、マスコミの取材陣も非常に多くてその関心の高さを感じました。やっぱり金沢の北陸新幹線にかける期待も意気込みも凄いモノがありますね。富山駅も工事が進んでいますが、ハード面は日に日に変化が激しいと思いますが、まだまだソフト面の準備や盛り上がりが足りないのかもしれません。魚津にいるとなおさらですが、観光産業に携わる者としては、心配事が多いのも事実です。
2014年7月18日金沢5-1.jpg
 富山駅高架下の具体的な開発はこれからです。今後一気に加速化して行くと思われますが、河内屋もしっかり準備と対応をして行きたいと思います。ライバルも多いので大変なのですが、正々堂々と勝負して行きたいと思いますね。
 下の写真はパーティーでの余興の様子。金沢のパーティーに出席するといつも思うのは、富山と違って華やかなのですよね。芸事を極める世界が奥深い。またそれを応援している文化もある。僕などはなかなか入って行けない世界です。こういう世界も含めて、これからの新幹線時代、全国、世界から金沢に多くの方が訪れます。訪れた方がガッカリしないような「おもてなし」をしっかりやって行かねばと心を新たにした一日でもありました。
2014年7月18日金沢6.jpg
2014年7月18日金沢7.jpg
ページトップへ

2014年7月15日(火)

2014年7月17日(木)金沢百番街「食物販・飲食ゾーン」リニューアルOPEN!

2014年7月15日金沢1.jpg
 今年の2月から仮店舗で営業して来た河内屋の金沢百番街店ですが、いよいよ今月17日(木)にリニューアルOPENします!長い長い約半年間の仮店舗営業・・・この間の売上減少、雇用維持、さらには設備投資、人的投資などの先行投資を含め、経営的にはなかなか試練の時間でした。しかしながら全ては想定内であり、以前よりそのために準備して来た事もあり、何とか無事に?リニューアルオープンを迎えようとしています。
 さて、今回の金沢駅内の大工事は、JR西日本グループの金沢ターミナル開発株式会社が高架下商業施設「金沢百番街」の旧おみやげ館と旧あじわい館を一体化させるという大事業!東口側から西口側まで見通せる金沢の街なみをイメージした商業エリアを目指したものです。コンセプトは『エキマチ』。各ゾーンがわかりやすく構成されていて、「お買物」や「お食事」が本当に楽しめる素晴らしい館になっています。この規模と言い、出店している北陸を代表する名店の数々、さらには館内全体の雰囲気と言い、北陸の玄関口として相応しい商業施設になっています。
 この新しいエリア名称も「あんと」に変更になります。つまり「おみやげ館」と「あじわい館」が一体化して「あんと」に生まれ変わったというイメージですね。
 この凄い商業ゾーンがいよいよ7月17日(木)午前10時にリニューアルOPENします!来年3月に開通する北陸新幹線へ向けて動き出す金沢の新しい顔にご期待ください!
2014年7月15日金沢2.jpg
ページトップへ

2014年6月20日(金)

金沢駅の新しい店舗の準備に追われています!

2014年6月21日北陸新幹線1.jpg
 北陸新幹線の開業が来年3月と迫っているのですが、最近はこの新幹線絡みの準備に追われる仕事が多いです。肝心の本社工場がある魚津は北陸新幹線とは全く無縁の土地なのに、営業先が金沢中心地、富山中心地という関係上、ここに来て第一弾目のイベントで目が回りそうです。
 さて第一弾というのが金沢駅にある金沢百番街。既に新聞発表もされていますが、お土産館が7月17日にリニューアルオープンです!今回の改装はお土産館、あじわい館が全面的に耐震工事も兼ねた大改装という事で、とても大規模なものになっています。今年の2月1日より河内屋も仮店舗営業という事で、お客様にはご迷惑をおかけしましたが、いよいよ来月には再出発します!とても素敵な店舗になる予定ですのでぜひ期待をして欲しいと思います。
ページトップへ

2014年5月 1日(木)

送料を改定しました!

2014年5月1日送料改定2.jpg
 この日経は今年の3月12日のものですが、ヤマト運輸の運賃値上げの噂は全国の蒲鉾屋ネットワークで2月頃から聞いていました。中には2月1日から料金改定を突き付けられた会社もありました。記事をクリックして頂くと内容を確認して頂けますが、取引業者としては納得できる部分と納得できない部分がありますね。納得できなければ業者を変更すれば良い事なのですが、この宅配に関してはやはりヤマト運輸を選ばざるを得ません。特に我々が使う冷蔵便、つまりクール宅急便はやはりヤマト運輸なのです。もちろん問題も多々あります。しかし比較できる業者は無いと言っても過言ではありません。事実上の独占状態だと思います。つまりプライスリーダー!特にアマゾンの荷物を請け負ってからその力は増しているのではないでしょうか。我々もこういう会社になりたいものです・・・という事は置いといて、この運賃値上げは地方の業者にとっては非常に迷惑な話です。
 短期間で色々とシミュレーションしたり悩んだりしましたが決断を下しました。実際には4月1日から運賃は上がっていましたが、当社は本日5月1日から送料改定しました。ネットに関してはシステム変更のためにWEBサイトを少し閉じましたが、午後からは新送料体系でスムーズにスタートを切る事ができました。お客様にはご迷惑をおかけしますが、深い理解を頂き今後ともどうぞよろしくお願い致します。新送料は下図の通りなのですが、ヤマト運輸の値上げを受けながらも、出来る限りお得な送料体系を提案させて頂いたつもりです。今後とも通販をご利用して頂けるよう・・・そして送料が適正であると思って頂けるように頑張ります!
2014年5月1日送料改定.jpg
ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索
過去の記事