2014年9月25日(木)

自家製アオリイカの沖漬け

2014年9月23日釣行1.JPG
 午前中は立山へ大事な友人のお墓参りに行き、珍しく午後から海に出撃しました。台風が接近で波と風が気になりましたが、アオリイカ狙いでどてら流しのティップランなら問題なし!と判断して釣友と出撃しました。一応、海況の急変に備えホームに直ぐに戻れるポイントを選びました。上の写真の海賊旗を見て頂くと分かる通り風はかなりありました。そしてもう一つ見て頂きたいのが手前の怪しい液体が入っているビン。これは沖漬け用の調味液なのです。生きたアオリイカをそのまま調味液に投入すると言う残酷な調理法なのですが、これぞ本物の沖漬け!という事で小さいアオリイカを中心に本物のアオリイカの沖漬けを沖で製造しました。
2014年9月23日釣行2.JPG
 上の写真は内臓を取り除き刺身のように沖漬けを頂きました。そして下の写真は調味液に漬けたまま冷凍庫で凍らせて、半解凍の状態で内臓ごとルイベとして頂きました。どちらも自家製アオリイカの沖漬け!という事でマジで美味しかったです。正直クセになりそうな美味で、今後はもう少し沖漬け製造を増やそうかと思案中です。
2014年9月23日釣行4.JPG
 という事で今回の午後からの釣果は、下の写真の通り!全部で10杯でした。今回はジャスト3時間の釣行でしたが、最初の1時間は順調に釣り上げ、間の1時間は全く生命反応ゼロ!という厳しい時間帯を耐えて、最後の1時間で何とかポツポツと拾い上げ最終的に10杯という出来でした。釣友も10杯という事で船中20杯でしたが、波があり風もあり着底が取りずらく難しい状況下でのティップランでしたけど十分に楽しめたと思っています。アオリイカも順調に育っている感じだし、今後に期待をしたいと思います。
2014年9月23日釣行3.JPG
※蒲鉾丹右衛門の釣行メモ
    ・アオリイカ:10杯(2014年累計:16杯) 胴長:8ー17cm
ページトップへ

2014年9月24日(水)

大事な友に会いに・・・

2014年9月23日薫子17回忌1.JPG
 1998年9月23日、日本青年会議所(JC)の徳島全国大会が開催される直前に逝ってしまった1996年同期入会の高尾薫子さん・・・あれから16年、17回忌という9月23日に縁のあった仲間が集まりお墓参りをして来ました。本当に久しぶりに再会した方もいて、月日が経ったのだなと感じます。参加された皆さんにはそれぞれ故人との色々な思い出があると思いますが、僕にとっても短い期間でしたが本当に思い出すと色々と楽しい事がありました。今回、久しぶりに墓前にお参りしましたが、天国から我々をどう見てるんでしょうかね~。当時我々同期の中では、彼女が最初に理事になるとか、富山JC初の女性理事長になってもらおう!など飲みながらそんな話で盛り上がったのを思い出します。墓前ではもう少しこっちの世界で頑張るので応援してね!と語りかけました。
2014年9月23日薫子17回忌2.JPG

ページトップへ

2014年9月22日(月)

山藤ぶどう園で徒然なるままに...

2014年9月21日山藤ぶどう園1.JPG
 珍しくロータリークラブのネタで3連続でブログを書きます。例会や色々なイベントの参加率が悪くて、正直言ってロータリアンとはとても言えない状況なのですが、とりあえず自分の出来る範囲、貢献できる範囲の中でロータリー活動をしています。今回はロータリークラブのネタと言っても、ロータリークラブの事業という話ではありません。実は色々なご縁で関わる事になったオレゴンからの留学生Maiさんの歓迎会をやろう!という事で集まりました。僕としてはちょうど同じアメリカから来ている交換留学生のRacheleさんも同世代なので良い機会だと思って連れ出しました。
2014年9月21日山藤ぶどう園2.JPG
 場所が有名な山藤ぶどう園さん!という事で、早めに出かけて行きぶどう狩りを楽しみました。天気も良くて、今がまさに旬であるぶどう園の雰囲気も最高!という事で、富山に来たばかりのRacheleさんにとっても良い機会であったようです。蒲鉾女将と一緒に色々と会話?しながらぶどうをセレクトしていました。
2014年9月21日山藤ぶどう園4.JPG
 実は僕と蒲鉾女将は山藤ぶどう園は初訪問なのです。富山では知る人ぞ知る有名な場所なのですが、なかなか来るタイミングというか縁がなくて残念だったのですが、今回やっと訪問する事が出来ました。写真ではぶどうの木棚の下でのBQなど、知識やイメージはありましたが、来てみて本当にイメージ通りなので感動しました。Racheleさんにも富山の良さが伝わったと思います。とにかく日本のぶどうの甘さや品質の良さに驚いている様子でした。
2014年9月21日山藤ぶどう園3.JPG
 実は山藤ぶどう園さんのお嬢さんは蒲鉾娘の高校の大先輩!高校時代に1年間ニュージーランドへの留学経験者でもあります。英語が堪能なのは当然ですが、留学生に対する理解も非常にあり、今回も温かく迎え入れてくれました。高校生での留学の苦労や悩みは経験者しか分からない事もあると思います。本当に頼もしい先輩が富山で活躍しているな~と思いました。今回ご縁があり出会ったMidoriさんもアメリカへの短期留学経験者、Maiさん、Racheleさんの若い頑張っている3人の女の子の姿を見て、蒲鉾娘が重なって見えてしまい心ら応援したい気持ちになりました。3人とも自分の夢や目標に向かってぜひ頑張って欲しいと思います。
2014年9月21日山藤ぶどう園5.JPG

ページトップへ

2014年9月17日(水)

蒲鉾太郎のベルギー短期交換留学プログラム帰国報告!

2014年9月16日蒲鉾太郎帰国報告3.JPG
 僕が所属している富山みらいロータリークラブから参加させて頂いた蒲鉾太郎のベルギー短期交換留学プログラム・・・無事に帰国したという事で例会で帰国報告がありました。1年間長期交換プログラムに参加した蒲鉾娘の帰国報告の時は、高校生と言う事もありそれなりにアドバイスしたり、心配で口出しもしましたが、今回は20歳の大学生、男でもあるし早口になるな!写真は見やすく!文字は大きく!時間厳守!メリハリを付けて!と漠然としたアドバイスしかしませんでした。比較的スムーズな出だしで安心したのですが、何と落とし穴が・・・
2014年9月16日蒲鉾太郎帰国報告2.JPG
 本人曰く、今までパワーポイントでフリーズした事がない!という事態が、例会の発表の場、開始10分で起きました!回復させようとした操作でPCもダウン!大ピンチの状態となりました。とにかくそう簡単には復活しないと感じたので、蒲鉾太郎には「これも試練!PP無しでやりなさい!」と助言。その後は本人も相当に汗をかいていましたが、きちんと報告、発表をアドバイス通りにやっていました。友人たちのフォローで何とかPCも復活し、アドリブも交えながらしっかり?最後まで30分間報告しきりました。この間、暖かく見守って頂いた会員の皆さんには本当に感謝しています。本人も落ち着いて対処できたのは、会場の暖かいアットホームな雰囲気があったからこそだと思っています。富山みらいロータリークラブの皆さん、本当にありがとうございました!
2014年9月16日蒲鉾太郎帰国報告1.JPG
 今回のアクシデントも含めた本人の体験は、色々な意味で良い経験になったと思います。しかしながら本人の対応、立ち振る舞いを見ていて、いつのまにかしっかり成長しているな・・・と感じました。男同士、あまり細かい干渉は意識してやって来ませんでしたが、それなりに考えながら生きているのだなと思いました。
 さて、肝心のベルギー短期交換留学プログラムに関しては、本人も良い経験をしたようです。実はこのプログラム、30年前に蒲鉾女将も参加しているのです。蒲鉾女将にとってその時の経験が人生に大きく影響したようですし、またその時の友人と今でも親しくお付き合いしている姿を見ると、充実した経験だったと想像がつきます。蒲鉾女将の息子をぜひ参加させたい!という強い思いもあり、今回の参加が実現出来て本当に良かったと思っています。
 これでロータリークラブの交換留学プログラムに蒲鉾女将、蒲鉾太郎、蒲鉾娘の3人が参加した事になり良かったと思います。僕だけ参加した事がなく寂しい限りですが、僕の役割は家族を応援する、背中を押してやる事なんだと思います。それはそれで自分の立場を全うするだけです。それを踏まえ、今回の経験が子ども達の人生にどう影響して行くのか見守ってみたいと思います。
 繰り返しますが、素敵な経験をさせて頂きました富山みらいロータリークラブに感謝をしています。本当にありがとうございました!出席率の悪い不良会員の僕ですが、自分の出来る事を恩返しして行きたいと思います。
ページトップへ

2014年9月16日(火)

交換留学生レイチェルさんの歓迎会!

2014年9月15日いろいろな一日4.JPG
 アメリカからの交換留学生レイチェルさんの歓迎会が、受入れるホストファミリー勢揃いで開催されました。前回のオーストラリアからの交換留学生サムくんを受入れる時には、4ファミリーがなかなか決まらず苦労しましたし、今回のような受入れ全ファミリー勢揃いで歓迎会も出来なかったので、本当に今回は色々な面で理解が進み良かったと思います。
 僕が所属している富山みらいロータリークラブは、過去に派遣は蒲鉾娘も含めて3人、受入はサムくんも含めて3人・・・しかも蒲鉾娘、サム以前の実績から5年も間隔が空いてしまっていたので、そういう意味では情報不足というか経験不足、理解不足という面があり、当事者からすると負担感がどうしても大きくて、なかなか大変な思いもしました。今回のレイチェルさんの受入が新たな理解、経験、情報をもたらしてくれる事を期待したいと思います。
 とにかく受入に関しては、自分の子ども同様に面倒をみて下さる奥様が一番大変!なので奥様の理解が一番重要です。その奥様へ情報を伝えたり、フォローする男性側の役割も重要です。さらにはクラブとして派遣し、クラブとして受入れるという土壌を作る事が重要なので、富山みらいロータリークラブの出席率の悪い不良会員の僕ですが、この件に関しては子ども達がお世話になった恩返しのつもりで、少しでも理解がされるように情報発信して行きたいと思います。
2014年9月15日いろいろな一日3.JPG

ページトップへ
  • twilogついろぐ
カレンダー
ブログ内検索